■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 動画 rss

    商売繁盛を願い、浅草・鷲神社で酉の市

     毎年11月の酉の日に行われる東京・浅草の鷲神社の「酉の市」。2017年の「一の酉」は11月6日で、「二の酉」が18日、「三の酉」が30日になる。  境内の露店では、様々な縁起物を飾り付けた「熊手」が並び、買い求めた一般客らが商売繁盛を祈願した。  江戸時代から伝わる酉の市は毎年70万人以上の参拝客が訪れる。

    1
    続き

    マニラで反トランプ集会「BAN TRUMP」、警官隊とデモ隊が衝突

     東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議が開催されたマニラ首都圏で13日、フィリピンを訪問中のトランプ米大統領に抗議するデモ隊が警官隊と衝突し多数の負傷者を出した。

     約1000人のデモ隊は「米軍はアジアから出ていけ」「BAN TRUMP」「帝国主義反対」などと書かれた横断幕やプラカードを掲げながら会議が開催されている国際会議場を目指した。しかし、途中で警官隊のバリケードと放水に阻まれ、路上でトランプ氏の肖像を燃やして気勢を上げた。 (マニラ・福島純一)

    0
    続き

    【パトリオットTV】「北朝鮮の核ミサイルは完成しているのか?」田村重信氏・香田洋二氏対談

     北朝鮮は核ミサイルを完成させているのだろうか。その如何によって、東アジアの軍事情勢はガラリと変わり、米朝関係も土台から変化する。  第41代自衛隊艦隊司令官を務めた香田洋二氏を迎えて、田村重信拓殖大学桂太郎塾名誉フェローがメインキャスターでこの問題を聞いた。

    21
    続き

    早紀江さん、拉致被害者を「自由にして」

     北朝鮮に拉致されてから今月15日で40年になる横田めぐみさん当時(13)の母早紀江さん(81)が11日、東京都新宿区の新宿駅西口広場で開かれた拉致問題解決を訴えるイベントに出席した。多くの拉致被害者の帰国が実現していない現状に触れ、「彼らを自由にしてあげないといけない」と話した。

    1
    続き

    橋本環奈さん、人生初のイルミネーション点灯式に感激-東京ドームシティ

     女優の橋本環奈さん(18)が11月9日、東京ドームシティのウィンターイルミネーション点灯式に出席した。イルミネーションの点灯役を務めるのは人生初だといい、「ボタンを押して点灯したのは初めて。すごいきれいだと思いました」と声を弾ませた。

     クリスマスの予定を聞かれた橋本さんは「仕事です」と笑顔で返答。今までのクリスマスの思い出については、「サンタさんは毎年来ていました。でも、だいたいあるじゃないですか、サンタさんはいないと気付く時が」と口を滑らせ、進行役のアナウンサーから、「気付くとか言っちゃだめですよ。小さいお子さんも来ているんだから」と突っ込まれると、観客から笑いが起きた。

    5
    続き

    国を守る若者よ、立ち上がれ-大学生ら改憲機運盛り上げ

     日本国憲法公布から71年を迎えた11月3日、東京・永田町の星陵会館で、憲法改正の機運を若者たちで盛り上げる「改憲2020実現 東京大会」(同実行委員会)が開かれた。大会には、国会議員や有識者なども激励に駆け付けた。集会後、大学生ら約300人が永田町界隈で憲法改正を訴えるラリーを行い「私たち国民の手で憲法を制定しよう」などとシュプレヒコールを上げた。

     集会では、昭和女子大学3年の栗原菜緒美さんが「一国の努力だけで平和は維持できない。日本や世界が平和であり続けるためには、戦争を抑止する具体的な施策が必要だ」と述べた。  織田邦男航空自衛隊元空将は、「人間が作ったもので、完璧で永遠のものはない」と指摘。その上で、現行憲法が「70年以上、1回もアップデートしていないのは異常だ」と訴えた。また、「平和は自分で勝ち取るものだ。戦争をしないためにはどうしたらいいのか自問自答して認識していかないといけない」と参加者に呼びかけた。

