■連載一覧
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    グローバル・ビジネス・パーソンに大切なこと

     グローバル・ビジネス・パーソンに必要なのは「一に人柄、二に能力、三、四がなくて、五に語学」である。

    ■1.「英語を勉強しなくても済む方法」

     11月24日(木)午後7時より関西生産性本部と関西経済連合会の主催する大阪での講演会でお話しさせていただくが、その一部を本稿でご紹介しよう。ビジネスパーソン向けの勉強会なので、特に企業人向けにお話したい。[1]

     まず、最近、多くの企業で、管理職になるにはTOEIC何点以上必要などという制約を設けるようになったり、さらには社内の公用語を英語とする所まで出てきた。こういう動きに対して、拙著『世界が称賛する 日本人が知らない日本』では、「国際派日本人にお勧めの英語勉強法」の章で、実は「英語を勉強しなくても済む方法」を説いた。[2, a]

     そこでの結論は、こうである。
    1) 本当の英語力が必要なのは日本人の数パーセント。
    2) 本当の英語力をつけるには大学卒業後でも1500時間は必要。毎週2時間では14年もかかってしまう。それなら1冊3時間の本を500冊読んで、人格や専門能力を磨いた方が良い。
    3) 海外で働いたり、生活するなど、本当に英語が必要になったら、受験英語さえやっていれば、現地に行ってからでも間に合う。

     このあたりをビジネス・パーソン向けにもう少し深掘りしておきたい。

    ■2.口八丁型、手八丁型、愚直型

     海外で働いたり、生活する事になったら、まず心配するのは言葉だろう。現地の言葉ができなければ困るのでは、と不安に思うのは当然だ。しかし、日本の職場にひきかえて考えたら、どうだろう。

     たとえばあなたの職場に外国人社員が3人、入ってきたとする。以下の3人のうちの一人をパートナーとしなければならないとしたら、あなたはどの人を選ぶだろうか。

    【口八丁型】: 日本語はほとんど日本人並でペラペラ。しかし仕事の能力はもう一つでミスも多い。また何か頼むと調子よく引き受けるが、手抜きも多く、文句を言うと言い訳ばかり。

    【手八丁型】: 日本語はたどたどしく、説明するのにも苦労するが、ひとたび理解すれば素晴らしい結果を出してくれる。しかし、気に入らない仕事は真剣にやってくれない事もある。

    【愚直型】: やはり日本語はたどたどしく、職務経験も少ないので、通訳を介して仕事を教えなければならず、手間がかかる。しかし仕事はえり好みせず、頼んだことは何でも一生懸命やってくれる。

     大方の人の選択は、愚直型、手八丁型、口八丁型の順となるのではないか。愚直に一生懸命やってくれる人なら、仕事も日本語も時間が経てば着実に上達していくだろう。

     手八丁型は仕事ができるだけに、うまく仕事を選んで与えれば、よく使いこなせるが、本当にこちらがやって欲しい仕事を一生懸命やってくれない恐れがある。そういう姿勢を直させようと思っても、社会人になってから性格を変えるのは一苦労だろう。

     口八丁型は最悪だ。何か仕事を与えても、できない理由を巧みに挙げる。失敗しても言い訳ばかり。こういうタイプでは、いくら教育しても、能力は伸びず、姿勢も直せない。

    ■3.「一に人柄、二に能力、三、四がなくて、五に語学」

     前章でパートナーを選ぶ基準を考えたが、それは現代ビジネスでは一人で出来る仕事はほとんどないからだ。たとえば製造業では、研究開発部門が製品を開発し、営業部門が顧客の要求を聞き、調達部門が必要な資材を購入し、製造部門で生産を行い、物流部門が納入する。そういういろいろな機能を複数の人の連携で実現するのが現代ビジネスの特徴である。

     こういうビジネスのパフォーマンスを決めるのはチームワークである。たとえば、先日もあったように、韓国の海運会社が倒産して、船積みされている製品の顧客への納入が遅れそうになったりする。そういう時に製造部門が臨時の追加生産をし、物流部門が緊急空輸をして顧客納期に間に合わせたりしなければならない。

     こういうチームワークがどれだけスピーディにできるかで、企業の実力は大きく変わってくる。担当者どうしで即座に電話で相談して、さっさと対応できる企業と、管理職も含めた正式会議で部門間調整をしなければならない企業では、断然パフォーマンスが違ってくる。

     電話一本でさっと連携できるチームワークは、担当者どうしが互いを信頼しているからこそ可能となる。その信頼を生むのはまずは人柄である。その上で能力があれば、なお良い。語学力は、ないよりはあった方が良い、という程度だろう。

