■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    岸元 実春
    岸元 実春
    フリーライター
    松原 広幸
    松原 広幸
    ITコーディネータ
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    宮崎 林司
    宮崎 林司
    植林NPO理事
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    高橋 富代
    高橋 富代
    元・下田市議会議員
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    「NPO代表、市議、時々漁師」という生き方

     朝5時。毎年4月になると私は海の上にいます。

     広田町では主産業であるわかめ養殖の最盛期です。太い綱にぶら下がっているわかめを海から持ち上げ、鎌で刈っていきます。その後、陸に帰ってきたら、煮て、冷やして、塩蔵して、出荷処理をしていきます。
    (もう少し詳しい作業工程はこちらよりご覧ください^^)
    (http://hirotime.set-japan.org/?p=831

     「田舎に移住して第一次産業に携わってるんだな~。田舎に移住したらそれぐらいしか仕事ないもんな」「一次産業は稼げないし、肉体労働だし、大変そうだけど、えらいね~」みたいな声が聞こえてきそうですが、それはちょっと違います。

     私は毎年4月だけ、わかめ船に乗ってわかめの仕事をしますが、誰から命令されているわけでも強制されているわけでもなく、「自分の意思」でこの時期は、わかめの仕事を楽しんでしています。

    船の上から見る朝日

     普段は事務所の中で仕事をすることが多かったりしますが、この時期は毎日自然の中で仕事をできて、心身ともにとてもリフレッシュできます。朝日を浴びながら海にでていくのは最高です。朝早くから一仕事終わったあとに、皆でわいわい外で食べるおにぎりのおいしいことといったら言葉では言い表せません。

     そして、午後はNPOの仕事や市議の仕事などを行います。夜は6時ごろには帰宅し、家族との時間を過ごし、10時には寝て、翌朝4時頃に起きて海へと乗り出していくのです。

    【一次産業に従事するからこそ学べることがある】
     私は現在NPO法人の理事長と市議会議員を兼務しています。それは町の未来を考えたり、人材育成のモデルを考えたり、組織マネジメント方法を考え、実行したりします。その中でうまくいかない事や解決策が見出し辛いものがあります。例えば、当法人は社会人が多いですが、本業が忙しいため、「タスクのおっかけ」をすることばかりに労力を割き、成果が出ないという事が起こり、どうしたらより効率的な組織マネジメントができるか悩んでいる時がありました。

     そんな時に、自然を相手にするわかめ作業からヒントをもらえることも多々有ります。例えば、わかめはよく煮た後に冷水に漬けて揉み、よく冷やします。その時に早く冷やそうと考え、水の中で早く動かそうとするあまり余計な力を使ったり、そうすると思い通りに動かない上になかなか冷えません。

     しかし、冷静に考えるとわかめを冷やすのに大事なのは、「力を入れて、早く動かす」ことではないことがわかります。「冷たい水に触れる時間を増やす」ことが大切なのです。つまり大きな力をいれなくても、テコの原理で一度上にわかめを持ち上げれば、自然と下に下がるのでそれで冷めるのです。早く動かそうとしなくても水の流れを少しの力で作れば、自然とわかめは動いているのです。

     この気づきを得た時に、「何か物事を動かすには力技だけじゃない。その人が動きやすい速さで、周りの環境をうまく利用して、必要な時に必要なだけ(テコの原理のように)力をいれれば動きやすくなるんだな」ということが分かり、社会人が多い当法人の中で、本業が忙しい社会人に効果的に関わってもらうためにはどうすればいいのか、その考え方を根本から変える事ができました。

    5年たった今でも、人が集まり続ける年4回の総会の様子

    【どんな時でも一人の人間である「三井俊介」として生きる】
     このように一次産業をすることで、NPOや市議としての大きな悩みを解決できることもありますし、またその逆もあります。しかし、多くの役割を担っているからこそ、ふと、自分自身混乱する時もあります。

     「あれ、この行動は市議としていいのだろうか?」「NPOの代表として今何をすべきなのだろうか?」

     また住民の方からも、「市議さんがこんなことしてていいのかい?」というようなことを指摘されることがあります。

     でも、大切なことはどんな時でも一人の人間として、常に自然体で「三井俊介」でいることなのだろうなと感じています。その1本の軸が中心にあり、それぞれの役割に適した行動や発言というのは、それに付随してついてくるものなのだろうなと。そう思うようになってから迷わなくなりました。

     私は私自身、明確に自身がなりたい姿があります。それは、「『道なき道を突き進む強く優しい風』を生み出し続ける『人』になる」です。

    自身で考えた役割図

    【田舎で生きるからこそ、感じられる豊かさがある】
     大切なことは「仕事でどんな成果をだしたいか?」とか、「プライベートでどんなことをしたいか?」とかではなく、いつでもどんな時でも「どんな人でありたいか?」だと感じています。

     そうはいっても仕事場があり、ともに暮らすパートナーがいて、趣味をともにする仲間がいると、自分自身の役割とか立ち振る舞いって自然と別れて行って、なんだか別々の自分になっていってしまうような感覚があるものです。特に都会で暮らすと仕事の時の自分と、プライベートな時の自分は往々にして別人格になっていくことがあります。

     しかし、田舎で暮らし、働いているとそれが分離しにくいです。仕事で付き合う仲間も趣味を共にする仲間も、隣近所さんもたいがい同じ人がいる事が多いです。だからこそ、どんな時でもぶれない「自分」でいることがとても大切になりますし、ぶれない「自分」さえいれば、どこにいても、誰といても、どんなことをしていても、自然体で等身大な一人の「人」として存在することができます。

     そして、それが田舎で暮らすからこそできる一つの豊かな生き方なのだと感じています。

    7

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。