■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    イスラム教根本主義について

     「パリ同時テロ」はイスラム教に潜在する「暴力性」(神学者ヤン・アスマン教授)について改めて考えさせられた。ただし、イスラム教だけではなく、唯一神教のキリスト教、ユダヤ教にも同じように根本主義、過激主義が存在する。イスラム教だけが批判されるべきではないが、ここではイスラム教の根本主義について、少し整理した。オーストリアのカトリック系週刊紙フルへェ11月19日号を参考にした。

    1)Wahhabismus(ワッハープ主義)
     
     Al Wahhab(1702~92年)のコーランとスンナの解釈に基づくもので、サウジアラビアで公式に認知されたイスラム教。サウジから世界のイスラム教に広がっている。

    2)Salafismus(サラフィー主義)

     イスラム教創始者ムハンマドの生き方を模範とし、初期イスラム教(サラフ)への回帰を訴えた理想主義的考え。例えば、サラフィー主義者にとってはマクドナルドのハンバーガーも「ハラールに基づいて料理されたものである限り、問題がない」(オリビエ・ロイ氏)。

    3)Dschihadismus(ジハード主義)
     
     暴力を行使してイスラム世界を建設することを標榜(聖戦)し、米国内多発テロ2001年9月11日以後のアルカイダ、2年前に登場したイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」、そしてシリアのアル・ヌスラ戦線(Al Nusr)がこの分類に入る。

    4)Neofundamentalismus(ネオ根本主義)

     イスラム教専門家 Olivier Roy 氏が言い出した概念。スンニ派イスラム教世界で“下からのイスラム社会建設”を訴える。シャリアを国是とし、ノンアルコール飲酒、女性は自宅に留まるなどを掲げている。

     次は、イスラム教の正典コラーンの内容について、ソマリア出身の著名な政治学者アヤーン・ヒルシ・アリ(Ayaan Hirsi Ali)女史はイスラム教創設者ムハンマド(570年頃~632年)のメッカ時代とメディア時代で変化があると主張している。

     <メッカ時代>
     ムハンマドは610年、メッカ北東のヒラー山で神の啓示を受け、イスラム共同体を創設したが、メッカ時代を記述したコーランは平和的な内容が多い。

     <メディナ時代>
     ムハンマドが西暦622年メッカを追われてメディナに入ってからは戦闘や聖戦を呼びかける内容が増えてきた。

     アリ女史は、「コーランではムハンマド(570年頃~632年)のメッカ時代(Mekka)とメディナ時代(Medina)ではその語った内容が異なっていることを忘れてはならない」と指摘する。すなわち、ムハンマドは610年、メッカ北東のヒラー山で神の啓示を受け、イスラム共同体を創設したが、メッカ時代を記述したコーランは平和的な内容が多い。一方、ムハンマドが622年メッカを追われてメディナに入ってからは戦闘や聖戦を呼びかける内容が増えてきた。

     同女史によれば、イスラム過激派グループはコーランのメディナ解釈に傾斜し、それに固執している人々となる。ちなみに、同女史はイスラム教が21世紀の社会に合致し、受け入れられるための条件として、「5カ条の改革案」を提案している。①聖典コーラン逐語的解釈の中止、②シャリア中止、③来世を現世より重要視する世界観から決別、④精神的指導者のファトワー(勧告)宣布の権限廃止、⑤ 聖戦思想の破棄―の5カ条だ。

     参考までに付け加えると、世界最大のキリスト教会ローマ・カトリック教会の根本主義的勢力と言えば、「オプス・デイ」(神の業)が代表的だ。同グループは1928年、スペイン人聖職者、ホセマリア・エスクリバー・デ・バラゲルによって創設された。ローマ法王、故ヨハネ・パウロ2世はオプス・デイを教会法に基づいて固有の自立性と裁治権を有する「属人区」に指定している。その教えは従属と忠誠を高い美徳とし、肉体や性に対しては過剰なまでに禁欲を重視する。同グループはエリート部隊とみなされ、世界のキリスト教化を最終目標としている。世界61カ国に約8万5000人の「兵士」(約1500人の聖職者を含む)がローマ法王のエリート部隊として活躍している。メンバーには、医者や弁護士など高等教育を受けた者が多い。また、ガブリエレ・ビターリッヒが創設した「ワーク・オブ・エンジェル」と呼ばれる「天使の業」、聖職者組織としては「ピウス10世会」が存在する、といった具合だ。

     先述したように、根本主義はイスラム教の専売特許ではない。“妬む神”を崇拝する唯一神教には等しく見られる傾向だろう。絶対的価値観を標榜する唯一神教は、相対的価値観、多様性が席巻する21世紀の社会でどのように共存していくか、それとも時間の経過と共に死滅を待つのみか、大きな分岐点を迎えているわけだ。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。