■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コックピット内の「操縦士の事情」

    800

    墜落したドイツのジャーマンウィングス機(ウィキぺディアから)ュー島(代表撮影・時事)

     インド国営航空エア・インディア機のコックピットで今月5日、機長と副操縦士が喧嘩を始め、殴り合いとなったが、飛行機は目的地の首都ニューデリーに無事到着したというニュースが流れてきた。

     現地からの情報によると、西部ジャイプールからニューデリーに向かう機内で機長と副操縦士が離陸前の手順などで口論となり、副操縦士が機長に殴りかかったという。ジャーマンウィングス機の墜落(3月24日)があった直後ということもあって、続けざまに起きたコックピット内の出来事に多くの人々は衝撃を受けている。

     ドイツのジャーマンウィングス機(エアバスA320、乗客144人、乗員6人)の場合、回収したブラックボックスなどの解析の結果、精神的な病を抱えていた副操縦士が、機長がトイレに行った直後、コックピットを閉じ、機長を締め出して、高度を下げてフランス南東部のアルプス山中に墜落させた。これまでの調査では、副操縦士の自殺行為が墜落原因と見られている。

     ところで、機長や副操縦士の人災(自殺行為)が原因で墜落した旅客機はドイツのジャーマンウィングス機が初めてではない。最近でも3件、起きている。以下、独週刊誌シュピーゲル(3月28日号)の記事から紹介する。

     ①2013年11月29日、モザンビークの首都マプト発、アゴラの首都ルアンダ行のLAMモザンビーク航空470便(エンブラエル190)の墜落。副操縦士がトイレに行った直後、機長がコックピットを閉じ、機体の高度を下げた。副操縦士がコックピットに入ろうとしたが、戸が開かない。ハンマーで戸を叩き続け、やっと開いた時、もはや遅すぎた。飛行機は地上に墜落。乗員乗客33人は全員死んだ。ジャーマンウィングス機の場合と状況は酷似しているが、LAM航空の場合、墜落させたのは副操縦士ではなく、機長だった。

     ②1999年10月31日、ニューヨーク発カイロ行のエジプト航空990便(ボーイング767)の墜落。大西洋上を飛行中、コックピット内で副操縦士が突然、操縦桿を前方に向け、エンジン出力を下げた。機長が慌てて墜落を防ぐため止めようとし、コックピット内で殴り合いが始まったが、正気を失った副操縦士が機長を倒すと、「アラーを信じる」と叫んで機体を墜落させた。搭乗していた217人は死去した。

     ③1997年12月19日、シンガポールのシルクエア航空185便(ボーイング737-300)の墜落。旅客機が上空1万600メートルから突然、急直下に落ちた。104人の乗員乗客は全て死んだ。国家運輸安全委員会(NTSC)は「原因不明」としたが、機体製造元を管轄する米国側は、私生活に問題があった機長が故意に飛行機を垂直に急降下させ、墜落させたという。

     ④2014年3月8日、マレーシアのクアラルンプールから北京に向かっていたマレーシア航空370便(乗員乗客239人)が突然、レーダーから消えた。機体の技術的原因も排除できないが、調査関係者は機長の自殺行為の可能性があるとみている。マレーシア政府は今年1月、機体が見つかっていないことから乗員・乗客は全員死亡したと結論を下した。

     以上、最近の墜落4例を紹介した。機長、副操縦士が意図的(自殺行為)に飛行機を墜落させた疑いのある墜落事故は残念ながら決して珍しくないわけだ。コックピットに座る2人の精神状況が今後、技術分野の改善と共に、旅客機の安全飛行のうえで重要な要因となることが分かる。

     独紙フランクフルター・アルゲマイネは、「パイロットは一般的によく訓練され、教養も高いが、人間は天使ではない。疲れたり、ストレス下では間違いを犯す」と述べていたが、コックピット内の「操縦士の事情」を誰が把握し、それを管理できるか……非常に難しい課題に航空会社は直面しているわけだ。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。