■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ワシントンタイムズ rss

    米下院議員、北朝鮮へのサイバー攻撃を要求

     ローラバッカー米下院欧州・ユーラシア・新脅威小委員長は16日、北朝鮮が米領グアム近海に弾道ミサイルを撃ち込む計画を発表し、緊張が高まっていることを受けて、核攻撃を阻止するために北朝鮮に「大規模なサイバー攻撃」を実施すべきだと訴えた。

    2
    続き

    少女誘拐事件をでっち上げ

     【ベルリン】ドイツ情報当局者らは、来月の連邦議会選を控え、相次ぐサイバー攻撃、情報漏洩(ろうえい)、ソーシャルメディアで拡散されるフェイクニュースに神経をとがらせている。しかし、かつてロシアのプーチン大統領が旧ソ連国家保安委員会(KGB)の工作員として活動した旧東独では、すでにロシア主導の妨害工作が進められているという。

    2
    続き

    トルコの露製ミサイル導入に米が懸念表明

     米国防総省のデービス報道官は31日、トルコがロシアの地対空ミサイルS400の導入計画を進めていることについて、北大西洋条約機構(NATO)同盟国との共同運用能力を損ねることになると懸念を表明した。

     トルコは先月、今後1年間にわたって4基のS400を、25億㌦で購入することで合意。デービス報道官は、「トルコはNATO加盟国であり、同盟国は相互運用性のある機器を購入すべきだ」とトルコのS400導入の決定を非難した。

    2
    続き

    IS掃討作戦、北部タルアファルへ

     イラク軍と米軍主導の有志連合は、過激派組織「イスラム国」(IS)からの北部モスル奪還で勝利を収め、国内の他の地域を依然支配するIS殲滅(せんめつ)へ、イラク軍とともに戦術の移行を進めている。

    0
    続き

    クルド独立問う住民投票に反対、米大統領特使が表明

     過激派組織「イスラム国」(IS)掃討戦の有志連合の調整を行うマクガーク米大統領特使が13日、国務省での会合で、米国と同盟国は、イラク北部のクルド自治区で9月に実施が予定されている独立の是非を問う住民投票を支持しないことを表明した。

     マクガーク氏は「イラク憲法のもとで、重要な対話プロセスを進めねばならず、このような早いタイミングで、しかも係争地でもある地域で住民投票を行うことは、重大な不安定要因になると思う」と、住民投票への反対を明確にした。

    0
    続き

    ロシアが米環境団体に資金提供か、共和党有力議員が調査要求

     米共和党の有力議員が、ロシアは米国のエネルギー産業の成長を妨害しようと、環境保護団体に資金提供し「反化石燃料プロパガンダ戦争」を仕掛けているとして政府に調査を要求した。

     書簡を提出したのは下院科学・宇宙・技術委員会のスミス委員長とエネルギー小委員会のウェバー委員長の2人。

    2
    続き

    カタールで米映画が上映禁止に

     世界で公開され話題を呼んでいる米映画「ワンダー・ウーマン」の上映がカタールで禁止された。禁止はレバノン、チュニジアに続く3カ国目で、主演のイスラエル人女優ガル・ガドット(32)が兵役経験があることが、イスラエルと敵対関係にあるアラブ諸国の反発を招いたようだ。

    0
    続き

    「イスラム国」掃討で効果挙げる米新戦略

     米トランプ政権による新たな過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦が効果を挙げている。米国が支援するシリア民主軍(SDF)は5月、シリア北部のISの重要拠点タブカを制圧、ISの「首都」ラッカ攻略を進めている。

     オバマ前政権でSDFに配備された米軍特殊部隊は、事実上すべての戦術行動で米政府からの特別許可が必要だったことから、作戦行動に遅れが出ていた。しかし、新戦略では、戦術的判断が現地の指揮官らに任せられるとともに、ISを包囲し、孤立させる作戦が取られ、殲滅(せんめつ)へ効果を挙げているという。

    5
    続き

    トランスジェンダーの軍入隊を延期、 米国防長官が決定

     マティス米国防長官は、心と体の性が異なるトランスジェンダーの軍入隊を認める決定の実施を2018年1月1日以降に延期することを決めた。国防総省のホワイト首席報道官が6月30日、声明で明らかにした。

     声明によると、延期の決定は軍内各部署からの要請を受けたもの。この問題をめぐる懸念はまだ解消されていないとした上で、「軍は入隊計画を見直し、部隊の即応性と殺傷能力への影響に関する情報を提供する」としている。

