■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    “疎通絶壁”状態示す相次ぐ総理人事失敗

    韓国紙セゲイルボ

     朴槿恵(パククネ)大統領は30日、大統領府首席秘書官会議を主宰した席で、相次ぐ総理候補者の“落馬”事態に対して、「個人攻撃、世論裁判式批判が反復されて、多くの人が固辞したり、家族の反対で失敗に終わった」と語った。

     「高くなった検証基準を通過できる人物を探すのが現実的にかなり難しかった」ともいうが、これは朴大統領のレームダック化を知らせる信号弾だ。

    0
    続き

    人事聴聞会と自己検証

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     高位公職者の有力候補に上ると青瓦台(大統領官邸)から200を超える項目の質問書を受け取る。家族関係、本人と子供の兵役義務の履行、前科と懲戒、本人と家族の財産形成過程、納税と各種金銭の納付義務、学歴・経歴、研究倫理および職務倫理、個人の私生活などと関連した質問がぎっしりと詰まっている。検証書を書いていくと、自分がどのように生きてきたのかが一目で分かる。突然、目の前が真っ暗になって手が震え、体中に冷や汗が出ることも珍しくないはずだ。

    0
    続き

    朴大統領は中国に謝罪要求するか

     中国の習近平国家主席は3日、2日間の日程で韓国を公式訪問する。中国指導者が就任後、北朝鮮より先に韓国を訪問するのは初めてだ。それだけに、中韓両国の蜜月関係が改めて話題を呼ぶだろう。中韓両国関係は目下、「修交後、韓中関係は最高レベル」(中央日報日本語電子版)という。両国は今回、「戦略的協力パートナー」から「全面的協力パートナー」へと両国関係を格上げさせ、中露関係レベルと同レベルになるという。 

     朴槿恵大統領が就任して以来、両国は反日攻勢で共同歩調をとってきた。中国黒竜江省のハルビン駅で今年1月20日、「安重根義士記念館」が一般公開されたばかりだ。安重根記念館の話は 朴大統領が昨年6月に訪中した際に、習近平国家主席に提案したものだ。ちなみに、菅義偉官房長官は、「安重根はわが国の初代韓国総監の伊藤博文を暗殺したテロリストであり、犯罪者だ」と従来の主張を繰り返し、テロリストの記念館開館というニュースに最大級の抗議を表明している。

    0
    続き

    中国は北より南を重視? あす習主席訪韓、金第1書記を頭越し

     中国の習近平国家主席が3日から4日の日程で韓国を国賓訪問する。北朝鮮の核開発や日本の「歴史認識」、経済協力などをめぐり関係強化を再確認するのが狙いとみられるが、何よりも北朝鮮の最高指導者・金正恩第1書記と会談をしないまま「頭越し訪韓」することに大きな関心が寄せられている。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    北、国連に「麻薬報告書」を提出せず

     「国際麻薬乱用撲滅デー」の26日、国連薬物犯罪事務所(UNODC)はウィーンの本部で「2014年世界麻薬報告書」を公表した。それによると世界の成人人口(15歳から64歳)の約5%に相当する2億4300万人が2012年、不法麻薬を摂取した。麻薬中毒者数は約2700万人で世界成人の約0・6%だった。また、麻薬関連死者数は約20万人だ。

    0
    続き

    サッカーW杯と韓日間の反感

    韓国紙セゲイルボ

     最近、米紙ニューヨーク・タイムズに興味深いアンケート調査結果が載った。サッカーワールドカップ(W杯)出場19カ国の国民を対象に調査した結果、韓国回答者の38%、日本回答者の40%が、互いに相手国が最も最低の成績になることを願っているという結果が出た。政治だけでなく、サッカーでも韓日間の根深い反感が再演されているということだ。

    0
    続き

    北朝鮮の扇動と親北勢力に振り回されるな

    韓国紙セゲイルボ

     韓国の対北および統一政策は朴槿恵(パククネ)大統領が言及した「北核不用」と「堅固な安保」に基づいて推進されなければならない。

     「韓半島信頼プロセス」「東北アジア平和協力構想」「ユーラシアイニシアチブ」および「ドレスデン統一構想」など、各種の対北朝鮮および統一政策構想などを具体化するためには、まずは安保の重要性と優先順位を明確にしなければならない。

