■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 動画 rss

    赤ちゃんパンダ名前はお預け、“発表できない事情”とは?

     上野動物園(東京都台東区)は9月20日、生後100日目を迎えたジャイアントパンダの赤ちゃんの写真と動画を公開した。この日は生後100日で名前を付ける中国の風習に倣い赤ちゃんパンダの名前が発表される予定で、記者室は開始30分前から満席状態に。名前は全国から約32万2000件が寄せられ、8件までに絞られていた。

     ところが、開始時間になってもプレスリリースが配られない。動物園の担当者から「最新のものに作り直していますので、今しばらくお待ちください」との連絡が入る。

    2
    続き

    メディア芸術祭で時代(いま)を映す芸術に触れる

     時代(いま)”を映す芸術作品を展示する「第20回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が、9月16日から28日にかけて、東京・東京オペラシティタワー内のNTTインターコミュニケーション・センター、東京オペラシティ アートギャラリーにて開催中。

     同展は、世界88の国と地域から寄せられた4034の応募作品の中から、第20回文化庁メディア芸術祭で受賞を果たした作品を紹介するもの。アート、エンタテインメント、アニメーション、マンガの4部門から、全受賞作品と功労賞受賞者の功績などを紹介する。

    2
    続き

    反基地運動の味方をする名護市長は辞めよ

       米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先の名護市で14日、名護市民集会(主催・名護市夜明けの有志の会)が開かれ、インターネット番組キャスターで「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民の会」の代表運営委員を務める我那覇真子さんが講演し、「名護市民が地域の安全を守っている自負を持とう」と訴えた。

     我那覇さんは、一部の革新勢力による沖縄独立工作に警鐘を鳴らし、沖縄県民の真実の声を伝えるためにジュネーブの国連本部で2度も演説。「沖縄は自己決定権を奪われている」と主張した翁長雄志知事や、「弾圧された」と訴えた反基地運動のリーダー格である山城博治氏に反論した。

    11
    続き

    赤ちゃんパンダ、生後3カ月で犬歯がクッキリ

     上野動物園は9月12日、6月に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんの身体測定の結果と最新の映像を公開した。上下左右に犬歯が4本生え、体重は5キログラムを超えた。公募した名前は8点まで絞られており、今月下旬にも発表される見通し。  生後90日となる9月10日に行った身体測定では、体重は前回8月31日から約900グラム増えて5.4キロ、身長は6.9センチ伸びて62.4センチだった。前脚で踏ん張ってハイハイに近い姿勢を取ろうとするものの、後ろ脚で支えられずに倒れてしまい、まだ4本脚で立ち上がることはできないという。

    0
    続き

    サンデーモーニングは「最低モーニング」TBS偏向報道を糾弾

     TBSテレビが放送法に違反する番組を公共の電波で流していると抗議する「TBS偏向報道糾弾大会・デモ」が9日、東京・永田町の星陵会館で開かれた。大会後、約500人が東京・赤坂のTBS本社まで日の丸を掲げてデモ行進し、偏向報道の制止を訴えた。  大会実行委員会の村田春樹委員長は、日曜朝の番組「サンデーモーニング」内で改憲阻止を狙った偏向報道がなされていると主張。「どの業界も法律に基づいた社内の倫理規定があるが、TBSはねつ造、偏向をやりたい放題で『最低モーニングだ』」と強く批判した。このほか琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会代表の我那覇真子氏や元都議会議員の吉田康一郎氏らもTBSを批判し、放送法の改正などを訴えた。

    17
    続き

    江崎沖縄担当相「子どもの貧困連鎖を断ち切る!」

     江崎鉄磨沖縄担当相は9月6日、世界日報社を含む報道各社のインタビューに応じ、沖縄の子供の貧困問題について語った。  江崎氏は、沖縄の子供の貧困は全国と比較して深刻な状況だと指摘。平成28年度から行っている、支援を必要とする子供を支援措置につなげる支援員の配置や、子供の安全な居場所の確保などの活動を説明し、「沖縄独自の給付型奨学金による人材育成に取り組んでいきたい」と語った。

