■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    岸元 実春
    岸元 実春
    フリーライター
    松原 広幸
    松原 広幸
    ITコーディネータ
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    宮崎 林司
    宮崎 林司
    植林NPO理事
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    高橋 富代
    高橋 富代
    元・下田市議会議員
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    非営利組織の「総会」で本当に行うべきことは?

     当法人では年に4回、「SET DAY」と称した総会を開催しています。そのうちの3回は東京で行い、1回は広田町で行います。
     総会といっても決算書をみんなで見て、事業計画を確認して……というような一般的なものではありません。私たちは普段バラバラで活動しているメンバーが一堂に集う総会の場を、「SETとして一歩前進する日」と位置づけています。先日9月17日~19日に広田町にて開催したので、そのことについて今日は書きたいと思います。この記事を通して、総会というものの在り方や存在意義の再定義に挑戦できればと思っています。

    「なぜ今ここにいるのか」
     創設期の社会人から現在現役で活動する大学1年生まで(我が子も含めると1歳が最年少!)総勢24人が集いました。
     最初に行った事は、「なぜ『今』ここにいるのか?」について対話を通して自己理解、相互理解を深めていきました。

     なぜこのような問いかけでワークを行ったのか?それは非営利組織であるからこそ、それぞれのメンバーが「選択」をして総会に参加をしているからです。(総会も参加は任意です)

     創設メンバーは社会人メンバーとして、計5年間、活動を続けています。本業ではない中でなぜここにいるのか。大学生メンバーもサークルやバイト、ゼミなど様々な行事が夏休みにはあります。それらよりも優先してSET DAYに自費で参加をしているのはなぜなのか。それぞれの本当に得たい事や背景、目的などを共有することで、改めて自分自身を見つめ、チームとして得たいものを確認しあいました。

    「今ここにいる理由」を一人ずつ発表しました

    「広田町のためにみんなで具体的なプロジェクトを実行する」
     その後、当法人の活動拠点である広田町の皆さんに笑顔になってもらうために具体的な企画をみんなで作り上げました。2日目の夜に実行すべく、目的作りからスタートし、成果物、成功基準を定め、来ていただきたい地元の方にみんなで声をかけに行きました。その後、役割分担をし、それぞれで準備をして、実際に「SET感謝祭」という形で企画を行いました。
     トータルの準備時間は10時間。普段一緒にプロジェクトをやらないメンバー同士で企画を行うことは双方にとって大いに刺激の多い時間になりました。

     感謝祭では、当法人と本当に二人三脚で歩んできてくださっている地元の方一人ひとりの写真と、当法人と関わってきた歴史、感謝の言葉を書いた展示物を壁一面に配置しました。
     コンテンツは2部構成となり、1部ではこの5年間の歩みをストーリー形式で振り返り、その時々の熱い思いをメンバー、地元の方双方から聞ける素晴らしい場となりました。
     2部ではお食事とお酒も交えながら、これからの未来についてみんなで語り合いました。最後に、当法人への期待を地元の方、メンバーでハート型の紙に書き入れていき、無事に感謝祭を終える事ができました。

    多くの笑顔と涙が生まれる幸せな空間とありました。

    「Missionに立ち返り、みんなで深める」
     最終日の3日目の午前には、これまでの総会で行ってきた事を振り返りながら、当法人のMissionにみんなで向き合いました。
     当法人のMissionは

    「一人ひとりの『やりたい』を『できた』に変え、日本の未来に対して、『Good』な『Change』が起こっている社会を創る」
    です。

     この5年間、「一人ひとりの『やりたい』を『できた』」にしっかりと変えてこられたと思います。しかし、この活動が日本の未来にどのように影響を与えていくのか見えていませんでした。
     地方創生の一個の答えを作ろうとしているのだろうか……
     それとも新しい人間関係をデザインしようとしているのか……
     それとも。。。

     私たちがみんなで話し合いながら出した答えは、「一人ひとりの生き方やあり方をしっかりと貫いていくこと」「今までの常識ではなくて、本当に必要な新(真)常識を作っていくこと」「物事の再定義をしていくこと」などが挙がりました。

     「大人になると本音よりも建前が大事だよね」とか、「仕事はつまらなくていいし、お金を稼げればいいよね」とか、今「当たり前」とされているものに対して、「本当にそうなのか?」と疑問を投げかけ、「私たちはこう考えます!」というのを広田町で表現していく。その表現したあり方や生き方を広田町以外でも、各自のフィールドで作り出していくことができれば、それは日本の未来に対して「Good」な「Change」が少しだけども確実に起こり、広がっていくことにつながる。そんな、ワクワクする未来をみんなで描いていきました。

    参加メンバー全員で想いを語り合いました。

     最後には、「SETが日本にある事の意味は〇〇だと思います!」「だからこそ、日本の未来に対して〇〇な Good な Change を起こしていけることに胸がときめいています!」という宣言を一人ずつ考え発表しました。

     私自身、今回の総会を通して、SETが日本にある事の意味は、「理想に妥協なく皆で突き進む充電、発信基地であること」であり、だからこそ「日本の未来に対して終わりのない Good な Change を起こし続けられるんだ」ということに胸がトキメキました!

     今回の総会を通して、メンバー一人ひとりが、自分の行っている言動、行動全てが日本の未来に確実に繋がっているんだという認識をもち、自分たちが自分たちの人生を作り、未来を作っていくんだということを心に持てたならば、SETとして一歩前に進めたと言えるのではないかなと思います。

    「物事を再定義していく」
     通常「総会」と聞いて思い浮かべるものとはだいぶ違ったのではないでしょうか?
     今回の総会を通して私自身、「総会」というものの「新(真)常識」を発信したいと強く感じたので、今回記事としました。この記事がきっかけとなって、読んでくださったみなさんの組織の総会を改めて考える一助になればと思います。
     一人ひとりの行動を変えていくことこそが日本の未来が一歩ずつ良くなっていくことに繋がっていくのですから。

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。