■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 中東・北アフリカrss

    新たなIS生む混迷長期化

    東京国際大学名誉教授 渥美 堅持

     今から約6年半前の2010年12月、チュニジアで起きた若いイスラーム教徒の焼死事件がきっかけとなって、後に“アラブの春”と言われる騒乱が起きた。生活の苦しさから死を選んだ青年の行動はイスラーム教徒の行動として信じ難いものであったが、その後に起きた騒乱が示したように国旗が導く流れとなってイスラーム世界を駆け抜けた。

    0
    続き

    「イスラム国」がゲリラ戦術を採用

     過激派組織「イスラム国」(IS)の司令部は、米国主導の有志連合軍による正確な空爆作戦が、固まっていたISの戦力を系統的に分解していることを受け、戦術をゲリラ戦へと大きく転換するよう求めている。

     退役した米陸軍歩兵部隊出身者はワシントン・タイムズ紙に、新たな戦術は変容の準備かもしれないと指摘した。ISは領土を守る占領軍からイラクとシリアの政府の権威を低下させようとする反乱勢力へと変化していくだろう。

    0
    続き

    質素な同胞団員の結婚式

     ある旅行会社を通じて知り合ったムスリム同胞団員が、自分の結婚式に出てほしいというので参席してみた。同胞団の幹部も参加するので紹介するからとの誘いにも興味が湧いたからだ。

     同胞団は、各国にイスラム法の施行を通じて、世界をイスラム化する目標に向かってひた走りしている団体で、各種イスラム過激派の温床となってきたことから、政府にもにらまれている。

    1
    続き

    イスラエルで国際テロ対策会議

     イスラエルの研究機関、国際テロ対策研究所(ICT)の国際会議が同国ヘルツェリアで開催された。世界60カ国以上から安全保障の専門家、イスラエルの政治家および治安機関関係者ら1000人以上が集まり、テロの進化の本質とその対処方法について議論した。(エルサレム・森田貴裕)

    1
    続き

    拠点が崩壊する中でも宣伝を強化する「イスラム国」

     過激派組織「イスラム国」(IS)は、イラクとシリアの本拠地「カリフェイト(カリフの統治領)」が崩壊する中、世界中で殺戮(さつりく)を繰り広げていることを熱烈に報道することで、テロリストの支持者たちを元気づけようとしている。

     「イスラム国」の主力メディアである華やかなオンライン雑誌「ルミヤ」は最新号で、拠点が縮小していることに触れず、このテロ組織がまだ扇動できる「殺戮」に焦点を当てている。

    0
    続き

    制約を受けずに反体制派を弾圧するイラン政府

     国連や人権擁護団体は、イランの宗教体制への批判を強めて投獄された反体制派に対する同国政府の残虐な扱いに警告を発している。

     外交政策アナリストがワシントン・タイムズ紙に語ったところによると、国際的な非難にもかかわらず、イランは恐れるものは何もないと信じているという。イランがイラク、シリア、イエメンに介入し、イスラエルの敵ハマスを支援し、ペルシャ湾で米軍に嫌がらせをしても、阻止されることはなかったからだ。

    0
    続き

    宗教によって違う休日

     イスラエルの小中高の学校が1日、新学年を迎えた。しかし、アラブの学校では、イスラム教徒の祝日「犠牲祭」が重なり、遅れて新学年が始まった。イスラム教、キリスト教どちらの生徒も通うアラブの公立、私立(キリスト教系)の学校は、イスラム教とキリスト教の祝日が休みとなる。

    2
    続き

    穏健派を装うムスリム同胞団、慈善活動で支持拡大

     世界の平和と安定を脅かす勢力の中に、弾道ミサイルや核の実験を繰り返す北朝鮮、領土拡大の挙に出た中国とロシア、イスラム教シーア派革命の世界輸出に没頭するイランなどがあるが、信仰を背景に勢力の拡大をもくろむグループがイスラム過激派だ。その背後には穏健派を装う「ムスリム同胞団」があるとみられている。(カイロ・鈴木眞吉)

    0
    続き

    シリア内戦で勝利間近のアサド大統領

     シリアのアサド大統領は、6年間に及ぶ内戦の勝者となることにますます自信を強めているようだ。中東の米国の主要同盟国、米国の元外交トップはこう考えている。

     ロシアとイランの軍事支援を受けたシリア軍は、反政府勢力からの支配地奪還を進めている。その一方で米国の支援を受けた有志連合は、人口密度の低い東部の基地から「イスラム国」(IS)を攻撃し、着実に勝利を収めている。

    0
    続き

    オバマ前米政権の失策、過激派抑止とは逆の結果に

    ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く(4)

    米国はムスリム同胞団をどうみているのか。

     米国のオバマ政権時代と今日では答えが違うと思う。トランプ政権は、ムスリム同胞団は中東地域にとって危険だということに気付いた。オバマ政権は、同胞団を支援すれば地域の安定、アラブ世界の安定を達成し得ると考えた。イスラム団や聖戦グループなどの過激派をストップさせ得ると考えたのだ。

    0
    続き

    警戒するアラブ諸国 トルコが同胞団の拠点、欧州に浸透も

    ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く(3)

    カタールに経済支援や軍事協力を申し出たトルコのエルドアン大統領は、ムスリム同胞団の国際組織の長との噂(うわさ)もあるが。

    0
    続き

    同胞団の豹変、エジプト革命後に暴力化

    ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く(2)

    イスラム国家建設の方法のほか、イスラム同胞団と聖戦主義グループの違いは。

    2
    続き

    カタール断交、米政権交代が引き金に

    ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く(1)

