■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    自民党にも二重国籍議員がいた!でも、ちょっと蓮舫とは違うぞ

     自民党にも前回の参議院選挙で当選した小野田きみ議員が米国との二重国籍だったことが判明しました。

     このニュースを聞いた時に、この議員にはかわいそうですが、潔く辞任して蓮舫氏を道ずれにせよというブログを書こうとしたのですが、本人の弁を見て、ちょっと考えが変わりました。

     小野田議員の釈明をまず読んでみてください。

    >>>引用開始

     小野田紀美です。
     国籍について、一部マスコミから取材がありましたので、経緯をご説明させて頂きます。

     私は出生がアメリカ合衆国ですので、生まれた時から米国籍を有しておりました。成人した後に、どちらかの国籍を選ぶための通知書が送られてくると親に聞いておりましたが、結局その通知はこず、25歳前後の頃不安に思い外務省に確認したところ、日本のパスポートを使い日本の戸籍謄本があるならば日本国籍を失っていないから大丈夫だという回答を頂き、私は日本人になれたのだと解釈しておりました。

     しかし、昨年(平成27年)、参議院議員に立候補を決意するにあたり万が一があってはならないと再度確認したところ、やはり自分で手続きをしなくては選択したことにならないと判明したため、立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております(画像参照 )。

     それで手続きは無事終了したと思っておりましたが、今回の蓮舫議員の二重国籍問題報道を受け、今一度詳細を調査したところ、米国の法においての放棄ができていなかったという経緯でございます。現在は、米国においての国籍放棄の手続きを進めております。私の知識不足でアメリカ国内での手続きという努力義務が完了できていなかったことにつきまして、皆様をご不安にさせてしまい大変申し訳ございませんでした。今後はこのようなご心配をおかけすることがないように、さらに慎重に手続きを行ってまいります。

    >>>引用終わり

     皆さんはこれを読んでどう思われますか?

     この小野田議員はきちんと自分の国籍の確認をし、手続きを立候補前に終わらせようとしていました。ただ、こういう例は稀なので最後まで詰め切れていなかったと善意に解釈しています。

     当然日本人として生きてきたのですから、パスポートも日本国のだけで、蓮舫氏のように台湾のパスポートを所有していることもありませんでした。

     「故意」と「過失」という犯罪の大きな分岐点がありますが、この小野田議員の場合は「過失」とみなしていいのではないかと思うようになりました。

     でも、蓮舫氏の場合は明らかに「故意」と思える節がいろいろ出てきました。

     台湾のパスポートを持っていた時点で完全にアウトでしょう。

     国会質問で、歯切れのよい言葉で安倍総理を始め、稲田防衛相や塩崎厚労相などに鋭く切り込んでいます。

     何も知らない人がテレビ中継を見ていると「蓮舫さんってすごいな」と思えるようです。
     
     しかし、今朝の稲田防衛大臣とのやり取りは、防衛大臣の言質をとって首を挿げ替えようとする魂胆見え見えだったのがわかります。

     稲葉防衛相は野党時代雑誌の対談で「核武装を視野に入れた議論の必要性」を発言していますが、これに蓮舫氏は突っ込み、今もそう思っているのかと問いただしていました。

     稲田議員個人としては、「当たり前だ。いろんな可能性を議論して何が悪い!」と答えたかったのでしょうが、防衛大臣として日本はそこまで発言できるような空気になっていません。

     何度もここで書いていますが、なぜ日本に原爆が落とされたのか?

     日教組が教える歴史だと「それは日本が悪い戦争を始めたからだ」となるのですが、評論家の加瀬英明氏がアメリカの戦争中の指導者の一人に戦後インタビューし、「日本が核兵器を持っていても原爆を落としたか?」という質問に対し、その高官は「そんなことするはずないだろう」と明確に否定したという記事を読んだことがあります。

     世界の軍事常識では、相手が報復手段を持たないとなんでもできるのが常識なのです。

     アメリカが世界各地で好き勝手に暴れまわれたのも、イスラムやアジアからアメリカに攻撃をできる勢力はいないと思ったからでした。

     しかし、9.11の同時多発テロの後、アメリカ国内でも危険だということがわかり、強硬派のトランプ氏の人気につながっているということはわかりますよね。

     もし本当に三発目の核兵器を日本国民の頭上で炸裂させないためには、日本がその報復手段を持つのが一番の近道なのです。

     それを防衛大臣自らが「非核三原則」という有名無実な安全保障上何の役にも立たない金科玉条を発言させて、日本の防衛力を低めているのがわからないのでしょうか?

     「専守防衛」も、もっぱら防衛に徹するという一件良さげに見える言葉も、裏を返せば、日本人が10人、100人、一万人死んで犠牲がでなければ反撃できないという非情なものだということにそろそろ気づかねばなりません。

     もし、その中にあなたの愛する人たちがはいっていてもいいのでしょうか?

     音速の何倍ものスピードで飛んでくるミサイルを撃ち落とすより、その発射基地を事前に叩いた方がより確実です。

     これらの議論を国会でしていれば、今日が52歳の誕生日の横田めぐみさんやその他の被害者の方々も北朝鮮はすぐに返すことでしょう。

     その議論が誰に向けられているというのは一目瞭然ですから。

     複数のmissileが同時に飛んで来たら、撃ち落とすことは大変難しくなるそうです。でも、地上で一つを破壊したら、その他は発射すらできないし、誘爆して破壊することもできるでしょう。

     だから、ミサイルの発射施設は離すのが普通ですが、日本は絶対攻撃してこないという自信があるから、見える位置から次々に発射できるということを知らねばなりません。

     蓮舫氏と稲田大臣の今日のやり取りは日本の安全保障上何のプラスにもならず、逆に大きなマイナスと間違ったメッセージを敵対国に送っていることになぜ気づかないのでしょう?

     いや蓮舫氏はそれを知っていてわざと日本の国防力を低下させようとしているのかと邪推してしまいます。

     なぜなら、自分の二重国籍を知っていたのに偽って国家議員となり、大臣まで務め、そして野党第一党の代表になっている人だからです。

     二重国籍ではないけど、売国奴はたくさん民進党や共産党の中にはいます。

     なかなか尻尾を出しません。でも、二重スパイの疑いが晴れない人間を自分たちの党の代表に据えている人たちこそ、自分たちが同じ穴の狢だということを証明しているのではないでしょうか。

     蓮舫氏は、姓を名乗っていません。自分の姓は夫婦別姓を主張しているので「謝」だと思っているのではないでしょうか。ご主人の「村田姓」ではないと暗に主張しているように思えてなりません。

     自民党の小野田議員も軽率でした。もう少し調べてきちんと最後まで処理をしていたら全く問題なかったはずです。
      
     でも、小野田議員は自分の非を認めてちゃんと処理をしています。

     これを蓮舫氏と同列に扱うのはちょっとかわいそうな気がします。

     ですから、私は蓮舫氏の二重国籍の問題の追及は止めようと思いません。


    「井上政典のブログ」より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    14

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。