    1
    続き

    同性婚のウエディングケーキ拒否

     米最高裁は26日、キリスト教徒のケーキ職人が、信仰を理由に同性カップルのウエディングケーキの注文を拒否できるかどうかをめぐる訴えを審理することを決めた。裁判は、コロラド州デンバーのケーキ店マスターピースケーキショップとコロラド州人権委員会の訴えを受けたもので、10月に始まる次期開廷期に行われる。

    5
    続き

    チョードリ駐米パキスタン大使 治安・経済の改善強調

    米政権のアフガン政策に期待

     パキスタンのチョードリ駐米大使はワシントン・タイムズとのインタビューで、パキスタン軍は、政府の支配の及ばなかった西部の部族支配地域のテロ組織殲滅(せんめつ)で成果を上げているが、隣国アフガニスタンの治安が安定しなければ、これらの成果も無駄になると主張、トランプ政権のアフガン政策に期待を表明した。  チョードリ大使は、パキスタンは不安定で、聖戦主義の温床とみられてきたが、これらの見方は「パキスタンの新たな現実」を捉えていないと主張、テロの減少など国内情勢の改善ぶりを強調した。

    3
    続き

    東南アジアに触手伸ばす「イスラム国」、フィリピン南部で治安部隊と衝突

     英マンチェスターで起きた自爆テロが大きな衝撃を呼んだ一方で、フィリピン、インドネシアなどで過激派組織「イスラム国」(IS)系組織によるテロが増加している。

    2
    続き

    サウジなど3宗教の中心地訪問

     トランプ米大統領はサウジアラビアを訪問する。これは、中東の大国サウジとイランの間の緊張が続き、中東内の二極化が進んでいる中で、サウジへの支持を明確にするためとみられている。  米大統領は就任後、南北米または欧州を最初に訪問するのが通例となっており、サウジを最初に訪問するのは異例のことだ。これには、選挙戦中の発言などから反イスラムと批判されてきたこと、行き詰まっている中東イスラム教国からの入国禁止令への批判をかわすことを狙ったものとの見方も出ている。

     ムアリミ駐米サウジ大使は先週、ワシントンで行われたテロ対策シンポジウムで、サウジ訪問の発表をたたえるとともに、米サウジ間の外交、安全保障での連携をいっそう強化するものとして高く評価した。

    1
    続き

    北朝鮮、ミサイル防衛突破狙う

     北朝鮮は、弾道ミサイル試射を何度も行うことで、韓国と日本を防衛するために配備される米国の防衛システムを突破する能力を備えようとしている。米議会調査局が議会への報告で明らかにした。

     北朝鮮はさまざまな弾道ミサイルの試験発射を繰り返し行っている。有事には、米国の同盟国、日本と韓国を攻撃できる小型核弾頭を搭載することが可能だ。

    6
    続き

    韓国はTHAAD費用負担を

     トランプ米大統領はワシントン・タイムズ紙との単独インタビューに応じ、在韓米軍への一部配備が始まった最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」について、10億㌦(約1110億円)に上る費用は韓国が負担するのが「適切だ」と主張し、韓国側の反対を押し返した。

    2
    続き

    アルカイダと統合交渉か

    IS、戦闘員ら地下へ

     イラクとシリアで過激派組織「イスラム国」(IS)が支配地を失う一方で、ジハード(聖戦)をめぐって主導権争いを繰り広げてきたISと国際テロ組織アルカイダが再統合への動きを見せている。  米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)の多国間脅威計画のトマス・サンダーソン所長は、「ISは蹴散らしたが、アルカイダのネットワークの存在を忘れてはならない」と指摘、ISの元を離れた戦闘員らがアルカイダに加わろうとする動きがすでに出ていることを明らかにした。

    2
    続き

    中国の対北政策変更は疑問

    軍事パレードに発射台―米専門家

     北朝鮮の平壌で15日に行われた大規模軍事パレードで、新型ミサイルが公開され、世界が注目した。米研究機関、国際評価戦略センターのリチャード・フィッシャー上級研究員は、パレードの画像から、2種類の新型ミサイルの発射台について、中国製または中国で設計されたものである可能性を指摘、中国が対北朝鮮政策を変更したとの見方に疑念を表明した。  一つは、中距離弾道ミサイルで、中国が長距離対艦ミサイルに改造したDF21に大きさが似ており、「画像からは、この新型ミサイルを中国が全面的に支援したかどうかは確認できないが、ミサイルを牽引(けんいん)するトラックは明らかに、中国のシノトラック製A7トレーラートラックをもとに作られている」という。

