■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    TPPはどうなるのか?

    エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

     環太平洋連携協定(TPP)は2016年4月4日、米国と日本を含む12カ国が締結したにもかかわらず、米大統領選挙で4人の候補のうち3人は明確にその協定の批准に反対を表明した。「緑の党」のジル・スタイン博士がTPPに反対するのは理解できるが、民主党候補のヒラリー・クリントン、共和党候補のドナルド・トランプが反対するのは到底、想像もできなかった。

    1
    続き

    信頼失う米大手メディア、公平な大統領選報道を放棄

    インタビューfocus

    ワシントン・タイムズ紙コラムニスト チャールズ・ハート氏

    5
    続き

    シリア反政府勢力への訓練・支援の継続を主張―米軍司令官

     中央軍のボテル司令官は30日、トランプ次期政権が方向転換し、オバマ政権が進めているシリアの穏健派反政府勢力を訓練し、装備を提供する計画を継続するよう求めた。シリアでは現在、ラッカを奪還する軍事作戦が進められている。

     これを受け入れれば、トランプ次期大統領にとっては大転換となる。トランプ氏は選挙戦中、この計画と、シリア内戦への対応を激しく非難し、米政府は「この人々が何者なのかが分かっていない」と主張していた。

    0
    続き

    米国防長官にマティス氏、トランプ氏が5日正式発表

     トランプ次期米大統領は1日、オハイオ州シンシナティで行われた大規模集会で演説し、新政権の国防長官にジェームズ・マティス元中央軍司令官(66)を起用すると明らかにした。トランプ氏は「彼は(国防長官に)最善だ」とし、5日に正式発表すると語った。

    0
    続き

    コロンビア和平が成立

     コロンビアで30日、政府と同国最大の左派ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)の間で調印した新和平合意案が議会下院で130対0の賛成多数で承認された。上院はすでに承認しており、半世紀以上にわたって続いてきた内戦は事実上の終わりを迎えることになる。

    1
    続き

    タリバンの攻勢に苦しむアフガン・連合軍

     アフガニスタン軍はこの数カ月間、反政府組織タリバンの攻勢を受けているが、米軍を増強しなければ反撃できない。15年にわたる紛争の分析から明らかになった。

     この2カ月間タリバンによる米軍、アフガン軍、連合軍への攻撃が頻発し、「イスラム国」(IS)戦闘員の数も増加しており、アフガン全体で25人の米兵、欧州兵、民間人が死亡した。

    0
    続き

    プロ選手搭乗機墜落事故 「サッカー王国」に衝撃

     ブラジルのサッカー1部シャペコエンセの選手と報道関係者ら77人を乗せた飛行機が、コロンビアのメデジン近郊で墜落した事故から一夜明けた29日、強豪クラブを襲った悲劇に対する追悼と支援の輪がブラジル国内に広がった。(サンパウロ・綾村 悟)

    0
    続き

    米軍事力の回復

    背後から指導するのでは大統領は何も成功しないし、それは犯罪的愚行とほぼ変わらない。8年過ぎて、「指導のやり方」についてのオバマ・ドクトリンは、当然の経過をたどっており、そして米軍事力を衰退させた。ドナルド・トランプ次期大統領は、米国の軍隊の現状およびそれを正すのに何をしなければならないかについて、必要とされる明敏な見解を持っている。それは安価では済まないが、戦争に負けることも、同じである。

     「ヘリテージ財団」第3回年次米軍事力指標は、米軍事力を「最低レベル」だと格付けし、特に陸軍は「弱い」とした。米国の軍隊は世界でベストであり、最高にイカしているという一般の考え方とぶつかる絵だ。ミッションを成し遂げるための兵員や物資なしに、最も勇敢な者たちが、他の皆と同じように、血を流すのだ。イランやアフガニスタンにおける15年間の戦闘は犠牲者を出しているが、オバマ大統領はそれに対してどんなこともするのをためらっている。

