■連載一覧
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    韓国教科書国定化、政権退陣デモに北朝鮮の影

     「朴槿恵退陣!国定化中断!」  先週末、韓国の朴槿恵政権が進める労働改革や中学・高等学校歴史教科書の国定化に反発した労働組合のメンバーら約6万8000人(警察推計)がソウル中心街に繰り出した。2008年、米国産牛肉の輸入再開をきっかけに起こったデモ以来の大規模な反政府運動だ。

     国定化に反対するプラカードを持っていた京畿道に在住する高校1年の男子生徒に参加理由を聞くとこう答えた。

    0
    続き

    近親愛憎の心理

    今回、日中韓首脳会談は冷え込んだ3国関係を溶かすきっかけとなった。今後、首脳会談を定例化し3カ国が持ち回りで開催することに合意したことが成果である。

     英国、フランス、ドイツは隣国同士で「30年戦争」「100年戦争」を繰り返した。お隣はパートナーかつライバルとして愛憎関係にあることが分かる。

    0
    続き

    なぜ「日本の天才」に言及しないのか

     韓国最大手「朝鮮日報」の日本語電子版(11月13日)を読んでいると、面白いコラムを見つけた。曰く「韓国の天才は医学部へ、中国の天才は工学部へ」という見出しが付いた記事だ。

     記事の内容を簡単に紹介する。中国の優秀な学生は競って工学部に進学し、新しい科学技術を開発する道を歩み出す一方、韓国の天才と呼ばれる人たちは医学部に進学する。そこで新しいものを発見すればいいのだが、「優秀な人材はみな医学部に行き、病院に入るが、全く創造的でない仕事に没頭している」といつもの嘆き節を披露している。

    0
    続き

    南シナ海の荒波を避ける道 二者択一の状況をつくるな

    韓国紙セゲイルボ

     中国が南シナ海で最も威勢をふるったのは15世紀初め、明の鄭和の艦隊が7回も大洋遠征に出た時だろう。南シナ海からインドを経て東アフリカまで、多い時は240隻、乗組員が3万人に達し、東西古今最大規模の船団と呼ばれた。

    0
    続き

    潘基文待望論、次期韓国大統領候補に名

     外交、南北、経済、何もかもうまくいかない韓国の朴槿恵(パククネ)大統領には、早くも「レイムダック」化が囁(ささや)かれている。同時に政界ではまだ2年先になる大統領選に向けて、早くも候補探しや“助走”が始まっている。

     韓国では政権が変わると、たとえ同じ党から後継者が出ても、前任者が「断罪」されるケースをよく見てきた。自ら後継者を指名しても、引退後が安心できないのが韓国政治だ。

    0
    続き

    歴史教科書国定化、左翼史観の横溢に対処

     韓国では歴史教科書の国定化をめぐって朝野を挙げての大騒ぎとなっている。それに比べれば、日韓首脳会談や慰安婦問題の進展などが小さく見える程だ。

     韓国ではこれまで歴史教科書は検定・認定制だった。教育部の検定を通った複数の教科書から選択されてきたのだ。これは日本と同じである。

    0
    続き

    韓米先制攻撃作戦と北朝鮮の生きる道

    韓国紙セゲイルボ

     第47回韓米安保協議で先制攻撃の概念が入る「4D作戦」を韓米国防長官が承認する署名をした。北朝鮮の核攻撃兆候が明確だと判断された時、韓米が先に北の核施設を打撃するという意味だ。これは途方もない大事件である。

     米国はポスト冷戦以後は中東各国の核開発を防ぐために米海軍力の3分の1を中東に配置していたが、イランとの核交渉成功後、中東地域の航空母艦を全部撤収させ、中東の状況は終わった。

    0
    続き

    通夜政治

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     毎年、菊祭りが開かれる馬山市内で菊の花がなくなったことがある。2008年10月、金泳三元大統領(YS)の父親、故金洪祚氏の5日葬の期間だ。遺体が安置された慶尚南道・馬山のサムスン病院の葬儀場を埋め尽くした花輪が400に達し、祭壇の遺影の周辺とリムジンの霊柩車を飾る菊の花まで合わせると7万本余り使われたという。YSは「父は最後まで馬山に貢献した」と語った。当時、YSは花輪は受け取ったが香典は受け取らなかった。

    0
    続き

    北の多才な外交官・張雄氏の“苦悩”

     独週刊誌シュピーゲル最新号(10月31日号)は北朝鮮の国際オリンピック委員会(IOC)の張雄委員(77)について5頁に及ぶ記事を掲載している。北の人物をこのように大々的に報じるのはシュピーゲル誌にとっても珍しいことだ。同誌は‘Der vielseitige Mister Chang’(多才なミスター・チャン)というタイトルを付けて報じている。

    0
    続き

    「安米経中」では対処できぬ現実

    韓国紙セゲイルボ

     地政学的に韓国は強大国に囲まれている。韓国の政策決定は強大国の利害関係と密接に関連しており、独自の決定は容易でない。韓国は世界10位圏の経済的実力を備えているにもかかわらず、国際社会で明確なアイデンティティーを刻印できずにいる。世界的な事件が起きれば、韓国は旗幟を鮮明にするよりは“静かな外交”に力を注いできた。

    0
    続き

    歴史教科書の国定化めぐる南南理念葛藤

    韓国紙セゲイルボ

     「正しい歴史教科書を作る」という宣戦布告が“歴史戦争”の開始を知らせた。卑劣な言葉爆弾が降り注いでいる。「匪賊」「乱臣賊子」「大統領は巫女ではない」といった言葉の攻防戦が繰り広げられている。