    13
    続き

    ~圧巻のブルーインパルス~入間航空祭

     毎年恒例の入間航空祭が11月3日、埼玉県狭山市の航空自衛隊入間基地で開催された。集まった大勢の家族連れが、ブルーインパルスの華麗な曲技飛行や編隊飛行などを楽しんだ。

     このほか会場には、各地の基地から飛来したF2、F15などの戦闘機も展示。約21万人の航空ファンらは笑顔で写真や動画の撮影をした。 (宗村 興一)

    5
    続き

    フィリピンで万聖節、お墓参りで賑わうマニラ南部墓地

      11月1日はカトリック教会の祝日である「万聖節」。フィリピンでこの日は、日本の「お盆」に相当するお墓参りの日となっており、人々は一斉に地元へ帰省し墓地へと足を向ける。

     墓前には家族や親戚が集まり、故人を偲びながら食事をしたりして一日中過ごす習慣となっている。中には前日から夜通し墓前で過ごす家族も少なくない。そのため墓地内には、食べ物や飲み物を売る多くの屋台が立ち並び、まるで日本の夏祭りのような雰囲気となっている。 (マニラ・福島純一)

    0
    続き

    EV、AI搭載車が大集結-東京モーターショー

     東京モーターショーが10月25日、東京ビッグサイト(東京・有明)で報道陣向けに公開された。多くのメーカーが、電気自動車(EV)、人工知能(AI)技術を搭載した試作車を披露。世界10カ国から153社が出展し、世界初公開の64台を含む371台の車両が展示される。一般公開は10月28日~11月5日。  会場では仮想現実(VR)を使って、未来の東京の街をドライブできるコンテンツを体験できる。未来の車社会の姿だ。ビッグサイト周辺では各社の車の試乗も行われる。  トヨタ自動車は、AIを使ってドライバーの感情や好みを学ぶ「愛車」をコンセプトにしたEVの試作車「TOYOTA Concept-愛i」シリーズを出品。  日産自動車は、自動運転技術とインターネットに常時接続する「コネクテッドカー(つながる車)」の機能を搭載した「IMx」を世界初公開した。  豊田合成は、万一の歩行者との接触時にやわらかいボディーが衝撃を緩和する安全機能がついたコンセプトモデルを発表。  「CAR MATE」は日本初の360°見渡せるドライブレコーダーを紹介。動画では一部を紹介する。 (宗村興一)

    1
    続き

    【動画付き】勇壮華麗な「新居浜太鼓祭り」、市政80周年の節目を祝う

     愛媛県新居浜市の大江浜で18日朝、新居浜太鼓祭りのイベントの1つ「大江浜かきくらべ」が行われ、同地区の太鼓台(山車)10台が勇壮華麗な姿を披露、集まった多くの観客らを魅了した。

     新居浜太鼓祭りは毎年、10月16日から18日の3日間の日程で行われるが、今年は新居浜市市政施行80周年にあたり、14日から18日まで会期を延長して行われた。

    1
    続き

    海岸スレスレ氷見線が面白い【動画付き】

     高岡から伸びるJR西日本の氷見(ひみ)線が面白い。越中国分から雨晴(あまはらし)の間、海岸スレスレを走るのだ。富山湾の青も美しい。この日は運よく立山連峰や能登半島も見えた。

     車輛はキハ40+キハ47の2両編成。非電化区間なのである。高岡-氷見間16.5キロのいわゆる盲腸線だが、沿線は明るく客も意外と多い(1時間に1本程度だか)。

    5
    続き

    マニラで訪日旅行促進イベント、日本の魅力をアピール

     このほどフィリピンのマニラ首都圏の商業施設で、日本政府観光局による訪日旅行促進イベントが開催された。会場では旅行会社がお得なツアーパッケージを提供したほか、九州や神戸、沖縄などの観光協会がブースを構え旅行先としての魅力をアピールした。

