■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    岸元 実春
    岸元 実春
    フリーライター
    松原 広幸
    松原 広幸
    ITコーディネータ
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    宮崎 林司
    宮崎 林司
    植林NPO理事
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    高橋 富代
    高橋 富代
    元・下田市議会議員
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    理念経営を目指すなら、クレドを体現できる仕組みを!

     「クレドを普段の生活でも生かしていきたい」
     「みんなの“あの時”の思いを聞いて、同時に思い出したり、他の視点から当時を見ることができた」
     「私が好きだと思うSETの文化はクレドを根底においた行動指針を一人ひとりがもってこそ形作られると感じました」
     先日行った、私が理事長を務めるNPO法人SETの総会時に、メンバー一人ひとりから発言された言葉です。

    設立から5年経ってもメンバーが来続けるSETの総会の様子

    SETメンバーとしてのあるべき姿を示した行動指針

     そもそもクレドとはなんなのでしょうか。様々に訳されていますが、人事労務用語辞典によると、「クレド(Credo)とは『信条』『志』『約束』を意味するラテン語で、企業活動の拠り所となる価値観や行動規範を簡潔に表現した文言、あるいはそれを記したツールを指します」とあります。
     高級ホテルチェーンの米ザ・リッツ・カールトンや医療品大手の米ジョンソンエンドジョンソンなどのクレドカードが有名です。SETのクレドはSETメンバーとしての行動規範を示したものであり、以下の内容が書かれています。

     「SETの誇りにかけて」
     1.誰の何のためにを考える。
     2.想いをつなぐ。
     3.可能性を信じ、挑戦し続ける。
     4.ワクワク感を大切にする。
     5.向き合う、支えあう、高め合う。
     6.一つひとつに有り難う。

    クレドシール。メンバー個人個人がいつでも見れるようにしている。

    クレドはなぜ大切なのか?

     NPO法人CRファクトリー発行の「NPOの組織マネジメントノウハウ・コレクション」内で、「強くあたたかい組織」をつくる上で、三つの大切な観点があり、その一つが「理念共有・浸透」であるとされています。これをすることにより、メンバー間の「意思の統一」や「目線が揃う」という効果があります。NPO法人の多くはミッションをベースにした組織運営(ミッションベースドマネジメント)を行っています。それぞれがボランタリーで活動に参画するからこそ、「自分達が作り出すものはなにか?」「団体として大切にする価値観はなに?」を共有していくことで、ミッションに一歩ずつ近く原動力となっていきます。
    (NPOの組織マネジメントノウハウ・コレクションの購入はこちらから。
    当法人も事例として取り上げていただいています。
    http://www.crfactory.com/tool_knowc/

    体現するからこそ価値がある。

     どんなに立派なクレドを作成しても、それをメンバー一人ひとりが体現しなければまったく意味がなく、まさに「絵に書いた餅」となってしまいます。そしてトップダウンではメンバー一人ひとりが体現していくことは不可能です。当法人のクレドは、幹部が作成したわけではありません。創設メンバーが社会人となり、新しい学生のメンバーが増え始めて1年たったころに、「今までSETが大切にしたことを失いたくない」というメンバーの想いから、暗黙のうちに大切にしていたことを言語化していくことをメンバー全員で行いました。想いを語りあい、言葉一つひとつにこだわり4カ月以上かけて作成しました。
     現在、組織は急拡大中で、昨年夏は30人規模だったのが、昨年秋には50人、現在は74人と拡大しました。入ったばかりのメンバーも多いですが、クレドを大切にしています。作成するだけで終わっては意味がなく、普段の活動の中で一人ひとりが体現していくことでクレドは価値を出します。
     先日6月19日に行われた総会では、クレドについて想いを語り合い、当時、なぜそのような行動をとったのか。クレドとどのような結びつきがあるのか、などを創設期の社会人から、入ったばかりの学生までが、ランダムでグループとなって語り合いました。
     そのワークの後、メンバー一人ひとりが、「そんなクレドを胸に活動するSETだからこそできること」を考え、発表しました。

    想いを語り合った後に、発見した「SETだからこそできる」を一人ずつ発表している場面

     その内容は、「今と未来に正直に生きられる事」「一人ひとりが後悔のない人生を送れる事」というものや、「確かな想いをもったメンバーのワクワクが周りに広がり、人を変え、ワクワクした未来を創っていける事」「人一人では決して生まれない、生み出すことのできない新しい価値を生み出せる事」などがありました。

    非営利組織だからこそできること。

     私たちの組織は皆好きでこの活動をしています。自分の時間を自分の意思で選択して集まっています。会社組織とは違い、お金という分かりやすい対価を提供しませんし、そもそもできません。「給料払っているんだから、これをやってよ」というような依頼はできないわけです。だからこそ、継続して活動をしてもらうことの難しさはありますが、だからこそ、ミッションベースドマネジメントが大切です。ミッションに共感し、価値観を共有すれば、自分達が思い描いている世界観をほぼ完璧に作り出すことができます。そして、それは会社組織ではほぼ不可能に近いのではと考えています。そして自分達が思い描く理想の世界観を、ミッションとクレドとともに、「皆で形にしていくんだ」「私たちにはそれができる!」「私たちが作るんだ!」と、昔からいるメンバーも、入ったばかりのメンバーも思える事が実は何よりも大切なのです。

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。