■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    書記室長との話「言えない」

    検証 元料理人 藤本氏の再訪朝(下)

     北朝鮮の金正日総書記の元専属料理人だった藤本健二氏(仮名)は今回の訪朝で初日に最高指導者の金正恩第1書記と会ったほかは翌日以降、家族と金チャンソン書記室長が行動を共にした。

    3
    続き

    為替レート問題で構造調整頓挫させぬ対応を

    韓国紙セゲイルボ

     日本の量的緩和政策に対して、日本の立場を擁護してきた米国に変化が感知される。米国金利引き上げが予定より遅れ、国際金融市場で円高が進み、日本政策当局が介入しようとする動きを見せると、米国は明らかな警告メッセージを送った。

    0
    続き

    金第1書記「フジモトは政治家みたい」

    検証 元料理人 藤本氏の再訪朝(上)

     北朝鮮の金正日総書記の元専属料理人だった藤本健二氏(仮名)が今月12日から23日まで3年8カ月ぶりに訪朝した。日本人拉致問題の解決に向け糸口を探ろうとしている中、藤本氏訪朝はどんな意味を持つのか。本人や関係者の証言から探る。(編集委員・上田勇実)

    1
    続き

    鳳仙花(ホウセンカ)

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     丁酉再乱(慶長の役)の時、日本に捕虜として行った姜”は「看羊録」にこのように記した。「乙未年、丙申年以来、4、5年間、数日おきに地震のない日がない」。乙未年は1595年、丙申年は1596年だ。その頃、日本には大きな地震があった。豊臣秀吉。壬辰倭乱(文禄・慶長の役)を起こした1592年、京都の本拠地を作るために宮殿のような城を造った。伏見城。規模がものすごかったようだ。1596年に京都を襲った地震は4年の大工事は泡と消えてしまった。看羊録にはこのように記されている。「城と家が全て壊れた。…東側に新しく城を建てることにし昔通りの姿に造った」。壊れればまた建てる日本人の応戦ぶりがうかがわれる。

    1
    続き

    公表されない北・イランの戦略協力、18年には核ミサイル完成か

    北朝鮮核の脅威

     イラン核合意、北朝鮮の核実験とミサイル試射が注目され、報道されている中で、重要な点が見落とされている。北朝鮮のイランとの戦略的協力関係だ。

    4
    続き

    解釈入り乱れる韓国与党の総選挙惨敗

    韓国紙セゲイルボ

     与党の惨敗で終わった4・13総選挙の敗因をめぐって解釈が入り乱れている。政府・与党の傲慢(ごうまん)と不通という主張や、経済政策失敗に対する報復という分析もある。どれも正しいだろう。

    2
    続き

    北潜水艦ミサイル、改良重ねれば重大な脅威だ

     北朝鮮が東部咸鏡南道・新浦付近の日本海から潜水艦発射型の弾道ミサイル(SLBM)1発の発射実験を行った。

     北朝鮮は今年に入って核実験や長距離弾道ミサイル発射を強行するとともに昨年5月以降SLBM発射を繰り返している。このまま技術改良を重ねれば周辺国にとって重大な脅威になるのは必至だ。

    党大会控え内部結束狙う

    2
    続き

    脱北事態は中朝関係変化の序章なのか

    韓国紙セゲイルボ

     中国にある北朝鮮レストランから従業員ら13人が脱出した。この事件は核実験、ミサイル発射を進める北朝鮮に中国が送った警告メッセージである。

     北朝鮮は大きな衝撃を受けたにもかかわらず、中国に対して露骨な攻撃をひとまず自制している。中国の黙認がなかったら今回の脱出はできないという点をよく知っているからだ。

    2
    続き

    総選挙で有権者が冷淡だった理由

    韓国紙セゲイルボ

     ワシントン特派員時、米大統領選挙を間近で見守った。有権者は政治に対する関心が高く、積極的に意思表示をした。特定政党・候補支持のプラカードをかけた家が多かった。近所のある青年は道端で、民主党支持の理由について長時間熱弁を振るった。

    1
    続き

    尹東柱をめぐる不毛な争い

     詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ、1917年~45年)の「国籍」をめぐって中国と韓国が争っている。尹東柱は旧満州間島省の龍井に生まれた。現在の吉林省朝鮮族自治州である。太平洋戦争中の1943年、同志社大在学中に、「ハングルで詩を書いた」として治安維持法違反で捕らえれ、45年、収監されていた福岡刑務所で死亡した。繰り返し注射を打たれたことから、毒殺されたとの疑いもある。

    5
    続き

    金一族 権力の正統性維持に必要な核

    北朝鮮核の脅威

    アンジェロ州立大学教授 ブルース・ベクトル氏

    2
    続き

    「セウォル号」沈没事故2年、反政府教材を全国に配布

     親北朝鮮の偏向理念を教育現場に持ち込むことで知られる韓国の全国教職員労働組合(全教組)が大型船「セウォル号」沈没事故から2年に合わせ、朴槿恵政権が事故の真相を隠し、責任を取っていないという根拠のない批判に生徒が同調するよう意図的に誘導する教師用教材を全国に配布し物議を醸している。(ソウル・上田勇実)

     「朴槿恵大統領、もっともらしく言い繕うことばかりなさらず、もっと国民に気を使ってください」

    2
    続き

    セウォル号事故から2年

    地球だより

     大型船「セウォル号」が韓国南西部沖で沈没し修学旅行の高校生を含む約300人が犠牲になった事故から2年がたち、各地で追悼行事が行われた。そのうちソウル光化門広場での「追悼文化祭」をのぞいたが、「文化祭」とは趣を異にした政治集会のようだった。