    4
    続き

    軍幹部に強い信頼

     米軍がシリア軍基地を攻撃したことを受けて、トランプ大統領と軍幹部、政権内の安全保障担当者との密接な関係が注目されている。オバマ前大統領が軍に対して冷淡で、軍幹部との方針が合わず衝突していたことが伝えられていたのとは対照的だ。  トランプ氏は、マティス国防長官、ダンフォード統合参謀本部議長、ケリー国土安全保障長官、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)の4人を中心に、数多くの軍幹部らと日常的に接触しており、このようなことは近年なかったことだ。

    1
    続き

    アルカイダ、着実に勢力拡大

    北アフリカなどに浸透

     過激派組織「イスラム国」(IS)の台頭で影が薄くなっていた国際テロ組織アルカイダがこのところ、中東・北アフリカで勢力を拡大、新たな領域に浸透している。テロ専門家らは、アルカイダはISのようにインターネットなどで戦闘員を大量に集めることはせず、モスクや資金提供者ら従来のネットワークを通じて優秀な戦闘員を獲得していると警鐘を鳴らした。  民主主義防衛財団のテロ専門家トマス・ジョスリン氏は、上院外交委員会で、これまでアルカイダは領域の支配に関心がないと思われてきたことについて「それは間違っている。今、ISとは違う戦略で、イスラム首長国をイエメンなど複数の国で築こうとしている」と警告した。

    3
    続き

    ロシアがエジプトに派兵

    米国は警戒

     米情報機関は最近、エジプト西部でロシア軍が活動していることを確認した。国防当局者が明らかにした。ロシア軍の配備は、米国の同盟国エジプトがロシアに接近していることを示すものだ。  国防当局者によると、ロシア軍の配備は、内戦中の隣国リビアのハリファ・ハフタル軍司令官への支援の一環とみられている。

    3
    続き

    トランプ氏のNSC改編はブッシュ政権と同じ

     トランプ大統領の国家安全保障会議(NSC)プリンシパル委員会の改編、統合参謀本部議長の関与をめぐる命令は、ジョージ・W・ブッシュ元大統領の2001年2月のものと同じだ。

     この改編は、劇的な変化というよりも、前の共和党大統領の国家安全保障をめぐる政権内での対応に立ち戻ることにすぎない。改編命令の比較から明らかになった。

    0
    続き

    ドナルド・トランプの第一の仕事

     約束は、するのは簡単だが、守るのは難しい。ドナルド・トランプは、米国の第45代大統領として宣誓した時、連邦議会議事堂の西正面から少なからぬ約束をした。大統領は職務遂行に先立ち「合衆国憲法を維持し、擁護し、防衛する」と宣誓しなければならないのであるが、恐らく、この最初の誓言が最も重要であっただろう。それらの言葉を忠実に守ることによって、彼は、バラク・オバマが決してしなかったことを成し遂げるであろう。

    それどころか、彼の約束の一部を成し遂げるだけでも、米国はより良くなるであろう。トランプ氏の就任演説は単刀直入で、事務的であった。初めにこう言った。「私たちは、きょう、単に一つの政権から別の政権への移行、一つの党から別の党への移行だけではなく、私たちは、権力のワシントンDCから皆さん、つまり、国民への移行を果たそうとしているのである」と。これは、厳しい言葉だった。しかし、このような機会には、厳しい言葉は先例がないわけではない。近くに着席した二大政党の苦渋の面持ちの重鎮らは、一人の評論家が言った言葉で一致するかもしれない。その人たちは、あれは、かつてない「最も恐ろしい就任演説」だったと呼んだ。ロナルド・レーガンは、最初の就任式で、「政府は私たちの問題に対する解決策にはならない。政府が問題なのだ」という言葉で「既成勢力を不安に陥れた」というのだ。(ウィリアム・ヘンリー・ハリソン=第9代大統領=の場合は、政府が極めてひどくて、彼を死に追いやってしまったほどだった)

    0
    続き

    シュワ元知事「共和党でなく、国のために投票せよ」

     俳優で共和党員の元カリフォルニア州知事アーノルド・シュワルツェネッガー氏が、米大統領選挙で共和党候補ドナルド・トランプに投票しないことを宣言した。シュワルツェネッガーが共和党候補を支持しないのは、今回が初めてとなる。

    2
    続き