■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    江崎 孝
    江崎 孝
    人気政治ブログ「狼魔人日記」主宰
    我那覇 真子
    我那覇 真子
    フリーライター
    星 雅彦
    星 雅彦
    沖縄県文化協会顧問
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    岸元 実春
    岸元 実春
    フリーライター
    松谷 秀夫
    松谷 秀夫
    普天間日米友好協会会長
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員
    仲村 覚
    仲村 覚
    沖縄対策本部代表
    仲里 嘉彦
    仲里 嘉彦
    万国津梁機構理事長
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    豊田 剛
    豊田 剛
    那覇支局長
    宮城 能彦
    宮城 能彦
    沖縄大学教授

    18歳の君たちへ―サイレントマジョリティーになるな―

     私は沖縄出身の大学生ということで、保守の立場から論考を執筆させていただいているが、今回は保革左右の枠組みをこえて、今夏解禁される18歳選挙権について論じてみたい。

     私は、AKB48グループや46グループの大ファンである。今年の春に、乃木坂46の妹分として欅坂46が結成され、デビュー曲の「サイレント・マジョリティー」は高い評価を得た。私も毎日のように聴いている。ところで、この曲の歌詞を読んでいると、18歳選挙権をめぐる若者の政治参加について問題提起をしているように感じる部分がある。とくに、次の歌詞には顕著に表れている。

     どこかの国の大統領が言っていた 声をあげない者達は賛成していると
     選べることが大事なんだ 人に任せるな 行動しなければNoと伝わらない

     若者の政治に対する無関心は酷いと言われて久しい。私も同じ若者として嘆いてる。私の周りの友人も、積極的に政治に対して意見を述べる人は少ない。それも現れてか、若者の投票率は高齢者と比べて断トツに低いのが現実である。

     この現状をどう打開するか。ずっと頭を悩ませていた。いろいろ参考文献を探していると、一つのデータに出会った。2014年に行われた衆議院選挙で、20代の投票率は32.58%だという。それに比べて、60代は68.28%である。あまりに酷い差である。そして、20代がすべて投票した場合でも、政治家が20代から得る得票率は7.6%だという。まさに、世代間格差が生まれているのである。若者が政治に対して無関心であるがゆえに、投票に行かないため、政治家も高齢者向けの政策を重視する傾向にある。若者にとって大切な奨学金の問題や、労働問題は改善されないままである。このような民主主義を、「シルバーデモクラシー」というので、覚えておいてほしい。

     つまり、若い世代が働いて納税しても、高齢者偏重の政策を政治家が行うために、若者は切り捨てられる存在にあるということだ。本稿の冒頭で触れた曲名のように、若者の民意はまさにサイレント・マジョリティーなのだ。

     一方で、どうのようにして判断したらいいか分からないという声も聞く。私が選挙権を得たのは3年前で、初めて投票した選挙は2014年の衆議院選挙である。このときは、各政党の政策集を軽く読み、またSNSを通じて、直接政治家の方に質問したりした。政治家も政党も、今では当たり前のようにSNSを活用している。政治家と繋がっていると、その政治家の活動もはっきりわかる。テレビや新聞では報道されない姿がそこにはある。この夏の参議院選挙で、初めて投票することになる18歳や19歳などの新有権者は、SNSを活用するのはどうだろうか。

     また、テレビ報道で政治のニュースを知る人が圧倒的に多い。しかし、ここで気を付けておかなければならないのは、テレビ報道はテレビ局の裁量で編集しており、すべてが真実とは限らない。疑って検証する能力が必要である。これを、「メディア・リテラシー」という。また、新聞も同じである。新聞はテレビとは違い、政治的な主張ができる。そのため、新聞によって論調は全く異なる。私がおすすめするのは、全国紙であれば5大紙をすべて買ってみて、読みくらべて納得いく新聞を購読してみてはどうだろうか。そして、大きな事件などがあれば、購読していない新聞も店頭で購入して、読み比べると非常に勉強になる。

     我々10代、20代はサイレントマジョリーになってはいけない。シルバーデモクラシーを変える必要がある。「最近の若者は」と言われないために、若者の心意気を見せようではないか。

    6

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。