■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 北米・中南米 rss

    依然続く米国の「LGBT外交」

     米国務省はオバマ前政権時代、同性愛者ら性的少数者(LGBT)の国際的な権利向上を外交政策の優先課題に位置付けたが、トランプ政権下でもその傾向が続いている。トランプ政権の人事が大幅に遅れていることで、前政権から残る外交官たちが「LGBT外交」を継続している。(編集委員・早川俊行)

    0
    続き

    英テロめぐる漏洩で傷つく米の信頼

     米政府当局者らは、英国で起きたテロとしては近年では最大規模の自爆テロの実行犯の身元がリークされたことで、説明を迫られている。英当局は、重要な情報が漏れたことで米国を非難した。世界の米国に対する信頼を損ねる事態だ。  ワシントンでリークが横行していることで今月、集中的な調査が開始された。例えば、トランプ大統領がホワイトハウスでロシア高官に機密情報を不当に伝えたと非難され、元陸軍情報分析官チェルシー・マニング氏が釈放された。マニング氏は、ウィキリークスによる過去最大規模の機密情報漏洩(ろうえい)を支援したとして4年間服役した。

     政府当局者らは、この奇妙で、無秩序な漏洩が相次いでいることに困惑している。ホワイトハウスで大統領が、米国の最大の敵国ロシアに対して情報をリークしたと報じられた。マニング氏は、服役中に陸軍で性転換ホルモン治療を受け、女性用下着も支給された。ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏のロンドンのエクアドル大使館での生活は6年目に入る。

    0
    続き

    どちらのトランプ氏が本物?

    ①金正恩氏

     「若いのに国を動かしている。たいしたものだ」、「適切な状況になれば、金正恩氏と直接会談する用意がある」(5月1日の米ブルームバーク通信から)

     「核兵器を振り回しでいる頭のおかしい男だ」(4月29日、フィリピンのドゥテルテ大統領との電話会談で)

    4
    続き

    「トランプ錯乱症候群」

     ニューヨーク・タイムズ紙やCNNテレビなど米大手メディアにはあまり登場しないが、保守系メディアを中心に話題になっている言葉がある。「トランプ錯乱症候群」と呼ばれる新語だ。

     トランプ米大統領に対して憎しみを抱くあまり、同氏の言動には反射的に何でも反対し、論理的な判断ができなくなってしまう人たちをそう呼ぶそうだ。

    7
    続き

    懸念される武器の流出、政情不安続くベネズエラ

     政情不安が続く南米ベネズエラでは、さらなる国内分裂の恐れとともに、周辺地域への武器流出という問題が懸念されつつある。(サンパウロ・綾村 悟)

    1
    続き

    ベネズエラに迫る重大な危険

     ベネズエラが燃えたら、米国にも熱が伝わってくるだろう。近くの山火事のように、ベネズエラの内戦は、地球の半分の生き物を破壊するような大火事になって、爆発する恐れがある。米国人は地球の裏側から危険地域をウオッチすることには慣れている。しかし、今回のは、近過ぎて安心できない。

     ベネズエラは、社会主義の根本的な失敗を象徴している。権力が中央集権化し、経済の再分配にだけ集中すると、すべての人が困窮と物不足を等しく分かち合うことになる。1999年のウゴ・チャベスのボリバル革命によって、ベネズエラは驚異的なペースで退化を始め、国を近代的な、石油資源に恵まれた国から、惨めな、にっちもさっちもいかない国に変容させた。彼の後継者、ニコラス・マドゥロは、国民が、微々たる政府からの補助金で生き延びるために苦闘している時に、自由市場を破壊し、食料や(トイレットペーパーなどの)不足、インフレ、そして、犯罪の頻発を招いた。

    1
    続き

    脅威にさらされる米軍衛星通信システム

     米軍の衛星通信がサイバー攻撃、レーザー兵器、通信妨害機器、衛星破壊兵器など外国の数々の兵器の脅威にさらされている。国防総省国防科学委員会が1年間に及ぶ軍事衛星システムの評価を基に作成した調査報告でこう指摘した。

    1
    続き

    トランプ氏への監視強化を、共和党内に広がる混乱

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     愉快な驚きの就任100日は終わった。ばたばたと忙しく、熱を帯び、混乱もあった。しかし、どれも通常の範囲内だった。政策(例えば医療保険)は徹底的に討議され、最高裁判事は承認され、外交政策の課題(例えば北朝鮮)には対応した。

