■連載一覧
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 中東・北アフリカrss

    なぜ男と女は一緒に祈れないか?

     イスラエルのメディアが25日報じたところによると、ネタニヤフ首相はエルサレムの「嘆きの壁」で男女一緒に祈れる場所を設置する案を拒否した。同首相は昨年段階では同案を支持していた。

    0
    続き

    シリア情勢、主導権争いで不安定化招くな

     米軍主導の有志連合、ロシア、イランおよびシリアがシリア国内で過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦を展開する中、有志連合とシリアが交戦するケースが相次いでいる。

     IS掃討後の情勢をにらんでの主導権争いが背景にあるが、地域の不安定化を招いてはならない。

    IS掃討後をにらむ

    1
    続き

    ポスト「イスラム国」狙うシーア派

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     米国はシリアの戦闘爆撃機を撃墜し、イランはシリア東部にミサイルを撃ち、ロシアはユーフラテス川の西を飛行する有志連合の航空機を攻撃すると威嚇した。何が起きているのか。

    2
    続き

    戦乱続く中東、ナイチンゲールが泣いている

     2004年5月末、米軍などの「イラク戦争」後も続く戦闘を取材中、武装勢力に惨殺されたビデオジャーナリスト、橋田信介さん(享年61歳)をしのぶ会が、今年も開かれた。彼と縁のテレビ、新聞、出版、写真などの関係者が、幸子夫人を囲んだ。

    1
    続き

    中東政策担うユダヤ4人衆

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     先月トランプ米大統領が行った初の外遊。その最初の訪問先に中東を選んだのもトランプが同地域の安定を最優先課題としている証しだ。トランプの中東政策を実質的に仕切っているのは4人のユダヤ系側近たちだ。その仕事ぶりを見てみよう。

    2
    続き

    サウジとテヘラン同時テロ事件

     サウジアラビア、バーレーン、アラブ首長国連邦(UAE)、それにエジプト、イエメンなどイスラム諸国は5日、カタールと国交断絶すると発表した。理由は、カタールが国際テロ組織「アルカイダ」やイスラム過激派テロ組織「イスラム国」(IS)を経済的に支援しているからだという。

    2
    続き

    IS「首都」奪還戦、テロ拡散の事態を見過ごすな

     過激派組織「イスラム国」(IS)が「首都」と位置付けているシリア北部の都市ラッカに、米軍の支援を受けるクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)が突入し、奪還作戦は最終段階に入った。ISは全世界で見境なくテロを企てるとみられ、国際社会が結束して対策を強化する必要がある。

     クルド人民兵組織が突入

    2
    続き

    トランプ大統領と自撮りも

     先月のトランプ米大統領イスラエル訪問を前に、イスラエル側と米側のスタッフ間で食い違いがあったことが伝えられた。  トランプ氏のユダヤ教の聖地「嘆きの壁」訪問に当たり、イスラエル側はネタニヤフ首相の同行を希望した。しかし、米側は「あくまでも個人的な訪問。しかも、ここはイスラエルの領土ではない」と主張し、あっさり却下された。空港での歓迎式典も猛暑が予想されることから短めに切り上げるよう米側が言ってきたという。

    1
    続き

    トランプ米大統領のサウジ訪問、イスラム諸国との関係強化確認

     トランプ米大統領は、大統領就任後の最初の外遊国にサウジアラビアを選んだ。反イスラムのイメージ払拭(ふっしょく)とともに、オバマ政権時代に冷却化した、アラブ・イスラム諸国、イスラエルとの関係強化を確認した。テロ防止では、イスラム諸国に責任を負うことが必要と主張。オバマ前政権で交わされたイラン核合意の破棄のためにも、同諸国との協力強化は欠かせない。(カイロ・鈴木眞吉)

