■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    親の身勝手なしつけは、虐待に繋がる

     北海道七飯(ななえ)町東大沼の林で28日の午後、小学2年生の田野岡大和君が行方不明になったというニュースが流れました。当初は、大和君は「山菜採り中に家族とはぐれた」ということだったのですが、29日になって、両親が置き去りにしたのが原因だと発表されました。

     父親の貴之さんは置き去りにした理由を、「しつけのために怖い思いをさせようと車から降ろした」と話していました。具体的に何があったかというと、28日は午後から大和君の姉を含めた一家4人で、鹿部町の公園に車で出かけ、そこで水遊びなどをした後、大和君が車道に向かって石を投げたため、貴之さんは叱ったそうです。大和君は以前にも車に石で傷を付けたことがあったので、「父親としての威厳を示さなければ」と感じ、叱るだけではなく、「反省しなさい」と林道で車から降ろしたのでした。泣きながら追いかけてきたので、親の情が働いたのか、1度は車内に入れました。ところが、大和君が反省していない素振りを見せたのか、約500メートル先の三差路で再び降ろしたそうです。そして、5分後に戻った時には既に姿が見えなくなっていたということでした。

     両親は当初、28日に一家で山菜採りに出かけ、約1時間後に大和君の行方が分からなくなったと警察に説明していました。嘘をついてしまった理由は、「普段から虐待をしていると疑われると思った。世間体を気にし、山菜採り中に行方不明になったと言ってしまった」ということです。ですが、多くの人が捜査してくれていることが申し訳なくなり、本当のことを伝えたのだそうです。函館中央署は置き去りが、保護責任者遺棄容疑にあたるかを慎重に調べています。

     未だに大和君は発見されていません。29日は道警と消防など約180人体制で日没まで捜索を続け、30日は午前6時から再開し、大和君の行く方を必死に探し続けています。

     両親のしつけが誤った方向にいってしまった今回の件、果たしてこれはしつけなのか、虐待なのか、ネット上では様々な意見が飛び交っています。その意見をみながら、子どものしつけについて考えてみたいと思います。
     
    ●Twitterでの様々な反応
     両親を非難する声や、大和君を擁護する声などがある一方で、実際に自分もしつけとして置き去りにされた体験があるという声など、様々な意見が飛び交っています。

    <両親の「しつけ」に対する非難の声>

     『道南で親が躾のために7歳の子供を山林に5分間置き去りにして、戻ったら行方不明になったってニュースやっていたけど、ホント親の風上にもおけないな。躾ってそうじゃないでしょ?しっかり子供と向き合って同じものさしで伝えなきゃ。それは躾じゃなくて虐待だよ。躾って言葉嫌い。子供は家畜じゃない』

     『すごいわ。しつけって、置き去りにしたらどんな良い効果あんの。親は一生後悔して過ごせ』

     『しつけでもやっていい限度あると思う。なんでこんなのわかんない人が親になれてるのかわからん』

     『置き去りにしたらいい子に育つの?自分が山に置き去りにされて良かった成功体験じゃないやろ? どうやったらそんな発想になるんだろう。腹立たしい』

    <両親の嘘に対する非難の声>

     『最初に置き去りにしたのを誤魔化した時点で、子供の心配じゃなくて自己保身に走ってるよな。そうなると5分ほどで戻ったってのも怪しくて、「自分はすぐ戻ったのに、子供が勝手に動いたのが悪い」と責任転嫁してるようにしか聞こえんよなこりゃ』

     『自分らのやったことが世間一般の「しつけ」と乖離しているとわかっていたからわざわざ嘘を吐いたんだろうなぁ?。正しいしつけだと自信持って言えるなら隠そうとしないはず』

    <「しつけ」で置き去りにされた体験があるとの声>

     『しつけで山に置き去り、僕も知らない街中で置き去りにされたことがあるよ…。なぜとか考えられなくてとにかく必死で追いつくために泣きながら走った記憶がある』

     『こういう躾はわたしもされたことあるし、親としてはやってしまうことではあるかもね。ただ山林でってのがあかんかったなー』

     『自分も子供の頃に母親から家の外に閉めだされたりした事あったんだけど、あの行為は特に何も生まないなあと大人になって感じてる。しつけと称してあんな事するんだったら、まだ子供の目を見ながら5分10分話した方が効果あると思う』

     『娘が小さいころにショッピングセンターでダダをこねたから 「置き去り」のフリして驚かせたもんだよ。 そんな程度で十分なんだわ』

    ●しつけは何のために行うのか?
     ネット上では両親の言っていることが全て嘘だ、まだ隠していることがあるはずだと疑いの声も多いですが、今見えている事実だけで考えると、今回の件はしつけとしてはやり過ぎだと言っていいと思います。実際に置き去りを体験した人でも、あれには意味がなかった、何ら変わりなかったと言っていますし、確かに子供の目をちゃんと見て何が悪いことなのか、きちんと話す方が子どもの成長にとってはよっぽどいいでしょう。

     虐待かどうかは、子ども自身が決めることだと思うので、大和君が無事に発見されて両親のことをどう思うのかによりますが、自分が大和君の立場だったら怖い思いをさせられたと心に傷を負って両親とは距離をとるだろうなと思いますね。自分も悪かったところはあると反省する気持ちもあるでしょうが、それ以上に置き去りにされたことは相当なショックなので、親への信頼感はなくなってしまう恐れがあると考えられます。

     私もしつけのための置き去りではないのですが、同じようなショックを受けた経験があります。私が昼寝をしている間、母が私以外の兄弟をつれて近所まで買い物に出かけてしまい、起きた時には誰もいなかったということがありました。今考えれば、寝ているのを起こさないように出かけたのだろうと分かりますが、当時は自分だけ置いてきぼりにされたことが、母からの裏切りのように思えてしまったのです。せめて一言言ってくれたら一緒に行ったのに、何で起こしてくれなかったのかと悲しさと同時に恨みのような感情がこみあげてきて、泣きじゃくってしまいました。母はすぐ帰ってきてくれたので私の心に傷が残ることはなかったですが、大和君の気持ちを考えると、いくら親がしつけのためだったと弁明してきたとしても、親の愛情を感じられないと許すことはできないのではないでしょうか。

     親としても子どもをきちんとした大人に育てたいと思ってしつけをするのですが、親としての体面よりも、子どものためにという意識を持ってしつけをしてほしいです。親の体面、怒りを押し付けるようなしつけは、虐待に繋がることもあります。どんなしつけをすればその子が一番成長できるのか、それを考えてしつけをすれば、その時は分かってくれなくても、いずれ親になった時には分かってくれることでしょう。しつけは簡単なことではないですが、何のためにしつけをするのか、それを忘れないでほしいものです。

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。