■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 今週の永田町 rss

    臨時国会スタート 地方創生で国土強靭化を

     日本は昔から災害列島といわれた。何しろ日本の背中にあたる部分に火山脈が走っている。あの美しい富士山もそのひとつだ。美人は怒ると怖い。

     日本のあちこちで火山が火を噴くと、日本人はその度に逃げ惑う。逃げるだけではなく、事前に手を打ったらどうか。そんな議論が自然災害が起きると日本のどこかで必ず展開される。

    0
    続き

    長期政権と政治力、在職1000日を超えた安倍首相

     政権は長ければいいというものではない。しかし政権の寿命はひとつの目安にはなる。政権の長寿は政権の政治力と正比例する。長寿であれば、政権がそれだけ安定かつ強力であるとの何よりの証拠になる。

     そこで安倍政権を眺めると、まだ政権を担当中だから何ともいえない部分はあるが、安倍首相は先週20日、第1次政権との通算で在職日数1000日を迎えた。1000日は多いか、少ないかといえば、もちろん多いほうに属する。まだ現役ちゃきちゃきだから、この先何年続くかは分からない。戦後の首相で1000日を越えたのは7人いるが、安倍首相はその7人目になる。現在記録を更新中の身だ。この先何年続くか神様のみが知るだけということになる。

    0
    続き

    首相、女性活用で旗振り 数値目標設定には苦言も

     人間として男女の別はない。男女は法律の上でも同格だ。しかし最近は女性優遇論が流行している。男性顔色なしだ。

     永田町でも女性がもてはやされている。こんどいつ衆議院が解散されるかは誰も分からない。分かっているのは女性候補者がにわかに増えるだろうということだ。候補者が増えれば当選者も増える。衆議院も女性優勢の世界になるかもしれない。

    0
    続き

    安倍改造内閣始動、女性閣僚の活躍に期待

     安倍改造内閣が3日にスタートした。新閣僚に選ばれた人たちの喜びはまだ消えそうもない。喜怒哀楽が一番顔に出るのは女性だ。女性大臣5人の喜びは口元に残ったままだ。まことに御同慶に堪えないが、個人的なことはさて置き、今週から口を真一文字に結んで公務にまい進してほしい。

     昔から女三人寄れば姦(かしま)しいといわれるが、手八丁口八丁の女性閣僚が5人も勢揃いしたのだからさぞ改造内閣の初閣議は賑やかだったに違いない。

    0
    続き

    自民党の正念場 長期政権を目指す安倍首相

     今週は自民党の正念場だ。内閣改造と党役員人事が一緒に来るので大幅人事異動にならざるを得ない。安倍首相もこんどはお義理ではなく、自分自身の内閣を作ろうと意気込んでいる。

     首相の最大の狙いは長期政権を築くことだ。新布陣で安全保障に関する法整備や地方創生、女性の力の活用を目指す。党の主張や伝統を尊重ばかりはしていられない。自分の抱負や主張を高々と振りかざすだろう。

    0
    続き

    内閣改造練り直し 石破氏は安保担当相辞退へ

     9月に予定されている内閣改造で一番揉めそうなのは安全保障担当相のポストだ。人が居ないわけではない。自薦他薦の候補者がわんさかといる。しかし、常識的に見て、新安保相に迎えるならこの人といわれる人物がいる。石破茂幹事長がその人だ。本人は党内きっての防衛通である。新聞辞令にはすでに何度か出たが今は消えてしまった。本人が受諾しない意向のようなのだ。

     それにはそれなりに理由がある。自民党の人事は安保相だけではない。大物中の大物人事が実はまだ残っている。自民党総裁、つまり日本の首相ポストがそれだ。永田町第一党の総裁はすなわち日本の首相の最有力候補の立場にある。いやしくも政治家になった者なら、首相を狙うのは当然の望みだ。

    0
    続き

    迫る内閣改造 目玉は多くの女性の起用

     8月も半ばを過ぎた。暦の上ではもう秋だ。ところが秋どころか、まだ猛暑の真っ最中だ。しかし、涼しいところが一カ所だけある。東京のど真ん中の永田町がそれだ。ほとんどの議員がお国に帰り、盆踊りや後援者回りに汗をかき永田町はもぬけの殻の状態だ。  だが、今週からは様相が異なる。地元山口やら山梨の別荘を拠点にゴルフなどをし鋭気を養ってきた安倍首相が永田町に戻ってくる。全国各地に散っていた与野党議員も戻ってきて政界秋の陣の備えをしなければならない。

     なかでも自民党の派閥の領袖たちの目はギラギラだ。この休み中、安倍首相がじっくりと内閣改造・党役員人事を練り、9月の2、3の両日に新たな態勢を発表し、再スタートする意向であることを熟知しているからだ。

