■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    脱北者は文氏が好き?嫌い?

     北朝鮮を逃れ韓国に定住する脱北者の数が3万人を突破したが、その脱北者たちが今回の大統領選を前に悲愴な決意を固めている。世論調査で支持率トップの最大野党「共に民主党」の文在寅候補がこのまま大統領になったら脱北者3000人が集団で第三国に亡命するというのだ。独裁圧政や極度の食糧難にあえぎ、母国・北朝鮮を捨て命懸けで亡命してきた彼らが今度は韓国を捨てるというのだから尋常ではない。

    0
    続き

    きょう韓国大統領選

     昨年の国政介入事件を発端とする朴槿恵前大統領の弾劾・罷免に伴い前倒しされた第19代韓国大統領選挙が9日実施される。約9年ぶりの保守から左派への政権交代となるかが最大の焦点だ。

    0
    続き

    韓国の危機感ない大統領候補警護

     半分冗談にしても暗殺予告があった韓国の大統領候補、共に民主党の文在寅氏は選挙戦最終日の朝、ソウルの党本部で記者会見するというので向かった。

    6
    続き

    文氏を急追する保守派候補

     トランプ米大統領は昨年の大統領選で、97%のマスコミから足を引っ張られたが見事に当選した。ヒラリー・クリントン氏はなぜ落選したのか。オールドメディアよりニューメディアのSNSがインパクトを発揮し選挙を左右する時代に変わったわけだ。現在、韓国の大統領選挙戦では親北左派の文在寅候補(共に民主党)がヒラリー氏のように常にトップを走っている。しかし、支持率は40%前後で停滞しており、投票結果が意外な方向に転ぶ可能性はなくはない。

    2
    続き

    米軍特殊部隊、北朝鮮有事へ作戦本格化

     米特殊作戦軍のトマス司令官は議会での証言で、韓半島で将来起こり得る紛争に備えて、米軍特殊部隊が北朝鮮の核、ミサイルなど大量破壊兵器の場所を特定し、破壊する作戦への取り組みを本格化させることを明らかにした。

    6
    続き

    北朝鮮、ミサイル防衛突破狙う

     北朝鮮は、弾道ミサイル試射を何度も行うことで、韓国と日本を防衛するために配備される米国の防衛システムを突破する能力を備えようとしている。米議会調査局が議会への報告で明らかにした。

     北朝鮮はさまざまな弾道ミサイルの試験発射を繰り返し行っている。有事には、米国の同盟国、日本と韓国を攻撃できる小型核弾頭を搭載することが可能だ。

    6
    続き

    北朝鮮核実験場と「バレーボール」の話

     北朝鮮北東部・豊渓里にある核実験場周辺でバレーボールに興じる人々の様子が米国衛星の写真に写っていたという。米ジョンズ・ホプキンズ大学の北朝鮮分析サイトは2日、「北の朝鮮人民軍創建85年の記念日(4月25日)、核実験場でバレーボールする姿が撮影された」と発表した。核実験場でバレーボールをする人々の姿が撮影されたのは先月だけで2回目だ。

     そのニュースを聞いた時、駐オーストリアの北朝鮮大使館(金光燮大使)の裏庭でバレーボールを楽しむ北外交官やその子供たちの姿をすぐに思い出した。ウィ―ンの北朝鮮大使館の裏庭はバレーボールをするだけの十分な広さがある。バレーボールのネットが常設されている。だから、北外交官家族やウィ―ン留学中の北の音楽学生たちが週末、バレーボールを楽しむ。当方は大使館の外壁越しからバレーボールを楽しむ外交官の姿を追ったものだ。

    1
    続き

    コリア・パッシングとサード配備の必要性

     かつてなく北核問題が緊迫し、米国、中国、日本が国際的議論を主導する中で、韓国を排除したいわゆる“コリア・パッシング”が憂慮される。

    1
    続き

    北朝鮮有事の可能性と背後にある米国の事情とは

    米国が戦争を始めるセオリー  北朝鮮有事の可能性と背後にある米国の事情について書いてみたいと思います。 有事は、現段階で起きることは、まずありません。 理由は、戦争は「やるぞ、やるぞと言っている間は決して起きない」ものだからです。