    0
    続き

    カストロ氏死去でキューバ出身米議員らが声明

     26日に入りマイアミの通りに何千人もの人々が集まってフィデル・カストロ氏の死去を喜ぶ一方で、カストロ政権下のキューバ出身のキューバ系米国人政治家らは、独裁者の支配の記憶をよみがえらせるとともに、キューバが今後どうなるかを展望した。

     キューバを長期にわたって支配したフィデル氏の死去が25日夜に、弟のラウル・カストロ氏によって国営テレビで明らかにされるとすぐに、フィデル政権の支配を直接経験した人々は感情的な反応を示した。

    0
    続き

    失敗したオバマ氏の普遍主義

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    0
    続き

    3人の法王と交流したカストロ氏

     キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長(1926年8月~2016年11月)は25日、同国の首都ハバナで死去した。90歳だった。遺体は本人の希望もあって26日、火葬された。

    0
    続き

    コンピューター専門家、激戦州での再集計を要求

     「紙袋かビニール袋か」スーパーマーケットでのこの課題に、米国の選挙管理委員会が直面している。再び荒れ模様の大統領選となったことを受けて、当局者らはこの問題に取り組もうとしている。

     紙の投票用紙は消滅に向かっているようだ。その契機となったのは、2000年の大統領選だ。この年の感謝祭に米国中がテレビにくぎ付けになり、フロリダ州での再集計でブロワード郡選挙委員会のロバート・ローゼンバーグ判事が、へこんだだけのパンチ式投票用紙、パンチ穴の紙片が残ったままの投票用紙を大きな拡大鏡でのぞき込むのを見た。

    1
    続き

    見えぬトランプ氏の真実

    アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

     ドナルド・トランプ共和党候補が米大統領に選出されたが、同氏は選挙戦中具体的な政策をほとんど提示せず、周囲には政治や政策経験者がほとんどおらず、それだけにトランプ氏が何を考えているのか、そして主要ポストにいかなる人々を任命するかは大きな関心と同時に不安を招いている。

    2
    続き

    トランプ次期大統領と中露の〝密室″チャンネル

     安倍晋三首相とドナルド・トランプ次期米国大統領との初会談が、11月17日夕(日本時間18日朝)、トランプ氏の自宅があるNYのトランプ・タワーで行われた。報道陣に非公開の会談には、先の大統領選で〝トランプの秘密兵器″として大活躍し政権移行チームにも参加する長女イヴァンカ氏も同席しており、安倍首相との立ち話では彼女とその夫で不動産・メディア事業を手掛けるジャレッド・クシュナー氏も一緒だった。

     米大統領選挙の最中、トランプ氏の助言者としてイヴァンカ氏とクシュナー氏夫婦(共に35歳)が圧倒的な存在感を示していたが、政治運営へ及ぼす2人の影響力があらためて浮き彫りになったことに世界中が注目している。

    3
    続き

    カストロ氏死去、カリスマ的指導者の功罪

     キューバ革命を率い、同国の精神的支柱だったフィデル・カストロ前国家評議会議長が死去した。カリスマ的指導者であるカストロ氏の死去は「一つの時代の終わり」と言えよう。

     カトリック教徒へ弾圧も

    0
    続き

    「トランプ」と呼び捨てたオバマ氏

     オバマ米大統領が今月、8年間の任期の終わりを控え、最後の欧州歴訪(ギリシャ、ドイツ)をした時だ。ドナルド・トランプ氏が次期米大統領に選出された直後だっただけに、欧州政界では米国の動向に強い懸念の声が聞かれた。そこでオバマ大統領は欧州で「米国は変わらない」というメッセージを送り、同胞の欧州諸国の米国への不信を払しょくするために腐心した。

     ちょっと皮肉なことだが、オバマ大統領は8年前、「チェンジ」をキャッチフレーズにホワイトハウス入りした大統領だったが、離任を間近に控え、今度は米国は「チェンジしない」ことをアピールするために欧州入りしたわけだ。

    1
    続き

    根強いメディアへの不信

     ドナルド・トランプ氏が勝利した米大統領選に関する報道について、さまざまな検証がなされている。

     メディア監視団体「メディア・リサーチ・センター」(MRC)は、三大ネットワークのABC、CBS、NBCの各テレビ局が7月末~10月中旬に報道した夕方のニュース番組を調査した結果、トランプ氏に対する報道の91%が「敵意に満ちた内容」だったとしている。

    0
    続き

    トランプ次期米大統領、外交・安保政策の大転換は?

