■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    松原 広幸
    松原 広幸
    ITコーディネータ
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    高橋 富代
    高橋 富代
    元・下田市議会議員
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    なんだか気候が変だと感じながら……

    無為自然

     このところの気候がなんだか変だなーとほとんどの人が自らの体で「体感」している。2011年4月のNHK放送文化研究所の世論調査がある。そのなかで「負担意識と行動からみる環境への危機感」について、「何が環境にとって危険だと感じているか」という問いかけに76%の人が「地球温暖化」と回答している。

     日常生活の中でも「今日は暑いねー!」「今日は寒いね」「昨日の雨の降り方はひどかったねー!」「風の吹き方が変だね」というような気候の話から会話が始まる。
     ほとんどのみなさんが気候の異常に気がつくようになっているが、その気候の異変を「自分たち人間の生活スタイルが招いている」ことに気づいている人は少ないか、無視し続けている。

     実際にNHKの世論調査でも、環境保護について、「人生には、環境を守ることよりもっと大切なことがあると思うか」という問いかけに、どちらともいえないが43%で、残り51%が「賛成」と「反対」が拮抗している。
     しかも危機感が深くない表れとして、「環境保護のための負担意向は進んで負担する」と答えた人はわずかに2%である。

     この世論調査からも分かるように、地球環境の「劣化」や「破壊」に自分の行動や生活スタイルが大きく影響していると考える人が少ないのが現実である。だから、自らの生活を犠牲にしても「環境に良い行動をする」ことにつながらないのである。

    12b
    植物も動物も大自然のサイクルの一断片

     地球上のすべての生き物は繋がっている。
     地球という大きな住まいの中でそれぞれが役割を果たして、それぞれが生かし合うための一つのピースである。だから、生物多様性の維持が大切なのである。

     分かりやすい身近な例として「病気」がある。
     病気の本質は、病気になった「患者の気持ち」や「患者の栄養」「体内にある有害物質の種類と量」「体内に侵入している細菌の種類」などのほか、「偶発的な要素」などすべてとの関連で捉えないと理解できないし、治療も行えない。
     人類の歴史、何世紀にも渡って明らかにされてきていることに、「植物も動物も永遠の大自然のサイクルの一断片」でしかないという考えで生活している人々は「がん」にならないと言われている。

     わたしたち人間は、どのように文明が進んだとしても自然の摂理にしたがって「生」を受けた「自然物」そのものであることに変わりはないからである。
     「地球温暖化の危機」回避のためには、同様にすべての生物の生きる多様性の中でわたしたち人類も生かされているという事実に気が付くことが不可欠である。

    3
    自然の摂理に学ぶライフスタイルを

     自然のサイクルに反した形で、食事内容を大幅に近代化させてきた世界では、比較的短い時間で「がんをはじめとするほとんどの生活習慣病=退化病」の犠牲になっています。
     「がん」と無縁で、「長寿の郷」として有名な「フンザの人々」がいる。彼らはヒマラヤ山中の斜面に住み、自分たちの土地でとれる「自然な堆肥」で育てた食べ物だけで生きている。外部からの食べ物は一切、タブーで受け付けない生活をしている。

     わたしたち日本人はどうでしょうか?
     昔の日本食は、大変健康でバランスのとれた食事内容でしたが、戦後、アメリカ文化の影響を受けて、食事のバランスが崩れてしまっている。
     便利さの追求から、季節に関係なくさまざまな野菜が店頭に並んで、良く調理された食品が売られている。

     しかし、人間も自然の中の一員なので、自然な形で、自然な結びつき、できる限り自然で有機栽培された食品を食べるほうがより健康的で安心できる。
     便利さと速さ、効率を求め続ける近代文明が人間にもたらしているダメージは土壌の悪化からスタートしている。

     わたしたちにとって、野菜は土の中のミネラルを人間が利用しやすい形で運んでくれる大事な食物である。その元になる大地の「土」のなかのミネラルやビタミンがどんどん少なくなっている。
     文部科学省の野菜に含まれる栄養素を比較調査によるとホウレンソウの場合、この30年間にビタミンAが半分に、ビタミンCが約4分の1、鉄分が約4分の1に減少している。

    4
    「お金と経済」優先の価値観からの転換

     昔ながらの自然と共にある有機栽培であれば、有機物とミネラルがたっぷり補給できるが、化学農薬や化学肥料で育てられた作物を食べている現代人は微量ミネラルや栄養の補給が不十分な状態に陥っている。
     同じ野菜を食べていても、いわゆる栄養素はともかく、人体の健康に大切なビタミンやミネラルの種類も量も不足してしまって、生活習慣病が蔓延する時代になっている。
     自然の中で育った野菜には強い生命力がある。

     日本には四季があり、季節に合わせた体調管理が不可欠である。それぞれ季節に応じた「旬の食材」を食することで変化への対応ができるように自然の恵みが与えられている。
     わたしたち人間も自然界の一員であるという自覚をもって、自分を取り巻く環境と共存するライフスタイルを取り戻したいものである。

     便利さと引き換えに結果的に環境破壊をしている現代日本人社会のあり方、ライフスタイルを見直すことが地球環境の再生につながるということに気が付くことがより良い未来づくりにつながる。

     今を生きる一人一人の行動が未来の子供たちのための健康な地球を引き継ぐことにつながっている。
     人間の健康としあわせは、まわりの自然と生き物との平和な共存なしにはあり得ないという「自然の理」を再認識し、「お金と経済」優先の価値観を「空気や水」「食の安全」「自然環境」「コミュニティーの形成」などに価値をおくことに積極的な「意思」と「行動」が求められている。

    どちらの森を次世代に残すべきか?

    どちらの森を次世代に残すべきか?

    6

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。