■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    ギリシャに劣らなかった韓国の“悲劇”

    韓国紙セゲイルボ

     ギリシャに悲劇が続いている。アテネの中心シンタグマ広場。意味は「憲法」だ。先週初め、そこには「OXI(オヒ=ギリシャ語でノー)」でぎっしり埋まった。国際債権団が要求した緊縮案への反対票が多数を占めたことに歓喜した姿だった。

    0
    続き

    韓国のMERS騒動 政府の秘密主義が広める

     中東呼吸器症候群(MERS)が韓国で広がり、韓国政府の初期対応のマズさに批判が集中している。これに対して、大胆な分析が「月刊朝鮮」(7月号)に掲載された。「朴槿恵(パククネ)大統領が一般家庭の主婦だったら、まず何をすべきかが分かっていただろうに」という指摘だ。

    0
    続き

    清算される「486」世代 通用しないアマチュア政治

     韓国で「386世代」あるいは「486世代」と呼ばれ、学生時代に左派民主化運動に身を投じた世代は、いまでは社会の各層各分野で活躍する中心世代となっている。

    0
    続き

    対中THAAD外交で適切に対応する韓国

    韓国紙セゲイルボ

     THAAD(終末高高度防衛)に対する中国の憂慮に対し、韓国の対応は適切である。中国の憂慮は今年に入って常万全国防相(2月)、劉建超外交部長補佐(3月)、王毅外相(5月)らによって伝えられた。

     しかし、常国防相が朴槿恵(パククネ)大統領を表敬訪問した席では、THAADは一言も出なかった。これは中国の憂慮が実務次元に限定されることを暗示するものだ。

    0
    続き

    世論調査の政治

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     電話による世論調査のアルバイトをしたことがある。主に政治、社会の懸案に対する賛否を問うものだったが、日当がかなりよかったので同じ学科の女子大生に人気があった。ただ、守るべき条件があった。どこでどんなことをしたのかを外部に漏らしてはならないということだった。私たちは“韓国社会研究所”のような社会団体の依頼で調査していると回答者たちに説明したが、実際は文化観光部(部は省に相当)の調査だった。当時は政府の調査だというと、質問に答える人もいないし、率直な回答を聞くことも難しい時代だった。

    0
    続き

    安倍首相だけを指弾できない

    韓国紙セゲイルボ

     安倍晋三首相。なぜそんなにも頑(かたく)なに植民支配と日本軍慰安婦強制動員を謝罪しようとしないのだろうか。彼の歴史観は明らかに歪(ゆが)んでいる。

     だが、一つ考えなければならないことは、韓国がフランス、英国のような国力を持ち、ユダヤ人のような影響力を持っていたら、そのような傲慢な態度を取るだろうか、ということだ。

    0
    続き

    北朝鮮の山林復旧を南北協力の突破口に

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮が金正恩(キムジョンウン)体制になってから強調することの一つは山林緑化である。韓国林業振興院によれば、現在、北朝鮮の山林は単位面積当たりの木の量を表す山林蓄積が韓国の3分の1にも達しない。過去、国土の80%以上が山林だった北は現在30%以上荒れ果て、国連食糧農業機関(FAO)は毎年約11万㌶の山林が消えていると見積もっている。

    0
    続き

    64年ぶりの永眠

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     娘は父の名誉のため闘士となった。生まれて初めて“1人デモ”まで行った。祖国のために献身した父にふさわしい礼遇をしてほしいという訴えだった。数日前、国立大田顕忠院に埋葬された韓国軍捕虜ソン・ドンシク二等中士と娘のソン・ミョンファさんの話だ。

    0
    続き

    所信貫いた朴元大統領

     1965年、朴正煕大統領(当時)は所信通り日韓国交正常化を実現させた。

     当時、「朴正煕は日本軍将校出身の親日派、売国奴だ」と非難され、反対デモが激しかった。ところが、朴元大統領は満州軍官学校2年修了後、日本陸士に2年間留学して満州軍将校に任官した。従って日本軍将校ではなく満州軍将校だった(陸士55期、牟田熙雄氏証言)。

    0
    続き

    新空港でイメージアップ

    地球だより

     北朝鮮の空の玄関口、首都・平壌にある順安空港が今月リニューアルオープンし、最貧国とは思えぬピカピカの豪華施設や奇麗どころを集めた客室乗務員が颯爽(さっそう)と歩く様子を紹介した当地国営テレビの映像が話題になっている。中国の空港をモデルにして金正恩第1書記から怒られ、やり直しを命じられたそうだが、出来上がりを見た金第1書記は至極ご満悦の様子だったことが映像から伝わってくる。

    0
    続き

    “天才女子高生”にだまされた韓国社会

     米国名門大2校にダブル合格したとして話題になった韓国出身の女子高生が、実は合格は嘘(うそ)だったことが判明し、ちょっとした物議を醸している。事件は、学歴にこだわる親の過度な期待や社会風潮が受験生を極限まで追い込んでしまう、韓国社会の歪(ゆが)んだ一面を改めて浮き彫りにした。 (ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    韓日「未来50年」のために 両国首脳の戦略共有が必要