     ここから、職場で求められるのは「一に人柄、二に能力、三、四がなくて、五に語学」と言えるのではないか。

    ■4.アメリカで尊敬されている中卒の日本人駐在員

     上記は、日本の職場でどんな外国人社員が求められるのか、というケースで考えてみたが、実は、これは外国の職場でどんな日本人駐在員が望まれるのか、というケースと同じである。

    『世界が称賛する 日本人の知らない日本』では、次のような具体例を紹介した。アメリカ現地法人の日本人社長が、日本から派遣された駐在員に関して語ってくれた内容である。[2, p38]

    __________
     日本からの駐在員で、TOEICで四百点未満でも、明るくどんどんアメリカ人の中に飛び込んでいくような人は周囲と良いチームワークをつくっている。仕事での会話と言っても、決まった専門用語と、中学レベルの文法と基本表現を知っていれば、だいたい間に合う。

     一番すごい人は、中卒ながら日本の現場で職長をやっていた人で、アメリカの工場でも、専門用語を並べるだけで、作業者をアゴで使っていた。それでも、一人一人を一生懸命育てようとしていて、その姿勢はアメリカ人にもすぐ伝わるので、皆、彼の言うことをよく聴いていた。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     この中卒の職長さんこそ、「一に人柄、二に能力、三、四がなくて、五に語学」の実例と言えよう。

     こう考えると、社員の人柄や能力を脇に置いて、英語力ばかり求めるのは、経営者としてはいかがなものか、と思えてくる。語学教育はほどほどにして、まず社員の人柄と能力を磨くことが、企業としては先決ではないか。

    ■5. チームワークを支える”For the team”の精神

     能力の磨き方は分かりやすい。調達なり、生産管理なり、それぞれの専門分野の知識を学ばせ、あとは実務で指導しながら、経験を積ませれば良い。

     しかし、人柄の磨き方は難しい。特にわが国では、戦前の「修身」は教育界からも忘れ去られ、戦後教育の道徳は形ばかり、ましてビジネス界では、そもそも人柄が大切だという認識自体が希薄になった。その結果、どんな人柄が求められるか、という事自体が分からなくなっている。

     しかし前述のようにビジネスのパフォーマンスを決めるのは、結局チームワークだと考えれば、そこで必要な人柄は “For the team” すなわち「チームのために尽くそう」という姿勢であることがすぐに見てとれよう。

     野球で言えば、時にはバッターが自分の打率を犠牲にしても、バントで一塁ランナーを二塁に進めようという姿勢である。こういう事が普通にできるチームが、「俺が俺が」と個人成績ばかり気にしているチームより強いのは、当然だろう。

     この点で、実はわが国には”For the team”の精神が豊かな企業が多い。その一例として『世界が称賛する 日本人の知らない日本』では自動車業界で日本企業が強い競争力を持っている事実を挙げた。

    __________
     東京大学ものづくり経営研究センターの藤本隆宏教授は、日本の製造業の強みを「擦すり合わせ」という言葉で表現しています。たとえば、車のボンネットを開けてみれば、多くの部品がぎっしりと詰め込まれています。

    それらは自動車メーカーを中心に多くの部品メーカーが、互いの機能の連携や空間の取り合いに関して「擦り合わせ」をしながら、車全体の信頼性や性能、コストを追求しているのです。[2, p20]
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     この「摺り合わせ」とはチームワークそのものであり、それは各社が”For the team”の精神によって支えているものだ。

    6.利他の精神で行動する被災民の姿に感動した米軍パイロット

     ”For the team”の精神を「社風」として持っている企業もあれば、その精神を「国柄」として豊かに持っている国もある。わが国はその一つである事を、作家の百田尚樹氏が語った次の逸話が示している。

     東日本大震災の時に、米軍の女性パイロットが救援物資をヘリコプターで運んだのだが、彼女は着地が非常に恐ろしかったという。どこの国でも人が殺到して大混乱が起き、物資の奪い合いになって身の危険を感じることがよくあったからだ。

    __________
     日本の被災地でもそうなると覚悟して着地したのですが、近づいてきたのは代表者である初老の紳士一人、そして丁寧に謝意を述べ、バケツリレーのように搬入していいでしょうか、と許可をとって整列し、搬入が始まった。

    すると途中で、「もうこれでけっこうです」とその紳士は言ったそうです。パイロットは驚いて「なぜですか?」と尋ねると、「私たちはもう十分です。同じように被災されている方々が待つ他の避難所に届けてあげてください」と言った。

     そのパイロットは、礼儀を重んじ、利他の精神で行動する日本人の姿に感動し、生涯忘れないと知人に語ったそうです。これが日本人です。本当に素晴らしい国だと思います。[3]
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     わが国は「大和の国」、すなわち「大いなる和の国」とも呼ばれるが、それはこうした”For the team”の精神を国柄として豊かにもっている国という意味である。

