■連載一覧
  • 2017激動の世界を読む
  • 検証・金正恩統治5年
  • トランプ・ショック 再考・日本の国防
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • 2017/1/04
  • 2016/12/27
  • 2016/12/25
  • 2016/12/05
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 国際 rss

    フィリピンで「コスプレ祭り」、日本アニメファンが集結

     このほどマニラ首都圏パサイ市でコスプレイベント「コスプレ祭り」が開催され、日本アニメの愛好家が集結し自慢の衣装を競った。

     会場には神社の鳥居のほか、赤い橋や桜などが設置され、アニメの聖地である日本を強く演出。多くの参会者たちが記念写真を楽しんでした。

     また、アニメグッズやプラモデルを販売するブースも設置され、人気を博していた。

    0
    続き

    トランプ氏に求められる「情報管理」

     分かっていても公表せずに懐に収めておくことが情報の世界では大切だ。分かっていることを直ぐにツイッターで発信すれば、国の情報政策が成り立たなくなる。今月20日に第45代米国大統領に就任するドナルド・トランプ氏の話だ。

    1
    続き

    沈静化した年越し花火

     フィリピンで新年の風物詩と言えば、悪運を追い払う盛大な花火だが、今年はかなりおとなしくなった感じがした。

    0
    続き

    タイ仏教僧団と政権が対立

     タイは敬虔(けいけん)な仏教国だ。人々の心の中心には仏教が大きな比重を占めている。その仏教国タイでクーデターで政権を握ったプラユット暫定政権と高位の僧侶で構成されるタイ・サンガ(仏教僧団)最高評議会が対立の溝を深めている。(池永達夫)

    0
    続き

    韓国大統領選、潘氏出馬なら中道で勝負か

    元韓国自民連議員 李東馥氏(下)

    国政介入事件とそれに伴う国会弾劾可決で今年12月に予定されていた大統領選が前倒し実施される可能性が出てきた。

    0
    続き

    「彼は英雄ではなく、犠牲者だった」

     ドイツの首都ベルリンで12月19日、クリスマス市場で起きた「トラック乱入テロ事件」について、これまで判明した捜査結果(暫定)をまとめておく。捜査で新たな情報が明らかになった一方、メディアで報道されてきた情報が一部間違いだったことも判明した。

    1
    続き

    デジタル技術で小規模化するテロ

     政府は機密報告で、「イスラム国」(IS)などのテロ組織は、9・11テロのような大規模な計画を完全に放棄したと指摘、ローンウルフ(一匹おおかみ)型の攻撃、殺戮(さつりく)がデジタル時代の恩恵を受ける「新たな状況」が生まれているとテロ対策機関に警告した。  国家テロ対策センター(NCTC)の報告は、歴史的な転換を示すものであり、連邦捜査局(FBI)、中央情報局(CIA)などの機関に、複雑なテロ計画に目を光らせるよりも、モバイル、デジタル機器に通じたローンウルフの居所をつかむよう求めている。

     ワシントン・タイムズ紙が入手したNCTCの報告は「ローンウルフ型の計画が着実に増加している現状は、デジタル革命の深化、拡大と一致し、テロ組織が、テロ対策の強化によって大規模な計画実行能力をそがれたことでローンウルフ型のテロに向かわざるを得なくなっていることを示している。ローンウルフは、10年前と比較して資料を作成し、拡散する能力を高め、その一方で暴力的過激派は、これまでと比較して容易に、参加候補者らと連絡を取り、交流できるようになっている」と指摘している。

    0
    続き

    朴大統領弾劾 退陣圧力、審理に影響も

    李東馥氏 元韓国自民連議員(上)

    国政介入事件の原因を改めて考えると。

    1
    続き

    欧州王室に「幽霊」と「天使」が現れた!

     ストックホルム発AFP電に「幽霊の話」が報じられていた。

     「スウェーデンのカール16世グスタフ国王の妻シルビア王妃(73)が、首都ストックホルム郊外のローベン島にあるドロットニングホルム宮殿について『小さな友人たちがおりまして、幽霊です』と述べている。スウェーデン放送が4日放映予定の番組で語った。

    1
    続き

    中国サイバー戦部隊、北京市内のホテルに本部

     中国軍のサイバー戦部隊の本部が北京市内の二つのホテルにあることが米陸軍アジア研究分遣隊(神奈川県キャンプ座間)の報告によって明らかになった。米紙ワシントン・タイムズ紙のコラムニスト、ビル・ガーツ氏が4日、明らかにした。中国軍は米政府・軍へのサイバー攻撃で機密情報を盗み出すなど、電子戦能力を向上させており、米国も警戒を強めている。

    1
    続き

    中国の海洋進出、急速な海軍力強化に備えよ

     2017年も、海洋強国を目指す中国の活動が止まらない。中国初の空母「遼寧」は南シナ海で艦載機の「J(殲)15」戦闘機や艦載ヘリの発着艦訓練を実施した。南シナ海での発着艦訓練は初めてとなる。