    0
    続き

    肥大化する内閣府 改革の動きに族議員反発

     分かっているようで分からないのが内閣府だ。各省庁にはそれぞれの大臣が存在し、その大臣が首相につながっている。首相―各担当相の二重構造になっている。

     内閣府はその特別仕立てのひとつだ。専任大臣不在のため首相直属の形を取っている。いうならば、専任大臣ポスト不在の内閣府は徳川時代の幕府構造に例えると、個々の大名より一段高い将軍から直接指揮命令を受ける行政機関だ。他の役所から特別の目で見られ本人たちもその気になっている。

    0
    続き

    広がる女性登用論 成長戦略で安倍首相が音頭

     近頃急に永田町で女性登用論を耳にすることが多くなった。男女は平等だ。もし永田町だけで女性差別を受けているというなら、これは由々しき問題だ。

     日本のあらゆる分野で、常に先頭を走っていたのは永田町だ。日本の中でも、分別があり、頭のいい男女が選ばれて事に当たるのは当然だ。

    0
    続き

    秋にらみ静かなり 焦点は内閣改造・党人事

     このところ政治は一服気味だ。しばらくは何事もなく無事平穏のまま推移していくに違いない。しかし表面が波静かだから政治の中身も穏やかと思うのは大きな間違いだ。永田町では世間の常識は通用しない。

     与野党を通じて、動きにならない動きが静かに展開されている。そのひとつの動きが政界再編成だ。単に政党の離合集散といわずに政界再編成などと大袈裟な表現を使っているところに永田町の屈折した心理が読み取れる。

    0
    続き

    総理総裁の弱み 閣僚・党内人事は諸刃の剣

     安倍首相にとっては人事は諸刃の剣だ。この諸刃の剣を巧みに使えば、党内のゴタゴタもうまく抑えることができる。しかし人事で躓くと総裁の権威はたちまち急落する。

     自民党の総裁が一見強力かつ安定しているように思われるのは、総裁の立場が安定しているからだ。しかし実際は異なる。累卵の上にあるといえば大袈裟になるが、ちょっとあたりがグラグラすれば、たちまち総裁の立場が怪しく動き出す。そんな弱みを持っている。

    0
    続き

    維新・結いの新党 党名決まらず遅れる恐れも

     目下進行中の結の党と日本維新の会の合同話が難航している。野党は政策についてはうるさい。ひとたび議論が始まると尽きるところを知らないほどだ。  本来は両党とも9月上旬の新党結成を目指していたが、このため大幅に遅れるおそれが出てきた。両党の新党の政策について意見がまとまらずそのための遅れなら分からないではないが、党名で揉めているのだから話にならない。およそ合同を議論するなら、党名は一番先にきめておかなくてはならないはずだ。それが今ごろになってああでもない、こうでもないと大マジメに口論を展開している。名前は看板と同じだ。名無しの権兵衛の新党など聞いたためしがない。

     政党政治発展のためには各党の離合集散は決して反対されるべきではない。スジさえ通っていれば政治の活発化につながる。その意味で野党同士の結いの党と日本維新の会の合同話は各方面から注視のマトになっていたが、どうもパッとしないスタートになってしまった。

    0
    続き

    首相の政権運営 内閣改造は秋に先送り

     いま永田町でどの党が「これでよし」と自己満足しているかと問われると、やはり自民党の名前を挙げないわけにはいかない。

     自民党はいうまでもなく政権党だ。政権党は数の上から言っても与野党を通じてナンバーワンの立場にある。群がる群小政党を眺め回して「文句あるか」と開き直ればそれまでだ。野党勢は「グー」の音も出ない。

    0
    続き

    通常国会が閉幕 与野党のチエの出し合いを

     永田町は一生懸命やっている。国民は永田町の刻苦精励を多とするに吝かではない。しかしそれでも何となく物足りない気持ちがする。それはやっぱり見当違いの方向を見ながら力を籠めているからだろう。

     国民が永田町に望むのは国民のためにガムシャラに働くことではない。常に国民の胸の中を察し、国民と共に汗を流し、国民と歩調を揃えて前進することだ。その国民の視点から永田町を見ると、永田町の奮闘努力は作りものにすぎない。いかに上手に芝居を演じても、作りものは作りものだ。国民の目から見るとそれがよく分かる。

    0
    続き

    集団的自衛権 自公、出口を塞いで真剣勝負

     自民党と公明党は友党同士だ。ともに連立政権を作って政局運営に当たっている。しかし一心同体ではない。いろいろな点で両党の行き違いが目立ち、主張が噛み合わずスレ違う。

     一見して永田町は平穏だ。与党第一党の自民党と連立相手の公明党がガッチリ手を握っているのだから鬼に金棒だ。他の野党が束になって非難攻撃してもビクともしない。

    0
    続き

    睨み合う自公 後で「しまった」では遅い

     今、永田町で随一のモテモテ政党は公明党だ。それでも集団的自衛権をめぐり自民、公明両党の間がギクシャクしている。気の早い一部の勢力は一種の期待感を込めて、自、公の関係悪化を囃(はや)し立てている。

