■連載一覧
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 検証・金正恩統治5年
  • トランプ・ショック 再考・日本の国防
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016/12/27
  • 2016/12/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 中東・北アフリカrss

    シリア「安全地帯」は米同盟にとって危険

     荒れるシリア内戦から逃れようとする難民のためにトランプ大統領が設置を主張している「安全地帯」に、主要同盟国トルコが反対している。トルコは、米国が保護する地域が、トルコ政府と長年戦ってきたクルド人民兵らの隠れ家になることを警戒している。両同盟国はこの問題で対立しているが、米国は、シリアに拠点を持つ「イスラム国」(IS)を殲滅(せんめつ)させる最後の戦いで、トルコの助けが欠かせない。

     トルコは、長年敵対しているシリアのアサド大統領が、安全地帯を利用して、トルコ内の政治的、軍事的緊張を高めようとするのではないかと警戒している。

    0
    続き

    パレスチナ問題、和平への新たな道模索を

     自治開始から20年以上がたつパレスチナの処遇をめぐる未来が、いっそう不透明感を増している。

     2国家共存から方針転換

     トランプ米大統領は15日、訪米したイスラエルのネタニヤフ首相と会談、その後の共同会見で「2国家と1国家両方を考えているが、両者が望む形にしたい」と述べた。

    0
    続き

    「日本人は完璧」なのか

     1月下旬、久しぶりにエジプトの映画を見に行った。友人が、駐エジプト日本大使役で出演し、しかも映画の題が「ヤバーニー・アスリー(誠の日本人)」で、「日本人は完璧」との意味合いが込められていると聞いたからだ。エジプトで日本人を題材にする映画は珍しい。

    0
    続き

    ロシアがシリアで着々と勢力拡大

     ロシアは2015年9月にシリア内戦へ本格的な介入を開始した。内戦介入に及び腰のオバマ前米政権を尻目に、アサド政権支援に乗り出した格好で、シリアでの基盤構築を着々と進めている。ロシアの支援を受けて息を吹き返したアサド政権だが、一方のトランプ米新政権は、明確なシリア政策を示さず、内戦終結への道筋は見えてこない。 (本田隆文)

    0
    続き

    キルギスでトルコ機墜落37人死亡

     トルコ航空貨物輸送機ボーイング747型機が16日、中央アジア・キルギスの首都ビシケク近郊の村に墜落した。エジプトのCBCテレビによると、村の住民ら37人が死亡した。

    0
    続き

    暴力否定・差別撤廃の新宗教令を

    アルアハラム政治戦略研究所研究員モハメド・F・ファラハト氏(下)

    トランプ次期米大統領はイランと西側との核合意を再考すると語ったが、どう評価する。

     彼の最近の数カ月間の声明などを通じて理解しようとするなら、米国の中東政策は戦略的変化をするだろうと思う。しかし、この変化が中東地域をより安定に導くかというと、全体的には中東を不安定化すると思う。

    2
    続き

    IS最高指導者の排除間近

    イラク軍、モスル大学解放

     カーター米国防長官は、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者の最近の動向について、「潜伏場所をしきりに変えているが命運はもはや尽きており、排除は間近」との見方を示した。米メディアが15日報じた。  同容疑者の潜伏場所については、ISが首都と位置づけるシリア北部ラッカ説やイラク北部モスル説、バージとアルカイワラン両町の間の説などがあり、定かではない。

    0
    続き

    オバマ中東政策、同胞団をイスラム穏健派と誤認

    アルアハラム政治戦略研究所研究員モハメド・F・ファラハト氏(上)

    オバマ米大統領の中東政策をどう評価する?

     第一に、アラブの春運動を捉え、中東諸国の政権を変えようとした。リビアでカダフィ政権を打倒したが、同時にリビアの国家体制をも破壊。オバマ政権は国家再建のプログラムを持っていなかった。リビアには、多くの過激派、聖戦派戦闘員が現れ、中東全体に深い混乱と闘争をもたらしている。

    0
    続き

    エジプトで新型信号が次々出現

     エジプトの交通事情が変化しつつある。信号なしの交差点に、信号がお目見えし、あっと言う間に至る所に設置されだしたのだ。

     今まで信号なしで済ませられた最大の要因はロータリー交差点。

     車が少ないうちは、スムーズに流れるが、車の台数が増えると、広場に入る車と、左回りしている車、出口に向かって右側に行こうとする車がぶつかって、お互い身動きが取れない混乱状態に陥るのだ。

    0
    続き

    米のシリア政策失敗顕わに

     丸6年を迎えようとするシリア内戦は、「ロシア主導、トルコとイランの協力」により収束に向かう可能性が出てきた。そこには反体制派を支援し、内戦に大きく関わったはずの米国の姿はない。オバマ大統領のシリア政策が完膚なきまでにたたきのめされた結果でもある。オバマ氏のシリア・中東政策の何が根本的な問題だったのか。 (カイロ・鈴木眞吉)

    0
    続き

    トランプ大統領就任前にホルムズ海峡で緊張

     ホルムズ海峡を航行していた米駆逐艦が9日、接近してくるイランの艦艇に警告射撃を行った。物議を醸してきたこの海域ではこのところ平穏な状態が続いていたが、トランプ政権の発足を2週間後に控え、緊張が高まった。

