■連載一覧
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 秋山 昭八
    秋山 昭八
    弁護士
    安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    浅野 和生
    浅野 和生
    平成国際大学教授
    筆坂 秀世
    筆坂 秀世
    元日本共産党書記局長代行
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    早川 忠孝
    早川 忠孝
    前衆議院議員
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    森口 朗
    森口 朗
    中央教育文化研究所代表
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 幸嗣
    中村 幸嗣
    元陸上自衛隊医官
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    櫻田 淳
    櫻田 淳
    東洋学園大学教授
    土屋 たかゆき
    土屋 たかゆ...
    前東京都議会議員
    ウィーン在住
    ウィーン在住
    コンフィデンシャル
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    米大統領選で思い出すワシントンの桜の木

    両陣営が見苦しいウソのつきあい

     米国の大統領選を前にしたテレビ討論で、クリントン(民主)とトランプ(共和)両氏が見苦しいいがみ合いを続けています。「これまでで最も不快なテレビ討論」という評価のようですね。米国は最も進んだ先進国、民主主義国であり、大統領候補がそれにふさわしい人格と品性を備えているはずなのに、違うのですね。

     思い出すのは初代大統領のワシントンが子供のころ、父親が愛する桜の木を切ってしまった逸話です。そのことを正直に告白したら、「お前がしたことは確かに悪い。ただし、正直に詫びてくれた。父さんの腕の中に走っておいで。愛しい息子よ」と逆に褒められたという話です。あまりにも有名な美談です。

     このエピソードが日本人のアメリカ観の一つの根底を形成しました。「米国は素晴らしい国なのだ」と、尊敬したものです。米国といえばワシントン、ワシントンといえば桜の木という時代がありました。

    ウソの行商人とは下品な表現

     クリントン候補はトランプ氏のことを「ウソの行商人」とけなしました。「わめきちらして個人攻撃を繰り返し、真っ赤なウソをいう」と。では、クリントン氏側にウソがないといえば、ウソになるでしょう。国務長官当時、私用メールアドレスで公務のメールを送り、機密情報の取り扱い規則違反をしていました。発覚しなければ、隠し通すつもりでしたね。

     女性問題も両陣営が騒ぎたてました。トランプ氏の女性蔑視の発言が隠しマイクに録音されており、攻撃材料に使われました。つまらないことまで隠し録音をしておいて、機が満ちたら探し出してきて、相手を困らせる。それに対抗してトランプ氏は、クリントン元大統領の女性スキャンダルを持ち出し、被害者を4、5人、揃えて記者会見まで開き、蒸し返しました。これが最大の民主主義国のレベルなのですかねえ。

     恐らく多くの視聴者は「大統領やその候補といえども、なんだ、自分たちと同じような行為をしている。米国ではよくあることで、騒ぎ立てることでもあるまい」と、あきれたのではないですか。両候補のテレビ討論といっても、まるで程度の低いバライエティ番組です。第一回の討論では、経済、安全保障、人種・銃規制などが論じられたものの、第二回にきてレベルが一気に落ちました。

    司会者も割って入らない

     本来なら司会者が割って入って、真面目な討論に軌道修正さすべきところです。そうしなかったのは、両人のけんかぶりが面白いことは面白く、このほうが視聴率を稼げると考えたのかもしれません。米国社会は不正を重ね、ウソをつき続けても、徹底的に追い詰められ、申し開きができなくなるまで詫びません。もっともこの点では、日本の政界も同じです。

     冒頭に紹介した建国の父・ワシントンの桜の話は、われわれの中学生のころは、英語の教科書に載っており、教師たちは「米国はこういう立派な国なのだ」という説話に使われていました。生徒一同、一様に感心したものです。その後、この美談は「同時代の作家がワシントン伝を書くにあたって、創作したらしい」ということになっています。

    実際は作家による創作か

     作家のメーソン・ウイリアムズが子供向けに「逸話で綴るワシントンの生涯」という本を書きました。それらしいい話を小耳にはさんで、「ウソをついてはいけない」という説話として追加したらしいとか。ワシントンが6歳の時という想定の話で、子供のころから立派だったからこそ大統領になれた。説得力がありますねえ。

     米国にそのころ桜の木があったのか。日本から桜の木が贈られたのは、100年前のことです。6歳の子どもが斧を振るって桜を切り倒したというのも、にわかに信じられません。それにしてもよくできた話です。米国でも「逸話で綴るワシントンの生涯」を愛読していたという大統領がいたとか。特にトランプさん、今からでもいいから、探し出してきて、この本を読んでみたらいかがですか。


    「新聞記者OBが書くニュース物語 中村仁のブログ」より転載
    http://blog.goo.ne.jp/jinn-news

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。