     米大統領選挙の共和党候補ドナルド・トランプ氏勝利は米国内、世界に衝撃を与えた。米国内の連日の抗議デモなどその衝撃の余韻が継続する中、トランプ氏は来年1月20日の就任に向けて、政権移行準備を進めている。その外交、安保政策はどうなっていくのか。(ワシントン・久保田秀明)

     トランプ氏は当選後、諸外国の首脳と相次いで電話協議した。一連の電話協議の内容について、同氏はほとんど言及していない。

    1
    続き

    トランプ氏の化石燃料産業再生は困難-EPA長官

     環境保護局(EPA)のマッカーシー長官は21日、次期大統領のドナルド・トランプ氏は、衰退する米国の石炭産業を復活させ、化石燃料をエネルギー源の中心に復活させようとしているが、それは失敗すると指摘、EPAの構想を後退させる次期政権の計画を非難した。

     マッカーシー氏は、化石燃料を段階的に削減し、温室効果ガスの排出を抑制するためのオバマ大統領の野心的な計画を主導してきた。ワシントンでの演説で、米国のクリーンエネルギーに向けた動きに関して「列車はすでに駅を出発した」と主張した。

    0
    続き

    オバマ大統領の「参考になる」退場

     バラク・オバマは偉大な説明者になることを切望している。彼は第1期を、イスラムを世界に説明するための中東旅行で始めた。そして今、彼はドナルド・トランプを世界に説明しようと、2期目を最後の短期世界旅行で締めくくろうとしている。彼はイスラム問題に関しては、その教訓を勘違いしているし、また米国の選挙の意味についても今、誤った情報を広げつつある。

     11月8日以前は、大統領は、マンハッタン出の男は、嫌がらせ人間、分裂を招く人間、女性を尊敬しない人間、マイノリティーを軽蔑する人間だと言っていた。彼は、大統領になる資格はない、内外で何をしでかすか分からない人間として恐れられている、などとも。ドナルドの当選後7日目に、オバマ氏は口調を和らげたが、オバマは大統領としての上から目線で、また米国の有権者をかばいながら、次期大統領が、その職務において「成長する」のを手伝う家庭教師を買って出ようという態度を示した。

    0
    続き

    選挙後の憎悪犯罪が増加-司法長官

     リンチ司法長官は18日、司法省が、ドナルド・トランプ氏が大統領に選出されてからの数日間に憎悪犯罪とされる事件が急増した問題について調査を進めていることを明らかにし、国民に対して連邦法に違反する可能性のある事件について今後も通報するよう呼び掛けた。

     リンチ氏は18日、動画で、連邦捜査局(FBI)が最近公表した2015年憎悪犯罪統計について発言した際に、トランプ氏が次期大統領に選出された後の1週間半に事件が増加したことに触れた。

    0
    続き

    トランプ政権と米露関係

    日本対外文化協会理事 中澤 孝之

     米大統領選挙でのドナルド・トランプ共和党候補の勝利を受けて、ロシアの情報サイト「ロシア・ダイレクト」(RD)はパーベル・コシキン編集長の「トランプ大統領時代と露米関係の将来」と題する論評を9日に配信。同日、「トランプ大統領時代は米国人の対露観を変えるだろうか?」という小論を配信した。筆者はアンソニー・モレッチ米ロバート・モーリス大学情報部門準教授。

    0
    続き

    脅かされる「世界秩序」

     「ドナルド・トランプ氏の当選は、より不確実な時代に入ることを意味する」

     米調査会社ユーラシア・グループのイアン・ブレマー社長は、米大統領選の結果をこう表現する。

     国際社会を指導する国がいない「Gゼロ」時代の到来を予想してきたブレマー氏だが、「孤立主義的」な外交政策を主張するトランプ氏の登場で、その時代が早まったと指摘する。

    0
    続き