■連載一覧
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国・北朝鮮 rss

    ポリフェッサーの季節

     1980年代のソウル大社会学部では現実政治に積極的に参加する教授(ポリフェッサー)に対する抗議デモが相次いだ。政治学科がその震源地だった。●成東、崔昌圭、金学俊教授と李洪九教授がそれぞれ全斗煥、盧泰愚政権で国会議員と閣僚を務めた。その前の政権でも政官界に進出した教授たちが多かった。46年に開設された同学科の最初の停年退職教授(金栄國)は95年に初めて生まれた。隣村の社会学科も感染し、韓完相、李珏範教授が金泳三政府の内閣と青瓦台(大統領官邸)に進出。李明博政府では(出身校の)高麗大が羽振りを利かせ、西江大が幅を利かす朴槿恵政府は第1期内閣の教授、研究職出身者が6人にもなった。

    0
    続き

    盛り上がり欠いた釜山国際映画祭

     「活気を失った」―。今年の釜山国際映画祭(BIFF)を見守った参加者が異口同音に発する言葉だ。

    0
    続き

    韓国次期大統領は「共産主義者」?

     お世話になった人が明日の公判で有罪になるかもしれない--。先日、知人の韓国人が神妙な面持ちでこう話してきた。聞けばその人は保守系の集まりで、来年末の韓国大統領選で野党系有力候補に挙げられている文在寅(ムンジェイン)氏を「共産主義者」と呼び、先方から名誉毀損(きそん)で訴えられた張本人。知人の予感は的中し、翌日の判決で慰謝料3000万ウォン(約280万円)の支払いを命じられた。

    0
    続き

    北朝鮮核実験10年、キナ臭さ増す韓国

     2006年10月9日に北朝鮮が最初の地下核実験を行ってから丸10年が経過した。北朝鮮は国際社会の非難と制裁にもかかわらず、先月の5回目実験に踏み切るまで核の実戦配備に向け兵器化を着々と進めている。韓国ではついに北朝鮮を「成敗」する計画や核武装論が持ち上がるなどキナ臭いムードが広がっている。(ソウル・上田勇実)

     北朝鮮が5回目の核実験を強行した直後の先月12日、韓国与党セヌリ党の議員約30人から成る「北朝鮮核解決のためのセヌリ党議員の集い」(通称、核フォーラム)が緊急に開かれた。出席した韓民求(ハンミング)国防相は北朝鮮への対応と関連し、初めて「成敗」の概念に言及した。

    0
    続き

    北朝鮮核実験10年、暴走許した轍踏まぬ覚悟を

     2006年10月9日、北朝鮮が北東部の咸鏡北道豊渓里で最初の核実験を実施してからちょうど10年が経過した。北朝鮮はこの間、同じ実験場で5回の核実験を強行する一方、運搬手段となる各種弾道ミサイルの発射を繰り返し、小型化・軽量化された核をミサイルに搭載する核攻撃の能力をアップさせた。日本をはじめ周辺国はこの危険極まりない暴走に歯止めを掛けられないままだ。

    日米韓は「失われた10年」

    0
    続き

    ロバート・キムの手紙

     連邦捜査官たちが自宅を急襲し、その手には冷たい手錠がかけられた。米海軍の情報分析官として働いていた彼はその日、全てのものを失った。北朝鮮の潜水艦が江陵沖に侵入した事件などに関する情報を韓国に提供したという罪状だった。他の友邦諸国に提供された情報だったが、彼にはスパイという汚名が着せられた。在米韓国人、ロバート・キムの話しだ。

    0
    続き

    北朝鮮外交官が突然英語を忘れた!

     駐ロンドンの北朝鮮テ・ヨンホ公使夫妻とその家族が今夏、韓国に脱北したというニュースは大きな衝撃を投じた。テ・ヨンホ公使は脱北者としては過去最高地位の外交官だ。平壌も衝撃を受けたことは間違いないだろう。

    2
    続き

    日本は「金正恩政権崩壊」に備えよ

     毎年10月に入ると、ノーベル賞受賞者の発表が行われる。通称「ノーベル賞週間」だ。同じように、旧ソ連・東欧諸国の共産政権時代に取材してきた当方は10月の声を聞くと、冷戦時代の1980年後半の緊迫感と懐かしさが自然と湧き上がってくる。当方にとって、10月は「冷戦時代の回想」の時となる。お付き合いをお願いする。

    3
    続き

    ノーベル賞、今年も指をくわえて見ているだけか

     今年最初のノーベル賞が日本の科学者に決まった。スウェーデンのノーベル委員会は4日、医学生理学賞の受賞者に、細胞の自己捕食を発見した大隅良典・東京工業大学栄誉教授を選定したと発表した。これで日本は3年連続ノーベル賞を受賞する快挙を成し遂げた。

    0
    続き

    訪韓外国人客への対応不備、観光公社はシステム整備を

     8月初めのことだ。“事件”は漢江の潜水橋で起きた。橋を歩いて渡っていると、子供と老人、40代と見える男女の家族と行き会った。女の子が、自分を捕まえて、流暢(りゅうちょう)な英語で話しかけてきた。道に迷った中国人家族らしい。

