■連載一覧
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国紙セゲイルボを読む rss

    宋海氏の夢

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     24歳の青年は戦争が始まると、山の中に身を隠した。(北朝鮮・黄海道の)九月山(クウォルサン)に身を隠した人民軍の敗残兵たちが毎晩、鉦(かね)を叩(たた)きながら村をかき乱して回ったためだ。数日山中に身を隠しては家に戻る生活が繰り返された。1950年の冬、中国共産党軍が押し寄せてくると、状況が緊迫した。「オモニ(母さん)、ちょっと行ってきます」。息子の短いあいさつに、母は「今度は、用心しなさい」と言って息子を見送った。母親の心からの忠告は結局、最期の遺言となった。息子の心には、「ちょっと」という単語が65年間、喉に刺さった小骨のように引っ掛かった。歌手で“国民のMC”でもある宋海(ソンヘ)氏が抱えた離散の痛みだ。

    0
    続き

    韓日中首脳会談の定期開催

    韓国紙セゲイルボ

     韓半島をめぐる国際情勢が激動している。1999年から毎年定例的に開かれていた韓日中首脳会議が12年5月の会議を最後に開催されていない。特に12年12月、日本で第2次安倍内閣がスタートして以後、靖国神社参拝で冷却した3国関係は領有権問題、軍慰安婦強制動員否定および独島(竹島)領有権主張などで、なかなか解氷の兆しを見せていない。

    0
    続き

    政権崩壊にもつながる北朝鮮の“恐怖政治”

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮人民武力部長玄永哲(ヒョンヨンチョル)が4月30日、処刑されたように、金正恩(キムジョンウン)執権4年にもなって恐怖政治を敷いている理由は何か。元老除去、金正恩1人独裁体制構築、忠誠競争誘導などが考えられる一方で、金正恩の権力がまだ脆弱(ぜいじゃく)なため、潜在的挑戦勢力を除去するということもあり得る。  いずれにせよ恐怖政治は南北関係と核問題の解決には決して役に立たない。交渉担当幹部が粛清を恐れて交渉が硬直したり、軍部の忠誠競争から対南挑発につながるからだ。

    0
    続き

    アカシアの“花飯”

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     貧しかった頃の我々の話だ。1970年代初、麦が実りつつある晩春だった。青瓦台(大統領官邸)に一通の手紙が届けられた。京畿道城南に住む主婦が一字一字はっきりした字で切ない事情をしたためていた。「80歳を超えた姑に侍りながら3人の子供と一緒に暮らしています。ソウル駅前で行商をしていた夫が交通事故で床に伏し、家族が何日も食べられずにいます。私たちは食べなくても大丈夫ですが、老齢の義母が何も食べられずにいる様子はとても見るに堪えません。」

    0
    続き

    中国でなく日本を選んだ米国 韓国のTHAAD配備焦点に

    韓国紙セゲイルボ

     中国の習近平主席は昨年11月、北京で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)で、安倍晋三首相を無表情で迎えて冷遇したが、今年4月22日、ジャカルタで開かれたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念式では、北京の時とは打って変わって温和な微笑で面会した。  中国は「反帝国主義」を建国理念とし、日本に対する国民共感を形成してはいるものの、実際的な日中関係では実利を選択することができる国家だ。

    0
    続き

    北朝鮮のSLBMと急変事態に備えよ

    韓国紙セゲイルボ

     9日、北朝鮮は潜水艦発射弾道ミサイル実験に成功したと発表した。安保理対北制裁決議をあざ笑うかのように、写真と共にSLBM発射成功を報じたのだ。  潜水艦発射核ミサイルは核兵器開発の最終段階である。万一、北朝鮮が核SLBMを持てば、誰も北に対する先制攻撃を考えられなくなり、その自信を土台に北朝鮮はさらに過激で無礼な対外政策を取ることができる。

