■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    元小結時天空さん死去、37歳無念の早世

     涙の引退会見から半年足らずだった。悪性リンパ腫で闘病していた大相撲の元小結時天空の間垣親方本名時天空慶晃、モンゴル出身、時津風部屋が31日に37歳の若さで亡くなった。

     30日午前、東京都内の自宅で体調が急変。搬送先の病院に部屋の力士らが駆け付け、最期は家族にみとられた。

    0
    続き

    トランプ氏にチクリ、大統領令への批判か

     グーグルは30日の米国版のフロント画面に、第2次大戦中の日系人強制収容の不当性を訴えたフレッド・コレマツ(日本名・是松豊三郎)氏のイラストを掲載した。この人選は、トランプ大統領が署名した難民・移民を規制する大統領令への批判ではないかと話題になった。

    0
    続き

    特殊詐欺根絶イベント「日常の家族との電話が重要」

     振り込め詐欺などの根絶を呼び掛ける「特殊詐欺根絶イベントin文京」(東京都など主催)が31日、東京・文京シビックホールで行われた。

    1
    続き

    千葉・茂原市や羽田空港で21度超を観測

     関東では30日昼、気温が大幅に上昇し、千葉県茂原市で21・5度、東京都大田区の羽田空港で21・1度を観測するなど、1月の統計史上最高を更新する地点が続出した。

     他に最高気温が20度台となり、1月の記録を更新したのは、神奈川県海老名市20・3度、同県小田原市20・1度など。静岡県富士市も20・5度だった。

    0
    続き

    冥王星の表面にクジラ模様、巨大衝突の痕跡か

     冥王星の表面にある、クジラに見立てられる茶色い模様は、現在の衛星カロンが作られる原因となった原始惑星同士の巨大衝突である可能性が高いことを、東京大と東京工業大などの研究チームが明らかにした。論文は30日付の英科学誌ネイチャー・アストロノミー電子版に掲載された。

    0
    続き

    地球から流出した酸素、38万キロ離れた月に到達

     大阪大と宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの研究グループは、地球から流出した酸素が38万キロ離れた月に到達していることを初めて観測したと発表した。酸素が地球の重力圏から漏れ出る理由は分かっていないが、月に届いて影響を及ぼしている可能性があるという。論文は31日付の英科学誌ネイチャー・アストロノミー電子版に掲載された。

    0
    続き

    節分の豆まきの準備、1トンの大豆に福を込めて

     来月3日に行われる節分の豆まきの準備が26日、東京都港区の増上寺で始まった。

     近隣住民や檀家(だんか)の約60人が集まり、3日間で約1トンの大豆を袋詰めする。

     同寺で豆まきをする五十嵐好美さん(70)は、「豆を受け取った人が、健康で過ごせるように心を込めて詰めています」と話した。

    0
    続き

    主役交代、大統領選に勝つのは私だ

     27日、フランス南部ニースで、2月に行われる祭典「ニース・カーニバル」に出品される人形がお披露目され、4、5月実施の仏大統領選に意欲を示している政治家たちが並んだ。前列左は出馬を断念したオランド大統領。

     早くも主役交代を印象付けるように左から極右政党・(FN)のルペン党首、フィヨン元首相、マクロン前国民戦線経済相が先頭を競い合っている。(EPA=時事)

    0
    続き

    高梨沙羅がついに50勝に到達、6戦ぶり勝利

     勝ち続けてきた高梨にとって、50勝は通過点に違いない。だが、49勝を挙げてから5戦も足踏みすると、早くクリアしたい思いは強かったはず。1回目の2位から逆転を期した2回目に最長不倒の97・5メートル。「一番いいジャンプができた。どんな順位でも悔いはない」。終えた瞬間、そう思えた。

    2
    続き

    冬の風物詩、幻想的なシラスウナギ漁が最盛期

     徳島市の吉野川河口で、冬の風物詩・シラスウナギ漁が最盛期を迎えている。ウナギの稚魚であるシラスウナギを誘い出すため、集魚灯をともした小舟が点々と水面(みなも)に浮かぶ幻想的な光景が、多くの人々の目を楽しませている。

    0
    続き

    古都・奈良の夜空を焦がす、若草山の山焼き

     古都・奈良の夜空を焦がす若草山の山焼きが28日行われた。午後6時すぎ、打ち上げ花火を合図に山の西側斜面に火が放たれ、1時間ほどかけて約33ヘクタールの草地が燃え上がった。

     世界遺産の平城宮跡には多くの見物客が訪れ、ライトアップされた朱雀門との競演に見入っていた。(多重露光撮影)