    0
    続き

    首脳会談と昼食

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「チョムシム」(点心=昼食のこと)という言葉の由来はちょっと変わっている。まず、私たちが食べる3食のうち、「アチム」(朝食)と「チョニョク」(夕食)は純韓国語だが、昼食だけは漢字語だ。チョムシムという用語の起源をめぐってはさまざまな説があるが、個人的には仏教に伝わる逸話が好きだ。

    0
    続き

    北朝鮮の検閲に怒る取材陣

    地球だより

     韓国と北朝鮮に生き別れとなった肉親が再会する南北離散家族再会が先日、北朝鮮・金剛山で行われたが、その際に韓国取材陣が北朝鮮当局から検閲を受け、物議を醸している。

    0
    続き

    韓国でも少子化に危機感 対策に「アベ・モデル」注目

     猛烈なスピードで少子化が進む韓国。政府は近年、その対策にようやく本腰を入れ始め、「人口1億人維持」を宣言した第3次安倍晋三内閣の取り組みにも触発されている。最近の韓国の「人口危機」をまとめた。(ソウル・上田勇実)

     韓国大統領直属の低出産(少子化)・高齢社会委員会が主催する公聴会が先月ソウルで開かれ、出席したある大学教授から次のような発言があったという。

    0
    続き

    あす日韓首脳会談 米国の要請で韓国決断

    韓国世宗研究所日本研究センター長 陳昌洙氏に聞く

     3年半ぶりとなる日韓首脳会談が2日、ソウルで行われる。韓国の朴槿恵大統領は就任以来、いわゆる慰安婦問題で日本側が“善処”することを会談の前提条件にしてきたことから考えると、韓国の事実上の方針転換とも受け止められる。なぜ会談実現に至ったのか。日韓双方の外交当局者と頻繁に会っている韓国政府系シンクタンク世宗研究所の陳昌洙・日本研究センター長がこのほど来日、韓国側の事情を聞いた。(聞き手=編集委員・上田勇実)

    0
    続き

    安倍(首相)さん、パブ・モゴッソ?

     韓国大統領府は28日、朴槿恵政権初の日韓首脳会談を来月2日午前ソウルで開くと発表した。3年半ぶりの日韓首脳会談だ(最後の日韓首脳会談は2012年5月、李明博大統領と野田佳彦首相の間)。

     日韓首脳会談が実現するまで紆余曲折あったが、隣国の首脳同士が会談し、両国関係の改善に努力する機会が生まれたことを歓迎したい。

    0
    続き

    対照的な中朝両岸に変化も

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮と中国の辺境都市を見守って20年、1990年代初期には両方の姿に大きな差はなかった。ところが中国の経済発展は北朝鮮との両岸の姿に大きな差を生んだ。  中朝交流中心地である遼寧省丹東市。ここで鴨緑川の対岸に見える威化島と新義州の姿は丹東市と対照的だ。鴨緑江を遡上(そじょう)しながら見られる北朝鮮の村と水豊発電所で見られる北朝鮮住民の姿は観察者に多くの残像を残す。

    0
    続き

    北の変化を見逃さず南北信頼構築の契機に

    韓国紙セゲイルボ

     10月20日から実施されている南北離散家族対面は人道主義的次元からだけでなく、南北接触と対話の局面を増やして、相互信頼構築を企てるという次元でも重要だ。

     問題はこれが一回だけの性質で終わってはならないという点だ。ようやく再開された離散家族対面を契機に、南北間に文化・経済・環境・交通など多様な接触と交流が続けられる必要がある。

    0
    続き

    技術の独立

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     1998年、“コーラ独立”を叫んで「815コーラ」が国内で誕生した。このコーラを売り出した汎洋食品は、1973年から国内でコカコーラを製造してきたボトリング・パートナーの一社だった。二十数年間、韓国人の味覚を虜にしたコカコーラ側が、ボトリング契約を破って合併しようとしたので、それを拒否して自前の技術でコーラを作り出したのだ。1886年からコーラの原液製造法を金庫に入れて秘密を守るコカコーラからの独立だった。

    0
    続き

    望ましい政経分離路線

     朝鮮半島は常に大陸国家と海洋国家の挟間で両勢力の橋渡し・緩衝地域と位置付けられた。代表的な例が13世紀、元は半島を前線基地として2回、日本を侵攻。16世紀、豊臣秀吉の2回にわたる朝鮮出兵も中国進出の橋渡しを拒んだためだった。

    0
    続き

    二重の“峡谷”に陥った韓国史 教科書認定で政治家・学者が対立

    韓国紙セゲイルボ

     韓国史教科書の検認定か国定かをめぐって、与野党、政府と学者が対立し、国史のアイデンティティーと多様性が正面衝突している。

     検認定を主張する側の名分は、学問の自由と歴史を見る視角の多様性確保だ。国定を主張する方の理由は、これまで検認定教科書が大韓民国のアイデンティティーの混乱と自己否定を招いてきたという判断だ。

    0
    続き

    中国より米国重視の韓国 対北朝鮮政策では衝突も

    韓国紙セゲイルボ

     米国は、韓国が中国より米国を重視するが、対北朝鮮政策で米韓が衝突する可能性はあると見ている。

     「ボイス・オブ・アメリカ」(VOA)放送は20日、米議会調査局(CRS)の最新報告書を引用し、「韓国と中国が現在『前例のない戦略的利害関係』に格上げされた」と分析した。

    0
    続き

    ロゼットの奇跡

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     1960年代、米国のペンシルベニア州ロゼット村を調査した医者たちは不思議な現象を発見した。心臓病で死亡する住民たちがほとんどいなかったのだ。

     イタリア移民で構成された住民の中には、酒とタバコを好んだり肥満の人も少なくなかった。心臓病にかかりやすい悪い習性はすべて持っていながら、どうしてこんなことが起こるのか。

    0
    続き