■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 国際 rss

    リオ五輪から1年、財政危機と治安悪化「負の遺産」に苦しむ

     南米初の夏季五輪開催から1年、「リオのカーニバル」など南半球有数の観光都市として知られるリオデジャネイロが、深刻な犯罪問題と財政危機、五輪インフラの負の遺産に苦しんでいる。(サンパウロ・綾村 悟)

     南米初の夏季五輪招致に成功した2009年、ブラジルは未曽有の好景気で高揚感にあふれていた。資源大国のブラジルでも沖合に深海油田を持つリオデジャネイロ(州・市)の未来は、とても明るいものに映っていた。

    0
    続き

    “ハイパーパワー”米国脅す北朝鮮

     北朝鮮が核・ミサイル開発の完成段階に入った。先月は2度の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を行い、米情報当局は北が核弾頭の小型化に成功したと結論を出したという。核弾頭の大気圏再突入技術を確保すれば、米本土が核ミサイルの脅威に晒(さら)される。

    0
    続き

    北朝鮮の暴挙は単独犯ではない

    中国と一体化した代理実験か

     北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射し、米グアム島周辺の海上に着弾する作戦計画を発表しました。発射実験なのか、発射計画なのか、作戦計画なのか、メディアには様々な表現が登場しています。実験よりも計画、計画よりも作戦というほうが切迫感があります。北も表現をエスカレートさせて、核ミサイルを実戦に使うぞと、脅しをかけられます。

    5
    続き

    日本の漁場蹂躙する北朝鮮

    宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

     岩波書店発行の『広辞苑』に、「蹂躙(じゅうりん)」とは「ふみにじること。ふみつけること。特に、暴威・暴力あるいは強大な勢いをもって、他人の権利・敵の陣営・国土などを侵害すること」とある。

    2
    続き

    五つ星キャンピング場

     フランスでは最近、四つ星以上の高級キャンプ地に人気が集まっている。ホテルだけでなくキャンピング場も星の数でランキングされるフランスでは、2010年の見直しで、それまでなかった五つ星のランクも加わった。

    0
    続き

    前法王批判が飛び出したバチカン

     バチカン法王庁には2人のローマ法王がいる。フランシスコ現法王と前法王ベネディクト16世だ。両法王はこれまで大きな問題を起こすことなく共存してきたが、ここにきて前法王ベネディクト16世への批判の声が飛び出してきたのだ。ベネディクト16世は保守派聖職者のメンター(指導者)だ。バチカン内の改革派はいよいよ保守派の本丸へ戦いの駒を進めてきた。 (ウィーン・小川 敏)

    0
    続き

    韓国に背向ける高位脱北者

     北朝鮮の労働党や軍などでエリートコースを歩み、海外勤務時に韓国亡命を果たした高位脱北者たちは3万人を超える韓国定着脱北者の中でも厚遇されてきたが、社会に適応できなかったり、政府と対立して自ら韓国を離れ、難民のように流浪するケースも見られる。北朝鮮を捨て、さらに韓国にも背を向けざるを得なくなった彼らの裏事情を紹介する。(編集委員・上田勇実、写真も)

    2
    続き

    中国海軍、2030年までに500隻突破か

     急速な軍備増強を進める中国が2030年までに500隻を超える海軍艦艇を保有するとの分析がある。米国も海軍艦艇を増やす方向だが、その目標は最大で355隻にとどまり、中国が「量」で優位に立つ可能性が高い。揺らぐアジア太平洋地域の軍事バランスを保つため、日米協力のさらなる強化が求められることになる。(編集委員・早川俊行)

    1
    続き

    【アマゾン】お留守番の犬に読み聞かせ?官能小説なら興奮でエコーにマウンティング?

     ■ネット通販最大手のアマゾンが先月行った30時間セールのプライムデーでは、音声アシスタント端末「アマゾン・エコー(Amazon Echo)」とその姉妹機がベストセラーとなった。なかでも35ドルでセールとなった「エコー・ドット(Echo Dot)」は全商品カテゴリーで最も売れた商品となったのだ。

    0
    続き

    エジプト政府、ウイグル人留学生ら中国に強制送還

     エジプト政府は先月3日から、イスラム教スンニ派の最高権威機関アズハルなどで学ぶウイグル人の留学生を拘束し、中国への強制送還を行っている。中国での過激派活動を計画していたという理由からだが、ウイグル人の力を抑え込みたい中国側の一方的な要請によるものとの見方が強い。留学生たちが中国に送り返されれば、強制収容所などに入れられるとして、各国のウイグル団体は留学生たちの救出とエジプトへの抗議を国際社会に呼び掛けている。 (社会部・石井孝秀)

    3
    続き

    ASEAN外交、一層の信頼強化で対中牽制を

     東南アジア諸国連合(ASEAN)は今月、設立50年を迎えた。経済成長は著しいが、中国による南シナ海の軍事拠点化という問題に直面している。

     日本は設立当初から、ASEANと密接な関係を維持してきた。一層の信頼強化で中国を牽制(けんせい)し、法の支配に基づく国際秩序を維持するよう求める必要がある。

    中国が取り込み図る

    0
    続き

    虎の尾を踏んだ北朝鮮

     最近、米朝の緊張は戦争前夜を迎えるような危険水位に向かっている。双方が面子を捨て切れない緊張が続く中、北朝鮮は虎の尾を踏んでしまったようである。

    1
    続き

    米朝の非難応酬、不測の事態への備え怠るな

     北朝鮮が米国を射程に入れた大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発とこれに搭載できる核弾頭の軽量・小型化に一定のメドを付け、米攻撃能力をアピールしていることをめぐり米国と北朝鮮が非難の応酬をエスカレートさせている。どちらかが先制攻撃に踏み切るような緊迫した状況には至っていないが、緊張が高まれば突発的事態を招きかねない。日本としては万全の備えを怠らないことが重要だ。