    1
    続き

    謝罪なき歴訪

     ドナルド・トランプは反オバマである。このトランプ大統領の前任者は、米国が犯した、あるいは、犯したかもしれないし、犯し得たかもしれない、ありとあらゆる犯罪を頭を下げながら悔い改めて、中東各地を回ることによって、大統領職の基調を打ち出した。米国の敵とされた人たちがブランクを埋めるために招待された。バラク・オバマは、屈辱的態度を謙虚と取り間違えて、「背後から指導する」ことを約束した。

     今、新しい大統領は紛争地域の諸国を歴訪している。この人は、頭を高く上げて、大手を振って。オバマ氏は、名字帯刀を許されたようなお偉方に対しては全員、深々と頭を下げて回ったものだった。トランプ大統領は、米国人は神にのみ頭を下げるものと理解しているので、サウジアラビアのサルマン国王とも、友好の手を広げて差し出して、真っすぐに相手の目を見ながら会見した。

    1
    続き

    サウジから始まる中東和平

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     「神々がアラブ・イスラエル紛争を最初に解決しようすれば、破壊することになる」-アービング・クリストル

     米国は中東和平を追求し続けているが、何ともこっけいだ。失敗し続けているが、どの政権も取りつかれたように、中東和平に取り組む。トランプ政権も例外ではない。

    0
    続き

    トランプ米大統領、中東政策で大胆な転換

     トランプ米大統領の初外遊となった中東訪問は「伝統的な同盟関係を重視する姿勢を示した」(米メディア)ものになった。中でも21日にサウジアラビアの首都リヤドで行った演説は、オバマ前大統領の中東政策をリセットし、イスラム諸国と連帯してテロに立ち向かう「トランプ・ドクトリン」を新たに示したとして高く評価されている。(ワシントン・岩城喜之)

    1
    続き

    トランプ氏外遊、中東和平へビジョン示せ

     歴代の米大統領が取り組みながら失敗してきた中東和平を実現できるのか。

     トランプ米大統領は就任後初の外遊先に、中東のサウジアラビアとイスラエルを選んだ。オバマ前米大統領も就任後間もない2009年6月にサウジ、エジプトを訪問したことを考えれば、米国の中東重視の姿勢が見えてくる。

    具体的な言及はなし

    1
    続き

    米大統領、パレスチナ議長と会談

     トランプ米大統領は23日、ヨルダン西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムで、自治政府のアッバス議長と会談、イスラエルとパレスチナの和平が「中東全域に平和をもたらす」と和平への取り組みの意義を強調、アッバス議長もイスラエルとの友好関係へ意欲を示した。

    1
    続き

    米大統領がイスラエル入り、和平交渉の再開に意欲

     中東・欧州歴訪中のトランプ米大統領は22日正午すぎ(日本時間18時すぎ)、イスラエルに到着した。テルアビブのベングリオン国際空港ではネタニヤフ首相夫妻、リブリン大統領夫妻をはじめ政府閣僚、宗教指導者らが出迎え、同軍による歓迎式典が開かれた。

    0
    続き

    抑制的だった米のシリア攻撃

    ロシア研究家 乾 一宇

     トランプ米大統領は、シリア政府軍がイドリブの反政府側支配地域を化学弾で空爆、子供を含む多数の犠牲者が出たことに対し、2日後の4月6日、人道上の見地から巡航ミサイル・トマホークで、政府軍戦闘爆撃機が発進したシャイラト空軍基地の攻撃を命じた。

    0
    続き

    米、アフガンへの5000人追加派兵を検討か

     トランプ政権は、イラクとアフガニスタンへの関与を強化しようとしている。長年続いてきた両国への米国の軍事関与は今後も続くことになる。

     ホワイトハウスは、3000人から5000人をアフガンに追加派兵する案を検討している。同国の各地でタリバンと「イスラム国」が活動を活発化させ、悪化している治安に対処するためだ。北大西洋条約機構(NATO)の指導者らは、米政府が提示した増派に合わせて、新たに1万人もの兵士をアフガンに派遣することが期待されている。アフガンでの米国史上最長の紛争は16年目に入っている。また、AP通信によると、イラクのアバディ首相との間で、「イスラム国」戦闘員らをモスルなどから放逐した後も米軍が恒久的に駐留することをめぐる交渉が開始された。米、イラク両国当局者らは、米兵がバグダッドや、シリア国境沿い、「イスラム国」が支配するモスルに近い地域にとどまることをめぐる交渉が行われていることを認めた。AP通信が4日報じた。