    0
    続き

    お抱え運転手の告発

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     朝鮮時代の情報通は断然、馬子だった。大鑑(テガム)(正二品以上の高官)たちの“足”となっていたので、彼らの一挙手一投足は馬子が把握していた。高官がどんな妓生(キーセン)に首ったけか、誰から賄賂をもらっているか、馬子ほどよく知る者はいなかった。宮廷によく出入りする高官たちの馬子が3、4人集まって情報交換すれば、すぐに官職異動の見通しがついた。

    0
    続き

    韓国の最前線部隊でまた銃乱射

     北朝鮮との軍事境界線に近い韓国北東部の陸軍師団内で銃乱射事件が起き、将兵5人が死亡、7人が負傷した。犯人は同師団に所属する兵長(22)で、軍生活に適用し切れない要注意兵の一人だったという。最前線で何が起きていたのだろうか。(ソウル・上田勇実、写真も)

    0
    続き

    「河野談話」は実は妥協の産物だった

     時事通信は20日、「日本政府が同日、従軍慰安婦問題への旧日本軍の関与を認めて謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話の検証結果に関する報告書を公表し、(1)談話作成時に韓国側と文言調整していた(2)元慰安婦とされた女性への聞き取り調査では、事後の裏付け調査を行わなかった―ことを明記。日韓両政府が文言調整の事実を対外的に非公表とすることで一致していたなどを明らかにした」と報じた。

     両国政府の事前の「文言調整」が行われたことが判明し、調整はなかったと主張してきた両国政府のこれまでの発言が虚言であったことが判明する一方、文言調整プロセスで韓国側から圧力があったこと、慰安婦への聞き取り作業がなかった等が分かった。その結果、「河野 談話」の信憑性が土台から崩れる可能性が出てきた。

    0
    続き

    韓国の総理候補選定におけるゴタゴタ

    韓国紙セゲイルボ

     「手帳人事」といわれる朴槿恵(パククネ)式人事が国民の疲労感を増大させている。

     朴大統領が忠清道出身の“保守論客”である文昌克(ムンチャングク)国務総理候補者を指名したが、自ら提示していた「国家改革の適任者」という要件とも大きく違って、論争の渦に巻き込まれることになった。これでは国論統合でなく、国論分裂を引き起こすところだ。

    0
    続き

    対ロシアに見る国際関係の修辞と実利

     国際社会では特定国家が国際法や国際秩序毀損行為をしても、必ずしも、これを阻止したり懲らしめることが相応(ふさわ)しくない時がある。

     国際関係学で国家間協力関係を牽引(けんいん)しにくいという点を簡単に説明する時、「鹿狩り童話」を事例に挙げる。ルソーの著作「人間不平等起源論」で提示された話だ。

    0
    続き

    海水浴場の飲酒禁止

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     ハワイのホノルル、ワイキキビーチの夜の風景は、ひっそりとしてもの寂しい。ほとんど人影がない。時たま1、2人が波と戯れながら砂浜を歩いている。あちこちで群れになってわいわい騒いでいる韓国とは完全に異なる。海水浴場は1㍍余りの歩道が境界線となって、その中では飲酒は一切、禁止されている。夜になると避暑客たちは境界線の外に集まる。小さな酒場が並んでいて、人々はそこで立って音楽を聞いて酒を楽しむ。酒瓶を持って境界線を越えることは決してない。

    0
    続き

    韓国の首相候補に「親日」騒動

     韓国でこのほど新たな首相に内定した文昌克氏(65)が、過去に親日的な発言をしたなどとして問題視され、窮地に立たされている。朴槿恵大統領は、韓国社会では非国民のそしりを免れない親日派のレッテルを張られまいと細心の注意を払ってきたが、自ら指名した首相候補が「親日」騒動に巻き込まれるという皮肉な結果を招いている。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    金正恩氏が潜水艦に乗艦した時

     北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、金正恩第1書記が朝鮮人民軍の潜水艦部隊第167軍部隊を視察し、潜水艦に乗艦したことを写真付きで報じた。金正恩氏が人民軍潜水艦部隊を視察したことについて、韓国国防部は「北の潜水艦戦力を誇示する目的がある」(韓国聯合ニュース)と分析している。当方は別の考えを持っている。以下、それを説明する。