     国防総省のデービス報道官(大佐)は、米海軍アーレイバーク級駆逐艦「マハン」へのイラン艇の接近を「危険でプロらしくない行動」と非難した。

    0
    続き

    気候変動の海洋への影響を議論

     COP22では、サイドイベントとして、世界の海洋関係者が「オーシャンズ・アクション・デー」を本会議場で開いた。海洋と気候は相互に関連しており、海洋は気候の重要な構成要素だ。気候変動は海洋の健全性や沿岸国・島嶼国の人々に対して大きな影響を与えている。

    1
    続き

    砂漠に大規模太陽光発電施設

     COP22の主催国・モロッコ王国は、北には地中海の欧州を臨むジブラルタル海峡があり、西は大西洋、南部はサハラ砂漠に面している。

     砂漠気候の豊富な太陽エネルギーが利用できる立地を生かして、砂漠都市ワルザザートの郊外では、2016年2月にモロッコ初となる太陽光発電所をフランスの協力で設置した。50万枚の太陽光パネルを用いた規模のもので、操業開始の式典には、モハメド国王が出席した。

    0
    続き

    シリア、全土で停戦発効

     シリア全土で30日午前零時(日本時間午前7時)、同国政府軍と反政府勢力との停戦が発効した。

    1
    続き

    アレッポで「残忍な戦争犯罪」を犯すイラン

     残忍なことで知られるイランのイスラム革命防衛隊(IRGC)クッズ部隊は、シリアのアレッポの蹂躙(じゅうりん)に大きく加担し、周辺に基地のネットワークを築き、レバノン、イラク、アフガニスタンから来た民兵らに殺人の指示を出している。イランの反政府組織が最新報告で明らかにした。

     イランのイスラム聖職者支配に反対する同国最大の反政府組織、イスラム人民戦士機構(MEK)は「アレッポはIRGCとその傭兵らに占領され、大量処刑、女性や子供を含む民間人の移動の阻止、民間人への攻撃はすべて、聖職者政権の部隊が実行した」と指摘した。

    0
    続き

    ロシア大使射殺、報復の連鎖を絶ち切るべきだ

     トルコでのロシア大使射殺事件を受け、両国は「テロとの戦いを強化」(ロシアのプーチン大統領)で一致、民間人をも巻き込んだシリアでの反政府勢力への攻撃が激化するのではないかと懸念が強まっている。

     シリアで民間人犠牲に

     射殺犯は、非番の警察官とされ、銃撃後「アラー・アクバル(神は偉大なり)。アレッポを忘れるな。シリアを忘れるな」と叫んだという。

    0
    続き

    治安悪化でエジプト観光業不振

     2010年の暮れから始まった「長期独裁政権打倒、民主主義の確立」を目指した「アラブの春」の運動以降、中東諸国ではテロの多発により治安の悪化が進んだが、それは観光業を直撃し、観光が主要な外貨獲得源のエジプトでは経済状況が悪化、ドル高・エジプトポンド安が続いていた。

    0
    続き

    ロシアに振り回される欧米諸国

     内戦が続くシリアで、反体制派を支援してきた欧米諸国がロシアに翻弄(ほんろう)され続け、12月12日、ついに敗北した。一時、青息吐息だったシリア政府軍は、ロシア軍に支援されて形勢を逆転、反体制派の拠点都市で、同国最大の商業都市アレッポの奪還に成功した。反体制派は事実上敗北し、戦いは終結した。ロシアは空爆と国連安保理拒否権を乱用、徹底してアサド政権守護を貫いてきたのに対し、米国は批判の声明を発するだけで無為無策に堕してきた。(カイロ・鈴木眞吉)

    0
    続き

    タリバンの攻勢に苦しむアフガン・連合軍

     アフガニスタン軍はこの数カ月間、反政府組織タリバンの攻勢を受けているが、米軍を増強しなければ反撃できない。15年にわたる紛争の分析から明らかになった。

     この2カ月間タリバンによる米軍、アフガン軍、連合軍への攻撃が頻発し、「イスラム国」(IS)戦闘員の数も増加しており、アフガン全体で25人の米兵、欧州兵、民間人が死亡した。

    0
    続き

    イラン核問題、トランプ米次期大統領に期待

    イスラエル国会副議長 イェヒエル・ヒルク・バール氏

     イスラエルにとってパレスチナ問題は、喉に刺さったトゲのような存在だ。解決しようにも、抗する内外の勢力は手ごわい。「オリーブの枝」を手に新和平案を提言するイスラエル国会副議長イェヒエル・ヒルク・バール氏にインタビューした。(聞き手=池永達夫、窪田伸雄)

    2
    続き

    モスル奪還へのイラン系シーア派組織参戦で米指揮官苦境に

     米国の支援を受けたイラク兵が、モスル奪還作戦で初めて、イランの支援を受けるシーア派民兵組織と協力して戦っていることから、米国は、イラン政府が、イラク第2の都市モスルから「イスラム国」(IS)を排除する重要な戦闘で大きな役割を果たすようになるのではないかという懸念を抱いている。

     この1週間、イラク政府軍の部隊は、「人民動員隊」の部隊と協力し、少しずつ進軍している。人民動員隊は、イランの革命防衛隊の支援を受ける民兵から主に構成されるイラク民兵組織の広範囲な連合体だ。国防当局者らは14日、イラク軍と人民動員軍が共同で、モスルの西80㌔以内にあるイラク北部タルアファルに進軍していることを認めた。

    0
    続き

    エジプトで物価高騰抗議デモの不発

    地球だより

     11月11日の金曜日に、最近の物価高に抗議するデモが企画されたが、不発に終わった。シシ大統領による、過激派イスラム集団「ムスリム同胞団」を含む反体制派への監視体制が奏功した格好だ。

    0
    続き