    0
    続き

    青きナイル、古代エジプト遺跡を巡る

     エジプトの南部、ヌビア人の村を含むアスワンや古都ルクソールなどの上エジプト地方をエジプトの友人と旅行した。

     アスワンを流れるナイル川は澄み切っていて、カイロと大違い。フルーカ(帆掛け舟)がゆったりと帆を張り、真っ青な空と川に映えている。

     ボートで川を渡り、プトレマイオス朝時代のイシス神殿(フィラエ神殿)を訪れた。2000年以上の時を超えてなお鮮明なレリーフは見応えがある。

    1
    続き

    信頼失うイスラム指導者

     あるエジプト人女性が離婚を決断、その手続きを開始した。モスクのシェイク(イスラム指導者)を、夫婦おのおの最低1人の証人を伴って訪れ、離婚の確認を行うのだ。女性は多忙な兄を説得して出席してもらい、夫は会社の上司を説得、出席してもらった。ところがシェイクは、離婚の事実を記す大事な用紙を忘れてきたという。

    2
    続き

    エジプトで日本式教育導入へ

     エジプトに日本式教育が導入されようとしている。導入を目指しているのは「特別活動(略して特活)」で、既に12校がパイロット校として指定され、実施されている。文化のかなり違うエジプトに日本式教育が根付くかどうかは未知数だが、成功すれば、さまざまな波及効果が予想される。(カイロ・鈴木眞吉)

     導入のきっかけは、昨年1月、シシ大統領が、同国を訪問した安倍晋三首相に、日本の教育への強い関心を伝えたことだ。

    4
    続き

    ウラン依存症のイラン

     ジェントルマン(紳士)らが競争するとき、彼らはゲームのルールを尊び、レフェリーの判定を受け入れる。しかし、イラン・イスラム共和国の支配者らをジェントルマンと取り違える者はいないだろう。そして、核兵器を追求する際の彼らの職人技は、半端ではない。ムラー(イスラム教徒の指導者)らがより多くのウランを注文するとき、彼らはごまかし行為が強く求められている。米国としては、イラン政権がそれで何もたくらんでいないことを証明できるまでは、放射性物質の新たな供給の承認を差し控えざるを得ない。そうしないことは、正に、愚の骨頂であろう。

     イランは、950㌧のウランが抽出される原料であるイエローケーキ(ウラン鉱粗製物)の輸入申請の更新を今にもしようとしていると言われている。米国務省は、適合性を確認する通り一遍の声明を出したが、レックス・ティラーソン国務長官は、その過程に関する彼自身の、ハードボイルドの評価をした。「(核合意は)非核国イランという目標を達成できないでいるが、それはただ核保有国になることを遅らせているだけなのである。トランプ政権はイランに関して責任を未来の政府に先送りするつもりはない」と。

    0
    続き

    「神の名で行われる暴力」を批判

     カトリック教会のフランシスコ法王は28日、エジプトを訪問し、シシ・エジプト大統領やイスラム教スンニ派最高権威アズハルのタイイブ総長、コプト教(エジプトのキリスト教)のタワドロス教皇ら、主要な政治・宗教指導者らと会談。政界・宗教界双方に影響力を行使した。

     法王のエジプト訪問は、2000年2月のヨハネ・パウロ2世以来17年ぶり。シェリフ・イスマイル首相が空港に出迎えた。

    0
    続き

    トルコ、ウィキペディアへの接続を遮断

     トルコ当局は29日、オンライン百科事典「ウィキペディア」への国内からのアクセスを遮断したと発表した。

     米・仏メディアなどが30日、国営アナトリア通信からの報道として報じた。

     29日には、テレビのお見合い番組も禁止され、兵士や研究者を含む4000人が新たに解雇された。

    0
    続き