■連載一覧
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    張成沢氏死刑執行、北朝鮮の不測の事態に備えよ

     北朝鮮は、公職を追放された張成沢氏の死刑を執行した。張氏は金正恩第1書記の義理の叔父で「後見人」とされてきた実力者だ。今後の北朝鮮の権力構造の変化と対外政策への影響を注視する必要がある。

    強硬策に傾く恐れも

     張氏は国家安全保衛部の特別軍事裁判で、クーデターを企てたとして「国家転覆陰謀行為」によって死刑判決を受け、刑は即日執行された。

    0
    続き

    北朝鮮、張成沢氏の死刑執行で「粛清続く」の見方も

     北朝鮮の最高指導者・金正恩第1書記の義理の叔父で事実上ナンバー2とされながら、先の朝鮮労働党中央委員会政治局拡大会議の場で逮捕された張成沢・党行政部長が12日、国家安全保衛部の特別軍事裁判で死刑を宣告され、その直後、執行された。朝鮮中央通信が13日報じた。

    (ソウル上田勇実)

    0
    続き

    韓国の国宝文化財第1号の「崇礼門」に交代論議

    韓国紙セゲイルボを読む

     崇礼門(スレムン)は315件ある国宝文化財の第1号である。1962年に登録されて以後、長期にわたりその地位を保っている。だが、最近になって交代議論が起きている。放火で半分以上焼失した上に、復旧工事まで不良だったことが明らかになり、この際、王座から下野させなければというのだ。

    0
    続き

    JP(金鍾泌氏)に望む

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     首丘初心。キツネが死ぬ時、自分のすみかに頭を向けるという意味で、死を前にして故郷を懐かしむ心を表す言葉だ。先週末、90歳を目前にした元老政客(せいかく)の金鍾泌(キムジョンピル)(JP)元国務総理が故郷の忠清南道扶餘(プヨ)を訪れ、先祖の墓を巡ったという。家族納骨墓を造っている石材業者に立ち寄り、直接、墓碑銘も作成したという話だ。人生無常だ。

    0
    続き

    遠のく北朝鮮の中国式改革・開放

    張成沢氏失脚 ~北で何が起きたか~(下)

     「張成沢は北朝鮮権力中枢にいる人物の中で比較的、合理的発想の持ち主だ」

     1997年に韓国に亡命した北朝鮮の黄長燁・元朝鮮労働党書記は生前、周囲にこう語った。当時、じかに話を聞いた孫光柱元デイリーNK編集長によると、黄氏は「もし改革・開放路線を取るならそれは中国式だろう」とも言ったという。

    0
    続き

    北で何が起きたか(上) 遺言に従い金第1書記が命令?

    張成沢失脚 ~北で何が起きたか~(上)

     北朝鮮で8日、最高指導者・金正恩第1書記が主催し朝鮮労働党中央委員会政治局拡大会議が開かれ、失脚説が流れていた張成沢党行政部長について「反党反革命的分派行為」の容疑で「全ての職務から解任し、一切の称号を剥奪、離党させ除名する」ことを採択した。朝鮮中央通信など国営メディアが9日一斉に報じた。事実上ナンバー2の電撃的失脚はなぜ起きたのか。その舞台裏を探る。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    NYのラーメンに学べ-「月刊中央」より

     筆者が駐在していた1990年代前半のニューヨークには日本のラーメン店はほんの数軒しかなく、地下鉄やバスを乗り継いで、ようやく懐かしい味にありつたものだった。だが、現在の同地では寿司や日本料理店はもとより、本格的なラーメン店があちこちにみられる。

     もともと、ラーメンは中国の「拉麺」から来ている。引っ張って麺を延ばすところからこの字がついているのだが、日本に渡ってきて独特の進化を遂げた。麺とスープという単純な食物でありながら、日本人の「極める」民族性が加わり、驚くほど洗練され深みのある料理に昇華し、すっかり日本のものになった。

    0
    続き

    集団的自衛権行使容認問題、韓国の“知日派”からも警戒感

     安倍政権は集団的自衛権行使が可能なように憲法解釈を変更しようとしている。これは中国、韓国に激しい警戒感を抱かせ、強い反発を呼び起こさせた。これまでの外交摩擦にはなかったほど激しいものだ。

     どうしてこれほどまでに強い反発が出て来たのだろうか。それは、集団的自衛権行使が可能になることは北東アジアの安保地図を塗り変え、地殻変動を呼び起こすほど大きな政策転換だと受け取っているからである。

    0
    続き

    動物園の悲哀

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     古代と中世の皇帝や王族、貴族にとって動物は権力と富の象徴だった。王宮や私有地に展示する動物の種類と数は権力、金力と比例した。ローマ帝国のトラヤヌス帝はトラ、ゾウなど1万1000頭の動物を捕獲していたが、ダキア征服・領属を記念して123日間狩猟競技を行い全て殺戮(さつりく)した。

    0
    続き

    韓国の「ヌンチ」外交

    地球だより

     米国と中国が戦争したらわれわれは果たしてどちらの味方に付くか―。最近、韓国外交街でこんな話題が酒の肴(さかな)に上がったという。一昔前なら迷わず「米国」と答えていただろうが、今は答えに窮する人も少なくないのではないか。そんな気がする。

    0
    続き

    文・安両氏が韓国次期大統領選へ始動

     昨年の大統領選で野党系候補として一本化を試みた民主党の文在寅議員と無所属の安哲秀議員が4年後の次期大統領選に向け事実上動きだした。まずは来年6月の統一地方選でどのような存在感を示せるかが試金石になりそうだ。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    北朝鮮ナンバー2張成沢氏に失脚説