    0
    続き

    政治家の進退

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     アキレス腱は誰にでもある。政治家は特にそうだ。長所が多くても1、2の弱点のために志を果たせない。孫鶴圭・元新政治民主連合常任顧問も同じだ。彼には人間性、知性美、持続的な意志、自制力など長所が多い。それでもひときわ弱いアキレス腱があった。一つは大衆性の不在、もう一つは“出身成分”だった。

    0
    続き

    南北関係改善で外交難局突破を

    セゲイルボ

     南北関係を改善しなければならない重要な理由がさらに一つ追加された。それが韓国外交が直面する難局を突破する打開策になり得るということだ。  李明博(イミョンバク)政府以来、南北関係改善は外交政策のカードというよりは、外交政策を通じて達成する目標と見なされてきた。韓日米間の協力を基盤に中国を引き込めば、韓国が北朝鮮を変化させたり、コントロールできるという希望だった。

    0
    続き

    韓国外交に教訓与えた安倍首相の米議会演説

    韓国紙セゲイルボ

     安倍晋三首相は今回の訪米成果で“マイウェイ”を行く速度を上げている。8月の終戦70周年談話でも、過去の歴史謝罪要求を無視する態度で一貫すれば、韓国・日本関係改善の契機は得にくくなる。

    0
    続き

    国庫揺るがす公務員年金

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     1960~70年代に大学を“牛骨塔”と呼んだことがある。学問と真理の殿堂である大学を「象牙の塔」でなく「牛の骨で建てた塔」だと皮肉ったのだが、子供の成功のためなら燃え盛る火の中にも飛び込む父母にとって、大学はそんな存在だった。田舎で農業を営む父母たちは、子供を大学で学ばせるために農業には欠かせない牛を売った。売り払ったのは牛だけではない。誰かが無理やりさせるわけでもないのに田畑まで喜んで子供のために捧(ささ)げる一途(いちず)さのために腰が曲がり、家計が破綻することさえあった。

    0
    続き

    “惨禍の歴史”は繰り返すのか 日本と全く同じ状況の韓国

    韓国紙セゲイルボ

     1587年、橘康広が日本国使として来た。「宣祖修正実録」にはこのように記されている。

     「平(豊臣)秀吉が言うには、『わが使節は毎度朝鮮に行くのに朝鮮使節は来ないのは、われわれを軽んじているのか』として、使節派遣を要求した」

     朝鮮は危険だと感じた。壬辰倭乱(文禄の役、1592年)が勃発する2年前、黄允吉(ファンユンギル)と金誠一(キムソンイル)を日本に送ったのもこのためだ。

    0
    続き

    国民が期待する鉄道インフラの安全確保を

    韓国紙セゲイルボ

     セウォル号惨事から1年が過ぎた。深い傷は相変わらず社会の各所に残っている。いま私たちができる最善のことは、再びセウォル号のような事故が発生しないよう、韓国社会全般の安全を振り返ってみることだ。特に、鉄道は多くの人員を一度に輸送する大型交通手段であり、より徹底した安全点検と予防が必要だ。

    0
    続き

    泰山のように重い人生

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「和尚も孤独を感じる時がありますか」。崔仁浩(チェイノ)(作家)が尋ね、法頂(ポプチョン)(僧、いずれも故人)が答える。「もちろん。孤独を知らなければ人生が鈍くなるよ。しかし、孤独にとらわれてしまうと沈滞する。孤独は脇腹をかすめて通る風のようなものだね」

    0
    続き

    「韓半島統一構想」宣言から1年 北の変化誘導できる柔軟性を

    韓国紙セゲイルボ

     2014年3月28日、朴槿恵(パククネ)大統領はドレスデンで、「韓半島平和統一のための構想」(ドレスデン構想)を発表し、「新しい韓半島建設」のために軍事対決の障壁、不信の障壁、社会文化的障壁、断絶と孤立の障壁を克服しなければならないと強調した。