    0
    続き

    民主党指導部、トランプ大統領の弾劾はまだ時期尚早

     米民主党指導部は、弾劾についてブレーキを踏もうとしている。だが、トランプ大統領にうんざりしている同党の一般議員や全米の進歩派活動家たちの間では、弾劾要求が拡大している。

     活動家たちは世論調査や署名運動を通じ、有権者はトランプ氏の職務上の振る舞いは首に値する違法行為だと判断していると主張し、議会民主党へのスピン(情報操作)を強化しようとしている。

    0
    続き

    CIA長官、亡命の北元駐英公使と会見

     米中央情報局(CIA)のポンペオ長官が、4月末から5月初めにかけての極秘の韓国訪問時に、韓国に亡命した北朝鮮の太永浩元駐英公使と会い、北朝鮮の金正恩体制に対する反乱の可能性について話し合っていたことが、米情報当局者の話で明らかになった。

    3
    続き

    ランサムウエアめぐりMSが情報機関を非難

     世界150カ国でコンピューターウイルス「ランサム(身代金)ウエア」によるハッキング被害が確認されたことを受けて、コンピューターソフトの脆弱(ぜいじゃく)性を知っていながら、隠していたとして、情報機関への批判が高まっている。

    4
    続き

    トランプ氏の初外遊は中東巡礼

     ワシントンからの情報によると、トランプ大統領は今月下旬、就任初の外遊としてサウジアラビアを訪問し、サルマン国王と会見する。その後、22日にはイスラエル入りしてリブリン大統領とネタニヤフ首相、23日にはパレスチナ自治政府を訪問し、アッバス議長、24日にはバチカンでフランシスコ法王とそれぞれ会談することになっている。

    1
    続き

    サウジなど3宗教の中心地訪問

     トランプ米大統領はサウジアラビアを訪問する。これは、中東の大国サウジとイランの間の緊張が続き、中東内の二極化が進んでいる中で、サウジへの支持を明確にするためとみられている。  米大統領は就任後、南北米または欧州を最初に訪問するのが通例となっており、サウジを最初に訪問するのは異例のことだ。これには、選挙戦中の発言などから反イスラムと批判されてきたこと、行き詰まっている中東イスラム教国からの入国禁止令への批判をかわすことを狙ったものとの見方も出ている。

     ムアリミ駐米サウジ大使は先週、ワシントンで行われたテロ対策シンポジウムで、サウジ訪問の発表をたたえるとともに、米サウジ間の外交、安全保障での連携をいっそう強化するものとして高く評価した。

    1
    続き

    墓穴に落ちかねないトランプ米大統領

    傍若無人でルール無視の危うさトランプ米大統領の振る舞いは乱暴、秩序無視です。どこかでつまずき、弾劾による失職さえ予感させます。世界で知性の声を野生の声が勝り、野生の声を代表するトランプ氏には多くの支持者もいるでしょう。その野生の声の唯我独尊ぶりが一段とひどくなり、訴追につながるルール違反の証拠を握られ、不測の展開となることもありえます。

     米大統領の政治権限は別格に強く、われわれの常識が通用しない行動をかなりとりうるようですね。そのわれわれの常識からみても、これは危ういことになりかねないと思わせるのが、連邦捜査局(FBI)のコミー長官の解任です。ロシアによる大統領選介入の疑惑を巡り、トランプ氏はコミー氏に、「自分は捜査対象ではないかどうか」と、はないかどうか」と、3回もただし、「捜査対象ではない」との回答を得たといいます。

    1
    続き

    政府の説明は作り話

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     信じがたいことに、連邦捜査局(FBI)のコミー長官が、2016年7月にしたことが原因で17年5月に解任された。その理由は、ロッド・ローゼンスタイン司法副長官が作成した覚書の中で説明されている。

    1
    続き

    韓国の文在寅大統領、北朝鮮との歩み寄りを目指す

     太平洋地域で北朝鮮を監視している米軍部隊は、厳戒態勢を維持している。一方、米国防総省当局者は、韓国の新大統領に、北朝鮮とのより良い関係を主張し、北朝鮮の核・通常兵器に対する防衛を強化する米国の最近の動きに疑問を呈する人物が選ばれた影響を注視している。

     就任したばかりのリベラル派の韓国大統領、文在寅氏は、米国とその同盟国、北朝鮮の間の緊張緩和を望んでいる。だが、この地域の米軍司令官たちは、北朝鮮の指導者、金正恩氏の核の野望を抑止する取り組みを継続する方針だ。

