■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    THAAD配備に住民猛反発もいずれ理解か

    迎撃ミサイル配備 韓国の決断(中)

     「第三者が聞いたら笑うかもしれないが、本当に焼身自殺まで考えた。電磁波の影響もさることながら、THAAD(地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」)なんてものが来ること自体が許せない。私たちにこの町から出ていけと言うのか」

    0
    続き

    北朝鮮の核攻撃にやっと二段構え

    迎撃ミサイル配備 韓国の決断(上)

     米韓両国は北朝鮮による弾道ミサイル攻撃に備え地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備すると正式に発表した。韓国の対北ミサイル防衛網はどこまで補強されるのか。ミサイル防衛をめぐり韓国は日本や中国など周辺国とどう向き合おうとしているのか。現地から報告する。(ソウル・上田勇実、写真も)

    3
    続き

    日韓政府が調整、「癒し金」後に少女像移転

     いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意を受け、まず韓国が日本側から拠出される10億円を受領し、その半分の約5億円を元慰安婦とその遺族に「癒し金」として届けた後、世論の沈静化を待って在ソウル日本大使館前の少女像を移転することで両国政府が調整中であることが関係者への取材で分かった。「慰安婦」合意が履行に向け動き出すか注目される。

    5
    続き

    サード配備に過敏な中国、包容的に状況眺めるべき

    韓国紙セゲイルボ

     サード(THAAD=高高度防衛ミサイル)の韓半島配備について中国から出る言葉が荒々しい。王毅中国外相は、「いかなる弁解と解明も蒼白なだけだ」と言った。蒼白とは中国で「何の効果もない」「無力だ」という意味でも使われる。

    0
    続き

    新東亜が潘基文氏の資質検証 過熱気味のブーム冷ます

     「国連史上最低の事務総長」と欧米のメディアからこき下ろされている潘基文(パンギムン)氏が韓国の次期大統領候補に擬せられている。世論調査では野党共に民主党の文在寅(ムンジェイン)元代表を10ポイント引き離してトップを走るといった状況だ。

     潘氏へのラブコールが沸いているのは、なによりも「韓国人初の、いや東洋人初の国連事務総長」という「肩書」によるものだ。東亜日報社が出す総合月刊誌「新東亜」(7月号)が「特集潘基文」を載せている。その中で、駐日大使を務めた羅鍾一(ナジョンイル)氏が、「潘氏の国連での評価は関係ない。韓国人にとって、単に彼が事務総長に選ばれたことだけでも成功だと感じている。なので、彼への批判に対しては喜んで目を瞑る」と述べる。

    1
    続き

    オバマ広島訪問への韓国の視角 「歴史和解のモデル」と評価

     韓国では5月末のオバマ米大統領による広島訪問を批判的に見る視角が多かった。「日本に免罪符を与えた」「安倍政権への贈り物」「中国牽制する政略的ジェスチャー」などだ。しかし、そうした歪(ゆが)んだ視点からは日米関係の本質や、そもそも「謝罪」を挟んだ国家間の深い在り方を理解することはできない。

     日韓関係での韓国のように、被害者意識で膨らませた歴史を盾に「謝罪」に拘泥して、より重要なものを見逃したり犠牲にしたりすると、自らを窮地に追い込む愚を招くことになる。オバマ広島訪問を冷静に見て、そこから学ぶべきものをくみ取れるかどうかは韓国人の成熟度にかかっている。

    3
    続き

    正当防衛が蘇るのか

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     休学中の大学生A氏は自宅前で父親とセメント作業中だった。ちょうど通り過ぎようとした酔っ払いの30代男性がホースに足を取られて倒れそうになった。彼は父親に毒ついて言い争いになり、止めに入ったA氏の胸ぐらまでつかみ、メガネを落として壊した。結局、A氏も対抗して男性の首をつかんで絞めたてた。

    0
    続き

    故金日成主席の急死ミステリー、南北会談前に父子の暗闘説

    韓国紙セゲイルボ

     「ソウル市民皆さん!白頭山の金日成(キムイルソン)が来ました。北朝鮮は武力があり、南朝鮮は豊かです。この二つを合わせれば世界どこに行っても、わが民族に怖れるものはありません」

     北朝鮮の金日成主席が死亡直前、親筆で作成したという演説文要旨だ。金泳三大統領との平壌首脳会談以後、ソウル答礼訪問時に発表しようとしたものだ。

    1
    続き

    韓国ミサイル配備、地域安保に不可欠な決断だ

     米韓両政府が北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に対抗する地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の在韓米軍配備を正式に発表した。

     韓国のみならず日本をはじめとする北東アジアの安全保障にとって不可欠な決断であり歓迎したい。

     中露両国は露骨に反発

    2
    続き

    韓国は何を誤解していたのか

     米韓が8日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム、高高度ミサイル防衛(THAAD)システムを在韓米軍に配置すると決定したことに対し、予想されたことだが、中国は激しく両国批判を展開している。

     中国外務省は、「中国の安保利益を害するTHAAD(サード)配備決定に対して強い不満と断固たる反対を表示する」と明らかにする一方、金章洙駐中韓国大使を2日連続で外務省に呼び、不満を表明した。

    9
    続き

    北朝鮮のミサイル開発戦略、「観測衛星」を騙り登録

    慶應義塾大学教授 青木 節子

     本年2月24日、北朝鮮は、救助返還協定(1968年)、損害責任条約(1972年)という二つの国連宇宙条約に加入することにより、米欧日中印等主要な宇宙活動国すべてが加入する国連宇宙4条約の当事国となった。宇宙の憲法ともいわれる宇宙条約(1967年)と宇宙物体登録条約(1975年)には、すでに2009年3月に加入していた。なぜ、北朝鮮は、1970年代半ばまでに採択されていた古い条約にいまさら加入したのだろうか。

