■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国紙セゲイルボを読む rss

    中国の韓半島統一政策は変わったのか

    韓国紙セゲイルボ

     朴槿恵(パククネ)大統領が9月の訪中で韓半島の平和統一のために中国と協力することにし、早急な期間内に具体的議論を始めると明らかにした。だが、その前に中国の意図を正確に把握すべきだ。中国が果たして韓国の統一努力に実質的に協力するのかを冷静に確かめなければならない。

    0
    続き

    羨ましい犬の境遇

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     犬にも多様な星回りがあるようだ。

     今度の秋夕(韓国の祝日、陰暦8月15日=9月27日)の連休に特級ホテルで贅沢(ぜいたく)に暮らした犬が少なくないという。主人が帰省する間、ペット犬を“愛犬ホテル”に預けることで生まれた現象だ。ホテルに泊まった犬はエアコンがきいた安楽な場所で寝食を提供され、緑の芝生の上で存分に遊び回る。この程度は朝飯前だ。

    0
    続き

    朴大統領の「以心伝心」で中国動くか

    韓国紙セゲイルボ

     宮中クーデターで光海君(グァンヘグン)を追い落として王位に就いた仁祖(インソ)は「向明排金」(明を助け、金=後の清を排する)を叫んだ。その後どんなことが起こったか。丁卯胡乱(1627年)が起きると、9年後には皇太極(清の太宗)の12万の軍が朝鮮を蹂躙(じゅうりん)する。丙子胡乱(1636~37年)だ。

    0
    続き

    「韓流3・0」時代は創意的な戦略必要

    韓国紙セゲイルボ

     1990年代中盤から登場し始めた韓流は主に映画とドラマ中心に東アジアに紹介され、大きな反響を呼んだ。「冬のソナタ」のようなドラマは2000年代初期まで「韓流1・0」時代を代表するコンテンツだ。

    0
    続き

    笠子帽

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     笠子帽(カッ)は韓国民族を代表するファッションだ。歴史が古い。(北朝鮮の)平安南道龍岡郡花上里にある7世紀の高句麗古墳、龕神塚の壁画「着笠騎馬人物図」には笠子帽をかぶった武士が弓を射る姿が描かれている。朝鮮時代の笠子帽とそっくりだ。笠子帽は高麗にも引き継がれた。首都・開京(今の開城)を訪れた宋の使臣、徐兢が高麗の風物を伝えた『高麗図経』には、大きな笠子帽をかぶって馬に乗る人が描かれている。その笠子帽は朝鮮500年の象徴物として定着する。平素は黒笠をかぶり、親族に不幸があると白笠をかぶった。戎服(軍服の一種)を着た武官は戦笠(毛皮で作られたつばの狭い笠)と朱笠(王に随行する際の朱塗りの笠)をかぶり、平民はペレンイ(竹で編んだ小さな笠)をかぶった。

    0
    続き

    韓半島の統一議論は「南北」から始めよ

    韓国紙セゲイルボ

     現在、韓国は複雑な対外問題を抱えている。同盟国米国そして日本との関係設定問題で困難に直面しており、さらに中国との関係がより一層複雑な複合方程式を突きつけている。

     3日に抗日戦勝利記念式典への出席など、最近の対中関係で自信を持った朴槿恵(パククネ)大統領は韓半島の「平和統一」のため中国と多様な議論を始めると明らかにした。しかし、一方でこれは心配の種でもある。

    0
    続き

    大統領の椅子と家族

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「妻を私が捨てなければなりませんか。そうすれば大統領の資格があり、そのまま愛すれば大統領の資格がないというのですか」。2002年大統領選挙の与党候補を選ぶ予備選挙に立候補した盧武鉉候補は、(韓国動乱時に労働党幹部として住民虐殺に関与した)義父がアキレス腱として浮上すると感性に訴える言葉で正面突破した。金泳三候補の愛人“カオリ”、金大中候補の“ヨイドの女性”は対立広報チームの攻撃メニューだったが公開されなかった。

    0
    続き

    米国だけに寄り添えぬ韓国

    韓国紙セゲイルボ

     「韓国が米軍の駐留をどれくらい容認するのか」―。カナダ日刊紙「ザ・グローブ&メール」で論客チャールズ・バートンは、中国の抗日戦勝利記念日閲兵式以後に起こる問題をこのように指摘した。閲兵式後、中国共産党機関紙環球時報(ウェブ版)はこのコラムを紹介して関心の高さを示している。

    0
    続き

    社会を成熟させる“怒り”のエネルギー

    韓国紙セゲイルボ

     光復70年が流れた。韓国を見回せば“怒り”が広まった社会だ。瞬間的な怒りを堪えられずに爆発する「怒り調節障害」が随所で見られる。

     ところで韓国社会の“怒り”がいつも否定的だったわけではない。時に肯定的な怒りから力を得ることもあった。

    0
    続き

    1ウォンの価値

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     直径17・20㍉、0・729㌘の銀白色の硬貨。他ならぬ1ウォンだ。市中に流通する効果の中で価値が一番低い。表には満開の無窮花(ムクゲ)模様が刻まれている。アルミニウムで造られ、風で吹き飛ばされるほど軽い。1966年8月に誕生した1ウォン硬貨は銅と亜鉛を混ぜて作った。それで色も旧10ウォン硬貨のように黄金色だった。1968年8月に材質がアルミニウムに変わって現在のように銀白色になった。

    0
    続き

    米で眺めた激変期の韓国外交

    韓国紙セゲイルボ

     8月には韓国を取り巻く情勢は激しく展開した。4日、北朝鮮の地雷挑発で始まった韓国政府の対北朝鮮拡声器放送の再開と、北朝鮮の戦争危機感造成で韓半島の状況が各国メディアの関心を集めた。