    ■7.”For the team”の精神は人から人へと伝染する

     わが国の”For the team”の精神は、どのように涵養されたのだろうか。そのヒントは東日本大震災の時に立ち上がった人々の発言に窺うことができる。[2, p66-69]

    「同僚たちは今も原発で働いている。少ない人数で頑張っている。むろん、行かなくても誰も責めないだろうが、自分がよしとはできない。仲間のために自分は行く」(原発作業員)

    「東京消防庁が孤軍奮闘、国民のために命がけで戦っているのを、同じ消防職員として見過ごすわけにはいかない思いだった」(大阪市消防局員)

    「中越沖(地震)の際には仙台市にも助けてもらった。やっと恩返しができる」(新潟県柏崎市ガス水道局員)

     人が”For the team”の精神で働いていると、それを見た人々も同じ精神で尽くさなければ、と思うのが、人間の心理のようだ。言わば”For the team”の精神は人から人へと伝染する。

     とすれば、”For the team”の精神を企業内や一国のうちに涵養するのは、難しい事ではない。誰かがそのお手本を示せばよいのである。

    ■8.昭和天皇の示した”For the team”の精神

     こう考えると、日本人が豊かに持っている”For the team”の精神は、だれかがまずお手本を示して、それが国民の間に伝染していったという仮説が成り立ちそうだ。その仮説を実証する逸話はわが国の歴史の至る処に見つかる。そうした逸話の一つとして、『世界が称賛する 日本人の知らない日本』では、こう述べた。

    __________
     昭和天皇は終戦直後の混乱の中で、「全国を隈なく歩いて、国民を慰め、励まし、また復興のために立ちあがらせる為の勇気を与へることが自分の責任と思ふ」とのお考えのもと、昭和二十一年から約八年半、総日数百六十五日をかけて、沖縄以外の全都道府県、お立ち寄り箇所千四百十一、行程三万三千キロを回られたのです。・・・

     引揚者の一行の前では、昭和天皇は、深々と頭を下げた。「長い間遠い外国でいろいろ苦労して大変であっただろう……」とお言葉をかけられた。すると一人の引揚者がにじり寄って言った。
    「天皇陛下さまを恨んだこともありました。しかし苦しんでいるのは私だけではなかったのでした。天皇陛下さまも苦しんでいらっしゃることが今わかりました。今日からは決して世の中を呪いません。人を恨みません。天皇陛下さまと一緒に私も頑張ります」

     我が国は戦後の焼け跡の中から奇跡的な経済復興を遂げ、世界有数の経済大国へと発展していったのですが、「天皇陛下さまと一緒に私も頑張ります」という多くの国民の気持ちが、その原動力になったのだと、私は信じています。
    [2, p18]
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     無私の御心でひたすらに国民の安寧を祈られるのが代々の天皇の最も大切なお務めであった。その皇室の祈りを実現するために”For the team”の精神で尽くしてきた無数の人々が、わが国の歴史には満ち満ちている。そのごく一部を『世界が称賛する 国際派日本人』[4, b]の中で十数人の人々の足跡を通じて描いた。

     この歴史伝統がわが国の「根っこ」となっている。その「根っこ」から”For the team”の精神という栄養分を吸収するのが、人柄を鍛え、社風を整え、そして国柄を磨いていく確かな道であろう。
    (文責:伊勢雅臣)

    ■リンク■

    a. 「本講座ベストセレクションの書籍化 『世界が称賛する 日本人の知らない日本』出版のお知らせ」
    http://blog.jog-net.jp/201605/article_8.html

    b. 「著書第2弾『世界が称賛する 国際派日本人』発売」
    http://blog.jog-net.jp/201609/article_4.html

    ■参考■(お勧め度、★★★★:必読~★:専門家向け)
      →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

    1. インテリジェントアレー撰壇塾 【テーマ】『国際派日本人養成講座』~世界が賞賛する「日本人が知らない日本」を学ぶ~
    国際派日本人養成講座 編集長 伊勢雅臣
    http://www.sentanjuku.com/kousi2016-2/m-ise.htm
    2. 伊勢雅臣『世界が称賛する 日本人が知らない日本』★★★、育鵬社、H28
    http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594074952/japanontheg01-22/

    3. 櫻井よしこ・百田尚樹「日本のメディアは中・韓の『工作員』か」、「Will」、H26.3

    4. 伊勢雅臣『世界が称賛する 国際派日本人』★★★、育鵬社、H28
    http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594075681/japanontheg01-22/


    「国際派日本人養成講座」より転載
    http://blog.jog-net.jp/

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。