■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 謝罪は民族の痛みを初期化できるか 

     ウィーン大学に通う知人と韓国の反日問題を話し合っていた。知人は「韓国はせいぜい40年余り、日本の植民地下にあったのだろう。アイルランド民族は数百年間、英国の植民地下にあった。独立したのは20世紀に入ってからだ。北アイルランド問題もあるしね。そのうえ、韓国が日本に謝罪を要求しているが、英国がアイルランドに数百年間の非人道的な植民地政策に謝罪したとは聞かないね」というのだ。

     英ロックバンド「オアシス」(2009年解散)のリーダーだったノエル・ギャラガーさんは、「われわれの家族はアイルランドから英国に移住したが、母親は自分たちに『お前たちは英国で生まれたから英国人となったのに過ぎない』と語り、お前たちにはアイルランド人の血が流れていることを常に諭していた」という。

     北アイルランド出身のロックバンド「スノウ・パトロール」のギャリ―・ライトボディさんは「あなたが生まれた市はどんなところですか」とインタビュー記者から聞かれた時、「みんなが一刻も早くそこから逃れ出したいと考えているところさ」と説明したという。

     アイルランドの首都ダブリン出身の作家、オスカー・ワイルドは「自分は敵の国の言葉で小説を書いている」と自嘲的に述べている。英国がアイルランドの固有の言語を奪ったからだ(同国は現在、アイルランド語(アイリッシュ・ゲール語)の啓蒙に力を入れだしてきた)。

     アイルランド出身のジョン・F・ケネディ米大統領(任期1961年1月~63年11月)が誕生すると、アイルランドの学校ではケネディ大統領の写真が飾られたという。米大統領の写真が米国以外の学校で飾られたのはアイルランドが唯一だったという。英国人に強い劣等感を持っていたアイルラド人が当時、自国出身の米大統領の誕生にどれほど喜びと誇りを感じていたか想像に難くない。

     英国のアイルランドの植民地化は1169年のノルマン人侵攻から始まったという。紆余曲折を経て、1949年にアイルランドが英国連邦から離脱して独立した。英国の植民地下に留まった北アイルランドではプロテスタント派とカトリック教徒の間で激しい戦いが続いてきたことは周知の事実だ(1998年、プロテスタントとカトリック双方の政党間で和平合意が実現)。

     アイルランドの風景、映画、音楽には哀愁のイメージが常に付きまとう。同国の歴史が民族のメンタリティーの形成に大きな影響を与えてきたことはは間違いないだろう。

     ところで、英国に数百年間植民地されたアイルランド人は大国・英国への憎しみ、恨みをどのように克服し、昇華しようとしているのだろうか。

     民族の痛みは他国のそれと比較し、相対化できるものではない。だから、長い期間、植民地化の苦い体験をしたアイルランド人の痛みと、40年間余り、日本人の植民地化で味わった韓国民族の悲しみとを簡単には比較できないことは言うまでもない。

     英国がアイルランド民族に対して過去の植民地時代の蛮行に対し謝罪したとしても、アイルランド民族の感情(反英感情)は癒されないだろうと感じる。謝罪の言葉で癒されるには同国の植民地時代は余りにも長かったからだ。

     モダンな表現をするとすれば、アイルランド民族の悲しみはそのDNAに既に刷り込まれ、細胞に記憶されている。問題は細胞に記憶された内容をどのように初期化できるかというテーマだ。

     韓国人は、日本人が「正しい歴史認識」をすれば、日本への恨み、怒りなど反日感情は解決されると信じ、日本側に謝罪を要求しているが、それは大きな間違いだろう。例え、日本の謝罪があったとしても韓国人の日本に対する憎しみ、恨みは無くならないだろう。謝罪で解決できるのはせいぜい政治的、経済的分野に限られるだろう(実際、日本は過去、国として何度か謝罪表明してきたが、韓国の恨み、反日感情を宥めることはできないばかりか、最近は拡大してきた)。謝罪では過去を初期化できないのだ。

     アイルランド人は悲しい民族だ。独立後、誕生した世代が増え、過去の重荷がない世代が民族の主導的役割を担うようになれば、アイルランド人に新しいアイデンティティが形成されるかもしれない。その意味で、時間の経過に委ねる以外にないのかもしれない。

     アイルランドの歴史は植民地時代の経験を有する全ての国々にとって貴重な教訓を与えるだろう。なお、エリザベス英女王は2011年5月17日、100年ぶりにアイルランドを公式訪問している。アイルランド独立後初の訪問だった。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。