    6
    続き

    「護衛艦いせ」が大活躍!沖縄県総合防災訓練

     沖縄県と北部12市町村は2日、沖縄本島北部の恩納村を主会場に総合防災訓練を実施した。自衛隊、海上保安庁、消防、警察、病院など約120機関から約2000人が参加した。  震度6弱の地震と津波が沖縄本島北西部で発生したという想定で、離島の負傷者救出、運搬、応急処置などの手順を確認した。  離島の即応支援で最も頼りになるのは自衛隊だ。陸海空自衛隊から約530人が参加した。実際の訓練では、離島の負傷者の運搬、がれきや車両撤去で活躍した。沖合には海上自衛隊の護衛艦「いせ」が停泊し、臨時の医療拠点として活躍した。

     自衛隊は2014年から県総合防災訓練に参加し、県の防災関係機関と連携確認と離島災害対処能力の維持・向上を図っている。13年10月に伊豆大島が台風に見舞われた際、自衛隊が災害派遣したことがきっかけだ。 (那覇・豊田 剛)

    3
    続き

    前原氏、やはり同性婚容認か?

    白票が8票、多難の船出に

     民進党は9月1日、前原誠司氏元外相を選出した。しかし、離党予備軍とみられる無効票が8票も出るという事態に。「厳しい船出だ」と述べる前原新代表の就任早々に離党者が出れば求心力が急落する恐れがある。また、公安の監視対象である共産党との連携を掲げた枝野幸男元官房長官と大差で勝てなかったため、厳しい党運営になりそうだ。

    4
    続き

    水陸両用車AAVが初登場! 富士総合火力演習

     国内最大規模となる陸上自衛隊の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」が8月27日、東富士演習場(静岡県御殿場市など)で一般公開された。6年連続で離島防衛を想定し、ヘリでの部隊輸送や戦車による砲撃などの演習が行われ、小野寺五典防衛相が視察した。

     演習には自衛隊員ら約2400人が参加。戦車・装甲車約80両、火砲約60門、航空機約20機、弾薬約36㌧(約2億9000万円分)を使用した。

    2
    続き

    北の核危機に備えよ

     拓殖大学海外事情研究所所長の川上高司氏が8月22日、都内で開かれた世日クラブで講演した。

     川上氏は北朝鮮には核放棄の意思はないとし、核問題の解決には「ハードランディングとソフトランディングの二つのシナリオしかない。  今、それがどちらに転ぶかという決定的な時期だ」と指摘。米軍が武力攻撃に踏み切るハードランディングについて、日本の在日米軍基地や主要都市、原発などをターゲットに「北朝鮮から間違いなくミサイルが飛んでくる」として、それを見越して備える必要があると強調した。

    4
    続き

    映画「ナインイレブン 運命を分けた日」

     あの日、様々な人々が新しい朝を迎え、いつもと変わらない日常が始まろうとしていた。  2001年9月11日。ニューヨーク。ワールドトレードセンターには実業家のジェフリー(チャーリー・シーン)と離婚調停中の妻イヴ(ジーナ・ガーション)がそれぞれの弁護士と会話をしていた。これまで、家族に対して見向きもしなかったジェフリーは、反省しやり直そうとしていた。だが、そんなジェフリーに対してイヴは冷たい態度をとる。話し合いも取り合えずひと段落し、2人はエレベーターに乗り込む。

     そこには、バイクメッセンジャーのマイケル(ウッド・ハリス)、恋人に別れを告げに来たティナ(オルガ・フォンダ)、ビルの保全技術者エディ(ルイス・ガスマン)がいた。様々な事情を抱える人々が集まったエレベーター。突如、ビルに飛行機が激突し、北棟の38階辺りで閉じ込められてしまう。外部との通信手段はオペレーターのメッツィー(ウーピー・ゴールドバーグ)だけ。極限の恐怖と戦いながら5人が下した決断とは。