     サウジアラビアとエジプト、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンのアラブ4カ国が、6月5日、カタールと断交して、まもなく3カ月が過ぎようとしている。断交の理由の一つが、過激派諸組織への支援を続けるイスラム主義組織「ムスリム同胞団」を擁護するカタールへの糾弾だった。アルアハラム・政治戦略研究所のモハメド・ファイエズ・ファラハト氏に「ムスリム同胞団」を軸に聞いた。(カイロ特派員・鈴木眞吉)

    3
    続き

    現代版スパイ・ストーリー

     イムラン・アワンは、パキスタン生まれのコンピューターの達人で、民主党全国委員会の(DNC)元委員長のデビー・ワッサーマン・シュルツ(フロリダ州選出下院議員)や数十人の連邦議会の民主党員の下で働いていた。彼とその妻は、銀行詐欺や、捜査官らに対する虚偽報告などに関わる刑事上の訴因で起訴されている。

     彼は書類上の生地であるパキスタン行きの飛行機にちょうど搭乗しようとしていた時に、バージニア州の郊外にあるダレス国際空港で逮捕された。そして、それは、彼が、彼名義の海外の通帳に何千㌦もの不可思議な送金を行った直後のことだった。

    0
    続き

    IS駆逐後のシリア情勢

    ロシア研究家 乾 一宇

     ロシアゲート疑惑、人種差別問題、最側近の一人のバノン氏の更迭と、トランプ米大統領の問題噴出に比し、プーチン・ロシア大統領は『ニューズウィーク』誌8月29日号に特集されるように、意気盛んな様子である。

    1
    続き

    イランがウラン濃縮能力を誇示、米に警告

     イランが今週、数日あれば、核爆弾製造に必要なウラン濃縮の準備を整えられるとその能力を誇示したことで、イランの2015年核合意違反をトランプ大統領が宣言すべきかどうかをめぐる政府内での議論が複雑さを増している。

     アナリストらは、イランのサレヒ原子力庁長官が22日に行ったウラン濃縮をめぐる発言は、遠回しな威嚇であり、トランプ氏が、10月に行う次回の核合意検証時に合意を破棄すれば、よくないことが起こる可能性があるというメッセージだと指摘した。

    0
    続き

    批判に晒されるムスリム同胞団

     エジプトの地中海沿岸の都市アレクサンドリア近郊で列車事故が発生し、43人が死亡、百数十人が負傷する痛ましい事故があったが、その真相が明らかにされるにつれ、国民の批判が、イスラム主義組織「ムスリム同胞団」に向かっている。

    0
    続き

    シリアでイランが影響力拡大か

     トランプ米大統領とプーチン露大統領がドイツ北部ハンブルクで7月7日に行った初会談で、内戦の続くシリア南西部での「安全地帯」設置と停戦で合意した。だが、合意は、シリア内のイラン軍などの撤退に触れておらず、イスラエルは停戦後のシリアでのイランの影響力拡大に懸念を強めている。(エルサレム・森田貴裕)

    0
    続き

    スマホでテストとは…

     イスラエルの学校は、新学年が始まる9月まで、7月と8月の丸2カ月が夏休みである。日本の小中学校のように「夏休み帳」なるものは存在せず、ほとんど宿題はない。かと思えば、次女が通う中学校の数学の先生は昨年、夏休みの最後になって山ほど宿題を出してきた。のんきに構えていた次女は、夏休み最後の数日をパソコンの前で過ごすことになった。

    1
    続き

    エジプトに「日本研究所」創設

     エジプトを含むアラブ世界で、日本への関心が高まっている。エジプトでは日本式教育の一部、特別活動(特活)の200校での開設に向け、パイロット校12校での教育実施が始まり、7月15、16の両日にはカイロ大学で「日本研究所」創設記念シンポジウムが開催された。(カイロ・鈴木眞吉)

    1
    続き

    戦争の脅威

     米国で最長の戦争は、2300人以上の人命と2万人以上の負傷者、それに、1兆700億㌦の出費という犠牲を払っている。人命の価値は計り知れない。このたび、トランプ大統領は、アフガニスタンでの訓練と支援作業の強化のために、1万3000人からなる国際部隊の一部である米国人9800人に加えて、3000から5000人増派する決定権限を国防総省に委ねた。

     しかし、アフガニスタンにおける戦争の値段は、それよりもずっと大きいと計算しなければならない。戦場における医療が大変に進歩したので、アフガニスタンで負傷した兵士らの90%以上は回復している。ベトナム戦争の生存率は86.5%だった。しかし、アフガニスタンやイラクでの戦闘からの復員軍人2万人は外傷性脳損傷で苦しんでいる。1600人以上の復員軍人が手足のすべて、あるいは、一部を失っており、さらに、数千人が、フラッシュバック、過剰警戒、そして、睡眠困難で苦しんでいる。このような復員軍人の今後40年間の医療費は1兆㌦を超えるであろう。

    0
    続き

    トルコの露製ミサイル導入に米が懸念表明

     米国防総省のデービス報道官は31日、トルコがロシアの地対空ミサイルS400の導入計画を進めていることについて、北大西洋条約機構(NATO)同盟国との共同運用能力を損ねることになると懸念を表明した。

     トルコは先月、今後1年間にわたって4基のS400を、25億㌦で購入することで合意。デービス報道官は、「トルコはNATO加盟国であり、同盟国は相互運用性のある機器を購入すべきだ」とトルコのS400導入の決定を非難した。

    2
    続き