     しかし、そんなことは金輪際起こりそうもない。明らかに両党の安全保障政策は違う。集団的自衛権については両党の歩み寄りはまず不可能だ。それは本来自民党は保守本流を自任し、公明党は一皮むけば野党そのものの体質を持っているためだ。しょせん両党は水と油の他人同士に外ならない。それどころか仇敵のように睨み合ってばかりいる。特に外交、防衛では隔たりがある。

    0
    続き

    日本の民主主義 官僚の智恵も借り改革を

     永田町の与野党関係は時の流れとともに千変万化する。しかし永田町の与野党対立の基本的な構図は万古不易だ。保革の政党の睨み合いは、終戦以来今日まで延々と続き尽きるところを知らない。日本の経済は世界トップクラスだ。これは皆が認めている。しかし政治に対しては異論続出だ。

     日本の政治を民主主義国家の上位にランクする見方があると思えば、アフリカの新興国と変わりはないと断言して憚らない向きも少なくない。肝心の日本自身は母国をどう見ているかといえば、中々シビアな点をつけている。概して先進民主主義国にはまだまだ及ばないというのが本音と言えそうだ。

    0
    続き

    近づく内閣改造 女性起用を好む安倍首相

     安倍首相は「女性好き」と言ったら天下の安倍ファンは目を剥くかも知れない。しかしウソではない本当だ。

     安倍内閣にはすでに2人の女性閣僚が任命されている。それだけではない。自民党三役のうち2人までが女性だ。内閣始まって以来の出来事だ。いままで三役のうち一役を女性が占めた例はある。しかし二役とは自民党開闢後の新記録だ。

     安倍首相は余程御婦人に執着しているらしい。選挙対策の上からも重要課題だ。

    0
    続き

    政党同士の付き合い 公明の出方に手を焼く自民

     安倍内閣は自民党と公明党の連合政権だ。この両党の付き合いは長くて古い。何度も政権を共にしている。兄弟政党といっても差し支えない。お互いに気心は知り尽くしているし、政策もツーカーの関係にある。

     しかし、この古い仲も心を割っての付き合いとはいいかねる。遠慮があるし、イザとなると水と油の関係に逆戻りしかねない。しかし両党の間がギクシャクすると、待っていたとばかり野党に乗ぜられる恐れがある。

    0
    続き

    連休明け国会 安保体制確立へ論戦を期待

     大型連休も終わり、国民もゆっくり骨休みすることができた。さあ仕事に復帰する番だ。元気溌剌、腕が鳴る。こんな調子で仕事に向かえば大型連休の効果があったというわけになる。

     しかし正直なところ、大型連休のプラス面よりマイナス面ばかりが目に付く。つまり連休疲れがドッと出て、まだ本調子を取り戻してはいない。連休続きで遊び過ぎたため、身体も心もすっかりたるんでしまった。

    0
    続き

    集団的自衛権 国益の視点で真摯な議論を

     日本国民には自虐趣味がある。日本国民でありながら日本嫌いが結構多い。特に政治に対しては厳しい。民主政治は政治の形態としては最高のものだが、日本の民主政治は国民の受けが悪い。マスコミは特に政治に対しては挑戦的だ。  大抵は政治の悪口ばかり並べている。正面から堂々と批判するなら耳を傾けてもいいが、殆んどが敵意丸出しだ。一番の被害者は政党である。まるで悪党の集団の如く扱われることすらある 。

     確かに日本の政党はよくないことがある。これは最近の傾向であるばかりではなく、明治以来の伝統だ。いまさらグチを並べても手遅れだ。そのせいか、マスコミの政党叩きは目に余るものがある 。

    0
    続き

    国会議員の外遊 見聞広め政治の質向上を

     この大型連休に日本国民は浮き足立っている。浮き足といっても逃げ腰になったわけではない。いかにこの長期休暇を楽しむか、その楽しい予想や計画で頭がイッパイだ。  永田町も例外ではない。政治家は常に国会対策と、選挙区対策で頭がイッパイだ。一息つく時間もままならない。しかし海外に出ると話は別だ。国会や選挙区の心配はゼロになる。その上世界各国に日本大使館が散在している。大使以下館員は外交のプロたちだ。

     この大使館員たちが国会議員にサービスする。至れり尽くせりだ。政治家が海外に行きたがる理由のひとつになっている。だから大型連休は有り難い。永田町も選挙も忘れて羽を伸ばせるからだ。

    0
    続き

    日米首脳会談 TPP失敗なら首相批判へ

     日本は世界で最も不可思議な国のひとつだ。日本は先の大戦で大敗した。それまでは日本の国柄を世界無比と信じ、世界のリーダーを本気で目指した。

     しかし敗戦後はガラリと変わってしまった。日本は強国ではない。アジアの片隅の小国にすぎないとの信念にコリ固まっている。本当にそう思っているのだ。そう思っていないのはアメリカであり、アジアの近隣諸国たちだ。

    0
    続き