■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    江戸時代の旺盛な知識欲 日本で読まれた李朝「懲毖録」

     「韓国外交がおかしい」という言葉をよく聞く。米国と中国という2大国の間で「あいまい外交」を展開しているというのだが、結局それは、安全保障は米国との同盟に依存し、経済は中国に頼るという「二股外交」であり、両者の顔色を伺いながらの綱渡りとならざるを得ない。

     当然、こうした態度に米国は不信感を募らせ、一方、中国は米韓同盟に楔(くさび)を打ち込むべく相当な揺さぶりをかけている。「クジラの争いに翻弄されるエビ」に例えられる所以(ゆえん)だ。

    0
    続き

    盛り上がってきた第5国連事務局誘致

    韓国紙セゲイルボ

     韓半島内への第5国連事務局誘致運動に関心が高まっている。第5事務局とは国連の地域事務局だ。第1事務局は米ニューヨーク、第2はスイスのジュネーブ、第3はオーストリアのウィーン、第4はケニアのナイロビに設置されている。

    0
    続き

    靴磨きのきんちゃん

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     彼は世界最高の靴磨きだ。名前はあるが、ただの「靴磨きのきんちゃん」で通じる。日本・東京の最高級、帝国ホテルの一番隅っこが彼の42年間の仕事場だ。

    0
    続き

    増長する遺族

    地球だより

     韓国南西部沖で旅客船「セウォル号」が沈没し、死者・行方不明者300人以上を出した大惨事からもうすぐ1年がたつ。犠牲者の大半が修学旅 行中の高校生だったということもあり、国民が受けたショックは大きく、随分長い間、社会的同情が広がったが、いまだに違和感の残ることがある。事故後の遺族たちの言動だ。

    0
    続き

    中国に押し入る北朝鮮強盗

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     3月26日から3泊4日の日程で中国と北朝鮮の国境調査に行って来た。今回で47回目の中朝国境調査旅行で、入国管理でまた拘束されるかもしれないと心配したが、前回同様今回も何もなく入国でき杞憂(きゆう)だった。今回の目的は中朝関係の現実を豆満江にある税関での「人と物の往来」から調べることであった。

    0
    続き

    韓国で歴史教科書めぐり保革対立

     左翼史観が色濃く反映されているとの指摘がある韓国の高等学校歴史教科書をめぐり、これを修正させようとする政府・保守派と執筆側の革新系 教育関係者との確執が表面化している。以前から北朝鮮の武力挑発をオブラートで包むような記述が物議を醸してきたが、既存執筆陣はかたくなに抵抗 している。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    安倍首相発言に虚を突かれた韓国

    韓国紙セゲイルボ

     安倍晋三首相が日本軍慰安婦を「人身売買の犠牲者」と表現したことで、同首相の米議会上下両院合同演説内容を注目してきた韓国政府は虚を突かれた格好だ。

     安倍首相は3月27日、米紙ワシントン・ポストとのインタビューで、日本軍慰安婦を「人身売買の犠牲者」と言及した。同首相が公式席上で慰安婦問題で「人身売買」という表現を使ったのは今回が初めてである。

    0
    続き

    建国の大統領・李承晩 寂しい誕生日の祝膳

    韓国紙セゲイルボ

     貧しい港街を世界4位の金融センターとして育て上げたシンガポールの国父リー・クアンユーが死去した。このアジアの巨人も権力を世襲させ、息子、娘、嫁が政・財界を押さえ、市民生活にまで介入して批判を受けた。それでも国民はリー・クアンユーを誇らしく思っている。彼がいなかったら今日のシンガポールは存在しないことをよく知っているためだ。

    0
    続き

    「正義の女神」のハンコ代

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     彼は“盲目の判事”だった。立派な両目を持っていても、法廷でだけは盲人のように振る舞った。裁判が始まると白い布で両目を覆って判事席に座る。全ての書類は裁判所の書記が代わりに読む。もっぱら耳と口だけで裁判を進めた。判事として在職した14年間はずっとこんなふうに裁判を行った。米国のセントルイス地方裁判所のベーク判事にまつわる逸話だ。

    0
    続き

    朝鮮史に見る「根拠ない自信」

    韓国紙セゲイルボ

     率直に言って、歴史ドラマ『懲泌録』は気に入らない。劇的面白みのことではない。歴史を扱ったものなら、正直であるべきだが、そうではないからだ。

     壬辰倭乱(文禄・慶長の役、1592~98年)は朝鮮の恥辱だ。ドラマの主人公・当時の大臣柳成龍(ユソンニョン)をまたとない「憂国の志」とだけ描こうとするのには無理がある。また、豊臣秀吉を異常者とだけ描くのもやめてほしい。

    0
    続き

    韓米日同盟体制の強化を牽制する中国

    韓国紙セゲイルボ

     中国の立場で現在の韓半島および北東アジアの地形はとても複雑だ。米国の「アジア回帰政策」と、それに伴う中国包囲あるいは韓米日同盟体制の強化は大きな脅威になっており、特に韓国の米国との一方的な同盟強化は少なくとも軍事・安保的な側面では中国の深い憂慮を生み出している。

    0
    続き

    メガネの日

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「視力がだんだん落ちてきて経典の文字は眼鏡でなければ読みづらい」「眼鏡を掛けて朝廷に出れば見る者たちが驚くだろうから、6月に自ら行う政務も実行は難しいだろう」

    0
    続き

    元気な“骨董保守”

