■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国紙セゲイルボを読む rss

    「正義の女神」のハンコ代

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     彼は“盲目の判事”だった。立派な両目を持っていても、法廷でだけは盲人のように振る舞った。裁判が始まると白い布で両目を覆って判事席に座る。全ての書類は裁判所の書記が代わりに読む。もっぱら耳と口だけで裁判を進めた。判事として在職した14年間はずっとこんなふうに裁判を行った。米国のセントルイス地方裁判所のベーク判事にまつわる逸話だ。

    0
    続き

    朝鮮史に見る「根拠ない自信」

    韓国紙セゲイルボ

     率直に言って、歴史ドラマ『懲泌録』は気に入らない。劇的面白みのことではない。歴史を扱ったものなら、正直であるべきだが、そうではないからだ。

     壬辰倭乱(文禄・慶長の役、1592~98年)は朝鮮の恥辱だ。ドラマの主人公・当時の大臣柳成龍(ユソンニョン)をまたとない「憂国の志」とだけ描こうとするのには無理がある。また、豊臣秀吉を異常者とだけ描くのもやめてほしい。

    0
    続き

    韓米日同盟体制の強化を牽制する中国

    韓国紙セゲイルボ

     中国の立場で現在の韓半島および北東アジアの地形はとても複雑だ。米国の「アジア回帰政策」と、それに伴う中国包囲あるいは韓米日同盟体制の強化は大きな脅威になっており、特に韓国の米国との一方的な同盟強化は少なくとも軍事・安保的な側面では中国の深い憂慮を生み出している。

    0
    続き

    メガネの日

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「視力がだんだん落ちてきて経典の文字は眼鏡でなければ読みづらい」「眼鏡を掛けて朝廷に出れば見る者たちが驚くだろうから、6月に自ら行う政務も実行は難しいだろう」

    0
    続き

    米大使襲撃事件が気付かせたもの

    韓国紙セゲイルボ

     リッパート駐韓米国大使が襲撃された消息を聞いて、数年前の趙承熙(チョスンヒ)事件を思い出した。2007年4月16日、韓国と米国を驚かせた事件だ。

     当時バージニア工科大4年生だった韓国系永住権者・趙が銃器を乱射して32人の学生の命を奪い、自らも命を絶った。米国史上、単一犯による銃器殺人事件で最もおぞましい事例として記録されている。

    0
    続き

    一連の事件に共通する「怒り調節障害」

    韓国紙セゲイルボ

     最近相次いだ銃器乱射、保育園児童虐待、大韓航空機の回航、米大使襲撃事件など、これらの被疑者の共通点は「怒り調節障害」の患者であるという点だ。彼らは自ら怒りを調節できず、極端な行動に出てしまった。

     健康保険審査評価院によれば、2014年に怒り調節障害症状で病院を訪ねた患者が09年以後わずか5年間に33・5%増えたという。

    0
    続き

    自殺の特効薬

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     『一輪の花を手折るのは、宇宙の一部分を手折ること。一輪の花を咲かせるのは、数万個の星をきらめかせることだ』。哲学者のオショウ・ラジニーシの言葉のように、あらゆる生命の価値は絶対的であり宇宙的だ。まして万物の霊長たる人間の存在においてはなおさらだ。

    0
    続き

    米国の金利引き上げ、中国経済直撃の見方

    韓国紙セゲイルボ

     韓半島の地政学的な特性上、強大国の影響を強く受ける韓国は韓米、韓中関係が安保・経済など多方面で非常に重要だ。

     中国政府は全国人民代表大会と全国人民政治協商会議が終われば、まさに国内外の経済的問題解決と政治風土醸成のための改革および強大国の夢を達成するための軍事力・外交力強化に邁進(まいしん)するだろう。

    0
    続き

    国会議事堂の梟

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     国会が“通法府”という汚名を着せられた時代があった。青瓦台(大統領官邸)の指示を受けて行政府が注文する法案を通過させる下手人の役割を果たした。その時代に比べると国会の地位は蒼海(そうかい)転じて桑田となるくらい大きく変わった。今も政府の注文立法がないことはない。政府が省庁間の意見衝突や複雑な手続きを避けるため、迂回(うかい)して議員立法を活用する“借名発議”が問題にされたりもする。それでも通法府時代とは比べ物にならない。注文生産はさておき、議員があまりにも多くの法案を提出して後始末ができないくらいだ。

    0
    続き

    統一政策、まず目標を明確に

    韓国紙セゲイルボ

     「統一大当たり」を打ち出した政府の統一議論を見守りながら、政策の目標と手段に対する構想はあるのかとの疑問を消せない。議論は溢(あふ)れ出るのに、具体的成果が見えない現況は、統一政策が漂流しているのではないのかとの憂慮まで生じさせる。

    0
    続き

    閣僚人事聴聞会このままで良いのか

    韓国紙セゲイルボ

     朴槿恵(パククネ)政府の第2代国務総理として李完九(イワング)元セヌリ党院内代表が辛うじて国会承認を受けて就任した。

     朴政府スタート以後、高位公職者総62人中、本人の疑惑で辞退したり、野党の反対を押し切って採択された者など、聴聞過程で傷を負った者が28人(45・2%)に上るとあるメディアは伝えている。

    0
    続き

    春が近づく音

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     春が近づく音は静かだ。春の歌はかすかに聞こえてくる。深い山奥の穴蔵の軒に垂れた数十のつららは春雪が溶けるように溶け去り、大雪が降った後に餌を探して村まで下りてきていた獣たちも知らないうちに元の山奥に帰っていく。雪が溶けて流れる渓谷の水音は清涼だ。

    0
    続き

    帰化筆記試験の復活?

