■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • アジア・オセアニア rss

    マニラの迷惑な洗礼

     マニラ首都圏で開催されたASEAN(東南アジア諸国連合)外相会議で、各国から多くの出席者が訪れたが、中には犯罪都市の洗礼を受けた者も少なからずいた。

    1
    続き

    フィリピンで初の鳥インフルエンザ確認

     マニラ首都圏から約80キロの距離にあるパンパンガ州で、フィリピンで初となる鳥インフルエンザの感染が確認された。農務省は検問を設置して感染地域を隔離する一方、同地域で飼育されているすべての鶏の処分を進めるなど、感染の封じ込めに追われている。感染源となった養鶏場が数カ月前から異常を認識されていたにもかかわらず、当局へ報告を怠っていた疑いも浮上している。(マニラ・福島純一)

    0
    続き

    ASEAN外交、一層の信頼強化で対中牽制を

     東南アジア諸国連合(ASEAN)は今月、設立50年を迎えた。経済成長は著しいが、中国による南シナ海の軍事拠点化という問題に直面している。

     日本は設立当初から、ASEANと密接な関係を維持してきた。一層の信頼強化で中国を牽制(けんせい)し、法の支配に基づく国際秩序を維持するよう求める必要がある。

    中国が取り込み図る

    0
    続き

    【動画】マニラでASEAN設立50周年の記念パレード

     フィリピンのマニラ首都圏で8日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の設立50周年を祝うパレードが行われた。

     ASEAN加盟10各国の国旗を持った学生たちが、警察の白バイ隊に先導されながら、ロハス大通りをフィリピン文化センター(CCP)まで行進した。

    0
    続き

    【動画】メキシコ海軍の帆船がマニラを親善訪問

     このほどメキシコ海軍の帆船「クワウテモック」が、フィリピンのマニラ港を親善訪問し一般公開された。16世紀ごろ、スペインの植民地だったフィリピンでは、メキシコに向かう航路が発見されたことで、マニラ・アカプルコ間で活発な貿易が行われるなど、両国は歴史的な結びつきがある。この貿易に使用されたのがクワウテモックのような大型のガレオン船で、その多くがマニラで建造された。

     一般公開に訪れた人々は、ラテン系の明るい音楽が鳴り響く甲板上で、整備が行き届いた珍しい帆船を楽しんだ。クワウテモックはフィリピン訪問のあと中国に向かい、その後、韓国と日本を訪れる予定となっている。

    0
    続き

    マニラでASEAN設立50周年の記念パレード

    【動画】マニラでASEAN設立50周年の記念パレード

     フィリピンのマニラ首都圏で8日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の設立50周年を祝うパレードが行われた。

     ASEAN加盟10各国の国旗を持った学生たちが、警察の白バイ隊に先導されながら、ロハス大通りをフィリピン文化センター(CCP)まで行進した。

    0
    続き

    メキシコ海軍の帆船がマニラを親善訪問

    【動画】メキシコ海軍の帆船がマニラを親善訪問

     このほどメキシコ海軍の帆船「クワウテモック」が、フィリピンのマニラ港を親善訪問し一般公開された。16世紀ごろ、スペインの植民地だったフィリピンでは、メキシコに向かう航路が発見されたことで、マニラ・アカプルコ間で活発な貿易が行われるなど、両国は歴史的な結びつきがある。この貿易に使用されたのがクワウテモックのような大型のガレオン船で、その多くがマニラで建造された。

    0
    続き

    ASEANは日米と結束し中国に対抗を

     東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の一連の外相会議が、日米や中国などの外相も参加してフィリピンで開かれた。

    創立50周年を迎える

     ASEANは今月、創立50周年を迎えた。冷戦時代の1967年にインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの5カ国で発足。5カ国の政権は当時、いずれも反共を主張し、ベトナム戦争では米国を支持した。

    3
    続き

    蒋経国評価で歴史認識対立

    平成国際大学教授 浅野 和生

     去る7月15日は、台湾における戒厳令解除から30周年の記念日であった。台湾では記念イベントが行われ、さまざまな論評が報じられた。

    1
    続き

    路線バン、鶏乗せて罰金

     タイ運輸省陸運局はこのほど、法令違反があったため、路線バン運転手のタイ人に罰金を科した。タイの路線バンは都市間移動の手軽な手段として人気がある。路線バスより早いし頻繁に出ていて便利なのだ。

     ただバスのように4、50人を乗せることはできないため、バンの乗客はぎゅうぎゅう詰めにされ座席数以上の乗客が乗るのは常態化していた。

    0
    続き

    たった1000円の強盗

     このほどリゾートや英会話留学で有名なセブ島で、外国人男性が強盗に撃たれる事件があった。男性は胸に銃弾を受けたが奇跡的に一命を取り留めた。

    0
    続き

    明確な戦略ない米政権

    今後、南シナ海問題はどう動くと考えるか。

     中国が既得権益として南シナ海支配を強めていくだろう。中国は太平洋への出口がないから、通り道を作らない限り外に出られない。南シナ海支配はその道を確保することが狙いの一つなので、今後も海洋進出は続くとみるべきだ。今の中国には軍事力があるため、米国といえど簡単に対応できないだろう。