    0
    続き

    日朝国交正常化の限界

     日本と北朝鮮の凍りついた関係に解氷ムードが漂い始めた。

     19世紀英国の名宰相パーマストン子爵が指摘した通り、国際関係には永遠の味方も永遠の敵もなく、自国の国益を追求するのみだという現実を実感 する。

    0
    続き

    「天安門事件25年」と韓中関係、中国の体制急変望まぬ韓国

    韓国紙セゲイルボ

     4日は中国天安門民主化運動(天安門事件)25周年だった。天安門広場には、小銃を持った武装警察が巡回し、緊張感が流れていた。だが何のイベントもなかった。

     西欧世界は少し拍子抜けしたようだ。米国のある中華系メディアは、中国が事件25周年を迎えて、臨戦態勢に突入したと伝えたが、北京市民はその報道を鼻でせせら笑った。

    0
    続き

    2期内閣の朴大統領は「萬機親覧」切り捨てよ

    韓国紙セゲイルボ

     聖書の「出エジプト記」はモーゼの活動を詳しく伝える。荒野流浪時期、彼の初期リーダーシップは「萬機親覧」(王が全てを決済する)型だった。

     ユダヤ民族を導いてエジプトを脱出した彼は一時も休むことができなかった。見るに見かねてモーゼの義父で司祭のエトロが2種類の実践戦略を提示する。まず原則を定め、次に有能な部下を選んで権限を委任せよとの助言だった。

    0
    続き

    食い逃げ社会

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     食い逃げ(モクティ)。食って逃げるの略語で、良い待遇を受けたり甘い汁を吸っても、それに見合う役割を果たせなかったり回避したりすることを指す。食い逃げ資本、食い逃げCEO(最高経営責任者)、食い逃げ公約、食い逃げ選手、食い逃げサイト…。派生語が列挙できないほど多い。食い逃げがはびこる社会環境と無関係ではないようだ。

    0
    続き

    韓国はスマホ“狂国”

    地球だより

     毎日乗るソウルの通勤電車の車中では、スマホに興じる人たちを多く見掛ける。高齢者はそれほどでもないが、それ以外の年齢層では男女問わずスマホにイヤホンを挿して好きな連ドラを観(み)たり、音楽を聴いたりしている。おかげで車内は静かだ。

    0
    続き

    韓国教育監選挙、公教育8割が“親北派”の手中に

     韓国で先週実施された統一地方選では、主要自治体の教育行政トップである教育監も同時に選出されたが、親北反米の偏向的な理念教育を現場にすり込んできた全国教職員労働組合(全教組)出身者が大挙当選し、波紋を広げている。保守派の間では、左傾化教科書などの問題で揺れてきた現場がさらに混乱するとの警戒感が強まっている。(ソウル・上田勇実、写真も)

    0
    続き

    日本に対する周辺国の不信とは

     「竹島問題の早期解決を求める東京集会」が5日、東京都内の憲政記念館で開催され、多数の国会議員や島根県関連団体代表が参加したというニュースを韓国聯合ニュースが流していた。それによれば、韓国政府が5日、同集会を批判する外交部報道官名義の論評を発表したという。そこで「日本政府が過去に周辺国に与えた甚大な被害と苦痛を真に反省し、独島(日本名竹島)に対するでたらめな主張を直ちに中断すべき。そうでなければ、日本に対する周辺国の不信は深まり、韓日関係改善の道も遠のく」と強調している。

     当方が「おや」と思ったのは「日本に対する周辺国の不信は深まり、……」という個所だ。どの周辺国だろうか。間違いなければ反日運動を繰り返す中国と韓国の2カ国だろう。それを論評は「周辺国の不信は深まり……」とぼかして表現している。論評だから、いちいち文句を言ってもしようがないかもしれない。と、考えていた時、英BBCが世界16カ国と欧州連合(EU)を対象とした好感度調査を実施し、その結果を公表した。

    0
    続き

    独コンラート・アデナウアー財団の不吉な展望

    韓国紙セゲイルボ

     独コンラート・アデナウアー財団が最近“不吉な”展望を出した。セウォル号惨事について、「西欧民主主義の政治基準として見れば、政府と議会で徹底した調査が行われなければならず、責任者が責任を負うのが当然だが、韓国政治の基準では真相究明が、早急な忘却で色あせて消えることも予想しなければならない」としたのだ。

    0
    続き