■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    アメリカの絵本:『ウェン・ゴッド・メイド・ユー』

     『When God Made You』(神さまがあなたをお創りになった時)に登場するのは、溢れんばかりの絵の才能を持つ幼い少女と神。少女に名前はなく、絵本の語り手は少女を「You」と呼び、なぜ「God」が少女をこの世に送り出したかを繰り返し語る。

    1
    続き

    米大統領国連初演説、北に軍事行動辞さぬ構え

     トランプ米大統領が19日に行った国連総会の演説は、北朝鮮に対する一段と強硬な姿勢を示すと同時に、非核化に向けた国際社会の協力を訴えるものだった。

     トランプ氏は、ツイッターに書き込んでいた金正恩朝鮮労働党委員長に付けたあだ名を引用し、「ロケットマンは自分自身と自分の体制の自爆任務を遂行している」と非難したが、北朝鮮の体制をまるごと自爆テロリストに重ね合わせた。

    3
    続き

    メキシコM7・1 216人死亡

     メキシコ中部で19日午後1時14分(日本時間20日午前3時14分)、大規模な地震が発生した。米地質研究所(USGS)によると、地震の規模はマグニチュード(M)7・1、震源は首都メキシコ市の南東120㌔。

    1
    続き

    【トイザラス】破綻!アマゾンアプリからショールーミングによる地殻変動で反面教師?

     ■経営不振に陥っていた玩具チェーンのトイザラスは18日、連邦破産法11条の適用を申請して破綻した。負債総額は約52億ドル。破産手続き中の運営資金として銀行などから約30億ドルの事業再生融資を確保しており、店舗とオンラインサイトでの販売は継続するという。

    1
    続き

    【ウォルマート】シリコンバレー型の本社へ!創業者が作った質素倹約の社風にも変化?

     ■ウォルマートは15日、アーカンソー州ベントンビルにハイテク企業のようなキャンパス本社を建設することを発表した。

    2
    続き

    民主党に擦り寄るトランプ氏

    米コラムニスト キャサリン・パーカー

     これほど多くの大統領選の勝者と敗者がここまで饒舌(じょうぜつ)になったことはほとんどない。

     ヒラリー・クリントン氏は、-念のために言っておくと2016年の大統領選に敗北した-選挙戦を振り返った新著「ワット・ハップンド(何が起きたのか)」のプロモーションツアー中だ。

    2
    続き

    米、中国の知財侵害調査を開始

     トランプ米大統領が、米国の知的財産への中国による大規模な侵害の調査を公式に開始することを決めたことは、長年、中国の組織的なサイバースパイ攻撃を受けてきた米企業にとって朗報だ。米通商代表部(USTR)は先月、トランプ大統領からの指示を受けて、通商法301条に基づく調査を正式に開始した。

    3
    続き

    米国の「MUJI」や「サッポロ」などの広告請け負う広告会社

    Pitons Media Group、異国間の文化の違いを熟知 日本企業の米国での広告展開に効果

    日本企業の米国進出において、事業を成功させるためのキーとなる米国での広告戦略。価値観や生活スタイルも違う国で、どこに、どのような広告を打てば響くのか。

    1
    続き

    映画『十戒』のシーンを彷彿とさせる光景

    去る9月10日、バハマ諸島からキューバ、そしてフロリダを直撃し、各地に大きな爪痕を残した超大型ハリケーン「イルマ」。

    その威力は最大風速85mといい、バーブーダ島では島の建物の95%が倒壊・損傷したそうです。

    最近、日本を含め地球の至るところで異常気象による大災害が頻繁に起こっています。地球温暖化の影響を受けた海水温の上昇が原因と考えられています。

    1
    続き

    【スチューレオナード】2,000坪の新店オープン!JFKに到着後30分弱で行けるお店?

    スチュー・レオナードは8月23日、6店舗目をオープンした スチュー・レオナード・イーストメドウ店のディレクトリー 焼き立てのパンを提供するインストア・ベーカリー 「ハンクとボーのファーマーズ・マーケットバンド」 サーフィンをするバナナの「ボビー・バナナ」 「スリーグッドエッグ・コーラス隊」 「ファーム・フレッシュファイブ楽団」

     ■顧客志向の社訓「ルール1:お客様は常に正しい」「ルール2:もしお客様が正しくないと感じたらルール1に戻れ」で有名なスチュー・レオナードは8月23日、6店舗目をオープンした。

    0
    続き

    ロシアのカスペルスキー、ワシントン支社閉鎖へ

     ロシア情報機関との関係が疑われている情報セキュリティー大手カスペルスキーが、ワシントン支社の閉鎖を検討していることが12日、明らかになった。米政府機関での調達停止を受けた措置とみられている。

     ロシア語ニュースサイト「ベル」によると、同社は、ワシントン支社の再編計画が進められていることを明らかにしたが、閉鎖時期については明確にしていない。

    2
    続き

    運用近づく中国の衛星攻撃兵器

     ロシアや中国が全地球測位システム(GPS)の通信妨害を行う技術や衛星攻撃兵器(ASAT)の開発を急速に進めている。中国は数年以内にASATの運用を始めるとの見方もあり、遠隔地での軍事作戦を衛星システムに頼ることが多い米軍は危機感を強めている。(ワシントン・岩城喜之)

