■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    岸元 実春
    岸元 実春
    フリーライター
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    野党共闘よりも、保守系勢力の結集を!

     私は、大学に入学し、今夏の参院選で初めて選挙権を行使できるようになりました。しかし、同年代や年配の有権者からは、様々な「苦しみ」の声を聴いています。それは、「選挙区に入れたい政党の候補者がいない」と、いうものです。より具体的に言うと、「消去法で選ぼうにも、どの候補者も嫌な人ばかりで、入れるところが、ない」と、いうことです。

     現在、「野党共闘」という恐ろしい試みが広がっています。党の綱領に「時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想する」という一種の改憲論を記しているはずの民進党と、現時点では護憲派ではあるもの、将来的な「民主共和制」(象徴天皇制)への移行を目指している日本共産党とが、何をどう間違えたら共闘できるのか、と思います。また、自民党も民主党を離党した議員や、過去に維新から出馬した議員の入党を受け入れたりして、かなりカオスな状況となっています。(何よりも、自民党と公明党が手を組んでいることが、一番のカオスでしょう)

     「自民+公明」に票を入れるのか、「民進+共産」に票を入れるのか……、これだと、入れる政党がなくなる人が、続出するでしょう。(特に、子宮頸がん予防接種問題等で現政権に不満を抱いている保守派の皆様が)

     堕胎や子宮頸がん予防接種に反対する人たちは、一体、どこの党に入れたらよいのでしょうか?
     本来ならば、現在の政府が推し進める「配偶者控除の廃止」「男女共同参画社会の推進」「動物性集合胚(人間と動物の細胞を混ぜた胚)」「子宮頸がん予防接種」といった左翼的政策に対して正面から「NO!」を突き付ける保守系野党が必要です。さらにいうと、「同性婚反対」「堕胎反対」も同時に訴えて下されれば、なおのこといいと思います。

     これに近い立場の人は、自民党にも民進党にも、その他の政党にも、いることはいるようですが、そうした政治勢力が一つの声になっていないことが、問題なのです。

     政権維持のために、旧民主党の議員を入党させたり、公明党と組んだりする自民党では、真に保守的な意見を持っている議員の方の声が反映されていません。堕胎や子宮頸がん予防接種の問題は、その一例にすぎません。

     民進党と共産党が組んでいるようでは、なおのこと、堕胎や子宮頸がん予防接種の問題を争点化することはできないでしょう。そもそも、この両党こそが子宮頸がん予防接種を推奨した張本人です。(あと、「脱原発を訴える唯一の保守政党」と言っている新党改革の舛添要一元代表も、子宮頸がん予防接種推奨派でした)

     こうした問題を解決するには、どうしたらいいでしょうか?答えは、一つしか、ありません。まず、「野党共闘」等という馬鹿げた選挙戦略は、やめましょう。民進党にも同性婚反対の候補者はいるようですが、それなら、どうして同性婚推進の共産党と組めるのか、教えてほしいものです。

     野党共闘の唯一の効果は、「国民から選択肢を奪う」ということです。そんなことでは、いけません。

     次に、最低限、「堕胎反対」「同性婚反対」ぐらいは明確に掲げた、真正保守政党が必要です。当然のことながら、子宮頸がん予防接種にも、断固として反対する政治勢力です。この勢力が、政権を取れないにしても、最低限、公明党と並ぶ勢力になれば、自民党も耳を傾けてくれるでしょう。自民党の中にも、堕胎や子宮頸がん予防接種、同性婚に反対している方は、山ほどいるのですから。
     
     ところで、このプランには、致命的な欠陥があります。現在の日本では、「堕胎反対」や「同性婚反対」というと、マスコミや左翼市民からの凄まじい圧力を受けるため、保守系の政治家や活動家までもが、そうした声に委縮してしまっている現状があります。

     こうした現状に対抗するためには、私たちは逆の立場から、与野党に圧力をかけていかなければならないでしょう。これには、選挙とは別に国民運動を展開していく必要性があります。そうすると、上手いこといけば、自民党も変わってくれるでしょう。

     結論として、私は現状の野党共闘には反対します。そして、真の保守勢力結集のための国民運動を行う必要がある、と考えます。

     最後に、私は別に今夏の選挙では棄権しませんので、読者諸兄の皆様はご安心ください。
     読んでいただき、ありがとうございました。

    8

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。