■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    韓国大統領、日本の知恵・決断に期待

     【ソウル上田勇実】韓国の朴槿恵大統領は15日、日本の植民地統治が終わった日を記念する光復節の69周年行事で演説し、来年が日韓国交正常化50年の節目であることに触れながら、「両国が新しい未来に向け出発する元年になるため、日本の政治指導者の知恵と決断に期待する」と述べた。

    0
    続き

    中国で有名な朝鮮族音楽家

    韓国紙セゲイルボ

     7日、北京で鄭律成(チョンユルソン)(1914~76年)誕生100周年記念音楽会が開かれた。鄭律成、韓国内では聞き慣れないが、中国では有名な音楽家だ。全羅南道光州生まれの朝鮮族で、1939年中国共産党入党、50年に中国国籍を取得した共産主義者である。代表作品は「延安頌」「中国軍行進曲」「朝鮮人民軍行進曲」など。

    0
    続き

    再・補欠選、与党圧勝の背景

     7月30日、“ミニ総選挙”と言われた国会議員の再・補欠選挙で第一野党・新政治民主連合(新民連)は全国15選挙区で4議席しか取れず、惨敗した。

     6月4日実施の統一地方選挙では、17市道知事選で野党・新民連と与党・セヌリ党が9対8とほぼ引き分けだった。注目のソウル市長選でも野党候補の朴元淳氏が再選され、与党側の鄭夢準氏(現代重工業の大株主)が惨敗した。

    0
    続き

    経済協力では東アジア安保対立緩和できず

    韓国紙セゲイルボ

     2度の世界大戦の舞台だった欧州は戦後、経済共同体、安保共同体を実現したが、アジアでは経済的には早く統合される半面、安保的には葛藤が大きくなるという現象を見せている。

     100年前の欧州の教訓を見ると、まず経済協力の深化を通じて安保葛藤を緩和、解消するには限界があった。高度な経済的相互依存にもかかわらず、戦争が起こったのだ。

    0
    続き

    神の贈り物

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     現代グループの創業者、故鄭周永会長は太陽に向かって怒った人間だ。仕事をしたいのに、どうして早く日が昇らないのかと腹を立てたのだという。米屋を運営していた若い頃、彼は毎日、早朝3時に起きて店舗を整頓した。やがて空が白んで夜が明けると、彼の胸はドキドキしはじめた。その日に起こることに対する期待とときめきのためだ。

    0
    続き

    ローマ法王の訪韓に期待すること

     ローマ、カトリック教会の最高指導者ローマ法王フランシスコは14日、就任3回目の海外の訪問先、韓国を訪問する。5日間の日程の同訪問では、大田や忠清南道一帯で開かれる「第6回アジア青年大会」に参加するほか、韓国教会の殉教者124人の列福式など行なう。法王の訪韓は、1984年と1989年のヨハネ・パウロ2世以来で、3回目だ。

     今年に入って、旅客船「セウォル号」沈没事故で300人余りの死傷者が出るなど、韓国社会は厳しい内外の問題に直面している。それだけに多くの国民はローマ法王の訪韓に精神的癒しを期待している。当方もその一人だ。韓国に今必要なことは、経済的繁栄以上に国民の間の絆を強くする精神的覚醒だからだ。 韓国は終戦後、日本と同じように経済的復興に邁進してきた。先行する日本を追い付き追い越せ、といった一念で韓国民は頑張ってきた。サムスンや現代自動車など一部の韓国企業は今や世界的企業へと発展してきた。その一方、韓国は現在、一握りの勝利者と大多数の敗北者を生み出す激しい競争社会になっている。

    0
    続き

    無能政府に失望? 李舜臣がブーム

    韓国紙セゲイルボ

     たかだか13隻の戦艦を率いた忠武公・李舜臣(イスンシン)将軍と朝鮮水軍の前に日本水軍の大艦隊が雲集した。これを見て誰もが船を捨てて逃げた。だが李舜臣は決然と対抗した。「死即生」。死に対する恐怖が不屈の勇気に変わる瞬間だ。

    0
    続き

    自衛隊行事に反日過激化

     7月、韓国ソウルのロッテホテルで行われる予定だった「自衛隊創立記念日」行事が突然キャンセルされた。一国の政府を代表する大使館が行う行事を前日になってホテル側が一方的に断るとは前代未聞のことだった。

     しかも、この記念行事は毎年行われ、問題なく続けられてきたもの。ホテルが断るにはそれ相応の理由がなければならないが、ドタキャンの理由は「安全が確保できない」というものだった。

    0
    続き

    保守層も朴大統領批判、組織崩壊直前の韓国政権

     韓国では朴槿恵(パククネ)大統領が推した国務総理候補者が、国会の人事聴聞会にかけられることもなく、相次いで「落馬」し、結局、辞意を表明していた現総理がそのまま席に留まるという異例の事態となり、大統領の政権運営能力が厳しく問われている。

    0
    続き

    7・30補欠選の結果が示す野党が抱える課題

    韓国紙セゲイルボ

     先月30日に行われた補欠選で与党は勝利し、野党は敗北を喫した。特に野党新政治民主連合の湖南地方での敗北は、もはや野党が“地元”ですら認められないことを意味している。

    0
    続き

    虎を得んとすれば

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     白い花びらが海の上に無数に落ちる。木綿の服を着た朝鮮の兵士たちは敵の銃に撃たれ城郭の下に落ちた。西欧の虎に立ち向かった兵士たちの手にはろくな武器すらなかった。頭の上を銃弾が雨あられのように飛んでいくが、旧式の銃に火薬を詰め込むのに忙しかった。彼らの兵器は古く、敵の攻撃は猛烈だった。兵士たちは体一つで侵略者たちに立ち向かった。石ころを投げつけ、土の粉をつかんで敵の顔にまき散らした。1871年の辛未洋擾(米艦隊による江華島襲撃事件)の時、江華島の草芝鎮で起こった壮絶な戦闘の光景だ。勇敢に戦った兵士たちは朝鮮全土から招集された虎の猟師たちだった。祖国の召請を受けて駆け付けた彼らは江華で一房の花となって散った。