    0
    続き

    生豆から楽しむコーヒー、ITでプロの焙煎

     パナソニックは、家庭で手軽に生豆の焙煎(ばいせん)からコーヒーを楽しめる新サービス「ザ・ロースト」を4月上旬に始める。家庭用のコーヒー焙煎(ばいせん)機と世界各地の良質な生豆をセットで販売。ITを活用し、豆の特徴を引き出すプロの焙煎技術も提供する。

     焙煎機は10万8000円、コーヒー豆は1月当たり4104~5940円。1年契約で毎月複数種の豆が届くほか、好みの種類も注文できる。

    0
    続き

    水中で魚に囲まれながら新年の「龍の舞」

     25日、シンガポールの水族館で、水中で魚に囲まれながら、新年行事の一つ、「龍の舞」を演出するダイバー。

     シンガポールは中国系住民が多く、28日の旧正月を祝う(EPA=時事)

    0
    続き

    上地結衣が初V、ミスに乗じ逆転で悲願を達成

     昨夏のリオデジャネイロ・パラリンピック銅メダルの上地と、金メダルのフリフィオン。過去13勝13敗のライバル同士の一戦は、やはり激しい競り合いとなった。

     最終セットで上地は追う展開となった。しかし、悲願の全豪初制覇を諦めはしない。「調子はいい。今回取れないなら、いつ取れるのか」と自分に言い聞かせた。

    0
    続き

    検疫探知犬2頭が成田空港でデビュー

     中国などが大型連休に入る「春節」(旧正月)を前に、国内に持ち込めない肉類や果物が旅客の手荷物に含まれていないかをチェックする「動植物検疫探知犬」2頭が成田空港にデビューし、25日、報道関係者にお披露目された。

    0
    続き

    新横綱の稀勢の里、さらなる飛躍を誓う

     大相撲の新横綱稀勢の里(30)=本名萩原寛、茨城県出身=が28日、所属する田子ノ浦部屋にほど近い東京都江戸川区の小岩小学校を訪れ、初場所の初優勝と横綱昇進を地元ファンらに報告した。校庭に詰めかけた約4500人を前に、「これから声援に応えられるよう、一生懸命に稽古して、横綱の名を汚さないように精進してまいります」とさらなる飛躍を誓った。

    0
    続き

    タイと日本の「今」を映し出す

     タイの首都バンコク。華やかな女性たちが出迎える歓楽街タニヤ。金銭で大抵の物事が解決してしまい、男も女もお金で感覚を麻痺させ、辛い現状の裏に本音をしまいこみ、麻薬(まひ)で思考を停止させる。

    1
    続き

    期待していいですか? ひな人形がお披露目

     26日、東京都台東区の久月本社で今年の活躍が期待される人物のひな人形がお披露目された。

     今年は政界から米国のトランプ大統領と東京都の小池百合子知事、スポーツ界からテニスの錦織圭選手とスキージャンプの高梨沙羅選手が選ばれた。

     展示は同所で29日まで、2月1日から6日までそごう横浜店(横浜市西区)で行われる。

    0
    続き

    奉納土俵入り、新横綱稀勢の里が堂々と

     大相撲で72人目の横綱に昇進した稀勢の里(30)本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋の横綱推挙状授与式と奉納土俵入りが27日、東京都渋谷区の明治神宮で行われた。

    1
    続き

    鳥羽・志摩の海女漁、重要民俗文化財に指定へ

     文化審議会(馬渕明子会長)は27日、「鳥羽・志摩の海女漁の技術」(三重県鳥羽市、志摩市)など7件を重要無形民俗文化財に、「宇土の雨乞い大太鼓」(熊本県宇土市)など3件を重要有形民俗文化財にそれぞれ新たに指定するよう、松野博一文部科学相に答申した。いずれも近く答申通り告示される。

    0
    続き

    政府が新ロゴマークを発表、東京五輪盛り上げへ

     政府は27日、2020年東京五輪・パラリンピックを全国規模で盛り上げるため、日本文化のPRが目的なら誰でも無料で使用できるロゴマークを発表した。政府の募集に計39作品が寄せられ、「いいね」「グッド」といった賛同のジェスチャーをモチーフとした横浜美大3年の菅原みこさん(20)の作品が選ばれた。

    0
    続き

    米メキシコ国境の壁建設費3兆円、どう工面?

     トランプ米大統領が25日に大統領令に署名した米国とメキシコ国境の壁建設には、莫大(ばくだい)な工事費用や、国境地帯の複雑な地形など、幾多の難問が立ちはだかる。いずれもめどは立っておらず、物議を醸す政策は本当に実現できるのか。

    0
    続き

    機内でも愛犬と一緒、犬32匹を連れて搭乗

     客室内でペットの犬と一緒に過ごせる日本航空のチャーター便が27日運航され、飼い主63人が愛犬32匹を連れて搭乗した。成田発鹿児島行き1111(ワンワンワンワン)便で、到着後は鹿児島県内で2泊3日の旅行を楽しむ。

    0
    続き