     空母が南シナ海で訓練

     今回の訓練は、対中強硬姿勢のトランプ次期米政権の発足を前に、南シナ海で軍事的存在感をアピールし、米国などを牽制(けんせい)する狙いがあるようだ。

    1
    続き

    “赤い鶏”の年

     2017年は酉(とり)年だ。60 の干支(えと)のうち34番目の丁(ひのと)酉年だ。暦法では丁が火の気運を意味し、火は赤いという意味を持つので“赤い鶏”の年と解釈される。赤いというのは明るいという意味もあるので、聡明であることを象徴する。

    0
    続き

    中国の攻勢前に連携求めるトランプ、ドゥテルテ両氏

     ここはかつて、この地域内で最も強固で、永続的な米国との同盟関係を象徴する場所だった。長い間閉鎖されてきたこの巨大な海軍基地をめぐって今、新たな疑問が浮かび上がっている。両国で戦略的な大転換が進む中、両国関係も混乱し、変化しているからだ。

     中国海軍は先月、比近海で米国の潜水機を捕獲したが、それ以前から、間もなく発足するトランプ政権の間に中国との緊張が高まった場合に、スービック湾の軍事施設がどのような変貌を遂げるかをめぐって臆測が飛び交っていた。スービック湾の基地は、262平方マイル(約680平方㌔)の広さを持ち、かつては米国外では最大の米軍施設だった。ポピュリストのドゥテルテ大統領がもたらした変化がどのような影響を及ぼし、かつて堅固だった米比同盟がどのようになっていくかは、過去数十年の間でなかったほど不透明になっている。

    0
    続き

    悲劇の「シャペコエンセ」 奇跡の復活へ動きだす

     ブラジルサッカー史上最大の悲劇となったコロンビアでの墜落事故から1カ月――。監督と主要選手を事故で失ったブラジル全国1部「シャペコエンセ」は、来日予定も含めクラブ復活に向けて動きだしている。(サンパウロ・綾村 悟)

     「ブラジルの地方クラブによる南米タイトルの制覇」という奇跡を演じようとしていたシャペコエンセを、悲劇の飛行機事故が襲ってから1カ月が経(た)った。

    0
    続き

    トランプ政権警戒する中国

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

    3
    続き

    手痛い韓国外交の空白

     新年が明けた。韓国は国政壟断と弾劾政局でかつてない道を行っている。国外の状況も複雑だ。米国でトランプ大統領時代が幕開けすれば、日本の安倍首相、中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領が構築してきた既存の北東アジア秩序に根本的な変化をもたらすだろう。彼らはみな個性の強い統治者だ。金正恩(キムジョンウン)北朝鮮労働党委員長が不確実性を増すことが明らかだ。

    1
    続き

    オバマ氏の恥ずべきレガシー

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     「いざというとき、イスラエルには私が付いている」-オバマ大統領、米イスラエル公共問題委員会(AIPAC)で、2012年3月4日

    1
    続き

    日常茶飯のタイの銃社会

     タイはアメリカほどではないにしても銃社会であることは間違いない。日本に比べタイでは拳銃が安易に手に入るし、くじ引きで男は兵役義務があることから、銃の扱いには慣れている。

     1週間ほど前にもバンコク東郊サムットプラカン県警は、交流サイトのフェイスブックやラインを利用して拳銃などを購入していた45歳のバイクタクシー運転手の自宅を捜索し、改造銃数丁と実弾を押収したと発表した。

    0
    続き

    金正恩氏の「学習能力」と「自責」発言

     韓国・聯合ニュース(日本語版)1月1日付に興味深い記事が配信されていた。あの北朝鮮の独裁者、金正恩労働党委員長が慣例の「新年の辞」で異例の自己批判をしたというのだ。

     同ニュースによると、金委員長は、「いつも気持ちだけで、能力が伴わないもどかしさと自責の中で、昨年1年を過ごした。今年は一層奮起し、全力で人民のために多くの仕事をする決心をした」と語ったという。「新年の辞」は国民向けという点を配慮したとしても、確かに独裁者の発言としては異例だ。

    0
    続き

    気候変動の海洋への影響を議論

     COP22では、サイドイベントとして、世界の海洋関係者が「オーシャンズ・アクション・デー」を本会議場で開いた。海洋と気候は相互に関連しており、海洋は気候の重要な構成要素だ。気候変動は海洋の健全性や沿岸国・島嶼国の人々に対して大きな影響を与えている。

    1
    続き

    砂漠に大規模太陽光発電施設

     COP22の主催国・モロッコ王国は、北には地中海の欧州を臨むジブラルタル海峡があり、西は大西洋、南部はサハラ砂漠に面している。

     砂漠気候の豊富な太陽エネルギーが利用できる立地を生かして、砂漠都市ワルザザートの郊外では、2016年2月にモロッコ初となる太陽光発電所をフランスの協力で設置した。50万枚の太陽光パネルを用いた規模のもので、操業開始の式典には、モハメド国王が出席した。

    0
    続き

    フィリピン大統領就任半年、ドゥテルテ氏の依然支持高く

     就任から6カ月が経過したドゥテルテ大統領。さまざまな暴言や麻薬戦争をめぐる超法規的殺人で国際社会から注目を集める一方、依然として国内では高い信頼度を維持していることが最近の世論調査で明らかとなった。犯罪が減少し治安が改善する一方で、殺人が増加する実態も浮き彫りとなっている。(マニラ・福島純一)

    0
    続き