    0
    続き

    国民の視線も冷たくなるセウォル号デモ

    韓国紙セゲイルボ

     16日のセウォル号惨事一周忌の追悼集会で、デモ隊と警察が正面衝突した。警察は「デモ主導者と過激行為者らを最後まで追跡し、全員司法処理する」方針を明らかにした。

     セウォル号惨事の悲劇性を考えれば、その収拾方向に対する社会的異見・葛藤と無関係ではない今回の都心デモに対して、強硬一辺倒の対応に賛成するには無理があるものの、前後の関連を見れば警察を非難することも難しい。

    0
    続き

    パスポートパワー

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     外国を旅行しようとすれば旅券法に従って外交部長官(外相)が発給した旅券(パスポート)を必ず所持しなければならない。旅券は旅行者の身分を証明し、外国政府に保護を求める文書だ。外国では、旅券がないという理由だけで拘禁されたり追放される場合もある。

    0
    続き

    日本の国連安保理常任理入り 歴史問題の解決が前提に

    韓国紙セゲイルボ

     終戦および国連創設70周年を迎えて、国連改革が国際社会の話題として浮上している。中でも核心機構である安全保障理事会(安保理)改革は重大な意味を持つ。

    0
    続き

    長期的計画なき韓国外交 危険な当局者の大言壮語

    韓国紙セゲイルボ

     尹炳世(ユンビョンセ)外相は、「米中双方からのラブコールを受ける状況はジレンマでなく祝福」と言った。あきれた言葉だ。外交の目的が何か。国と国民の生命を守ることだ。大韓民国の外交は長期的な計画の中で周到綿密に戦略的に動きながら、懸案別に柔軟に対応しているのか。原則なしで顔色を読み、臨機応変で切り抜けることを能力だと勘違いしてはいないか。

    0
    続き

    AIIB加入と統一外交の方向

    韓国紙セゲイルボ

     韓国政府のアジアインフラ投資銀行(AIIB)加入決定について、「顔色を見ていてタイミングを逸した」という批判が出ると、尹炳世(ユンビョンセ)外相は、「最適の絶妙のタイミング」で決定したと反論した。

     しかし、AIIBスタートについて、中国が切実に必要としていた時に、韓国政府が積極的に動いたならば、状況はかなり違っていたのに、という物足りなさは残る。

    0
    続き

    盛り上がってきた第5国連事務局誘致

    韓国紙セゲイルボ

     韓半島内への第5国連事務局誘致運動に関心が高まっている。第5事務局とは国連の地域事務局だ。第1事務局は米ニューヨーク、第2はスイスのジュネーブ、第3はオーストリアのウィーン、第4はケニアのナイロビに設置されている。

    0
    続き

    靴磨きのきんちゃん

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     彼は世界最高の靴磨きだ。名前はあるが、ただの「靴磨きのきんちゃん」で通じる。日本・東京の最高級、帝国ホテルの一番隅っこが彼の42年間の仕事場だ。

    0
    続き

    安倍首相発言に虚を突かれた韓国

    韓国紙セゲイルボ

     安倍晋三首相が日本軍慰安婦を「人身売買の犠牲者」と表現したことで、同首相の米議会上下両院合同演説内容を注目してきた韓国政府は虚を突かれた格好だ。

     安倍首相は3月27日、米紙ワシントン・ポストとのインタビューで、日本軍慰安婦を「人身売買の犠牲者」と言及した。同首相が公式席上で慰安婦問題で「人身売買」という表現を使ったのは今回が初めてである。

    0
    続き

    建国の大統領・李承晩 寂しい誕生日の祝膳

    韓国紙セゲイルボ

     貧しい港街を世界4位の金融センターとして育て上げたシンガポールの国父リー・クアンユーが死去した。このアジアの巨人も権力を世襲させ、息子、娘、嫁が政・財界を押さえ、市民生活にまで介入して批判を受けた。それでも国民はリー・クアンユーを誇らしく思っている。彼がいなかったら今日のシンガポールは存在しないことをよく知っているためだ。

    0
    続き