     特設ステージでは現地で活躍する日本人の芸能人たちが、コントやクイズ企画などで日本文化を分かりやすく紹介したほか、フィリピンのアイドルグループ「Kawai5」がパフォーマンスを行い歓声を集めた。

    0
    続き

    風力で動く人工生命体が沖縄に出現!? 「テオ・ヤンセン展覧会」沖縄県立博物館・美術館で開催

      風力で生き物のように動く「進化人工生命体=ストランド・ビースト」を創造したオランダのアーティスト、テオ・ヤンセンさん(68)の展覧会(主催・同実行委員会)が10月3日、沖縄県立博物館・美術館で始まった。 「ストランド」はオランダ語で「砂浜」の意味。実際の生き物のような動きをするが、主にプラスチックのパイプを組み合わせてできている。

    オープニング式典の後、ヤンセンさん自ら解説。プラスチック製の筒で組み立てた造形物が動く様子が披露されると、来場者は歓声を上げた。

    2
    続き

    ピコ太郎さんがSDGs推進大使に-グローバルフェスタ2017

     日本最大級の国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2017」(主催・同実行委員会)が9月30日、10月1日の両日、東京都江東区のお台場センタープロムナードで行われた。

     「見つけよう、わたしたちにできること」をテーマに、国際協力に携わる266の団体がブースを出展。現地料理の屋台や伝統衣装、音楽を紹介するステージイベントのほか、各ブースで多様な国際協力の形が披露され、会場は多くの人でにぎわった。

    4
    続き

    小池氏、都知事と党代表両立は不可能か-希望の党結党

      小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」は27日午前、都内のホテルで結党の記者会見を開き、小池代表が「しがらみのない政治、大胆な改革を築いていく新しい政治。日本をリセットするために希望の党を立ち上げる」と宣言した。  会見には小池氏のほか、若狭勝衆院議員、細野豪志元環境相、長島昭久元副防衛相、中山恭子前日本のこころ代表(参院議員)、行田邦子参院議員など国会議員14人が参加。細野氏が「寛容な改革保守政党」「情報公開を徹底」「現実的な外交・安全保障」など6項目の党綱領を発表し、若狭氏が結党を宣言した。

     小池代表は、自らの衆議院選挙への立候補は否定した。ただ、都知事としての公務を理由に途中で退席。今後、都知事と代表の両立出来なければ、それを理由に衆院選出馬を言い出しかねない。 (宗村興一)

    0
    続き

    今年のゲームは「eスポーツ」東京ゲームショウ

     世界最大規模のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」が21日から24日までの4日間、千葉・幕張メッセで開催された。複数のプレーヤーでコンピューターゲームをスポーツとして楽しむ「eスポーツ」をはじめ、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)技術を用いたゲームが注目を集めた。

     人気格闘ゲーム「ストリートファイターⅤ」(カプコン)が最高の盛り上がりを見せた。8人のプロゲーマーがトーナメント方式で対戦し、逆転勝ちや大技が出るたび大きな歓声が上がった。優勝した「ネモ」氏には、賞金100万円が与えられた。  ゲームショウには国内が過去最多の292社、海外からは36の国と地域から317社が出展。イベント期間中には25万4311人が来場した。 (宗村興一)

    1
    続き

    シャンシャンと希望の党、小池都知事の「命名日和」

     東京都の小池百合子知事は25日、上野動物園で6月に生まれた雌のジャイアントパンダの名前を発表し、「シャンシャン(香香)」と命名した。応募総数32万件余りの中から、選考委員会などを経て決定。生後6カ月を迎える12月ごろ、一般にお目見えする見通しだ。

     小池知事は、赤ちゃんパンダの名前を発表した後、お祝いの言葉もそこそこにすぐ退室した。この日のメインは新党立ち上げ発表だ。パンダの名前発表の会見は2時からとしながら、既にテレビでは昼のニュースで流し、知事が命名会見するとして、関心を集めておいての新党発表。文字通りシャンシャンは「客寄せパンダ」にされた格好だ。  知事は「希望の党」では代表に就くことを明らかにした。国民が赤ちゃんパンダの名前を喜んでいるところに、自身の新党代表就任についての発表。「今日は命名日和」と話す小池知事の顔からは、いつもの不敵な笑みがあふれていた。

    1
    続き

    ドゥテルテ政権の戒厳令と超法規的殺人にNO!

