■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    「ニホニウム」正式決定、日本発の名が周期表に

     国際純正・応用化学連合(IUPAC)は30日、理化学研究所などのチームが世界で初めて合成した原子番号113番元素の名称が、理研の提案通り「ニホニウム(nihonium)」に正式決定したと発表した。元素記号は「Nh」。日本発の元素が初めて周期表に記載されることになる。

    0
    続き

    「美食大国」ペルー、独創的な料理で存在感増す

     ペルーに「料理で国を変えた」と英雄視される敏腕シェフがいる。ガストン・アクリオ氏(49)。地元食材を使った独創的な料理が国際的に評価され、ペルー料理に注目を集めるきっかけを作った。かつて左翼ゲリラテロや経済危機に苦しんだペルーは、多くの食通をうならせる「美食大国」として存在感を高めている。

    0
    続き

    作曲家グスタフ・マーラー自筆譜、6億円で落札

     オーストリアの作曲家グスタフ・マーラー(1860-1911年)の交響曲第2番「復活」の自筆譜が29日、ロンドンの競売商サザビーズでオークションに掛けられ、約455万ポンド(約6億3700万円)で落札された。サザビーズによれば、オークションでついた楽譜の値段としては史上最高という。

    0
    続き

    ヤンキース田中将大投手、観覧車に乗って笑顔

     米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が30日、古巣楽天の本拠地コボスタ宮城を訪れた。球団職員らにあいさつし、今季人工芝から天然芝に張り替えられたグラウンドの感触を確かめた。5月に新設された観覧車にも乗り、「上の方は怖かった。ああいう高さから試合が見られるのは面白い」と笑顔を見せた。

    0
    続き

    ミニバイクが疾走、ライダーは子供の味方

     縫いぐるみを前方にくくり付けたミニバイクが疾走しているのは、11月27日に南アフリカ・ヨハネスブルクで開かれた第34回「トイラン」。

     何千人ものバイク乗りが参加料代わりのおもちゃや文房具などを持参して集まった。

     これらは国内300カ所以上の孤児院や養護施設に贈られる。(EPA=時事)

    0
    続き

    大宜味村役場旧庁舎が国の重要文化財に

     国の文化審議会(馬渕明子会長)はこのほど、沖縄本島北部の大宜味(おおぎみ)村役場旧庁舎を重要文化財(建造物)に指定するよう文科省に答申した。

     旧庁舎は県内で最も早い時期に建てられた鉄筋コンクリート造りで、現存のものでは最古となる。役場機能は1972年に終え、現在は村史編纂(へんさん)室として利用されている。

    1
    続き

    山階鳥類研究所、アホウドリ移住繁殖に成功

     山階鳥類研究所は29日、特別天然記念物で絶滅の恐れが指摘されているアホウドリのひなを東京都の伊豆鳥島から小笠原諸島に移送し人工飼育した結果、同諸島での繁殖を確認したと発表した。アホウドリは1930年ごろまで同諸島に生息していた。研究論文はロンドン動物学会の学術雑誌「アニマルコンサベーション」オンライン版に掲載された。

    0
    続き

    京都府福知山市の難病児心臓移植に募金呼び掛け

     難病の拡張型心筋症を患い、米国での心臓移植手術を希望する京都府福知山市の後一尊ちゃん(1歳2カ月)の両親らが29日、京都府庁で手術のための募金に協力を呼び掛ける記者会見を開いた。目標額は3億2000万円。

     尊ちゃんは4カ月で拡張型心筋症と診断され、補助人工心臓を装着している。しかし体への負担が大きく合併症の危険性も高いため、早期の心臓移植が必要という。

    0
    続き

    野菜の宅配サービス好調、価格高騰受け注目集める

     天候不順による野菜価格の高騰を受け、野菜の宅配サービスが注目を集めている。あらかじめ決めた価格で農家から野菜を仕入れるため普段はやや値が張るが、最近ではスーパーなどで売られる商品との価格差が縮小したり、割安になったりするケースもあり、売れ行きも好調だ。

    0
    続き

    熊本県の蒲島郁夫知事から八角理事長へ感謝状

     熊本県の蒲島郁夫知事は26日、日本相撲協会による熊本地震の被災者支援を受け、九州場所が行われている福岡国際センターで、八角理事長(元横綱北勝海)に感謝状を贈呈した。

     蒲島知事は「感謝の気持ちでいっぱい。(熊本出身の)正代の活躍にも元気づけられている」などと語った。

    0
    続き

    来年のえと、かわいい酉の土鈴作りがピーク

     東京都調布市の陶芸店「むさし野深大寺窯」では、来年のえとの酉(とり)をかたどった土鈴の制作に追われている。土鈴は粘土で形を作り、中に玉を入れて焼き、音が鳴るようにしたもので、魔よけの願いが込められたとも言われている。

     同店では毎年えとの土鈴を生産しており、今年は約8千個を作る予定だ。代表の馬場良太郎さんは「縁起物なので心を込めて、かわいらしく作っています」と忙しそうに作業していた=28日

    0
    続き

    仙台市がタイのテレビドラマのロケを誘致

     2017年の「日タイ修好130周年」を記念したタイのテレビドラマの撮影が、このほど仙台市内で行われた。

     東日本大震災後の風評被害に悩む市が、海外からの観光客呼び込みの一環として、同国の制作会社に働き掛けるなど、ロケ誘致に積極的に取り組んだことが実を結んだという。ドラマは17年にタイで放映される予定。