    中国の軍拡、海洋進出を止めるのは難しいということか。

    1
    続き

    烏山頭ダムに八田與一の偉業の跡を辿る

     台湾の南西部、嘉南平野はかつて灌漑設備が不十分で不毛の地だった。日本統治時代の1920年(大正9年)から10年をかけて、総督府の土木技師、八田與一が烏山頭ダムを建設し、さらに総延長1万6000キロに及ぶ用水路を張り巡らして作った嘉南大※によって、台湾を代表する穀倉地帯に生まれ変わった。

     ダムを見下ろす丘に八田與一の墓と銅像がある。作業着と作業靴姿で腰を下ろした珍しいスタイルだ。威圧的な姿勢を嫌った八田本人の意思によるものという。4月に半日民族主義者による破損事件があったが、きれいに修復されていた。

    2
    続き

    上に政策あれば、下に対策あり

     インドでは、世界で一般的なものがないことがある。ハンバーガーショップでは、牛肉も豚肉も使われず、専らチキンとフィッシュバーガーだけが売られている。

     ヒンズー教徒は牛肉は食べないし、イスラム教徒は豚肉を食べないためだ。

    1
    続き

    就任から1年、フィリピン大統領の依然高い支持率

     ドゥテルテ大統領が先月30日に就任から1年を迎え、今月には2度目となる施政方針演説に臨む。強権的スタイルの麻薬撲滅政策が人権団体などから批判を呼んでいるが、国内では依然として高い支持率を維持している。しかし南部で「イスラム国」(IS)系の過激派の台頭に直面し、戒厳令布告に踏み切るなど2年目は試練の船出となった。経済支援と引き換えに事実上の棚上げ状態が続く中国との南シナ海の領有権問題にも懸念が広がる。 (マニラ・福島純一)

    1
    続き

    モンゴル帝国の復活狙う習政権

    拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ氏に聞く

    2
    続き

    日台は運命共同体 李登輝元台湾総統

     台湾出身者として初の総統となり、民主化を進めた李登輝元総統が、このほど世界日報社のインタビューに応じ、日本と台湾の協力関係や蔡英文政権について語った。

    10
    続き

    モディ政権3年の日印、インド洋進出著しい中国に対抗

    大阪国際大学名誉教授 岡本幸治氏に聞く

     グジャラート州の首相からインド首相になったナレンドラ・モディ氏の政権が3年を経過し、強引な手法で一時混乱もあったが、経済は順調に成長している。他方、政治的にはインド洋で存在感を強める中国への対応が急を要し、アジアを舞台に「龍と象の争い」を展開している。こうした事態に日本はどう対応すべきか、インド情勢に詳しい岡本幸治氏に伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    0
    続き

    仲裁裁判決1年、中国の海洋進出に圧力強化を

     オランダ・ハーグの仲裁裁判所が、南シナ海に関して中国が主張する権利は認められないという裁定を下してから、きょうで1年を迎えた。中国の実効支配を「国際法違反」と結論付けた判決だ。

     本来であれば、中国政府はこれを真摯(しんし)に受け止めなければならないはずだ。しかし1年経過しても、南シナ海の軍事拠点化は留まるところを知らない。習近平政権への国際的な圧力こそ急務である。

     人工島の軍事拠点化進む

    3
    続き

    香港の一国二制度支える台湾

    平成国際大学教授 浅野 和生

     20世紀日本の中国研究の泰斗、桑原壽二氏は、香港返還直前の1997年6月27日、「香港返還と日中関係」と題する論説を発表し、中華人民共和国による香港の吸収を「世界に例のない自由放任の世界と最後に残った独裁大帝国との両極端の合体」と称した(産経新聞「正論」欄)。

    1
    続き

    トランプ外交とアジア安全保障、中国主導で南北統一の恐れ

     トランプ米政権の対外政策はアジア太平洋地域の秩序をどう変えようとしているのか。日本は「トランプ時代」をどう生き抜くべきなのか。日米関係や米国の外交・安全保障政策に詳しい拓殖大学海外事情研究所所長の川上高司氏に聞いた。(聞き手=編集委員・早川俊行)

    トランプ政権の外交政策をどう見る。

     オバマ政権には外交政策の方向性を指し示す青写真があったが、トランプ政権にはそれがない。

    3
    続き

    「フェイク求人」に注意

     フィリピン人は基本的に海外志向が強い。国内の仕事が低賃金ということもあり、できることなら海外で働きたいと誰もが思っている。そんな海外志向を悪用した詐欺も横行しているようだ。

    0
    続き