    0
    続き

    韓国野党ダメージ深刻、選挙惨敗で「反保守」漂流か

     韓国で先月実施された国会議員の再・補欠選挙で予想外の惨敗を喫した左派系第1野党・新政治民主連合(以下、新民主連合)。党の内外からは反省を促し、「解党的再出発」を求める声が上がっているが、リーダー不在などもあり前途は多難だ。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    これも「人災」なのに…

    地球便り

     韓国は例年、7月後半から8月前半にかけてが一年で最も蒸し暑い。学校が夏休みということもあり、大人たちもこの期間中に休暇を取る人が多く、日本海に面した東海岸や各地の渓谷など代表的な避暑地は家族連れでごった返す。韓国的だと思うのは、核家族より仲のいい2、3組の家族や親子3代が集まった大所帯が多いことで、「個」より「群れ」を好む民族性の表れだろう。

    0
    続き

    朴趾源の国際政治読法に学ぶ、米中との共存が時代精神

    韓国紙セゲイルボ

     先日訪韓した習近平中国国家主席は韓国のアジアインフラ投資銀行への参加を要求して米国の反発を買い、光復節・抗日戦争勝利70周年韓中共同記念式開催を提案して、日本を圧迫した。これらは韓中関係の方向に釘(くぎ)を刺そうとするもので、北東アジア新秩序作りの外交折衝戦の一環である。

    0
    続き

    北朝鮮急変事態とともに中長期的計画策定を

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮の核とミサイル問題を未来の交渉可能議題に設定する既存のアプローチは、軍事的にも政治的にも望ましくない。新統一方案では北朝鮮の実質的核脅威を前提に、これを抑制する具体的で説得可能な方式が含まれなければならない。

     その実質的解決法が提示されてこそ、米国、中国など周辺国は、核を保有した北政権に“免罪符”を与えないよう圧迫するはずだ。

    0
    続き

    中産層の危機

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     米国のあるメディアは数年前、中産層を「所得は暮らしていくには十分であり、退勤途中にピザを1枚買ったり、映画・演劇を観(み)たり、国際電話をかけるためにカネを使う時に、何も考えずに使える人」だと描写した。余裕があるが、経済的な条件を見ながら、そしてやたらにカネを使わない人だと言いたいようだ。

    0
    続き

    韓国内乱陰謀事件で宗教指導者が「善処」の嘆願書

     北朝鮮の理念・体制に追従し、内乱陰謀を企てた罪で一審有罪を言い渡された韓国極左政党・統合進歩党の李石基議員の事件で、韓国の主要な宗教指導者らが最近、裁判所に「善処」の嘆願書を出していたことが明らかになった。控訴審判決直前であるため圧力説が飛び出すなど波紋を広げている。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    米中覇権競争と韓国の生存戦略

    韓国紙セゲイルボ

     旧韓末以後、韓半島をめぐって展開した覇権競争期に、しっかりした国家戦略を持って能動的に対処できなかったことで、韓民族は苛酷な代価を払った。日清、日露間の地域的覇権競争の渦中で、従属の位置に転落し、ついに亡国の痛みを体験した。

     解放直後は、米ソ間に展開した全世界的次元の覇権競争である冷戦で、韓民族は分断と韓国動乱という前代未聞の惨禍も体験している。

    0
    続き

    閣僚人事聴聞会の純粋な機能と逆機能

    韓国紙セゲイルボ

     今回の閣僚人事聴聞会は過去になかった与野党間の激しい攻防と国民の大きな関心を引いた。

     論文盗作問題が指摘されたが、論文盗作は学問の世界では最も深刻な犯罪で、教授職の剥奪はもちろん教育界追放につながるというのが先進国の通例で、韓国でも今はこの問題を厳格に扱っており、候補になった人物が教職にとどまること自体が難しいはずだ。

    0
    続き

    李承晩の釣り場

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     李承晩(イスンマン)大統領は釣りマニアだった。韓国動乱が勃発した時、昌徳宮(チャンドックン)の池で釣りを楽しんでいた。(北朝鮮)南侵の知らせもそこで景武台(キョンムデ)(当時の大統領官邸の呼称)警察署長から聞いた。戦争が勃発して6時間が過ぎた後だった。

    0
    続き

    疑惑呼ぶ沈没船オーナーの死

     今年4月に韓国南西部沖で起きた旅客船「セウォル号」の沈没事故で、運航会社の事実上のオーナーで事故の責任を問われ全国に指名手配されていた兪炳彦(ユビョンオン)氏の遺体が22日確認されたが、遺体発見が40日も前だったなど不審な点も多く、新たな疑惑を呼び起こしている。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    太っていても平気?

    地球だより

     ヨン様ことペ・ヨンジュンさんが火付け役となった日本の韓流ブームからはや10年。優しくカッコいい韓国の男優にはまる奥さんたちを、横でいぶかしげに眺めていた男性陣も少なくなかったはずだ。だが、実はブームに乗って一緒にテレビに登場するようになった韓国の女優に魅了される夫が増えたのも、またもう一つの韓流ブームと言えなくない。

    0
    続き

    米中間で韓国が生きる道

    韓国紙セゲイルボ

     韓中首脳会談について、米主要メディアと官民の間に韓国に対する誤解がある。停滞状態にある北核問題と悪化した韓日関係で、先手を取ろうとする韓国の狙いから、今の韓中関係に進んでいったという解釈だ。

    0
    続き