    韓国紙セゲイルボ

     韓日両国が未来50年を設計するためには過去50年を客観的に認識し、現在、韓日関係が直面している状況を見詰め直す必要がある。

     これまで韓日両国は感情と利益、戦略の側面で強い連帯感を持って関係を発展させてきた。しかし、最近の内外環境の変化で韓日関係に質的な変化が起こり、葛藤が顕著になった。これは韓日関係の水平的な対等化に伴う調整メカニズムが形成されなかったためだ。

    0
    続き

    国連北朝鮮人権事務所開設は改善への第一歩

    韓国紙セゲイルボ

     6月23日、国連北朝鮮人権現場事務所がソウルに開設された。2014年の国連人権理事会は国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)傘下に北朝鮮人権状況を観察して記録する現場基盤組織の設置を決議し、今回の開設となった。

    0
    続き

    百貨店崩壊から20年

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     災難は恐ろしい存在だ。途方もない苦痛をもたらし、耐え難い社会・政治的な波紋を起こす。古今を問わず同じだ。

    0
    続き

    未来へ進むための韓日関係 相手を和解の対象と見なせ

    韓国紙セゲイルボ

     韓国と日本が外交関係を結んで22日で50年が経過した。釜山と対馬は50㌔㍍ほど離れている。両国が国交関係を結んでから、毎年1㌔ずつ近づくだけでも、今ごろは両国民が互いに手をとって肩を抱き合い、国交正常化50年を喜ぶ祝いの場がソウルと東京で広がっただろう。だが現実は違う。

    0
    続き

    韓国が真の先進国となるには何が必要か

    韓国紙セゲイルボ

     韓国は経済・社会・教育・技術指標でみれば明らかに先進国だが、セウォル号惨事とMERS(中東呼吸器症候群)危機直後に見せた政府の対応能力は到底先進国とは言い難い。

     最近、米ワシントンで開かれた学術会議で韓国専門家たちが韓国の課題を挙げた。彼らは例外なく韓国の医療水準と国家インフラなどハードパワーは通常の先進国と遜色ないものの、ソフトパワーには弱点があると指摘した。

    0
    続き

    科学と文化の衝突

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     マーズ(MERS、中東呼吸器症候群)騒動を見ながら、科学と文化は時折、衝突するということをいまさらのように感じた。文化的な慣習や習慣は科学的な合理性と整合しないことが多い。マーズの拡散は医療科学と韓国の“人情文化”の衝突だと見ることができる。科学は確実性を土台に運営されるが、生態系をみても確実性とともに不確実性を認めなければならない。完璧な適応はかえって自然の突発的な変化に対処できない場合も多いためだ。それで文化は科学以外の象徴的な秩序を持つようになる。

    0
    続き

    北最高学府の裏事情

    地球だより

     北朝鮮が最高学府として誇る金日成総合大学(略称、金大)は、「優秀な幹部候補育成」が建学の精神だ。だから昔から労働党の任務をこなすのに必要な政治や革命歴史、哲学など統治の「能書き」を学ぶ人文系が人気だという。先進技術を競い合う21世紀に理工系出身者が重宝されがちな世界の潮流とは、ここでも見事に逆行している。

    0
    続き

    韓国左派、MERS危機に便乗 ソウル市長が朴政権批判で攻勢

     韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染が拡大している問題をめぐり、左派陣営が朴槿恵政権批判を強めている。政府の初動に問題があったのは確かだが、責任追及で反政府世論の拡大につなげようという政治的打算が見え隠れする。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    MERSと韓国当局の無能・無策

    韓国紙セゲイルボ

     MERS(中東呼吸器症候群)が韓国に上陸して1カ月が過ぎたが、政府の対応は昨年4月のセウォル号惨事を連想させる。  初期対応に失敗して、現在の事態を招いた政府の対応を見れば、MERS事態は卓上行政の典型事例で、特に保健当局の対応は無能・無知・無誠意・無政策だと叱責せざるを得ない。

    0
    続き

    祈雨祭

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     端午が近い。陰暦5月5日、今年は陽暦で6月20日だ。菖蒲(しょうぶ)の根を切ってかんざしとし、菖蒲を煮た湯で頭を洗った。心の余裕を思いっ切り楽しんだ理由は何だろうか。陽暦6月6日は芒種(ぼうしゅ)。「芒」はイネやムギの実の先端にある針状の突起(のぎ)を指す言葉で、ムギを刈って稲を植える時期のことだ。端境期を越えて豊かな季節が戻ってくるので希望が湧く。端午に菖蒲が登場するのはこのためではないか。  今年は違う。希望を抱くべき端午の季節だが、農民の心は落ち込んでいる。農民だけではない。

    0
    続き

    「わがチームが98対0で勝ちました」

     北朝鮮は今やブロガーにお笑いを提供してくれる数少ない貴重な国だ。今回はニュージランドで開催中のU20ワールドカップ(W杯)で1日、北朝鮮チームが対ハンガリー戦で1対5で大敗した話だ。

     平壌の国営放送は、「わが国は98対0でハンガリーチームを撃破しました」と報じたというのだ。確認しておくが、これはバスケットボール試合の結果ではない。サッカー試合の結果だ。

    0
    続き

    歴代大統領、客観的に観るべき時

    韓国紙セゲイルボ

     日本帝国主義による植民統治と光復(解放)の後、南北分断など近代史を主体的に設計できなかったわれわれの社会は、これまで西欧イデオロギーの実験場になったり、民主化過程の混乱と国論分裂で、国民が同じく尊敬する大統領を持つことができなかった。

    0
    続き