■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    重力波初観測で誰がノーベル賞?

     米国の「LIGO重力波観測所」の国際研究チームは11日、「アインシュタインが100年前に一般相対性理論で存在を予言した重力波を初めて観測した」と発表した。宇宙の謎に迫ることができる大発見だということで、世界は興奮状態となった。

    800

    「超新星爆発」NASA提供

     重力波が何かを知らない門外漢も早速、専門書を開き、「重力波は何か」「今回の観測の意味」などについてにわか勉強に乗り出すほどだ(当方もその中の一人だ)。

     ところで、重力波を観測できればノーベル賞は確実と久しく言われてきた。昨年物理学賞を受賞した梶田隆章・東京大学宇宙線研究所長はノーベル賞受賞直後の記者会見で「今後は重力波の観測に全力を尽くしたい」と語り、“重力波の観測で2個目のノーベル賞も”と言った見出しが躍ったほどだ。

     米の研究チームが観測に成功すると、オバマ大統領も早速、ツイッターで歴史的な快挙を祝福するなど、ここ数日は文字通り、重力波の初観測ニュースでもちきりだ。同時に、「これで2016年のノーベル物理学賞は決まった」といった声まで聞かれ出した。

     ノーベル物理学賞が重力波の初観測の功績に送られることに異議を唱える学者は少ないだろうが、問題は重力波観測の功績で誰がノーベル賞を受けるかだ。研究チームを率いるカリフォルニア工科大学のデビッド・ライツィー教授か、それとも別の学者たちだろうか。

     物理学の世界では昔、学者や研究家が実験室や書斎で新しい理論を構築したり、新しい現象を発見し、その功績でノーベル物理学賞を受賞してきたが、近年、チームによる研究、観測が主流となってきた。もはや1人や2人の学者が研究し、発見するには研究対象が余りにも膨大であり、観測する器材も個人の力で賄えるものではなくなったからだ。そのうえ、世界の学者が激しい競争を展開している。それに打ち勝ち、栄光を勝ち得るためには優秀な学者から成るチームが不可欠となってきたのだ。

     物理学の世界でチーム研究が主流となってきたにもかかわらず、物理学賞を選出するスウェーデン王立科学アカデミーはこれまで個人を選出してきた。例えば、昨年のノーベル物理学賞を受賞したのは、素粒子「ニュートリノ」に質量があることを発見した東大宇宙線研究所の梶田隆章所長とカナダ・クイーンズ大学のアーサー・マクドナルド名誉教授の2人だ。青色発光ダイオード(LED)の開発に成功した赤﨑勇博士、中村修二博士、天野浩教授の3人の日本人学者は2014年のノーベル物理学賞を受賞した。受賞者は複数だが、個人受賞だ。

     素粒子の質量があることを発見した梶田所長も「カミオカンデ」という観測装置を駆使しての快挙だが、背後には、その観測装置で多数の学者が共同で観測している。だから、数人の学者だけを選び、その功績を称えるのは公平ではない、と言った声が出てきても不思議ではないわけだ。独週刊誌シュピーゲル電子版12日はその点を問題視している。

     2013年の物理学賞はフランソワ・アングレール氏とピーター・ヒッグス氏の2人が受賞した。受賞理由は「素粒子の質量の起源に関する機構の理論的発見」だった。実際、観測に貢献したのはジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究所(CERN)だ。CERNは大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使ってヒッグス粒子の存在を確認した。物質に質量を与える存在として“神の粒子”とも呼ばれ、ノーベル賞級の大発見だったが、翌年のノーベル物理学賞にはCERNの名前はなかった。

     シュピーゲル誌は、「物理学賞の場合、研究チームや団体が受賞するということがなかった。その点、ノーベル平和賞は国連機関や欧州連合(EU)といった団体が過去、26回、受賞している」と指摘している。

     スウェーデン王立科学アカデミーはメディアの注目度が大きい個人受賞に拘っているのかもしれないが、今回の快挙を実現した「LIGO重力波観測所」には世界15カ国、1000人以上の科学者が参加しているのだ。個人受賞が妥当だろうか。

     2005年の平和賞は、国際原子力機関(IAEA)のモハメド・エルバラダイ事務局長とその団体、IAEAが同時受賞した。物理学賞でも個人と団体の同時受賞といった多様な選出を考えるべきだろう。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。