■連載一覧
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国紙セゲイルボを読む rss

    文正仁氏の“韓米軍事訓練縮小”発言の波紋

     文正仁(ムンジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が「韓米同盟がサード(高高度防衛ミサイル)のために壊れるならば、同盟でもない。北朝鮮が核・ミサイル活動を中断すれば、米国と韓米軍事訓練を縮小することもできる」と発言した。韓米首脳会談を2週間後に控えて出てきたものだけに、大きな波紋が予想される。

    4
    続き

    大統領夫人の内助

     男子ゴルフ世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン。かつて何度も優勝目前で失速し“ノミの心臓”と呼ばれた。彼が変わったのは2012年、婚約者のポーリナ・グレツキーに出会ってからだ。

    3
    続き

    平昌冬季五輪の準備に万全を

     2018年平昌冬季オリンピック(2月9~25日)が半年後に迫った。しかし、現在のような成り行きでは差し迫ってから右往左往するかもしれない。平昌五輪の成功的開催はもちろん、韓国文化の発展と南北関係改善、さらに平和統一への礎石とするためには、政府と関係当局、そして国民の団結がかつてなく切実な状態だ。

    1
    続き

    連日の国政壟断裁判と関係者らを襲う疲労感

     朴槿恵(パククネ)前大統領と崔順実(チェスンシル)氏をはじめとする国政壟断(ろうだん)事件被告人の公判が連日開かれている。記者の一日は国政壟断で始まり、国政壟断で終わる。

     朴前大統領と崔氏、李在鎔(イジェヨン)サムスン電子副会長、金淇春(キムキチュン)前大統領府秘書室長などの公判がさまざまな法廷で同時に行われる。

    0
    続き

    成功法則から外れたサード論議

     文在寅(ムンジェイン)政府が成功するためには外交安保の軸が堅固でなければならない。金大中(キムデジュン)政府は太陽政策を実施する前に米国と日本を説得することに多くの精魂を傾けた。盧武鉉(ノムヒョン)政府も米中間の均衡者の役割を主張しながらも、イラク派兵など現実路線に従った。文在寅政府も二つの前任政府の実利路線を受け継ぐことが望ましい。

    1
    続き

    龍馬を使う知恵

     文在寅政府が発足して1カ月が過ぎ、青瓦台(大統領官邸)前の眺めが一変した。青瓦台前の噴水広場に連日、一人デモを行う人々が押し寄せている。帽子とサングラス姿の人々は炎天下の中でも無言の歓声を上げながら立っている。「成果評価制廃止」、「サード配備反対」、「解雇者復職」…。青瓦台から200㍍離れた住民センター前を、座り込みをする人々に明け渡したこともある。

    2
    続き

    乞食の缶の奪い合い

     国会の議席数が107の第1野党である自由韓国党(以下、韓国党)の支持率が13%であることが分かった。共に民主党の支持率55・6%と比べるとあまりにも低いが、堂々と全政党の中で2位となっているので、体面だけは何とか保ったようだ。

    2
    続き

    「新朝鮮策略」の核心は韓米同盟

     韓半島平和と韓米同盟は韓国にとって“酸素”も同じだ。酸素がなくなるまでは、誰もその価値に気付かないように、韓半島の平和や韓米同盟が破られるまでは当然だと思いやすい。

    2
    続き

    指先の直接政治

     2013年2月、朴槿恵大統領の就任式場。前列に座った李明博前大統領(当時)が手で目頭を押さえた。涙を拭うように見えるこの写真がアップされると1000個のコメントがついた。「子ネズミ(ずる賢い奴)の涙」などの悪口一辺倒だった。その時は“ノサモ(盧武鉉を愛する人々の会)”を超えて、“パクサモ(朴槿恵を愛する人々の会)”の全盛期だった。彼らは敵と友軍を区別した。もっと理念的な時代だった。

    1
    続き

    北朝鮮がミサイルを連発した意味

     文在寅政府がスタートした10日から29日まで20日間で、北朝鮮は何と4回もミサイルを発射した。主に米国を狙ったものというのが専門家の分析だが、今回のように韓国で新政権出発後、短期間に立て続けに発射したのは異例だ。

     14日には新型中長距離弾道ミサイル「火星12」の試験発射を行った。北の報道は打撃目標が米国のハワイとアラスカだと明らかにした。

    1
    続き

    縮みゆく保守陣営壊滅は時間の問題か

     野党議員が文在寅(ムンジェイン)大統領を評価している。リーダーシップと態度、人事に対してだ。

    1
    続き

    北がミサイル挑発しても“対話”叫ぶ外交安保当局

     鄭義溶新任大統領府国家安保室長は指名初日の21日、「南北関係こそわれわれが主導して、復元するべきだと考える」と述べた。文正仁統一・外交・安保特別補佐官は、「近い期間内に文在寅大統領が北の指導者と第3次首脳会談を行い、これまでの困難を克服するように願う」と語った。統一部は22日、「民間交流など南北関係主要懸案に対して柔軟に検討していくつもりだ」と言った。交流再開を表した発表だ。

    3
    続き

    一度ご飯を食べよう!