    0
    続き

    トランプ氏が大統領令、送電網へのサイバー攻撃に対応

     トランプ米大統領は11日、送電網へのサイバー攻撃に備えるよう政府に命じる大統領令に署名した。米軍幹部が、米国の重要インフラがサイバー攻撃に対して脆弱(ぜいじゃく)と証言したことを受けた措置で、サイバー攻撃による長期的な停電への対策を検討することを求めている。

    3
    続き

    「気候マーチ」の狂気

     米国は、すべての人にとってチャンスの国である。ドナルド・トランプが大統領に選ばれた以上、敗者がスニーカーを履き、街に繰り出すチャンスには制限は無くなった。彼らは、その日のマーチ(デモ行進)のテーマを記憶し、適当な看板とか、横断幕を持って姿を現しさえすればよいのだ。デモ行進は、孤独な人々、歩き疲れて足に痛みを持つ者たちの社会生活なのだ。

     月曜日は、毎年恒例の左翼の困窮者の祝賀イベント、メーデーだった。先週は(トランプ政権による反科学的行動に不安を抱えている人たちによる)「科学のためのマーチ」が行われるはずだった。しかし、それは週末に「ピープルズ気候マーチ」に取って代わられた。温度計は90度(セ氏32.2度)を超え、情け容赦なく照りつけて肌を焼く日差しを遮る雲とてほとんどなく、その日は、レオナルド・ディカプリオのような人たち、つまり「気候変動は本当だ」と書かれたプラカードを高々と掲げる数千人の群衆に交じって重い足取りで歩いた現代の名士たちの極端な偏見が盛り込まれたメッセージを肯定するのに、まさにピッタリ当てはまるような日であった。

    0
    続き

    トランプ大統領4カ月 帰ってきた「世界の警察官」

     トランプ米大統領が就任してから4カ月が経(た)とうとしているが、当初から世界中の多くの人々が彼に抱いていた不安感が少しずつ溶解し始めているように感じられる。おそらくその最大の理由は最近の彼の外交政策にある。化学兵器を使用したシリアのアサド政権への制裁として軍事施設をミサイル攻撃で壊滅させるや否や、返す刀で核・ミサイル開発を強行する北朝鮮への軍事的威圧を強めたのである。

     衆目の心配をよそに間髪を容(い)れることなく対応措置を講ずるトランプ大統領の姿は、口先の批判ばかりで具体的な行動を取らなかった前任者のオバマ氏とは雲泥の差であり、あたかも「世界の警察官」たるアメリカが帰ってきたかのような印象を世界中に与えている。こうした一連の政策により、多くの人々がトランプ大統領の過激な発言の裏に隠されていた決断力と行動力を目の当たりにすることとなった。

    4
    続き

    極秘無人宇宙往還機Ⅹ37Bが帰還

     宇宙に滞在していた米空軍の無人宇宙往還機X37Bが7日、これまでで最長718日間の飛行を終えて帰還した。X37Bはスペースシャトル型で全幅8・7㍍、フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターに着陸する際、周辺数㌔内で、超音速飛行時に発生するソニックブームが聞こえたという。

    2
    続き

    オスプレイ、オーストラリアまで21時間で飛行

     米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ4機がハワイのオアフ島からオーストラリアまでの飛行を達成した。在沖縄米海兵隊が11日までに明らかにした。オスプレイはこれまで、所属基地の普天間飛行場(宜野湾市)からオーストラリアまでの飛行を達成しているが、ハワイ―オーストラリア間の飛行は今回が初めての試みだった。

    2
    続き

    米国は2国間協定よりTPP復帰を

     ロス米商務長官は、3月の貿易統計で日本やメキシコに対する貿易赤字が増加したことについて「米国はこの膨張した貿易赤字にはもはや耐えられない」と批判する声明を発表した。

     米労働者と企業を守るため、「通商相手との関係を再調整するのがトランプ政権の使命だ」とし、貿易の不均衡の見直しに強い意欲を示した。米国第一主義に基づく自由貿易協定(FTA)を含めた日本との2国間協議を促す狙いがあると言える。

    1
    続き

    世界最大の軍港

     朝鮮半島情勢の緊張の高まりとともに、米原子力空母カール・ビンソンが注目を集めている。全長330㍍、90機の艦載機、約5000人が乗り組む。空母と5隻の護衛艦を合わせたものを空母打撃群と呼ぶ。米国は現在、10の空母打撃群を保持しており、米海軍の世界的な戦力投射、制海のための主力だ。

    2
    続き