    本音は武力衝突回避

    2
    続き

    映画『デトロイト』とマイケル・ブラウン(事件から3年を迎え)~「ハート・ロッカー」キャスリーン・ビグロウ監督最新作

    デトロイト暴動とマイケル・ブラウン(事件から3年を迎え) 映画『デトロイト』~暴動の夜、密室のモーテルで何が起こったか ~「ハート・ロッカー」キャスリーン・ビグロウ監督最新作

    『デトロイト』トレイラー

    1
    続き

    朝鮮半島で米朝間戦争が起きるか

     米CNNは米国が朝鮮半島で北朝鮮に対し戦争を仕掛けるか否かについて米軍事専門家に質問している。その答えは「目下は戦争の可能性はない」という判断だ。

    4
    続き

    “大韓民国崩壊”のシナリオ 外国人“脱出”始まり大混乱

     韓国では「左派政権」が誕生し、保守勢力の瓦解(がかい)に乗じて左派による“保守潰(つぶ)し”が始まっている。朝鮮日報社が出す総合月刊誌「月刊朝鮮」(8月号)では「激動する韓半島」の特集を組んで、“大韓民国崩壊”のシナリオを載せた。

     左派政権はいずれ北朝鮮軍を引き入れるだろうという予測の上に、その前段階で在韓米軍や日本人をはじめとする駐在外国人の“脱出”が始まる。韓国民は何が起こっているのか分からず、やがてパニックになる、という近未来小説のようなシナリオだ。

    3
    続き

    「桂・タフト協定」の再現 安保不感症の文大統領

     相次ぐ北朝鮮のミサイル挑発をめぐって米国、中国が協調体制に入ったと韓国の専門家は分析している。そうした時に、韓国の「親北政権」はいわば自分の庭先で起こっている緊急事態に目を瞑(つぶ)り、対話路線の夢を諦め切れていない。しかし、そうすればするほど、米中からは相手にされず、国際社会からも疎外され、かつて朝鮮半島の運命が他国に決められてしまった1905年の「桂・タフト協定」のように、第二の「習近平・トランプ協定」ということもあり得る、とこの専門家は警告する。

     東亜日報社の総合月刊誌「新東亜」(6月号)は「中国通が認める中国通」として知られる金興圭(キムフンギュ)亜州大教授にインタビューした。この中で金教授は文在寅(ムンジェイン)政権に「南北対話を急ぐな」と提案、米中が対北で圧力を強めるなら、「両国の協調が一層強くなるように助けるべきだ」と助言している。

    1
    続き

    【動画】マニラでASEAN設立50周年の記念パレード

     フィリピンのマニラ首都圏で8日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の設立50周年を祝うパレードが行われた。

     ASEAN加盟10各国の国旗を持った学生たちが、警察の白バイ隊に先導されながら、ロハス大通りをフィリピン文化センター(CCP)まで行進した。

    0
    続き

    【動画】メキシコ海軍の帆船がマニラを親善訪問

     このほどメキシコ海軍の帆船「クワウテモック」が、フィリピンのマニラ港を親善訪問し一般公開された。16世紀ごろ、スペインの植民地だったフィリピンでは、メキシコに向かう航路が発見されたことで、マニラ・アカプルコ間で活発な貿易が行われるなど、両国は歴史的な結びつきがある。この貿易に使用されたのがクワウテモックのような大型のガレオン船で、その多くがマニラで建造された。

     一般公開に訪れた人々は、ラテン系の明るい音楽が鳴り響く甲板上で、整備が行き届いた珍しい帆船を楽しんだ。クワウテモックはフィリピン訪問のあと中国に向かい、その後、韓国と日本を訪れる予定となっている。

    0
    続き

    マニラでASEAN設立50周年の記念パレード

    【動画】マニラでASEAN設立50周年の記念パレード

     フィリピンのマニラ首都圏で8日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の設立50周年を祝うパレードが行われた。

     ASEAN加盟10各国の国旗を持った学生たちが、警察の白バイ隊に先導されながら、ロハス大通りをフィリピン文化センター(CCP)まで行進した。

    0
    続き

    避暑地からトランプ氏の「脅迫」発言

     正直いって、これはマズい、と感じた。「何を」かというと、トランプ米大統領が北朝鮮の軍事威嚇に対し、「米国をこれ以上脅かすと、世界がこれまで見たことがないような炎と怒りに直面するだろう」と発言したことだ。  トランプ氏の発言は北が8日、「中距離弾道ミサイル4発を米軍基地のあるグアム島周辺へ同時に撃ち込む作戦を検討中」と発表したことを受けて飛び出したものだ。

    0
    続き

    沿海州へ日本企業誘う

     8月から極東ロシア(5州)を訪問する日本人への観光ビザが、インターネット申請できるよう簡素化された。9月6日からウラジオストクで始まる東方経済フォーラムに合わせ、6月に連邦下院で法案が可決された。極東ロシアへの観光客呼び込みやビジネス誘致を目標としている。

    1
    続き

    北朝鮮への純真さが招く深刻な“韓国排除”

     北朝鮮が9番目の核保有国として、生物・化学兵器強大国であり大陸間弾道弾(ICBM)まで持ったミサイル強大国であることを認めなければならず、彼らの大量破壊兵器(WMD)能力が“ゲームチェンジャー”になっていることは否認できない。

     それが米国と中国の対外政策に影響を及ぼし、「日米同盟と中露戦略的提携間の対決」に要約される北東アジアの新しい冷戦を悪化させる可能性があることを意味している。

    0
    続き