■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国紙セゲイルボを読む rss

    アジア通不在の米政権 ケリー、ライス両氏を友軍に

    韓国紙セゲイルボを読む

     中国の一方的な防空識別圏設定で東北アジアで覇権争いがエスカレートしている。今回の戦いで収める戦果によって、朴槿恵大(パククネ)統領、習近平中国国家主席、安倍晋三日本首相、バラク・オバマ米大統領に対する歴史的な評価が分かれることになる。

    0
    続き

    韓国離反招く中国の防空識別圏の拡大

    韓国紙セゲイルボを読む

     中国はなぜ突然、防空識別圏を延ばしたのだろうか。韜光養晦(とうこうようかい)でいう「まさにその時が来た」と考えて、対外路線を「主動作為」に転換したのか。

    0
    続き

    動物園の悲哀

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     古代と中世の皇帝や王族、貴族にとって動物は権力と富の象徴だった。王宮や私有地に展示する動物の種類と数は権力、金力と比例した。ローマ帝国のトラヤヌス帝はトラ、ゾウなど1万1000頭の動物を捕獲していたが、ダキア征服・領属を記念して123日間狩猟競技を行い全て殺戮(さつりく)した。

    0
    続き

    韓日過去の歴史問題 政治的決断が必要

    韓国紙セゲイルボを読む

     韓国・日本間の葛藤が続き、一層深刻化している。このような時、しばしば登場するのは日本が反省できるように韓国政府は徹底した対応をしなければならないということだ。その際、極端な強硬策は簡単だが、現実的な解決策を見いだすのは容易ではない。

    0
    続き

    韓国人の恨と従北勢力拡大 文化大国への大きな障害に

    韓国紙セゲイルボを読む

     韓国人の情緒は「弱者のルサンチマン(恨(ハン))」が支配的だ。背景には永らく外部勢力の侵略に遭った歴史とともに文化的特性としての女性性、母性性が位置している。

    0
    続き

    林秀卿パラドックス

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     『統一の花』『韓国のジャンヌダルク』『従北議員』。林秀卿(イムスギョン)民主党議員につく修飾語だ。脱北者を「変節者」呼ばわりして手厳しい批判を浴びた後、表舞台に出なかった林議員が再び話題になっている。1989年の訪朝時、金日成を「アボジ」(お父さん)と呼んだと語った人々を名誉毀損で告発して、敗訴したためだ。

    2
    続き

    情宣用のビラ

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     情宣用のビラが韓半島に初登場したのは韓国動乱の時だ。「敵を紙で埋めろ」という米陸軍長官フランク・ペースの命令に従って、米軍はB29爆撃機を利用して最大40億枚散布した。地面に積もったビラが兵士たちの膝頭まで達したという報告があるくらい、ものすごい量だった。

    0
    続き

    ロシア大統領の訪韓契機に多様な国家利益創出へ

    韓国紙セゲイルボを読む

     朴槿恵(パククネ)政府が執権以後、韓国を訪問する初めての4強国家(日米中露)指導者としてプーチン露大統領を選んだという点は、さまざまな意味で豊富な戦略的考慮が敷かれている。このような戦略的考慮を一言で表現しようとするなら、新しいユーラシア時代を迎えて、韓露が多様で互恵的な国家利益を創り出そうということだ。

    0
    続き

    6カ国協議再開の“壁” 韓米日の条件堅持見直しを

    韓国紙セゲイルボを読む

     5年近く立ち止まったままの6カ国協議が最近になって動きだそうとしている。議長国の中国が平壌のメッセージを持って米国に立ち寄り、北朝鮮の今後の履行措置を韓米日が調整しており、協議再開が見通せる圏内に入ってきたといっても過言ではない。

    0
    続き

    「内乱陰謀」で審判台に立たされた統合進歩党

    韓国紙セゲイルボを読む

     韓国政府は「内乱陰謀罪」で逮捕者(李石基〈イソッキ〉議員)を出した統合進歩党の目的や活動が憲法の民主的基本秩序に背反すると判断して、憲法裁判所に政党解散審判を請求し、同党の活動を停止する仮処分申請と、所属国会議員の議員職喪失も請求した。

     統進党は政府の審判請求が憲法に違反しており、民主主義を破壊する行為と激烈に反発している。

    0
    続き

    日本の「集団的自衛権行使」 韓国人の拒否感の背景に100年前の記憶

    韓国紙セゲイルボを読む

     米国が日本のの安倍政府の「集団的自衛権」行使を事実上支援している昨今の状況を、大多数の韓国人は複雑で息苦しい心境で眺めている。

     米国は韓国動乱(1950~53年)を契機に、日本を東北アジア安保戦略の要衝国家とする絵を描いてきた。このことを念頭に置くならば、米国が9・11テロ以後、世界的な対テロ活動の過程で、自衛隊の積極的な集団防衛努力を引き出そうとしたことは当然の手順だ。