     「米国の衛星システムは、最も脆弱(ぜいじゃく)で攻撃されやすい軍事資産の一つだ」

    1
    続き

    復活したサッカー王国

     世界を熱狂の渦に巻き込むサッカー・ワールドカップ(W杯)。その2018年ロシア大会の予選が佳境を迎えようとしている。そうした中、世界の激戦区として注目を集める地域の一つが南米枠だ。ブラジルを除く7カ国が7ポイント差でひしめき合っており、残り3・5枠をめぐる戦いは過酷極まりない。

    1
    続き

    トランプ米大統領の行く末、最悪のシナリオは暗殺

    エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

     ドナルド・J・トランプが第45代アメリカ合衆国大統領になってから半年以上が経過した。その間、アメリカの国際的な地位が大きく揺れ、国内社会では混乱状態は続いている。

    4
    続き

    【アップル】アイフォンXを発表!ARの拡張現実でイケヤや売場に医師や社長も拡張?

     ■アップルは12日に開催したイベントで拡張現実(AR)機能を搭載したアイフォンの新機種アイフォンX(テン)を発表した。アップルのスマートフォンでは最も高価な製品となるアイフォンXは容量64ギガバイト(GB)で999ドル、256GBは1,149ドルとなっている。

    1
    続き

    【クローガー】遂に食品スーパー最大手がグローサラント「キッチン1883」をオープン!

     ■スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーがレストラン・ビジネスに参入しグローサラントをテスト展開する。

    0
    続き

    ペルーが北朝鮮大使追放

     ペルー政府は11日、北朝鮮が加速させている核・ミサイル開発を理由に、同国のキム・ハクチョル駐ペルー大使を「ペルソナ・ノン・グラータ」(好ましからざる人物)に指定し、5日以内に国外退去するよう求めた。ペルーのエル・コメルシアル紙などが報じた。

    3
    続き

    かなわぬ夢から決別せよ

     複雑な問題は単純な解決を拒む。特に問題が意図的に創られている場合には。不法移民の親によって米国に連れて来られた子供たち、いわゆる「ドリーマーズ(夢追う若者たち)」をどうすべきかのジレンマは、そういった問題の筆頭に挙げられる証拠である。彼らは法律の冷酷な目から見れば、米国の国土に不法に立っているのだが、精神的にはすでに米国人になっているのだ。トランプ大統領の、これら精神的米国人に関わる行政的法執行停止期間を「規則に従って縮小していく」法律を制定するとの決定は、長く続いている移民問題の窮状打開のための公平・公正な解決へ向けての土台作りとなる。

     ジェフ・セッションズ米司法長官は火曜日、バラク・オバマの行政命令によって2012年に作られた不法移民80万人の子供たちに就労許可と国外退去の一時的執行停止を許す「若年移民に対する国外強制退去の延期措置(DACA)」計画の停止を発表した。ここで言う子供たちは普通、小さな子供たちではない。「ドリーマーズ」の平均年齢は25歳である。「DACAを通じて、行政機関は、立法機関が特異的に複数のチャンスを認めることを拒否したものを意図的に達成させようと努めたのである」と、セッションズ氏は言った。大統領が、法的に宙ぶらりんな形で捕まっている人たちの地位を正すための立法的措置を考え出す最後のチャンスを連邦議会に与えるために、彼の決定の適用を6カ月延ばそうとしていることは重要である。

    0
    続き

    韓国への核再配備「真剣に検討すべし」

     米共和党の重鎮、マケイン上院議員は10日、核開発を進める北朝鮮の脅威に対抗するために、韓国に核兵器を再配備することを米国は検討すべきだと訴えた。

     マケイン氏はCNNテレビで「韓国の国防相が核の再配備を求めたばかりだ」と指摘、「真剣に検討すべきだと思っている」と再配備に前向きな姿勢を示した。

    3
    続き

    共和党政権を理解するために読むべき本・10選

     トランプ政権が誕生して半年以上たちましたが、現在も巷には同政権やアメリカ政治に関するゴミ本が溢れ返っています。正直言って、ヒルビリー・エレジーや某国際政治学者の本を読んでも、トランプ政権や共和党政権のことはさっぱり分かりません。

     そこで、本ブログでは、共和党政権誕生の背景にある社会観・世界観を知りたい本格派の人のための書籍案内(10選)をさせていただきます

    1
    続き

    米政権、バノン氏解任の背景

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     先月、トランプ米大統領の最側近、バノン首席戦略官兼上級顧問が解任された。解任をトランプに進言し、それに成功したのは国家経済会議(NEC)委員長のコーンとその盟友でトランプの娘婿、上級顧問のクシュナーだ。

     解任の背景には経済政策をめぐるホワイトハウス内での主導権争いと感情的対立があった。

    2
    続き

    【コールズ】アマゾン・エコー販売!ヤマダ電機や三越伊勢丹がアマゾン製品を販売する?

     ■既存店売上高の減少傾向をなかなか断ち切れずにいるデパートメントストアのコールズは、ネット通販最大手のアマゾンと提携しアマゾン製品を一部店舗で販売する。

    1
    続き

    メキシコ地震、死者61人に

     メキシコ政府は8日、同国の太平洋側の南部沖で7日夜(日本時間8日午後)に発生した大規模な地震の死者数が61人、負傷者が200人を超えたと発表した。米地質調査所(USGS)は、地震の大きさをマグニチュード(M)8・1と発表、現地報道によると、メキシコで発生した地震としてはここ100年で最大のものだという。

    1
    続き