     戒厳令布告記念日の9月21日にマニラ市リーサル公園で、ドゥテルテ政権に対する抗議集会が行われた。集会には左派系団体を中心に1万3000人の市民が集結し、戒厳令の全国拡大や超法規的殺人の横行に反対の声を上げた。 (マニラ・福島純一)

    0
    続き

    「置き去りにするな」拉致被害者救出訴え大集会

     北朝鮮による拉致被害者全員の救出を訴える国民大集会(主催=家族会、救う会など)が9月17日、東京都内で行われた。横田めぐみさん=拉致当時(13)=らが拉致されてから今年で40年、また北朝鮮が拉致を認めた2002年の日朝首脳会談から17日で15年がたつ。

     田口八重子さん=同(22)=の兄で家族会会長の飯塚繁雄さん(79)は北朝鮮の核実験やミサイル発射に注目が集まっていることに触れ、「拉致問題が置き去りになっていると感じる。どんな状況でも解決への諸対応を怠ることのないよう強く要望する」と訴えた。

    1
    続き

    赤ちゃんパンダ名前はお預け、“発表できない事情”とは?

     上野動物園(東京都台東区)は9月20日、生後100日目を迎えたジャイアントパンダの赤ちゃんの写真と動画を公開した。この日は生後100日で名前を付ける中国の風習に倣い赤ちゃんパンダの名前が発表される予定で、記者室は開始30分前から満席状態に。名前は全国から約32万2000件が寄せられ、8件までに絞られていた。

     ところが、開始時間になってもプレスリリースが配られない。動物園の担当者から「最新のものに作り直していますので、今しばらくお待ちください」との連絡が入る。

    2
    続き

    メディア芸術祭で時代(いま)を映す芸術に触れる

     時代(いま)”を映す芸術作品を展示する「第20回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が、9月16日から28日にかけて、東京・東京オペラシティタワー内のNTTインターコミュニケーション・センター、東京オペラシティ アートギャラリーにて開催中。

     同展は、世界88の国と地域から寄せられた4034の応募作品の中から、第20回文化庁メディア芸術祭で受賞を果たした作品を紹介するもの。アート、エンタテインメント、アニメーション、マンガの4部門から、全受賞作品と功労賞受賞者の功績などを紹介する。

    2
    続き

    反基地運動の味方をする名護市長は辞めよ

       米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先の名護市で14日、名護市民集会(主催・名護市夜明けの有志の会)が開かれ、インターネット番組キャスターで「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民の会」の代表運営委員を務める我那覇真子さんが講演し、「名護市民が地域の安全を守っている自負を持とう」と訴えた。

     我那覇さんは、一部の革新勢力による沖縄独立工作に警鐘を鳴らし、沖縄県民の真実の声を伝えるためにジュネーブの国連本部で2度も演説。「沖縄は自己決定権を奪われている」と主張した翁長雄志知事や、「弾圧された」と訴えた反基地運動のリーダー格である山城博治氏に反論した。

    12
    続き

    赤ちゃんパンダ、生後3カ月で犬歯がクッキリ

     上野動物園は9月12日、6月に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんの身体測定の結果と最新の映像を公開した。上下左右に犬歯が4本生え、体重は5キログラムを超えた。公募した名前は8点まで絞られており、今月下旬にも発表される見通し。  生後90日となる9月10日に行った身体測定では、体重は前回8月31日から約900グラム増えて5.4キロ、身長は6.9センチ伸びて62.4センチだった。前脚で踏ん張ってハイハイに近い姿勢を取ろうとするものの、後ろ脚で支えられずに倒れてしまい、まだ4本脚で立ち上がることはできないという。

    0
    続き