■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    「領土」でロシアに協力戦略を働き掛ける中国

    韓国紙セゲイルボ

     中国は北方領土に対するロシアの領有権と尖閣に対する中国領有権を交差承認しようという協力戦略をロシアに働き掛けている。

     またロシアは最近、北方領土に対する軍事施設および社会インフラを拡充して漁業、商業など経済活動を増やし、この地域の付加価値を高めて支配力を強化している。

    0
    続き

    有銭有学、無銭無学

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「あの時代がよかった。全斗煥大統領があれだけは本当によくやった」。高校の同窓会に出ると友人からよく聞く話だ。中年になった友人は、子供の 教育費の話になるとため息から先に出る。そして、必ず出るのが全元大統領の「課外」(塾・家庭教師などの私教育)禁止措置だ。

    0
    続き

    韓国・朴大統領就任1年、対日関係改善見えず

     韓国の朴槿恵大統領が就任して25日で1年。世論調査では外交・安保の成果が評価されて支持率は50%を超え、民主化以降では歴代政権2位の高さというが、これとは対照的に対日関係の悪化は目に余るものがあり、今後の見通しも立っていない。なぜここまで関係がこじれてしまったのだろうか。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    “クネノミクス”

    地球だより

     韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が就任1年を迎え「経済革新3カ年計画」をぶち上げた。「第二の漢江の奇跡」を盛んに口にし、父、朴正熙元大統領の功績にあやかるかのようだ。元大統領は経済5カ年計画を発表して「漢江の奇跡」と呼ばれる高度経済成長を成し遂げた。

    0
    続き

    米の“贈り物と請求書” オバマ大統領訪韓前に対日関係改善を

     13日夕、外交部庁舎で開かれた韓米外交長官記者会見はすっきりしない後味を残した。韓米両国が北核対応と北朝鮮情勢把握、南北統一などの主要イシューでは確固たる共感を見せたものの、韓日の過去歴史対立問題に対しては顕著な見解の差を表したためだ。

     政府はケリー米国務長官を大きな贈り物(オバマ大統領の4月訪韓)を持って来た客として歓待した。朴槿恵(パククネ)大統領もケリー長官に直接謝意を表している。

    0
    続き

    日本が過去の歴史を清算できない理由

    韓国紙セゲイルボ

     ジョン・ケリー米国務長官とエド・ロイス米下院外交委員長の韓国はじめ、中国、日本の東アジア各国訪問は、歴史問題で悪化の一途をたどっている北東アジアの国際関係に対する真相を直接検分することがその重要な目的だ。すなわち日本の過去の歴史妄言に対する韓国と中国の立場を直接聞いてみるということである。

    0
    続き

    朴大統領の食膳論

    韓国紙セゲイルボ

     王の食膳には12種類のおかずが載る。ご飯と汁、醤油(しょうゆ)を除いた数だ。陰陽五行説によると陽は伸びて突出する性質があり1、3、5、7、9が陽数だ。王の健康のためにおかずの数はこの数に合わせる。9が最上だが、王は天が下したので3を加えて12種類のおかずになる。

    0
    続き

    韓国捨てロシア帰化、ソチ冬季五輪の金メダリスト話題に

     ソチ冬季五輪の男子ショートトラック1000㍍で金メダルを取った韓国出身でロシアに帰化したビクトル・アン選手(28)が韓国で話題になっている。祖国の不条理な社会に見切りを付けたアン選手の活躍は、同じような不満を抱く多くの韓国人たちの共感を呼んでいるようだ。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    「独島」国際司法裁提訴の動き

    韓国紙セゲイルボ

     安倍晋三首相が数日前、参議院本会議で独島(竹島)領有権について、「国際司法裁判所(ICJ)に(日本が)単独提訴することを含んで、検討、準備中だ」と明らかにした。これを軽く見過ごすことはできない。大韓民国と領土紛争を本格化するという信号に他ならないためだ。

    0
    続き

    李石基議員懲役20年求刑が示唆するもの

    韓国紙セゲイルボ

     統合進歩党所属の李石基(イソクキ)議員の内乱陰謀疑惑事件は、数カ月間の激しい法廷攻防の末、3日に検察が李議員に対して「懲役20年」と「10年資格停止」を求刑し、裁判所の判決を待つことになった。

    0
    続き

    五輪の金メダル

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     冬季オリンピック90年の歴史上、最も心温まる場面は断然、2010年バンクーバー五輪の男子スピードスケート1万㍍の表彰式だ。金メダルを首にかけた大韓民国の李承勲(イスンフン)をそれぞれ銀、銅メダルを獲得したイワン・スコブレフとデヨングが表彰台でさっと持ち上げた光景だ。これは1924年、フランスのシャモニーで始まった冬季五輪の歴史上、最高の名場面としてスポーツファンの脳裏に刻まれている。

    0
    続き

    朴槿恵大統領の「統一は大当たり」発言が話題

     韓国の朴槿恵大統領が新年の記者会見で「南北統一は大当たりになると思う」と述べてから1カ月以上が過ぎたが、マスコミや識者を中心にこの発言が話題になり続けている。来年は分断から70年、「韓半島の春」を求める機運は高まるのだろうか。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    韓国版「朝日・毎日」