     『ひとりで食事をするな』(邦題『一生モノの人間力』)という本がある。米国のコンサルティング専門家キース・フェラッジとタール・ラズが書いた人生の成功法に関する本だ。

    5
    続き

    文大統領の“2トラック”対日外交

     文在寅(ムンジェイン)大統領が就任1週間後に米国、中国と共に日本へ特使を送った。両首脳が直接会ったものではないが、特使が伝えた文大統領の親書内容と、これを受けた安倍晋三首相の反応を見れば、両国の関係は改善の流れに乗ることができるようだ。

    2
    続き

    就任当時の初心を最後まで大統領は守れるか

     「私はきれいで透明で有能な政府を必ず作って、国民の皆様の信頼を得ます」

     「大統領から信頼を受ける政治を率先垂範してこそ真の政治発展が可能です」

     前者は朴槿恵(パククネ)前大統領の就任の辞で、後者は文在寅(ムンジェイン)大統領のものだ。2人共、国民の信頼を強調しているが、すでに片方は転覆した状態だ。何が彼女を失敗した大統領にしたのか。就任当時の初心を失ったせいだ。

    2
    続き

    ほろ苦い先生の日

     今日は「先生(師匠)の日」だ。ところが本当の主人公である教師たちにとっては、この日がうれしくない日になって久しい。20年ほど前だけをみても、師弟の情があふれていた。先生に感謝の手紙を書いたり、花を胸に付けてあげたり、病気や退職した先生を訪ねていくなど、多様な感謝を表す行事が行われた。しかし、いつの間にかこの日は教師と弟子が共に“無視したい日”となった。1990年代後半から「寸志」授受などの不正を懸念して学校が先を争って休業にしてきた。教師たちも初めから「誤解されるのはいやだ」と言いながら、休業を喜んでいる。特に今年は請託禁止法(金英蘭法)施行後初めての先生の日なので、学校現場の風景はいっそう冷え込む見通しだ。一切の贈り物はもちろん、紙で作ったカーネーションもプレゼントできず、受け取る場合も学生代表を通してのみ可能だというのだから…。

    3
    続き

    文・トランプ関係を占う

     ワシントン外交界は韓国に左派の文在寅(ムンジェイン)政権が誕生したのを見て、過去の韓国左派政権と米共和党政権の関係を反芻している。金大中(キムデジュン)(左派)とジョージ・W・ブッシュ(共和党)、盧武鉉(ノムヒョン)(左派)とブッシュ時代が文・トランプ関係を占う鏡になるからだ。

    2
    続き

    どう働く? 失業青年たちの「怒れる投票」

     「青年失業」は大統領選挙でしばしば登場する単語の一つだ。民主化以後に行われた大統領選挙直前の青年失業率は歴代最悪の水準となっており、青年たちの“怒れる投票”の可能性がかつてなく大きい。

     政界はすでに昨年の総選挙で史上最悪の青年失業率が選挙戦をどのように揺るがすかを骨身にしみるほど経験している。各候補が青年雇用の公約に熱を上げる理由だ。

    0
    続き

    5月は贈り物の月

     5月は、“贈り物の月”だ。子供の日(5日)、親(父母)の日(8日)に続いて、先生の日(15日)、夫婦の日(21日)が待機中だ。関心を引こうとする人たちが贈り物攻勢をかけるのに最適だ。

    1
    続き

    新しい大統領の危機管理

     米国は1905年、桂・タフト協定を結んで、強大国の隙間で生存しようとする大韓帝国の命を日本の手に任せた。第2次世界大戦以後、戦後秩序を議論する過程で、韓国は強大国のおはじきにすぎなかった。米国はカイロ・ヤルタ会談で、韓国の独立の呼び掛けを無視して、テーブルの上で南北を分割する線を引いた。

    2
    続き

    コリア・パッシングとサード配備の必要性

     かつてなく北核問題が緊迫し、米国、中国、日本が国際的議論を主導する中で、韓国を排除したいわゆる“コリア・パッシング”が憂慮される。

    1
    続き

    サウナでビジネス?

     電話の録音が常識になった。特別なことがなくても万一のことに備えて通話内容を録音する人たちが少なくない。スマホの録音ボタンを押さなくても自動的に録音してくれるソフトもある。大韓民国が“録音共和国”になったという自嘲する人もいる。

    1
    続き

    安保不感症が重症な大韓民国

     国家危機の前で三つの国が思い出される。新羅と朝鮮(李朝)、そして大韓民国だ。これらの中で、最も堅固な国は国土と人口で最も小さかった新羅だった。三国統一の大業はそのような堅固な安保の上で可能だった。

     唐の皇帝は百済を滅亡させて帰国した蘇定方将軍に、「ついでになぜ新羅まで征伐しなかったか」と叱責した。蘇定方は「国は例え小さくとも君臣が一つになって、むやみに攻められませんでした」と答えた。

    2
    続き