■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    さようならウルフ、信じられない突然の訃報

     7月31日、精かんな顔つきと筋肉質の肉体から「ウルフ」との愛称で親しまれていた元横綱千代の富士の九重親方が午後5時11分、すい臓がんのためお亡くなりになりました。九重親方は昨年5月末に還暦土俵入りを行った後、すい臓がんが見つかりました。すい臓がんは早期発見が難しいとされていますが、早期に見つかり手術を行いました。その後職務に復帰し、7月には名古屋場所前から現地に行き、部屋の稽古では連日、力士らに声をかけていた九重親方。周囲は急激に痩せた姿を目の当たりにして、驚いたそうです。九重親方はこのときすでに固形物を受けつけず、ミキサーでつくったフルーツジュース程度しか口にできていませんでした。
     名古屋場所に入ってから4日目、突然容態が急変。重い足取りで室内に入り、椅子に座ると机に突っ伏してマスク越しに苦しげな声を上げました。
     「きついなあ…。きついよ」
     人前で弱音を吐かない九重親方が我慢できないほどの苦しさだったのでしょう。
     そして31日、都内の病院に愛弟子の佐ノ山親方(元大関・千代大海)が駆けつけたときにはもう意識がありませんでした。午後5時11分、妻・久美子さん、次女でモデルの秋元梢さんが見守る中、苦しむことなく静かに息を引き取ったということでした。秋元梢さんは自身のツイッターで訃報を報告、謝辞を記しました。
     「今日、7月31日17時11分に、父が膵癌で亡くなりました。最期は苦しむことなく、家族全員に看取られて、息を引き取りました。今まで父を応援してくれた皆さまに感謝申し上げます」
     享年61歳、早すぎる旅立ちでした。現役時代には昭和から平成にかけて、小柄ながらも抜群の実力で国民的人気を誇った九重親方。現役から引退まで、どのような相撲人生だったのか、九重親方を偲ぶ思いでひも解いてみたいと思います。

    ●九重(千代の山)の巧みな勧誘文句から始まった相撲人生
     元横綱千代の富士、本名秋元貢さんは1955年6月1日に北海道松前郡福島町で誕生しました。漁師を営む親の手伝いを子供の頃からしていたため、自然に足腰が鍛えられ、中学生では運動神経抜群でした。特に陸上競技では走り高跳び・三段跳びの地方大会で優勝し、「オリンピック選手もいける」と言われるほどでしたが、相撲は大嫌いだったそうです。
     しかし、中学1年生のときに受けた盲腸炎の手術が、大嫌いな相撲の世界に足を踏み入れるきっかけとなったのでした。秋元少年の腹の筋肉が厚かったため医師は手こずり、予定を大幅に上回る長時間の手術になり、終了直前に麻酔が切れてしまいました。それでも必死に耐え続ける秋元少年を見た病院長が、「体格も良く、根性もある秋元少年は力士に向いている」と考え、千代の山の入門の世話をしたことがある若狭龍太郎さんに連絡をしました。その連絡を受けた九重(千代の山)は、秋元少年に直々に会い、勧誘をしました。しかし、秋元少年自身はあまり気が乗らず、両親も入門に大反対したため、断わることに。それでも諦めない九重は秋元少年に対して、好奇心をくすぐる言葉を投げかけたのでした。
     「とりあえず東京に行こう。入門するなら飛行機に乗っけてあげるよ。中学の間だけでも相撲をやってみて、後のことを考えたらどうだ?」
     秋元少年は嫌いな相撲をやることよりも、どうしても飛行機に乗りたいという好奇心が勝り、家族の反対を押し切って九重部屋に入門を決めたのでした。

