■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 秋山 昭八
    秋山 昭八
    弁護士
    安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    浅野 和生
    浅野 和生
    平成国際大学教授
    筆坂 秀世
    筆坂 秀世
    元日本共産党書記局長代行
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    早川 忠孝
    早川 忠孝
    前衆議院議員
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    森口 朗
    森口 朗
    中央教育文化研究所代表
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 幸嗣
    中村 幸嗣
    元陸上自衛隊医官
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    櫻田 淳
    櫻田 淳
    東洋学園大学教授
    土屋 たかゆき
    土屋 たかゆ...
    前東京都議会議員
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    露大統領に踊らされる日本のメディア

    これでは手玉に取られる

     北方領土をめぐる日ロの交渉では、進展しそうな期待が高まると、解決がすーっと遠のいていくという経験を何度したことでしょうか。したたかなプーチン大統領は北方領土というカードをちらつかせると、日本に揺さぶりをかけられると確信しているようですね。返還交渉というと、期待過剰に陥り、楽観的な見通しに立ってしまうメディアが多いですね。

     外交交渉でこちらが期待値をあげればあげるほど、相手はこちらの足元を見透かすことができ、有利に交渉を進めることができます。その点でも、期待過剰は問題ですね。

     「領土交渉、12月ヤマ場」(日経9月3日)という記事には、こんなに期待をあおっていいのだろうかという気持ちを抱きました。「領土進展へ、首相が手応え、12月15日会談」という1面トップ記事に続いて3面は「安倍首相の地元・山口県で開く首脳会談が最大のヤマ場となる」、「首相のレガシー(政治的遺産)作りにとっても正念場を迎える」などなど。

    楽観的な見方に乗せられる

     本当にそうなって欲しいし、そう願う日本人は多いでしょう。それにしても「最大のヤマ場」とか「正念場」と言い切るほど、交渉がどんどん進展するとは、いくらなんでも早すぎると考えるべきでしょう。ここまで踏み込んだのは、政権周辺が楽観的な見通しを流し、いわば情報操作し、それにメディアが乗せられたとも、考えられます。

     似たような論調は他紙にもみられます。「ロシア経済分野協力担当相を新設。首相の本気の表れ」(読売9月2日)、「首相は信頼関係で問題解決」(同9月3日)は、今にも大きな具体的進展を予感させる内容です。信頼関係を築く相手は、欧米が敵視している人物であることをもっと指摘すべきですね。

     そこへプーチン大統領の発言(10月27日)です。「領土解決に期限なし。日本をけん制」、「中国との国境画定で合意(04年)できたのは、中国との深い信頼関係があった。日本とはその域に達していない」などなど。期待感が一気にしぼみかねない空気です。本音なのか、揺さぶりなのか、その両方でしょう。

     ロシア専門家の間でも、今後の展望について大きな開きがあります。下斗米信夫法大教授は、かなりの楽観派です。「交渉には強いリーダーシップと国内の安定した支持基盤が必要で、その条件が整った」と、安倍首相を評価しています。さらに「4島の行方は山口会談後、明らかになる。時間がかかっても平和条約調印へのドラマチックなページが開かれる」(読売10月19日)と。かなり踏み込みました。楽観的な情報を政権周辺から聞かされている可能性があります。

     そこまで言い切るには、相当な自信がおありなのでしょう。でも本当にそうなるのかなと、疑問を持っていましたところ、別のロシア専門家の正反対の見解が同じページに掲載されました。新潟県立大の袴田茂樹教授の「今月、ロシアを訪ね、両国の温度差にがく然とした」との談話です。

    悲観的な動きが報道されない

     「日本では、12月の大統領来日に向け、楽観的な、何らかの前進への期待感がある。一方、ロシアで会った親日的な専門家は、歯舞、色丹を引き渡すとしても、100年か200年先だとの厳しい見方をしていた」といいます。さらに「一番気になるのは、プーチン氏の近年の厳しい発言が日本ではほとんど報じられていないことだ」と、強烈な批判です。

     「厳しい発言」が報道されず、国内各紙の「最大のヤマ場」、「正念場」、「首脳の信頼関係」などの情報が主に流されると、期待感ばかりが高まります。袴田氏は「12月の会談で、領土問題が動くことはない。ただし、会談結果は日本側に期待を持たせ、玉虫色の解釈ができる形で発表されよう」と、予想します。

     山口会談後、成果は乏しくても、政権に好意的な解説をする人がでてきましょう。安倍政権は、少なくとも「重要な進展が見られた」とブリーフし、国内の何紙かは「経済協力を呼び水に、領土返還へ環境作り」と書くかもしれません。

     私が気になるのは、安倍首相とバイデン米副大統領と会談(9月)で、首相が「プーチン大統領を山口に招待する」と説明した時の米側の反応です。「首相の賢明な対応と確信している」と、バイデン氏は発言したのです。相当、失礼な言い方だし、その意味は「領土交渉に深入りするな」とのシグナルを送ったのでしょう。その発言の紹介、解釈に関する国内報道は、ささやかでした。

     日本のメディアの特性として、外交交渉、特に領土問題になると、日本に不利なことは小さく扱い、楽観的な願望が軸になった報道が多くみられることです。その典型的なケースが北方領土問題ですね。政権が国益のために、悲観的な言及は避けることがあっても、許容範囲にあることも多いでしょう。それに対し、メディアは政権とも国益からも自立した立場が本質的に求められると思います。


    「新聞記者OBが書くニュース物語 中村仁のブログ」より転載
    http://blog.goo.ne.jp/jinn-news

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。