     以後にも予想できないことが展開した。南北高官接触が行われて、一定の成果を出したのだ。南北は持続的な対話と離散家族対面問題まで議論した。現在としては「合格点」という評価が多い。

    0
    続き

    民間外交の力

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     この間、“人生の第2幕”をウズベキスタンで始めたいといって、首都タシケントに向かって旅立った先輩がいる。定年とともに人生の第1幕を終えた先輩は、韓国国際協力団(KOICA)海外奉仕団に志願する時もまだ“自意半他意半”だった。しかし、出発直前に会った先輩は変わっていた。「契約期間は1年だが、そこで根を下ろそうと思ってる」と言った。正式な外交官ではないが、政府の禄を食(は)む以上、骨を埋める覚悟で民間外交官の役割を果たしたいと誓った。

    0
    続き

    北の「遺憾」表明で武力衝突回避

    韓国紙セゲイルボ

     4日、非武装地帯(DMZ)南側地域で発生した地雷爆発事故を契機に南北高官接触が行われ、4日間にわたる徹夜の交渉で武力衝突は回避された。この中で注目しなければならない部分は現在の対立局面を解消するためにどんな妥協がなされたのかという点だ。

    0
    続き

    “静かな外交”とは沈黙することではない

    韓国紙セゲイルボ

     日本は戦争中、軍需工場を運営した旧三菱鉱業に強制徴用された数万人の朝鮮半島の男性、挺身隊として強制労役をさせられた女性に対する適切な補償と謝罪を拒否している。

     三菱が韓国民に謝罪や補償を拒否するのは、1910年から45年までの植民地支配を不法な侵略とは見ていないためだ。当時韓国人は日本国民として強制労役に動員されたと見ることができるため、合法的な措置だったとのことだ。

    0
    続き

    不倫の風俗図

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     女性は男性より瞬発力が一歩勝っている。こんな笑い話がある。夫と妻が別々に浮気して、同じホテルで出くわした。びっくり仰天した夫は「あっ、おまえ!」と言ったきり、言葉が出なかった。すると妻が大声で叫んだ。「金刑事! あいつを早く捕まえて」。いずれにせよ、こんな時の女性の瞬発力は認めるべきだ。

    0
    続き

    安倍談話と中国抗日戦勝式への参加

    韓国紙セゲイルボ

     安倍晋三首相による戦後70周年談話が「不明瞭な」謝罪に終わったことで、9月3日の中国抗日戦勝利70周年記念式出席をめぐる韓国政府の対応も複雑になった。安倍談話が歴代内閣の歴史認識から全面的に脱却したとすれば、韓国としても式典参加の名分ができたのだが、そうではなかったからだ。

    0
    続き

    北朝鮮の対南非対称戦略に対応する方法

    韓国紙セゲイルボ

     4日、韓国側非武装地帯(DMZ)に北朝鮮が仕掛けた地雷が爆発し、韓国兵2人が大けがを負った。北朝鮮が何の目的で軍事挑発を繰り返しているのかを冷静に分析し、対応方案を講じなければならない。

     北朝鮮は国力面で韓国と格差が広がり、正面対決では圧倒できなくなると、核とミサイル、特殊戦部隊と長射程砲などの非対称手段を強化し、対南非対称戦略を駆使している。

    0
    続き

    サングラスと犯罪

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     1950年9月15日、仁川上陸作戦を指揮した艦上のダグラス・マッカーサー国連軍最高司令官、1961年5月18日、陸軍士官学校の生徒たちの5・16軍事革命支持デモを見守る朴正煕少将、2004年11月25日、日本の成田空港を麻痺(まひ)させた“ヨン様”ことペ・ヨンジュン、2015年7月30日、映画『ミッション・インポッシブル5』PRのため訪韓したハリウッドスター、トム・クルーズの共通点は何か。サングラスをかけていることだ。朴正煕は1961年11月、米国を訪問してジョン・F・ケネディ大統領と会談した時もサングラスをかけて、彼を象徴するアイコンとなった。  風刺画家たちの絵の中にいつも登場する黒いサングラスは、情報機関員を象徴する。しかし、サングラスが必ずしも権力や独裁者のような否定的なイメージだけ持っているわけではない。色と関係なく、サングラスは女性たちにとってはハンドバッグや靴と共にファッションの完成だ。オシャレが好きな若い男女にとっては(紺の)ジーンズ、白いシャツに黒いサングラスはロマンだ。

    0
    続き

    ロッテとポスコのドタバタ劇 日本を超えられない明確な理由

    韓国紙セゲイルボ

     「アリババの馬云、ソフトバンクの孫正義が習った経営哲学」といわれる京セラ創立者・稲盛和夫氏の著書『岩を持ち上げろ』(ソウル文化社刊)はあたかも孔子を読んでいるようだ。  「常に完ぺきを追求せよ、誠実に仕事に没頭せよ、小さい努力を着実に積め、率先垂範せよ、公私を区別せよ、真の勇気を出せ、反省する生活を送れ…」

    0
    続き

    日本の「嫌韓」育てた韓国メディア日本語版

    韓国紙セゲイルボ

     韓国の反日感情と日本の嫌韓感情は過度に深くなっており、簡単には解けそうにない。このような結果を招いたのには情報の役割が大きかった。

     日本のメディアには韓国語版がないが、韓国のメディアはインターネット日本語版を発行し、日本人が韓国の敵対的な記事をろ過なしで見ることができる。

    0
    続き

    南北、二つの時間

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「何と言っているのか、よく分からないね」

    0
    続き