    ●ウルフフィーバーが巻き起こる
     1970年、15歳のとき、9月場所初土俵を踏み、11月場所序ノ口で「大秋元」と改名、1971年1月場所で、「千代の冨士」と名付けられました。しかし、相撲を始めたものの、陸上への未練も捨てがたく、砲丸投げで2位に入賞する活躍を見せ、相撲に馴染めない日々を送っていたそうです。中学卒業後は帰郷する予定で、1971年3月場所の終了後は荷物を実家へ送り返してしまったほどでしたが、土俵での成績は概ね良好のため、逸材を手放すことを恐れた九重は手をつくし、千代の富士を相撲の世界へ踏み止まらせたのでした。
     その後、幕内定着の頃まで体重は96キロという小兵ながら、気性の激しさを表す取り口で順調に出世し、1974年11月場所では19歳で十両昇進、史上初の5文字四股名の関取となりました。異名の「ウルフ」については、ちゃんこ番として魚を捌いているところを見た九重が「狼みたいだな」と言ったことから付けられ、当初は狼と呼ばれていたものがいつしか変化し、ウルフと定着したのでした。
     どんどん注目を集めていった千代の富士でしたが、脱臼ぐせもあって1978年初場所に再入幕するまで低迷が長く続きました。「もし脱臼ぐせを治したいなら筋力トレーニングを行い、肩の周辺を筋肉で固めなさい」という医師の助言により、その後は筋力トレーニングに励んでいきました。
     そして1980年3月場所から幕内上位に定着し、81年1月場所は前場所をはるかに上回る快進撃で、若乃花を真っ向勝負で寄り倒すなど初日から14連勝を記録。千秋楽では、1敗で追いかけた北の湖との直接対決を迎え、優勝決定戦では北の湖を右からの上手出し投げで下し、14勝1敗で幕内初優勝を果たしました。そして、場所後に千代の富士の大関昇進が決定。その後も勢いは止まらず、新大関で迎えた3月場所は11勝4敗、5月場所は13勝2敗と連続して千秋楽まで優勝争いに残り、横綱昇進が懸かった7月場所には千秋楽で北の湖を破り、14勝1敗の成績で2度目の優勝を果たして横綱を掴み取りました。この時期の千代の富士は、細身で筋肉質な体型と精悍な顔立ち、そして豪快でスピーディな取り口から若い女性や子供まで知名度が高まり、一種のアイドル的な人気を得ていました。一気に大関・横綱への昇進を決めた81年は「ウルフフィーバー」の年として記憶されているのです。

    ●大相撲初の「国民栄誉賞」受賞、そして涙の引退
     横綱昇進後の最初の3年間はお馴染みの強さはありましたが、頼りない部分もありました。84年3月場所は右股関節捻挫で中日から途中休場。同年7月場所は左肩の脱臼で全休。翌年は30歳を迎えるという年齢的な面から一時は限界説も流れるほど。しかし、千代の富士にとっての黄金時代は30代に入ってからでした。85年1月場所は全勝優勝を果たし幸先良いスタートを切ります。この年には史上3人目となる年間80勝を達成、3年ぶり2度目の年間最多勝にも輝いたのでした。30代になってからは敵なしの状態で、大横綱としての貫録を見せつけた千代の富士。
     91年9月28日には、大相撲で初となる「国民栄誉賞」の受賞が決定。この日は先代九重(千代の山)の13回忌が行われた日でもあり、千代の富士は「苦労をかけた師匠に良い報告ができます」と語っていました。
     数々の名勝負を繰り広げ、国民栄誉賞も受賞し、お茶の間を沸かせた千代の富士でしたが、91年5月場所3日目の貴闘力戦に挑んだものの完敗。この貴闘力戦の取組を最後に、「気力・体力の限界」として当日の夜九重部屋にて緊急記者会見で現役引退を表明しました。記者会見で涙しながら語る千代の富士の様子、今でも鮮明に覚えている方は多いのではないでしょうか。そして、記者会見で語ったこの言葉に涙した方もいらっしゃると思います。
     「皆様、長い間応援して下さり、有り難う御座いました。月並みの引退ですが…、体力の限界! 気力も無くなり、引退することになりました」

     こうして現役を退いた千代の富士ですが、師匠の九重(元横綱・北の富士)と名跡交換し、九重部屋を継承。大関・千代大海など多くの関取を育ててきました。7月の名古屋場所では、九重部屋からすべての相撲部屋の中で最も多い6人の関取が出場するなど、指導者としても手腕を発揮していました。しかし、すい臓がんは既に体の至るところに転移していると知り合いにこっそり打ち明けていた九重親方。場所の途中に東京に戻って入院し、お亡くなりになったのでした。九重親方の通夜は8月6日、告別式は7日に、いずれも東京・墨田区の九重部屋で営まれるそうです。
     土俵でも、引退後もファンや力士に慕われ続けた九重親方、千代の富士。早すぎるお別れが残念でなりません。苦労と努力の連続だった相撲人生に、生きる力をもらった方は多いことでしょう。九重親方、今までご苦労様でした。そして、ありがとうございました。

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。