    韓国紙セゲイルボ

     米国女子プロゴルフ協会(LPGA)が選手たちの「英語使用義務化」を試みて諦めたことがある。「選手たちの効果的な疎通」を言い訳に、一定の英語水準を充足できない選手は試合出場を停止させる規定を新しく作るということであったが、「差別政策だ」との非難が沸き立った。

    0
    続き

    グローバルテロ対策でジレンマ抱える韓国

    韓国紙セゲイルボ

     仏風刺画週刊紙シャルリエブドへのテロ事件、デンマークのコペンハーゲンで発生した銃器乱射事件などの裏面には、宗教と表現の自由、キリスト教とイスラムの宗教対立と文化衝突、反ユダヤ主義など複合的葛藤がある。

    0
    続き

    JPの死生観

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     夫が出掛ける間際に語った。「神の加護があればまた会えるだろう。そうでなければ銃殺された非常にぶざまな顔を見ることになる」。1961年、5・16軍事クーデター前日の朝だった。夫人は妊娠7カ月目だった。子供が忘れ形見になるかもしれない瞬間だった。青坡洞の淑明女子大前から鉄道までは結構時間がかかる。しばらく下り坂を下りた後、夫が後ろを振り返った。夫人はその時、道の真ん中に立ったまま泣いていた。

    0
    続き

    「統一大当たり」と四面楚歌

    韓国紙セゲイルボ

     「四面楚歌(そか)」は楚の覇王・項羽が垓下(今の安徽省)で劉邦の軍に包囲された時、劉邦の兵士が楚の歌を歌うことによって、項羽をして戦意を喪失せしめた逸話だ。今日、四面楚歌は朴槿恵(パククネ)大統領の「統一大当たり」に比喩できる。

    0
    続き

    真の韓国文化発信する劇場「圓覺社」の復元

    韓国紙セゲイルボ

     1990年代後半から始まった韓流ブームは韓国を全世界に知らせることに寄与した。ドラマ、Kポップなど文化コンテンツは中国や日本、欧州まで人気を呼んでいる。

     しかし、これらは世界の口に合うように脚色された大衆文化にすぎない。韓国訪問観光客1000万人時代を迎え、世界の人に出せる真の韓国文化とは何だろうか。

    0
    続き

    ビリに与える奨学金

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     ヨーロッパでは大学を“象牙の塔”という。「物欲と現実的な利害を離れて真理を探究する大学の学問世界が象牙のように清く孤高だ」という意味だ。19世紀フランスの批評家サントブーブがロマン派の詩人ビニーの詩を批判して、初めて使った。ビニーの詩が観念的で非現実的だという意味だったが、次第に学者たちが学問を研究する研究室、または芸術至上主義の人々が俗世を離れてひたすら芸術だけに興じる立場を皮肉る言葉に変わった。

    0
    続き

    外国人観光客1000万人時代の影 劇場内の案内放送は韓国語だけ

    韓国紙セゲイルボ

     6165万2158人。韓国法務部が発表した昨年の出入国者数だ。韓国全体の人口より多い。歴代最大値だという。この中で観光や訪問目的で韓国を訪れた外国人は1048万6992人。今や外国人観光客1000万人時代を迎えている。

     数日前、ミュージカルを観(み)にソウル江南区の劇場を訪ねた。平日昼の公演だったが大盛況で、13万ウォン(約1万4000円)もするVIP席も埋まっていた。

    0
    続き

    李明博前大統領回顧録出版騒動が残したこと

    韓国紙セゲイルボ

     時宜を得ぬ李明博(イミョンバク)前大統領の回顧録出版が政界に小さくない波紋を起こしている。

     回顧録は真実に基づく時にこそ、初めて意味があり歴史的価値がある。だが、大部分は自身の合理化や正当化に陥り、色あせたり、論争に巻き込まれたりする。

    0
    続き

    人民裁判

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「ある日、“補給闘争”に出ていた隊員たちが10人ほどの反動分子を引っ張ってきた。その中には老人と女性も入っていた。人民裁判が開かれ、殺す方法について意見が分かれたが、結局、棍棒(こんぼう)で処断しようという結論となった。銃で殺すと銃弾が惜しいし、竹槍(たけやり)や刃物で突き刺すと血の匂いが嫌になるというのだった。狭い田んぼのあぜ道で反動分子たちに対する殺戮(さつりく)が無残にも敢行された」

    0
    続き

    韓水原ハッキング事故 国家次元の保安強化を

    韓国紙セゲイルボ

     昨年末の韓国水力原子力(韓水原)ハッキング事故で、国民は不安の中で1年を終えた。福島原発事故以降、原発に対する不安感があるが、これを運営する機関でハッキング事故があったことは不安を倍加させた。

    0
    続き

    本当の回顧録

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     虎が死んで皮を残すように政治家は回顧録を残すのだろうか。ひとかどの政治家で回顧録が1冊もない人は珍しい。大統領を経験した金泳三、金大中、盧武鉉の各氏は皆、自分の足跡を本にまとめた。外国も同じだ。ジョージ・W・ブッシュ元米大統領は9・11テロの緊迫した瞬間を本に著した。チャーチル元英首相は回顧録によってノーベル文学賞まで受賞した。こんなにいい商売はないようだ。

    0
    続き