    2
    続き

    安哲秀氏、再び存在感 第3党率い韓国総選挙で躍進

     韓国総選挙で中道左派の第3党「国民の党」が躍進し、共同代表の安哲秀氏が再び存在感を示している。選挙では最大野党「共に民主党」を離党した安氏が掲げる「既存政治の刷新」が古巣の「共に民主党」の地盤である南西部の光州・全羅道で圧倒的な支持を受けた。安氏の動向は今後の政局はもちろん、来年の大統領選を左右する可能性がある。(ソウル・上田勇実)

     光州・全羅道は軍事政権に反発した民主化運動の「聖地」として、また多くの歴代大統領を輩出した南東部・慶尚道への地域対抗意識から左派政治の地盤となってきた。このため当初は共に民主党への支持は固いとみられていた。

    1
    続き

    親北派が「偽装」し当選

    韓国総選挙ショック(下)

     南東部・蔚山広域市の日本海側に突き出した地域をタクシーに乗って走ると、延々と続く外壁で囲まれたとてつもなく広い敷地が2カ所見えてくる。北区にある現代自動車蔚山工場と東区にある現代重工業の造船所だ。

    2
    続き

    “主人精神”が足りない韓半島で遠ざかる統一

    韓国紙セゲイルボ

     韓国が継続的な経済成長をして、先進国になるためには統一の道しかないと異口同音に言う。しかし、統一は遠ざかるように見え暗澹(あんたん)たる現実だ。

    1
    続き

    韓国総選挙ショック、消えた与党大統領候補

    韓国総選挙ショック(上)

     「深く反省し、自粛し、省察する時間を持ちたい」--今回の韓国総選挙で注目区の一つに挙げられていたソウル市鍾路区。与党セヌリ党の公認候補として出馬し、第1野党「共に民主党」の重鎮、丁世均氏に敗れた呉世勲氏は開票結果を受け、力なく敗戦の弁を述べた。(ソウル・上田勇実、写真も)

    3
    続き

    朝鮮総連扱う「未来韓国」 日本に韓国共産化の基地

     「朝鮮総連を育てたのは日本だ」

     元駐日公使で統一日報主幹の洪瑩(ホンヒョン)氏が韓国の週刊誌「未来韓国」(4月4日号)に載せた記事でこう主張している。

    1
    続き

    「漢江の奇跡」に日本資金 「新東亜」記事中で認める

     いまや韓国は「世界10位圏内の経済大国」を誇っている。サムスン、LG、現代自動車など世界でも名の知れた企業を持ち、文化面では「韓流」が世界を席巻している。わずか70年前までは世界最貧国に数えられていた国がこのように急速に発展した理由として韓民族の勤勉性や優秀さなどが挙げられるだろう。

     しかし、いくら素質(人材)があったとしても、それを開花させる環境と条件(資金、技術)がなければ実現しない。戦後20年を経て1965年に締結された日韓基本条約で日本と結んだ請求権協定、経済協力協定は韓国の驚異的発展を可能にした一要因となったことは間違いない。

    3
    続き

    親孝行条例

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     ロシアの作家ツルゲーネフの逸話だ。ある日、狩りから戻って庭園をぶらついていた。猟犬が何かを見つけ、息を殺して密(ひそ)かに這(は)っていくので、猟犬の前の方をよく見ると、ふわふわした産毛の雀の雛(ひな)が1羽いる。巣から落ちた雛はできたばかりの羽根の付け根を不憫(ふびん)なほど動かしている。猟犬は雛の方に近寄った。その時だ。突然、木からさっと親雀が飛んできて雛の前に舞い降りた。親雀は毛を逆立ててジュクジュクジュクと鳴きながら猟犬の鼻先を目指して突進した。ぴょんぴょん跳びながら2回も犬の口先を攻撃するのだ。かわいそうに親雀は全身をぶるぶる振るわせたかと思うと芝生の上に頭を打ちつけて気絶した。

    1
    続き

    制裁1ヵ月 北朝鮮は変わったのか

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮の第4回核実験以後、国際社会が類例のない強硬な制裁を施行して1カ月が過ぎた。それ以後、北朝鮮は変わったのか。まだ制裁の効果を云々(うんぬん)するのは早いが、過去とは違った幾つかの差異点が見える。中国の反応だ。

    3
    続き

    北の核は2020年までに倍加

    米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院・米韓研究所副所長ジェニー・タウン氏

     北朝鮮の国営メディアは3月9日、小型化された核兵器と再突入体を視察する金正恩第1書記の写真を公表した。専門家らは、北朝鮮は小型化技術を保有していると考えてきたが、この写真が公表されたことで、それに対する否定的な見方は静まり、北朝鮮が大量破壊兵器(WMD)への野望を持っていることが事実かつ深刻であり、脅威が高まっていることを改めて世界に示した。

    8
    続き

    平壌の亡命対策と脱北者の“心痛”

     中国の北朝鮮直営レストランで働いていた13人の北従業員が今月7日、集団で離脱し、韓国入りしたことが明らかになった。脱北者は、「国際社会の制裁でレストラン経営が難しくなる一方、平壌への上納金要求は変わらないから、レストラン関係者は絶望的となった」と証言する一方、平壌からスパイ活動を強制されたこともあったと暴露している。なお、韓国メディアによれば、北朝鮮人民軍偵察総局大佐が昨年脱北していた事実が確認されたという(「ウエーターが工作員に変身する時」2016年3月10日参考)。

    1
    続き