    3
    続き

    イギリスEU離脱で北東アジアへの関心低下に備えよ

    韓国紙セゲイルボ

     欧州で最強の軍事力を維持する英国の欧州連合(EU)離脱は、欧州の共同安保システムに空白を招き、これを機会にロシアとEUの深刻な対立が再現される場合、米国の対ロシア介入は避けられない。

    0
    続き

    読書の変身

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     小学校1年の学歴しかないリンカーン米大統領の最高の師は本だった。幼い頃の彼は経済的に貧しかったが、魂は誰よりも豊かだった。いつも手に本を持っていたためだ。少年リンカーンは本1冊を借りるため十数㌔の山道を歩いた。

    0
    続き

    次期大統領選候補に望まれるもの

    韓国紙セゲイルボ

     英国の欧州連合(EU)離脱決定は米大統領選挙戦に大きな波紋を起こしている。右派ポピュリストのドナルド・トランプは離脱を貫徹した英有権者の民族主義の熱風が大西洋を越えて米国を強打するだろうと豪語した。しかし、ヒラリー・クリントンは離脱決定以後の英国の混乱した有様で米有権者がポピュリズムに誘惑されないだろうと期待している。

    0
    続き

    中国の顔に泥を塗る?

    地球だより

     中国が主導して鳴り物入りで立ち上げられたアジアインフラ投資銀行(AIIB)が初の年次総会を開いた。日本は参加もしていないのに元首相が顧問格に就任することが発覚し赤っ恥をかいてしまったが、設立メンバーの韓国もAIIB副総裁に納まった人物が総会をすっぽかして突如、長期休暇届を出し物議を醸している。

    1
    続き

    金正恩氏、国務委新設で党軍政掌握か

     北朝鮮で6月29日、最高人民会議が開催され、これまで最高指導機関とされてきた国防委員会が拡大改編され「国務委員会」が新設された。最高指導者の金正恩党委員長は今後、この国務委を中心に全権を掌握するとの見方が出ている。 (ソウル・上田勇実)

     「党、軍、政府にまたがる全権を掌握するため新たに考え出した可能性がある。軍が突出したイメージを和らげ、正常国化を対外的に印象付ける狙いもありそうだ」

    1
    続き

    軽視できぬ北核・ミサイル戦力

     先月22日、北朝鮮は新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」6発目の発射に成功した。  北朝鮮が保有する弾道ミサイルは、まず射程300~500㌔の「スカッド」型が約600基で、これらはソウルまで3分、釜山まで5分で着弾する。射程1300㌔の「ノドン」ミサイル(200基保有)は東京まで8分で着弾する。

    0
    続き

    “集団脱北”で韓国内の葛藤誘発を狙う北朝鮮

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮は柳京(ユギョン)食堂女性従業員12人の脱北について、彼女らの両親を前面に立て「従業員が拉致された」として、「1日でも早く送り帰せ」と主張している。

    0
    続き

    北朝鮮海軍の機関銃

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     19世紀初めまでは、よく訓練された小銃の射手でも1分間に3、4発程度しか射撃できなかった。歩兵部隊の火力を強化するには戦場に動員する兵士の数を増やすしかなかった。各国の軍指導部は大量の火力を機械的に提供する武器をつくれば戦争の主導権を握ることができると考えた。こうして引き金を引くと弾丸が連続して発射される機関銃が発明されたのだ。

    0
    続き

    “文化の力”こそ真の国力

    韓国紙セゲイルボ

     韓国動乱勃発66周年になった。休戦の後、大韓民国は廃虚の中から目覚ましい経済成長を遂げた。昨年、国内総生産(GDP)世界11位の先進国になった。

     国力とは何だろうか。大韓民国は2016年度国防費を38兆ウォンと策定した。巨額の国防費で武装した最先端戦闘機と武器が国力であろうか。GDPであろうか。資本力と国防力でなければ、ひょっとして民主主義的市民意識が国力であろうか。

    3
    続き

    66年前のきょうの早暁、38度線を越えて10万の…

     66年前のきょうの早暁、38度線を越えて10万の北朝鮮軍が韓国側になだれ込んだ。韓国動乱の勃発である。農繁期ということもあり部隊の大部分が警戒態勢を解いていた韓国軍は、北朝鮮軍の奇襲攻撃で大混乱に陥って敗走を続けた。28日にはソウルが陥落した。

     日本では一時期、韓国動乱は先に砲撃した韓国軍に北が反撃して起きた、などという説が流布されたことがある。しかし、金日成が毛沢東の黙認とスターリンの支持を得て南侵を開始したことは、明らかだった。

    2
    続き

    金バッジの抗弁

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     近ごろ君たちが住む汝矣島(ヨイド)の政界で私が論争になってるそうですね。一昨日、白在鉉・国会倫理特別委員長がこんな提案をしたと聞きました。「国会議員の特権を放棄する象徴的な意味で議員の金バッジを取ろう」と。金バッジが責任と奉仕の象徴でなく、特権と礼遇の象徴のように映っているというのが、かの方の憂慮のようです。

    0
    続き

    北朝鮮ミサイル発射、迎撃能力の点検・強化を急げ

     北朝鮮が東部の元山付近から新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」2発を発射し、このうち2発目が高度1000㌔以上まで上昇した後、約400㌔東方の日本海に落下した。同型ミサイル発射で一定の技術的成果を挙げたとする見方が広まっており、全土を射程に入れられている日本としては迎撃能力の点検と強化を急がねばならない。

     日本にとり「深刻な懸念」

    1
    続き