    1
    続き

    マニラ首都圏で麻薬戦争反対集会

     マニラ首都圏で21日、ドゥテルテ大統領が主導する麻薬戦争に抗議する集会が開催された。  ピープルズパワー記念碑前に集結した参加者たちは、最近行われた麻薬容疑者の摘発で、17歳の少年が警官に射殺されたことを批判。麻薬戦争の即時停止とドゥテルテ大統領の退陣を求めた。  マニラ首都圏とその近郊で実施された一斉摘発では、2日間で60人近くの容疑者が射殺された。 (マニラ・福島純一)

    【ギャラリー】マニラ首都圏で麻薬戦争反対集会

    2
    続き

    【動画】NYで磨いたインタビューのスゴワザ

     日本各地での講演のため来日中の全米邦字新聞「ニューヨーク BIZ」CEO兼発行人の高橋克明氏にインタビューを行った。高橋氏は、もう一つの顔である“プロのインタビュアー”としても知られ、これまでにハリウッドスター、政治家、アーティスト、アスリート、文化人など様々分野の著名人にインタビューを敢行。インタビューサイト「ガチ!」は、多方面から人気を博している。  高橋氏にインタビューの極意とは? 成功者に共通することは何か? などについて「ガチ!」な“逆”インタビューを行った。時にユーモアあり、時に真剣な眼差しで本音を語ってもらった。  なお、高橋氏が運営するサイト「ニューヨークビズ-NYのイマを知る[http://nybiz.nyc/]」は、ビューポイントサイトでも記事の転載を行っている。

    >>【インタビュー詳細記事】

    14
    続き

    有村治子参議院議員が講演「祖国日本を想う心を大切に」

    「美しい日本人の心を育む国づくりをめざして!!」というテーマのもと、第37回全教協(全国教育問題協議会)教育研究大会が8月19日、東京・永田町の自由民主会館で行われた。  有村治子参議院議員が「教育は国民性を創る礎」をテーマに講演した。「日本国民の良識を強くするため、国家があってこその我々だと伝えない戦後教育が適切だったか見直す必要がある」と指摘。祖国日本を想う心や、国民性・国柄を象徴する国旗を尊重する姿勢について語った。

    >>【Podcast】講演収録

    4
    続き

    SLには旧型客車が似合う【動画あり】

    旧型客車の復活保存を

     車内放送で「この客車はレトロ客車と言われています」と説明があったが、レトロ客車なんて呼んで欲しくない。旧型客車―、略して「旧客」なのである。そう、かつて栄光の国鉄時代には全国至る所で使われていた。しかし今や絶滅寸前である。

    3
    続き

    赤ちゃんパンダ、生後2カ月ではいはい

     上野動物園(東京都台東区)は8月14日、同園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんが12日で2カ月を迎えたことから、動画を公開した。母親「シンシン」とともに健康状態は良好だという。

     11日の身体検査では、赤ちゃんの体重が3010・4㌘に、体長が43・9㌢で順調に成長している。まだ四つ足で立ち上がることはできないが、はいはいをしたり寝返りがスムーズに打てるように。目は光を感じる程度に開いており、見えるようになるにはあと1カ月かかるという。

    0
    続き

    奥入瀬渓流

     奥入瀬渓流は青森県十和田市から約1時間の焼山から始まり十和田湖畔まで14kmにわたって続く渓流で、各所に瀬や滝があって、整備された遊歩道を辿りながら散策を楽しむことができる。

     歩くのが苦手な人向きにはバスを乗り継ぎ、見所ごとに下車して、カメラのシャッターを切ったり、焼山にはレンタサイクルもあるから、自転車でゆっくり奥入瀬の“ヒルクライム”を楽しむ人もいる。