     北朝鮮は、さかんに「やるぞ、やるぞ」と言っていますが、言っている間は戦争にならない。 やられそうだから、「やるぞ、やるぞ」と言っているのであって、本気でやる意思があるのなら、もうとっくに戦争になっています。

    3
    続き

    海上自衛隊、米艦防護へ 他人事のマスコミは存在意義なし

    ・初の安保法適用で海上自衛隊の護衛艦「いずも」が「米艦防護」の任務の為に横須賀基地から出航 ・その後「さざなみ」も出航 ・戦後の呪縛から一歩抜け出す実績に ・マスコミや一部反体制派はこの措置に否定的

    8
    続き

    金正恩氏は本当にストロングマン?

     トランプ米大統領は1日、インタビューの中で北朝鮮の金正恩労働党委員長と会見してもいいと表明したという。ただし、「状況が適切ならば」という条件付きだ。どのような状況下が適切かは不明だが、トランプ氏が金正恩氏と会見する考えがあることを明らかにしたもので、日韓メディアはトランプ氏の発言を大きく報じた。

     韓国紙中央日報(日本語電子版、2日付)は早速、「興味深いのは、トランプ氏がいわゆる『ストロングマン』と呼ばれる好戦的な世界の首脳たちにしばしば好感を表現している」と分析している。具体的には、①トランプ大統領は先月29日、麻薬との戦争を通じて人権侵害によって国内外から厳しい批判を浴びているフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領大統領と電話会談、②それに先立ち、エジプトのクーデター権力者エルシーシ大統領をホワイトハウスに招待、③国民投票で憲法改正案が承認されたトルコのエルドアン大統領に祝賀の電話、④ロシアのプーチン大統領には親しみを表現し、⑤米フロリダ州パームビーチで会見した中国の習近平国家主席を「素晴らしい男」と称賛した、といった実例を挙げている。

    1
    続き

    サウナでビジネス?

     電話の録音が常識になった。特別なことがなくても万一のことに備えて通話内容を録音する人たちが少なくない。スマホの録音ボタンを押さなくても自動的に録音してくれるソフトもある。大韓民国が“録音共和国”になったという自嘲する人もいる。

    1
    続き

    安保不感症が重症な大韓民国

     国家危機の前で三つの国が思い出される。新羅と朝鮮(李朝)、そして大韓民国だ。これらの中で、最も堅固な国は国土と人口で最も小さかった新羅だった。三国統一の大業はそのような堅固な安保の上で可能だった。

     唐の皇帝は百済を滅亡させて帰国した蘇定方将軍に、「ついでになぜ新羅まで征伐しなかったか」と叱責した。蘇定方は「国は例え小さくとも君臣が一つになって、むやみに攻められませんでした」と答えた。

    2
    続き

    北朝鮮が生き延びる道

     政治外交史では、強大国の極秘の戦略や協定が30~40年後の秘密解除後に明らかになることが度々ある。

     第二次世界大戦では、米国の対日石油禁輸措置によって生存危機に陥った日本は危機脱出の選択肢として真珠湾攻撃に踏み切った。当時、米国は参戦の大義名分をつくるためにわざと対日禁油措置を採っていた事実が秘密解除文書で明らかになっている。

    2
    続き

    米韓合同演習と北朝鮮の反応

    元統幕議長 杉山 蕃

     今年の米韓軍事演習は例年通り行われたが、米国新大統領の強硬な発言、北朝鮮の数度にわたるミサイル発射、核実験準備と挑発的宣言が例年を超える緊張をもたらしている。加えて米中首脳会談、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)搬入、韓国大統領選挙といった諸情勢があり、今後の成り行きは予断を許さないが軍事的見地から所見を披露したい。

    1
    続き

    なぜ今、北朝鮮はミサイル発射したのか

     成功する可能性が少ない実験を繰り返す科学者はあまりいないだろう。先ず、成功しない理由を解明し、その問題点を解決してから実験を繰り返すだろう。それでは北朝鮮の金正恩労働党委員長はなぜ完成からほど遠い弾道ミサイルの発射命令を出すのだろうか。