    0
    続き

    横浜八景島、台湾の桃園市で水族館をオープン

     横浜・八景島シーパラダイスなどを運営する横浜八景島(横浜市)は28日、2020年1月に台湾北部の桃園市で水族館をオープンすると発表した。日本の水族館が海外に進出するのは初めてという。

     水族館は、台湾高速鉄道(台湾新幹線)の桃園駅前の建物内で営業。延べ床面積は約1万5000平方メートルで、横浜八景島が15年7月に開園した「仙台うみの杜水族館」の規模を上回る。初年度に160万人の来館を目標とする。

    0
    続き

    20世紀初め、夏の南極海氷域は現代より1割大きい

     探検家が南極点を目指した20世紀初めは、南極大陸を取り巻く海氷域の夏の面積が現代より1割大きい程度だったと、英レディング大の研究者らが28日までに欧州地球科学連合の科学誌に発表した。大西洋側のウェッデル海だけは、夏の海氷域が現代より南緯で1~1・7度北方まで広がっていたが、その他の海域はほぼ変わらなかったという。

    0
    続き

    スペインのバルセロナにスパイダーマン現る

     スペイン東部バルセロナで25日、「フランスのスパイダーマン」と呼ばれるフリークライマー、アラン・ロベールさんが命綱なしで高層ビルを登るパフォーマンスを行った。

     世界各地の高層ビルを制覇してきたロベールさんがこのビルを登るのは3度目。使うのはクライミングシューズと小物入れだけといい、超人的テクニックに驚かされるばかりだ。(EPA=時事)

    0
    続き

    キタサンブラックが堂々逃げ切り、名手も感心

     武豊騎手は「この馬、本当に強いな」と感じたという。キタサンブラックのGⅠ3勝目は、名手を改めて感心させる勝ちっぷりだった。

     最内枠から好スタートを切って先行。1000メートルを61秒7と、少し遅いぺースに持ち込み、最後の直線も余裕たっぷりに駆け抜けた。2着馬に2馬身半の差をつけ、史上3頭目の逃げ切り勝ち。武豊は「馬が気分良く走っていたので、自分に慌てるなと言い聞かせた。狙い通り」とうなずいた。

    0
    続き

    国際天文学連合が恒星227個の公式名称を決定

     北斗七星や七夕祭りの織り姫、彦星など計227個の恒星について、国際天文学連合(IAU、本部パリ)が26日までに公式名称を決め、リストをウェブサイトに掲載した。ひしゃくの形をした北斗七星の柄の先端にある恒星は「アルカイド」と「ベネトナシュ」の二つの呼び方があるが、アルカイドを採用。こと座の織り姫はベガ、わし座の彦星はアルタイルが公式名称となった。

    0
    続き

    ワイン通を目指す人らの「嗅覚」にアピール

     ワインの複雑な香りを嗅ぎ分け、その特徴を適切に表現できる能力を鍛えるトレーニングキット「ル・ネ・デュ・ヴァン」の日本語版の販売がこのほど始まった。果物や植物、木の実など54種類の香りの小瓶と解説書のセットで、価格は5万1840円。ワイン人気が高まる中、ワイン通を目指す人らの「嗅覚」にアピールしそうだ。

    0
    続き

    「放浪の画家」山下清ら入所施設の歩みを紹介

     「放浪の画家」として知られる山下清(1922~71年)が過ごした福祉型障害児入所施設「八幡学園」(千葉県市川市)の歩みを紹介する特別展が、千葉市の淑徳大学千葉キャンパスで開催されている。来年4月28日まで。入場は無料。1月27日までの期間限定で、山下の貼り絵作品2点も公開している。

     八幡学園は1928年に創設。多くの入所者が特性に見合った絵画や工芸などの作業を通じ、才能を開花させた。

    0
    続き

    感謝祭の日、NY中心部に「ピカチュウ」が登場

     感謝祭の24日、ニューヨーク・マンハッタンのセントラルパーク・ウェスト通りに、アニメ「ポケットモンスター」の人気キャラクター「ピカチュウ」が登場(写真、AFP=時事)。

     毎年恒例の感謝祭パレードは、キャラクターをデザインした巨大風船で知られ、今年で90周年を迎えた。

    0
    続き

    羽生結弦がNHK杯で2連覇、GPファイナルへ

     300点をわずかに超えたスコアを見て、羽生は少し大げさに表情を崩した。昨季マークした世界最高得点とは差があるが、「やっとベースができてきた」。SPに続きフリーでもミスがあった中で届いた大台だからこそ、意味がある。

    0
    続き

    今年の世相を表す変わり雛も「TOKYO」をPR

     来年の1月4日から一般公開される今年の世相を表した変わり雛(びな)がこのほど、東京・上野の真多呂人形会館で報道関係者にお披露目された。

     リオデジャネイロ五輪の閉会式で、ゲームの人気キャラクター「マリオ」に扮(ふん)して次回大会の「TOKYO」をPRする安倍晋三首相と着物姿の小池百合子東京都知事(写真前列右、24日)。

    0
    続き

    ハリケーン被災地ハイチ、死者数も定まらず

     カリブ海のハイチを10月に襲った巨大ハリケーン「マシュー」の被害が1カ月以上経過した今も判然としない。死者数はハイチ政府の発表では約500人。しかし「1000人に達している」(ロイター通信)と報じるメディアもある。「被害の様子が伝わらない」と現地に日本赤十字社が派遣した五島三保子さんに話を聞いた。

    0
    続き