    1
    続き

    【動画】マニラでASEAN設立50周年の記念パレード

     フィリピンのマニラ首都圏で8日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の設立50周年を祝うパレードが行われた。

     ASEAN加盟10各国の国旗を持った学生たちが、警察の白バイ隊に先導されながら、ロハス大通りをフィリピン文化センター(CCP)まで行進した。

    0
    続き

    【動画】メキシコ海軍の帆船がマニラを親善訪問

     このほどメキシコ海軍の帆船「クワウテモック」が、フィリピンのマニラ港を親善訪問し一般公開された。16世紀ごろ、スペインの植民地だったフィリピンでは、メキシコに向かう航路が発見されたことで、マニラ・アカプルコ間で活発な貿易が行われるなど、両国は歴史的な結びつきがある。この貿易に使用されたのがクワウテモックのような大型のガレオン船で、その多くがマニラで建造された。

     一般公開に訪れた人々は、ラテン系の明るい音楽が鳴り響く甲板上で、整備が行き届いた珍しい帆船を楽しんだ。クワウテモックはフィリピン訪問のあと中国に向かい、その後、韓国と日本を訪れる予定となっている。

    0
    続き

    立山縦走と雷鳥沢キャンプ

     8月11日の「山の日」を迎える時分、立山三山(雄山3003m、大汝山3015m、富士の折立2999m)を縦走し、広大な内蔵助カールの“氷河”を眺めながら、大走分岐から雷鳥平に下り、雷鳥沢キャンプ場でテント泊を行った。

     室堂からいったん雷鳥沢に下り、テントなどを降ろして一ノ越に向かう。一ノ越から雄山を目指すが登山道は大渋滞。山頂も雄山神社奥宮を参拝する人、御朱印をもらう人でごった返していたが、大汝山に向かうと一気に人が減る。山道の脇に雷鳥を見るのもこの辺りだ。富士の折立は巻いて一気に内蔵助カールを見ながら大走分岐に下り、さらに雷鳥沢を下って、キャンプ場に至った。

    0
    続き

    普天間飛行場に一番近い公園

    宜野湾市上大謝名地区に児童公園が8月1日、供用開始となった。沖縄特有の緋寒桜が植えられたことから、「さくら公園」と名付けられた。  公園建設は2年前に完成し、隣接する公民館とともに、地域の長年の願いであった。佐喜真淳市長が2012年に就任し、防衛省と交渉する中で、地元負担の大幅軽減を実現させた。  公園からは普天間飛行場の誘導灯が目の前に見え、航空機の離着陸を間近に見ることができる。「日本一基地に一番近い公園」として人気を集めそうだ。

    2
    続き

    錯覚の世界で不思議発見!

    錯覚を利用した企画展開催中――明治大学博物館 実際には存在できないと思われるだまし絵を立体化した「不可能立体」の企画展「進化する不可能立体錯視~真実がわかっても逃れられない不条理の世界」が、東京都千代田区の明治大学博物館特別展示室(駿河台キャンパス)で開催中だ。8月19日までで、入場無料。 「不可能立体の絵」と言われるだまし絵の中には、実際には立体ができる物がいくつか発見されている。同展では、あり得ない動きが見えてくる「不可能モーション立体」、鏡に映すと姿が変わる「変身立体」など、種類別に展示している。見ると狐につままれた気分になること間違いなし!

    【詳細記事】実現不可能なだまし絵を立体化

    0
    続き

    劉暁波氏死去から1週間

     中国共産党の一党独裁政権に反旗を翻し、投獄されたままノーベル平和賞を受けた人権活動家、劉暁波氏(61)が死去してから一週間となる21日、東京・渋谷駅前で劉氏を追悼する催しが開かれた。

     渋谷駅前には、路上に置かれた劉暁波氏の写真を前に哀悼の意をささげる人が多く集まった。

    6
    続き