■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    ウィーン在住
    ウィーン在住
    コンフィデンシャル
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    水上集落「ガンビエ」と奴隷貿易港「ウィダ」/ベナン

     Bonjour cher frère et soeur !(親愛なる兄弟たちよ、こんにちわ!)

     西アフリカはベナン共和国から、教科書では学ぶことのできない「水上集落」と「奴隷貿易港」を紹介する。

     1000万人の人口と日本の約3分の1の国土を持つベナン共和国は1960年にフランスの植民地支配から独立し建国された。公用語はフランス語。

    写真① 
     まずは「アフリカのヴェネツィア」と呼ばれるアフリカ最大の水上集落ガンビエを紹介しよう。

     16世紀から17世紀にかけて建設されたガンビエはベナン共和国の南にあるノコウエ湖の上に存在し、人口は4万5000人。船着場から10分ほど船を漕ぐと、そこには竹と茅葺の家や学校、警察署、ホテル、レストラン等の建物が水上に数多く浮かぶ“街”に着く。住民の移動手段は全て船で、一家に一艘……ではなく一人につき一艘だそうだ。

     どうして彼らは水上に住むようになったのか? そこには痛々しい過去があった。現地の人の説明を聞くまでは植民地時代の過酷な迫害から逃れるために水上へ移ったのではないかと考えていたが、実はそうではない。同じアフリカの部族間で奴隷として捕まえて海外諸国に送っていたのだ。その争いから逃れるために水上へと移住せざるを得なかったのである。

     街に名付けられた“ガンビエ”とは「ついに平和を見つけた人々の集落」という意味だ。家族と共に平穏に暮らせる日を待ち焦がれていた彼らの切実さと、ようやく平和を手に入れたという喜びの心情が込められている。

    写真③
     次は、奴隷貿易港としての歴史を持つウィダという街だ。19世紀に初のカトリック宣教師が来港し建設したベナン最古のカトリック教会がここ。

     ベナンは宣教師が船でやって来た海側に近い南部でキリスト教が栄え、北部は大陸伝いに入ってきたイスラム教が根強く栄えている。

    写真④
     ここは奴隷市場として使われたチャチャ広場。多くの奴隷が鏡、布、ガラスと交換された。値が付けられ、物との交換に使われ、また海外に送られた。現在は既に無くなっているが、当時の広場には「忘却の樹」が生えていたという。木の周りを男は9回、女と子供は7回まわると過去のすべての記憶がなくなると言われていた。家族や故郷の記憶、激しい憤り、運命に逆らおうとする意思など全ての思いを忘れさせるために用いられたそうだ。

     ここから船に乗り、諸外国へと送られた。船の中はすし詰め状態のため体調不良者が多く出て、目的地に着く前に死亡する者も少なくなかったという。
    写真⑤

     一度送られてしまうと二度と故郷に帰ってこられないため、通称「帰らずの門」と呼ばれている。門が建設されたのは1995年で、弔いの意が込められている。レリーフには沖に停泊している船に向かって行く様子が描かれている。

    写真⑥
     海側からの写真。透き通った青空が痛ましくすら思える。裏側のレリーフには忘却の樹を後にし、海岸へと向かってくる様子が描かれている。

     豊かな大自然、多くの貧困、遅れた経済発展、等々、アフリカに対して様々なイメージがあるが、日本にはなじみの薄い「水上集落ガンビエ」と「奴隷貿易の歴史を持つ街ウィダ」を紹介した。

    (ベナン共和国在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。