    地球だより

     ソウルの有名な観光スポットの一つに仁寺洞という所がある。陶磁器や絵画などを扱った店が軒を並べ、韓国式家屋や石畳が風情を醸し出すいわ ば骨董(こっとう)通りだ。

    0
    続き

    性道徳より性解放が時流? 韓国で62年ぶり姦通罪廃止

    モーテル、避妊薬、登山用品…

     儒教文化の影響を色濃く残す韓国で、このほど配偶者の不倫を処罰してきた姦通(かんつう)罪が62年ぶりに廃止され、さまざまな議論を呼んでいる。韓国では 長く姦通罪が不貞の歯止めとして一定の効果があると認識されてきたが、廃止には女性を中心に戸惑いも見られる。(ソウル・上田勇実)

    20~30代世論調査

    支持、男性「浮気は犯罪でない」 反対、女性「国による処罰必要」

    0
    続き

    米大使襲撃事件が気付かせたもの

    韓国紙セゲイルボ

     リッパート駐韓米国大使が襲撃された消息を聞いて、数年前の趙承熙(チョスンヒ)事件を思い出した。2007年4月16日、韓国と米国を驚かせた事件だ。

     当時バージニア工科大4年生だった韓国系永住権者・趙が銃器を乱射して32人の学生の命を奪い、自らも命を絶った。米国史上、単一犯による銃器殺人事件で最もおぞましい事例として記録されている。

    0
    続き

    一連の事件に共通する「怒り調節障害」

    韓国紙セゲイルボ

     最近相次いだ銃器乱射、保育園児童虐待、大韓航空機の回航、米大使襲撃事件など、これらの被疑者の共通点は「怒り調節障害」の患者であるという点だ。彼らは自ら怒りを調節できず、極端な行動に出てしまった。

     健康保険審査評価院によれば、2014年に怒り調節障害症状で病院を訪ねた患者が09年以後わずか5年間に33・5%増えたという。

    0
    続き

    自殺の特効薬

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     『一輪の花を手折るのは、宇宙の一部分を手折ること。一輪の花を咲かせるのは、数万個の星をきらめかせることだ』。哲学者のオショウ・ラジニーシの言葉のように、あらゆる生命の価値は絶対的であり宇宙的だ。まして万物の霊長たる人間の存在においてはなおさらだ。

    0
    続き

    駐韓米大使襲撃の深層 犯人を野放しにした左派判事

     アメリカ大使襲撃テロ事件に韓国は大きな衝撃を受けている。「どうしてこのような危険人物が野放しにされ、やすやすと大使に接近できたのか」ということだ。外遊中に事件を聞いた朴槿恵(パククネ)大統領は、「背後を含めて、徹底した調査を行う」と指示した。大統領が「背後関係」に関心を寄せていることを示している。

     だが、犯人の金基宗(キムギジョン)容疑者は以前、抗議の焼身を試みるなど奇行の多い人物で、日本大使襲撃を含めて前科6犯、数々の事件を起こしていただけに、「単純な個人の犯行」にすぎないとの指摘もある。主に野党や進歩派の学者に多く、事件を矮小化(わいしょう)し大事にしたくないとの心理も働いているだろう。

    0
    続き

    ISより日本「右傾化」警戒 日本人人質事件の韓国世論

     過激派組織「イスラム国」(IS)による日本人人質斬殺事件を見る韓国では、イスラム国に対する批判よりも、同事件によって「安倍政府が『右傾』を強めるだろう」という警戒感の方が強い。

     それどころか、「日本がテロ犯と交渉した」とか、「安倍政府は打撃を受ける」という分析が主流で、しかも、いずれも事実とは異なっている。テロ犯とは交渉せず、事件後逆に安倍内閣は支持率を上げている。韓国の予想・分析が見事に外れた事例だ。

    0
    続き

    米国の金利引き上げ、中国経済直撃の見方

    韓国紙セゲイルボ

     韓半島の地政学的な特性上、強大国の影響を強く受ける韓国は韓米、韓中関係が安保・経済など多方面で非常に重要だ。

     中国政府は全国人民代表大会と全国人民政治協商会議が終われば、まさに国内外の経済的問題解決と政治風土醸成のための改革および強大国の夢を達成するための軍事力・外交力強化に邁進(まいしん)するだろう。

    0
    続き

    国会議事堂の梟

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     国会が“通法府”という汚名を着せられた時代があった。青瓦台(大統領官邸)の指示を受けて行政府が注文する法案を通過させる下手人の役割を果たした。その時代に比べると国会の地位は蒼海(そうかい)転じて桑田となるくらい大きく変わった。今も政府の注文立法がないことはない。政府が省庁間の意見衝突や複雑な手続きを避けるため、迂回(うかい)して議員立法を活用する“借名発議”が問題にされたりもする。それでも通法府時代とは比べ物にならない。注文生産はさておき、議員があまりにも多くの法案を提出して後始末ができないくらいだ。

    0
    続き

    金正恩氏専用機の「搭乗者リスト」

     旧ソ連・東欧共産党政権の歴史は“粛清の歴史”であった。独裁者は共産党内の潜在的な政敵を見つけ出し、監視、必要ならば粛清していった。スターリン時代の大粛清を想起するだけで十分だ。

     問題は誰が潜在的なライバルと成り得るかを掌握しなければならないことだ。だから、北朝鮮では時には部下たちに忠誠争いをさせる。金正恩第1書記は叔父・張成沢(元国防委員会副委員長)を処刑し、党内外の叔父派を粛清し、その権力基盤を強化したばかりだ。現時点では正恩氏にとって政敵となるような人物は見当たらないが、皆無というわけではないだろう。

    0
    続き

    日本抜きに安保なし

    地球だより

     先日、日本から客人があり、ソウルの戦争記念館に案内した。記者自身、数年ぶりの見学だったが、展示物がかなりアップグレードされていて驚いた。以前はおどろおどろしいろう人形が目立ったが、今はハイテクを駆使し、デザインや配置も洗練された印象を受ける。

    0
    続き