    地球だより

     韓国の新聞市場は日本以上に競争が激しく、中央日刊紙と呼ばれる全国紙が約10紙ひしめいている。保守系の朝鮮日報、中央日報、東亜日報でシェア60%を占め、保守による寡占のように見えるが、数字以上に影響力があるのがリベラル系のハンギョレ(一つの民族という意)新聞と京郷新聞だ。

    0
    続き

    張成沢派の粛清続く北朝鮮

    山梨学院大学教授 宮塚 利雄

     昨年12月8日に、北朝鮮は張成沢国防委員会副委員長を「不正腐敗と不適切な女性関係、麻薬・賭博を行った」と断罪し、さらには「反党・反革命・国家転覆」を謀ったとして全役職の解任と党除名を決定し、労働党中央委員会政治局拡大会議の議場から引きずり出されていく張成沢の姿を朝鮮中央テレビは伝えた。

    0
    続き

    反韓世論が膨張した日本

     米バージニア州議会では、同州の教科書で「日本海」に韓国等が主張する「東海」を併記する案が2月6日、可決した。同州に居住する韓国系住民の「東海併記運動」が「地理学的・歴史的に広く定着し、国際的に確立された唯一の名称=日本海」を押し切ることになった。

    0
    続き

    過去に拘る朴槿恵大統領、「親中反日」に手を焼く米国

     中国と一緒になって「安倍叩き」「日本攻撃」を続けている韓国の朴槿恵(パククネ)大統領を米国は「親中反日」政治家と認識している――。

     米ワシントンでコンサルタント事務所を主宰している劉敏鎬(ユミノ)氏が「月刊朝鮮」(2月号)で指摘していることだ。劉氏は延世大政治外交学科を卒業した後、松下政経塾(15期)で学び、現在はワシントンで日米韓の政治を立体的に眺める立場にいる。

    0
    続き

    米州議会の「東海表記」決議案、総領事への感謝状にすぎず

    韓国紙セゲイルボ

     「米ジョージア州上院、東海併記決議案全員一致通過」―。先月29日午前、韓国に伝えられたニュースだ。安倍晋三首相の靖国神社参拝などで韓国民の感情が激高していた時に伝えられた“恵みの雨”のような便りだった。

    0
    続き

    日本に対する国際社会の憂慮深まる

    韓国紙セゲイルボ

     最近になって日本を眺める国際社会の視線の中に憂いが深まる傾向が見いだせる。特に今回のダボスフォーラムが政治家たちの言動によって、「世界秩序の再編」という非常に創意的で未来志向的な問題意識を投げながら、そのアイデンティティーが多分に薄められたという指摘も多い。

    0
    続き

    トッククに込められた願い

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     ソル(旧正月)が近づくと、故郷の村の精米所(餅屋)は子供たちの遊び場に変わる。子供たちがトックク(餅汁=韓国風の雑煮)の材料のカレトク(細長い棒状の白餅)をもらって食べようと長蛇の列をつくった。カレトクを作る大人たちは首を長くして待つ子供たちに何個か分けてあげるしかなかった。出来たての湯気が立つカレトクの味は今思い出してもよだれが出てくる。間食が珍しかった40年前の追憶だ。

    0
    続き

    北朝鮮崩壊視野?米中が統一協議へ

     昨年12月にナンバー2の張成沢・朝鮮労働党行政部長が処刑されて以降、北朝鮮最高指導者・金正恩第1書記による統治が、表面的な様子とは異なり、極めて不安定だとする見方が韓国内で浮上している。こうした状況判断を裏付けるかのように米国は中国と韓半島の統一問題について話し合う意向を明らかにした。(ソウル・上田勇実)

     「同志は自分の靴だけ残すとでも言うつもりか」

    0
    続き

    ならば金日成も「親日派」だ!

    韓国紙セゲイルボ

     大韓民国臨時政府主席だった金九(キムグ)は、「日帝強制占領(日本植民地)期間に朝鮮に残っていた人々は皆監獄に行かなければならない」と言った。果たして金九の言葉は正しいだろうか。

    0
    続き

    北朝鮮の「怪しい平和攻勢」どのように対応するか

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮が繰り返し「相互誹謗(ひぼう)中断」を提案している。一部ではこれまで通り今後冒すかもしれない挑発に対する「名分準備」だという分析がある。過去の例から見て、今回の提案も、何か起こす前の「どうも怪しい平和攻勢」とみられている理由だ。

     朴槿恵(パククネ)大統領は「こういう時であればあるほど、より一層対南挑発などに徹底的に備えて、安保態勢に万全を期すように」と注文した。

    0
    続き

    大都市で蘇るプマシ

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     美しい価値を持った韓国語の中に「プマシ(pumasi)」がある。プム(pum)は手間、アシ(asi)は交換という意味で、互いに労力を貸し借りして助け合うことだ。似た言葉に「トゥレ」と「コジ」がある。トゥレは村落共同体で行われる共同労働で、コジは一斗(約18㍑)分の種をまく広さの田を単位にして労賃を決めて田植えから最後の草取りまで行う約束で、先にもらう労賃のことだ。

    0
    続き