■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    宮崎 林司
    宮崎 林司
    植林NPO理事
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    高橋 富代
    高橋 富代
    元・下田市議会議員
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    多くの日本人に欠けている宗教への理解

    ~なぜ、今、宗教について語るのか~

     「あなたの宗教は何ですか?」この問いに対して、あなたは何と答えるでしょうか。多くの日本人が、特に気にもせず「無宗教です」と答えてしまうのかもしれません。ところが、その一方で、多くの人が、正月に初詣をし、七五三の宮参りをし、バレンタインデー、ハロウィン、クリスマスを祝い、お盆に墓参りをし、祭りに神輿を担いだりしていたりするわけです。

     日本の戦後の失敗のひとつに、宗教に対する意識改悪があるといえます。それは、戦前の日本の強さを恐れた戦勝国の方針と神を否定する唯物共産主義の日教組によってもたらされた不幸であるともいえます。

     しかし、世界に視野を広げたとき、宗教への理解は非常に重要なものとなっているのです。国によっては無宗教では信頼されないということも実際にあります。

     戦後日本人の国際性欠如の一部分は間違いなく宗教への理解不足にあると言っていいでしょう。戦後からの脱却のためには、まさに宗教への理解を見直すことが必要となっているのだと考えられます。

     日本人は、実際は非常に信仰深い民族です。自然との共存の中で、目に見えない存在を信じ、畏れを抱き、崇拝し、大事にしてきた歴史があります。自然信仰をベースとした日本文化の礎ともなっているのが神道であると言っていいでしょう。大樹や動植物、死者をも神として祀ることが行われきたわけです。神話の世界から、身近な生活に至るまで、目に見えない存在と共に生きてきた民族であったわけです。

    東大寺盧舎那仏像(Wikipediaより)

     仏教、儒教、道教、キリスト教と海外から伝わってくる宗教に対しても「排斥するのではなく、受け入れて共存する」というのが基本的なスタンスであったわけです。政治が絡むと例外的な対応がなされてきたこともありましたが、基本的な部分では受容するというのが日本人の信仰感覚であったといっていいでしょう。

     結局のところ、歴史を振り返ってみれば、日本人の宗教観を崩していったのは、政治と教育の中にその要因があったのだと感じます。

     まず、江戸時代における初期のキリスト教弾圧と神仏を政治に利用して民衆を管理した寺社制度によって宗教が大衆化に向かうことになってしまいます。

     そして、明治維新、廃仏毀釈で、神道を国教として天皇を現人神に奉りあげてしまいます。その結果としての戦争と敗戦、占領軍によって、政教分離が行われると共に教育の中から宗教的なものが排除されてしまいます。その結果、教育は唯物的なものとなってしまい。宗教的な教育が希薄となっていきました。

     宗教は道徳と密接に関わっています。道徳意識の低下が、実は日本の現代社会における多くの問題の根底に流れているのではないでしょうか。道徳意識を向上させていくための一つの要素として宗教的な意識の見直しや教育の在り方を考えていくことが必要であるように感じます。これは、単に宗教界だけの問題ではなく、教育界の問題でもあり、地域社会の問題でもあり、一人ひとりの個人の問題でもあるといえるでしょう。

     ここまでの話は、あくまでも私の個人的な歴史観であり、社会や宗教に関するとらえ方にすぎません。宗教観や歴史観は個々人で異なるもので、また異なっていることは悪いことではないと考えます。多様性があるのは当然なことです。

     ただし、異なるからという理由で反目し合うことに価値があるとも思っていません。それぞれの視点を認めつつ、その中で共有できるものを互いに確認し、尊重し、認め合っていくことが大切であるといえます。

     宗教への理解と信仰への意識について、今一度、一人ひとりが自分のこととして見つめ直してみることが必要になっている時代であると感じています。だからこそ、宗教観と信仰観について、感じること学んだこと考えたことを、お伝えしていくことに価値があるのだと思っています。

    11

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。