     韓国「聯合ニュース」日本語電子版によると、北朝鮮は29日午前5時半ごろ(現地時間)、西部の平安南道・北倉付近から弾道ミサイル1発を発射したが数分後、空中爆発し、失敗したという。ついこの前もミサイルを発射して失敗している。そして今回も同じように空中爆発したのだ。北関係者がミサイル本体の問題点を解決した後、再発射したという感じはしない。むしろ発射成功を恣意的に回避しているような様子すら感じるのだ。

    1
    続き

    中国は北朝鮮の暴発を阻止できるのか!?

    北朝鮮と江沢民派の深い関係

     「北朝鮮は、旧ソ連と中国の影響力を排除してやってきた国だ」  4月6、7日の米中首脳会談が終わった後、中国は責任逃れのためのこんな「情報戦」も強めている。ドナルド・トランプ米大統領に厳命され、金正恩朝鮮労働党委員長の「核・ミサイル」による威嚇を阻止しようとのポーズは見せているものの、結論から言えば習主席には北朝鮮の軍事的暴発を阻止する力はない。

    8
    続き

    TPPは「回復不可」と最終判断していいのか

     大統領選挙に突入した中で、安保論争がブラックホールのように韓半島イシューを吸い込んでいる。「先制打撃」「戦争危機」はいつのまにか日常表現になった。

     その一方で通商イシューも目が離せない。特に環太平洋連携協定(TPP)の行方は見過ごしてはならない。日本は米国が参加しなくても11カ国だけでTPP締結を本格化すると宣言している。

    1
    続き

    THAAD配備、韓国次期大統領も支持せよ

     米韓両軍は韓国南部・星州(慶尚北道)への配備が決まっていた北朝鮮弾道ミサイル迎撃用の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」システムの一部装備を搬入した。韓国はまだ北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対処するための十分な迎撃能力を確保しているとは言えず、その意味で今回の搬入は極めて現実的かつ不可欠な措置である。

     北の脅威で待ったなし

    3
    続き

    韓国大統領候補の家事論争

     大統領選挙の中で炊事、皿洗いという“些細(ささい)な”家事分担の論争が関心を集めている。北朝鮮の核問題、サード(高高度防衛ミサイル)、雇用創出のような大きな議論ではないが、女性たちは毎日直面する家事の方がはるかに重要な関心事でもある。

    1
    続き

    “韓半島危機”を回避する方法は?

     “韓半島危機説”をめぐるさまざまな状況をもう一度冷静に整理してみるべきだ。ひとまず幾つかの質問が想起される。

     韓半島はいま本当に危機なのか。前例がない米国の決然とした態度をどのように理解すべきか。中国は本当に今回こそ最後まで“わが方”にいるだろうか。今回の機会に北核問題が解決されるだろうか。結局、韓国の運命は米国と中国の手に握られているのか。それなら韓国はこれからどうすべきか―。

    3
    続き

    韓国に「北部地方」がないワケ

     筆者が初めて韓国に赴任した十数年前、テレビで天気予報のキャスターたちがソウルを「中部地方」と称していたことに違和感を抱いたのを覚えている。全国土から見たらソウルは北西端に近く、どう見ても「北部」あるいは「北西部」と言うべきだと思ったからだ。

     ところが、しばらくして「中部」と称する理由が分かった。北朝鮮を含めた韓半島全土を韓国の「仮想国土」と見なしていたのだ。

    3
    続き

    来月9日韓国大統領選 政府間合意は解釈で変わり得る

     来月9日に迫った韓国大統領選で支持率トップを維持する最大野党「共に民主党」の文在寅候補は、親中朝・反日米の路線で北東アジアの安全保障を揺るがした盧武鉉元大統領の最側近だったことから同様の政策を取ることが予想される中、このほど文氏の外交安保政策のブレーンがその路線を明らかにした。日本との関係ではいわゆる従軍慰安婦問題に固執するあまり関係全体が悪化した朴槿恵前政権の政策を改めるようだ。(ソウル・上田勇実)

    2
    続き