    0
    続き

    緊急対談 北朝鮮の核・ミサイル開発と国際社会・日本の対応

     核・弾道ミサイル開発に拍車を掛ける北朝鮮に対し、国際社会と日本はどう対処すべきか。

    1
    続き

    近づく韓国大統領選、遠のく少女像移転

     いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意に基づき、8月末に日本が10億円を韓国に拠出した後の最大の焦点となっている在ソウル日本大使館前の少女像移転問題が長期化する兆しを見せている。来年末に大統領選を控え、朴槿恵政権としては合意を履行したくても下手に移転すればその逆風に耐えられないという悩ましい事情があるようだ。 (ソウル・上田勇実、写真も)

    0
    続き

    韓国は「思考の想定範囲」を広げよ

     今年4月、日本で熊本地震が発生し、その2日後にエクアドルで大地震が発生し、両地震で多数の犠牲者が出た直後、韓国日刊紙中央日報は、「韓半島(朝鮮半島)ではマグニチュード(M)6.5以上の大型地震が起きる可能性はありません。地震が起きるような環境にはない」と説明する韓国地質資源研究院のチ・ホンチョル地震研究センター長のコメントを紹介していた。同研究センターは政府庁舎で開かれたブリーフィングで韓半島の大地震発生の可能性を2つの根拠をもとに低く評価したというのだ。

      第1の理由は、「韓半島には大地震が起きるほどの応力(土地に作用する力)が蓄積されない。韓半島西側には巨大断層『タンルー断層』があり、応力の一部だけが韓半島に伝わる防波堤の役割を果たしている」という。

    1
    続き

    北朝鮮大使「大使館は売らない」と言明

     当方はこのコラム欄で、音楽の都ウィーン市14区には欧州最大の北朝鮮大使館があるが、その大使館の建物が売り出されるという噂が流れていると速報した(2016年9月19日)。そこで今回、噂の検証取材の近況を報告する。

    1
    続き

    潘基文国連事務総長の次期大統領選挙挑戦

     秋夕(旧盆)連休の時、米国を訪問した韓国国会議長一行は潘基文(パンギムン)国連事務総長を国内政治に巻き込んだ。この時伝えられた金鍾泌(キムジョンピル)のメッセージは結集信号弾になった。「渾身の力で助ける」。メッセンジャーは鄭鎭碩(チョンジンソク)セヌリ党院内代表だった。

    0
    続き

    北朝鮮核ミサイルの脅威が現実化

     オバマ米大統領が任期最後のアジア歴訪を終了した直後、北朝鮮は5回目の核実験を行った。中国の海洋覇権の拡大とともに北朝鮮の動きは、アジアで高まる脅威に対するオバマ政権の無力ぶりを露呈した。 (ワシントン・久保田秀明)

    1
    続き

    北朝鮮核問題の解決チャンスはあった

     前日のコラムで創設60周年を迎えた国際原子力機関(IAEA)の核エネルギーの平和利用の歩みをは早足で紹介した。今回はIAEAの歴史の中で大きなダメージをもたらした北朝鮮の核問題について、簡単にまとめる。

     IAEAは北の核問題を解決できる機会が少なくとも1度はあった。そのチャンスを生かしきれなかったIAEAは、北が過去5回の核実験を実施するのをただ「遺憾」の思いで眺めているほかはなかった。

    2
    続き

    サラリーマンのロマン

     いい職場の条件は? 三つ挙げることができるだろう。分厚い月給袋、少ない労働時間、意義深い仕事。こんな会社なら命懸けで働くぞという人がたくさんいるはずだ。サラリーマンのロマンだが、現実は異なる。薄い月給袋、多い労働時間、あれやれこれやれと言われ、何でも手当たり次第にやらなければならない仕事。オナーのロマンだ。

     「夢は夢にすぎない」。サラリーマンの10人に9人はこんなことを考えながら出勤している。

    0
    続き

    水害復旧より核実験断行した金正恩氏

     咸鏡北道地方が大洪水に見舞われ、死者行方不明者約500人、被災者16万人が発生した。北朝鮮は国連傘下の国際救護団体をはじめとする国際社会に援助を要請した。

     一方で北朝鮮は「大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射してあまりあるほどの推進力を持った新型エンジン性能試験に成功した」と主張し9枚の写真まで公開した。

    0
    続き

    韓国は2つの地震に悩まされ

     ユネスコ世界遺産に登録された石窟庵や仏国寺などで知られる韓国南東部の古都・慶州で今月発生した規模(=マグニチュード)5・8の地震。気象庁が観測を始めた1978年以降、最大規模だったというが、幸い地震による犠牲者はなかった。

     ただ、今なお続く余震に地域住民はおびえ、薬局で睡眠薬を買い求める人たちが増えているそうだ。

    2
    続き

    日韓交流人口、年間1000万人時代へ

    駐札幌大韓民国総領事 韓惠進氏に聞く(下)

    0
    続き

    骨肉の経営権争い続く韓国ロッテ

     日本と韓国にまたがる大手企業ロッテが昨年のオーナー一家の経営権争いに続き、役員の自殺や現会長に対する検察聴取など揺れに揺れている。財閥5位(総資産基準)のロッテをめぐる一連の騒動に韓国経済への悪影響を心配する声も出始めている。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    情報の伝達遅い地震災害対策を組み直せ

     7月、蔚山近海でマグニチュード5・0の地震が発生し、その余波がまだ収まる前に、今月12日、慶州で5・1と5・8の地震が相次いで発生。さらに19日には4・5の余震が発生、全国が地震の恐怖に包まれている。

     これらの地震が発生した直後の対応を見ると、これまでの地震災害対策に多くの弱点があり、はなはだしきは誤まった処理方式をとっていたことが簡単に分かる。

    0
    続き