    0
    続き

    韓国の大学修学能力試験事情

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「こっぱみじんになった言語領域よ/解いても答えがない数理領域よ/解いていて疲れ果てる社会探求・科学探求領域よ/解釈していると息も絶えそうな外国語領域よ/試験用紙に残った問題一つは/とうとう最後まで解けなかったんだ/なつかしいひと月前よ/帰って来いひと月前よ」

    0
    続き

    朴槿恵大統領の「大蕩平」人事はどこへ行った

    韓国紙セゲイルボを読む

     権力機関長指名をめぐる論議が続いている。「普泗馬(チンサマ)」という言葉がある。人は晋州(チンジュ)、泗川(サチョン)、馬山(マサン)出身者でなければならないという意味だ。5大権力機関長中2人がPK(釜山・慶南)出身で、大統領府の長次官級90人中32人、36%が嶺南出身だという。

    0
    続き

    相次ぐ北朝鮮崩壊シナリオ 周辺国などの責任区分が必要

    韓国紙セゲイルボを読む

     最近になって韓半島統一を論じる外国ニュースがしばしば目に触れる。「米中、北朝鮮崩壊対応責任区域、あらかじめ決めなければ」「北朝鮮前兆なしで突然崩壊の可能性大」「北崩壊時、米中新38度線引く」「北崩壊時、中国が寧辺核施設引き受けの可能性」「北崩壊『可能性』でなく『いつ』が焦点」「中国、韓国の北吸収統一受け入れも」等々。

    0
    続き

    イノシシ政治

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     秋の収穫期を迎えてイノシシ騒動が頻繁に起こっている。この“招かざる客”は農村、都市を問わずいつでも出没する。少し前には、病院に乱入して応急室を修羅場にした。田畑をめちゃくちゃにし、先祖の墳墓を暴く破倫も厭(いと)わない。その深刻さは、イノシシの被害を防ぐため墓地に人工芝を敷き、セメントで盛り土する奇想天外な事態が起こるほどだ。

    0
    続き

    政治的中立性に欠ける韓国メディアの報道傾向

    韓国紙セゲイルボを読む

     現在、韓国は真っ二つに分かれて、対立を繰り返している。それは単に政党だけでなく国民までがすべて二つに分かれているように見える。先の総選挙と大統領選挙で勝利した政府与党は味方でない反対側に存在する多くの理念的見解の差を認めようとしない傾向をしばしば見せるほどだ。

    0
    続き

    韓国紙東京特派員「最悪の状況の今こそ対話を」

    韓国紙セゲイルボを読む

     韓日関係は1965年、国交正常化以来、最悪の状況に至っている。これを解決するために、外交と対話を通じて、韓日関係を切り開いてきた歴史的前例に学ぶ必要がある。鶴城李氏の始祖である朝鮮初の外交官・李藝(1373~1445)がその人だ。

    0
    続き

    貴いキムチ

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     キムチは韓国人の飲食文化の象徴だ。強く引かれる味はないが、食べないとなんとなく寂しい食膳上の“大の親友”だ。海外旅行に出ると、自宅と同じくらい懐かしいのがキムチだ。

     「いちいち種類を選り分けることもなく/ひとつひとつ名前を言うこともなく/一生食べても飽きない/キムチ、キムチ、この飯泥棒様!」(オ・ジョンバンの詩『キムチ』より)

    0
    続き

    北の「3年内武力統一」公言受けた韓国の課題

    韓国紙セゲイルボを読む

     8日、南在俊国家情報院長は国会で、「金正恩が3年内に韓半島を武力統一するということをしばしば公言している」と報告した。北が武力によって、韓国を攻撃すると公言することはこれまでも何度かあったが、「3年内に武力統一」するという具体的な時間を提示したことはなかった。

    0
    続き

    「米中綱渡り」の韓国外交

    韓国紙セゲイルボを読む

     今回の朴槿恵大統領の東南アジア諸国連合(ASEAN)歴訪は、ますます激しくなる米中の主導権争いの中で、韓国の外交が韓米同盟と韓中協力関係をどのように併行発展させていくべきかという根本的な悩みをさらに深めさせた。

    0
    続き

    “キロギアッパ”の涙

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「世の中が騒々しければ/綱に止まったスズメの心で/父は幼い子供の将来を考える/父の目には涙が見えないが/父が飲む酒にはいつも見えない涙が半分だ/父は最も孤独な人だ」(金顯承の詩、『父の心』から)

    0
    続き

    檀君と統一

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     長い年輪や事業の規模を強調する時、「檀君以来最大の~」という表現をよく使う。

    0
    続き