     【ソウル・上田勇実】韓国の情報機関・国家情報院の高位幹部は3日、国会情報委員会で北朝鮮の最高指導者・金正恩第1書記の後見人で事実上のナンバー2だった張成沢・朝鮮労働党行政部長が失脚した可能性が濃厚で、同部長の腹心2人が先月下旬ごろ公開処刑されたと報告した。報告を受けた与野党の同委幹事が明らかにした。これが事実とすれば北朝鮮内部の権力構図に大きな変動が起こる可能性があり、韓半島情勢にも少なからぬ影響を与えそうだ。

    0
    続き

    ヤギも担う北朝鮮食料事情

    山梨学院大学教授 宮塚 利雄

     長年にわたり北朝鮮の農業問題や国民生活の状況を研究・分析しているが、最近の北朝鮮のマスコミが報じる内容は、慢性化した陳腐な変わり映えの無いものが多い。とかく「暗くて、気持ちわるくて、怖い国」と言われている北朝鮮ではあるが、それでも「明るくて、思わず笑みがこぼれる微笑ましい報道もあるはずだが」と思うのだが、なかなかそのような報道にはお目にかかれない。

    0
    続き

    韓国地下組織事件に北工作機関と朝鮮総連の影

     今年9月に内乱陰謀罪などで逮捕・起訴された韓国極左野党・統合進歩党の李石基議員が率いてきたとみられている地下組織「R・O」が、北朝鮮対外工作機関225局と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と事実上連携していた可能性が強まっている。近年の韓国工作事件ではこの二つの組織がたびたび登場。その背景にいったい何があるのだろうか。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    韓日過去の歴史問題 政治的決断が必要

    韓国紙セゲイルボを読む

     韓国・日本間の葛藤が続き、一層深刻化している。このような時、しばしば登場するのは日本が反省できるように韓国政府は徹底した対応をしなければならないということだ。その際、極端な強硬策は簡単だが、現実的な解決策を見いだすのは容易ではない。

    0
    続き

    韓国人の恨と従北勢力拡大 文化大国への大きな障害に

    韓国紙セゲイルボを読む

     韓国人の情緒は「弱者のルサンチマン(恨(ハン))」が支配的だ。背景には永らく外部勢力の侵略に遭った歴史とともに文化的特性としての女性性、母性性が位置している。

    0
    続き

    林秀卿パラドックス

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     『統一の花』『韓国のジャンヌダルク』『従北議員』。林秀卿(イムスギョン)民主党議員につく修飾語だ。脱北者を「変節者」呼ばわりして手厳しい批判を浴びた後、表舞台に出なかった林議員が再び話題になっている。1989年の訪朝時、金日成を「アボジ」(お父さん)と呼んだと語った人々を名誉毀損で告発して、敗訴したためだ。

    1
    続き

    韓国のカトリック教会“親北ミサ”で波紋

     韓国のカトリック教会で北朝鮮の武力攻撃を擁護したり、大統領下野を主張するミサが行われたことが分かり、波紋を広げている。宗教界による政治介入ともいえる事態に保革対立が鮮明な韓国社会は敏感に反応している。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    ロンドンで韓半島フォーラム開催

     韓半島統一と北朝鮮人権問題に関するフォーラムがロンドン市内で19日開催され、韓国と英国の識者たちが朴槿恵・韓国大統領の対北政策「信頼構築プロセス」を中心テーマに平和的統一の実現性、北朝鮮の人権改善の可能性などを討議した。(ロンドン・行天慎二)

    0
    続き

    情宣用のビラ

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     情宣用のビラが韓半島に初登場したのは韓国動乱の時だ。「敵を紙で埋めろ」という米陸軍長官フランク・ペースの命令に従って、米軍はB29爆撃機を利用して最大40億枚散布した。地面に積もったビラが兵士たちの膝頭まで達したという報告があるくらい、ものすごい量だった。

    0
    続き

    ロシア大統領の訪韓契機に多様な国家利益創出へ

    韓国紙セゲイルボを読む

     朴槿恵(パククネ)政府が執権以後、韓国を訪問する初めての4強国家(日米中露)指導者としてプーチン露大統領を選んだという点は、さまざまな意味で豊富な戦略的考慮が敷かれている。このような戦略的考慮を一言で表現しようとするなら、新しいユーラシア時代を迎えて、韓露が多様で互恵的な国家利益を創り出そうということだ。

    0
    続き

    韓国の高層ビルに潜む危険

    地球だより

     ソウルの日本人駐在員とその家族が多く住む東部二村洞という地区は別名「日本人村」と呼ばれる。70年代に外国人向けマンションが建設され、ここに入居するようになったのがその始まりで、まだハングルが分からない日本人たちも安心して住めるよう日本語が通じる商店や病院などが集まっている。ここに立ち並ぶ高層マンションはソウルを東西に横切る漢江沿いにあり、景色の良さは抜群だ。

    0
    続き

    6カ国協議再開の“壁” 韓米日の条件堅持見直しを

    韓国紙セゲイルボを読む

     5年近く立ち止まったままの6カ国協議が最近になって動きだそうとしている。議長国の中国が平壌のメッセージを持って米国に立ち寄り、北朝鮮の今後の履行措置を韓米日が調整しており、協議再開が見通せる圏内に入ってきたといっても過言ではない。

    0
    続き