■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    岸元 実春
    岸元 実春
    フリーライター
    松原 広幸
    松原 広幸
    ITコーディネータ
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    宮崎 林司
    宮崎 林司
    植林NPO理事
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    高橋 富代
    高橋 富代
    元・下田市議会議員
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    地域活性化で外部の若者にしかできないこと

     「あなたたちがきて家庭が明るくなったわ!」
     「俺らのほうが教えられることが多いよ!」
     私たちが連れてくる外部の若者と触れ合う機会の多い、地元の方は上記のようなことをおっしゃってくれます。そして私たちは「外部の若者」こそ、地域課題解決に重要な役割を果たすと考えます。

    地域がもつ、「町の未来の為」にと行動する人が増えない構造

    課題の構造

     私たちは地域が衰退していく大きな問題は地元住民の方で、「町の未来の為」にと考え、活動する人が少ない事が一番の問題であると認識しています。そしてなぜ、「町の未来の為に活動する人が増えないのか?」について、3つの大きな原因があります。
     1点目は「人口減少と産業衰退」です。住民からすると「となりの長男、帰ってこないみたいだぞ」「あの家、養殖漁業やめるみたいだなぁ」と、その問題を認識してはいますが、それによって町が消滅するとは考えづらく、変わらない日常を過ごしてきます。(実際に自身が暮らしているので、その日常が続いていくと考える。)
     2点目は「高齢化と閉塞感」です。定年退職者等が本格的に1点目の問題に取り組もうと考えますが、田舎特有の「しがらみ(出る杭は打たれるという地域文化)」が強く、また自身も高齢者のため、行動に移しづらく、閉塞感が強まっていきます。
     そして3点目は「諦めと疲弊感」です。上記2点の解決が難しいことから、町に対して明るい未来が描けず、行動を諦めてしまう。その高齢者が若年者に対して、町に住むこと等に関してネガティブな発言をすることで、1点目の問題が更に加速していく。この悪循環により、「町の未来の為」に活動する人が増えない構造となっています。

    地域に住み、仕事を創りたいと思う若者が増えれば、上記課題は解決されるはず

    当市で初めての民泊修学旅行誘致のための会議の様子

     私たちは上記課題に対して、一つの解決策の仮説をもっています。それは、地域に住み、仕事を創りたいと思う若者を増やすことです。それにより段々と仕事が増え、雇用も発生し、人が増えていきます。また若年人口が増加し、地域外出身者が増えるので、しがらみに捉われない人が増え、閉塞感が打破されていきます。最後に、人も仕事も増えていくことで、町に活気と希望が生まれてきます。

     しかし大切なことは外部の若者で仕事を創り出せる人を連れて来ることではなく、地域の人と一緒にそういう人材を育てていく、そのプロセスにあるのです。

    「人生に悩んでいる」若者と地域で暮らすご年配が話すからこそ

     当法人のメンバーや企画に参加する大学生は、様々な背景をもっています。そして、多くの大学生が自分の人生、これからどう生きていこうか悩んでいます。
     「大学生活をどう過ごそうか?」
     「大学卒業後はどうしようか?」
     「自分は本当は何がしたんだろう……」
     そんな悩みをもった大学生が地元の方と接します。その大学生の素朴な疑問や価値観を地元の方も受け入れていくことで、地元の人がもっている固定概念も壊れていくんです。
     例えばですが、漁師の方は、後継者を増やすためには、「儲かる漁業にしなくちゃいけない!」と大概言います。しかし、それを聞いた大学生が、「儲かるだけなら他の仕事につきますよ」と返すわけです。

    地元の方に人生相談をする外部の若者

     一人の大学生が言うならまだしも、いろんな大学生と話す中で、同じようなことを漁師の方は聞くことになります。そうすると、「儲かるようにすることが漁業の後継者を増やすことにつながるわけじゃないんだな」と気づきます。また大学生も、「稼ぐ為だけに仕事をしたいわけじゃないんだな」と気づきます。両者にとってのその「気づき」が次の思考をスタートさせるわけです。

     そうして思考が進むことで、この町に今までなかった仕事や仕組みの必要性に気づき、自分自身の生き方やあり方と強く結び付くことで、新しい仕事作りが起こっていくのだと思います。

    共にワクワクする未来を共に描こう

     相互に作用しあうことで、お互いがこの町の未来を、そして自分の未来をより真剣に考えるようになります。未来を描き、共有しあうことで、「町の未来の為に活動する人」が少しずつ増え、そして、地域が少しずつよくなっていくのです。みんなが達成したい未来があれば、それは必ず現実になります。
     社会人経験の少ない、人生迷える若者と、衰退し続ける地域で暮らすご年配という、これまで社会を形成していく主役にはならなかった両者の組み合わせだからこそ、最高にワクワクする未来を創り出せるのではと思っています。私はその可能性にかけていきたいと思っています。

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。