■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    「山・鉾・屋台」、政府が無形文化遺産に提案

     政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に提案していた「山・鉾・屋台行事」について、事前審査を行うユネスコ評価機関は31日、登録するよう勧告した。11月28日からエチオピアの首都アディスアベバで開かれる政府間委員会で正式決定される見通し。

     「山・鉾・屋台行事」は、華やかに飾り付けられた山車や屋台が街を巡る全国18府県の祭り計33件で構成する。

    0
    続き

    国交省、「バスタプロジェクト」年内にも公表へ

     国土交通省は、バスの利便性向上に役立つ道路施策を「バスタプロジェクト」と名付け、年内にも公表する方針だ。高速道路のサービスエリア(SA)で高速バスを乗り換える実証実験や、一般道の「道の駅」にバス停を設置する取り組みなどを盛り込む予定。今後、同省の有識者検討会で具体的な内容を詰める。

    1
    続き

    成田空港-大崎駅に、格安高速バスが運行開始

     成田空港と東京都品川区の大崎駅を1000~1200円で結ぶ格安高速バス「成田シャトル」が31日、運行を開始した。所要時間は約1時間半で、1日43便を運行する。同空港とJR山手線の南側を結ぶ格安バスは初めて。

     成田と都心を1000円程度で結ぶバスは格安航空会社(LCC)が相次いで就航した2012年に登場したが、東京駅や銀座駅発着で、地域によっては利便性が高くなかった。

    0
    続き

    105機の色とりどりの熱気球、一斉に大空へ

     31の国と地域から計105機の熱気球が参加する「2016佐賀熱気球世界選手権」の競技飛行が31日、佐賀市の嘉瀬川河川敷で始まった。色とりどりの模様の気球が、集まった観客の視線を浴びながら、一斉に大空に飛び立った。

     佐賀での世界選手権の開催は1997年以来19年ぶり3回目。

    0
    続き

    マクマラン氏制作の今年のカボチャは大統領候補

     ハロウィーンを控えたニューヨークで10月28日、米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官と共和党候補ドナルド・トランプ氏を描いた巨大カボチャがお披露目された。

     制作した「カボチャ彫刻家」ヒュー・マクマラン氏は毎年、ハロウィーンに合わせて作品を発表している。(AFP=時事)

    0
    続き

    「空気がおいしい」、大西卓哉さんが無事帰還

     国際宇宙ステーション(ISS)に約4カ月間滞在していた宇宙飛行士大西卓哉さん(40)が日本時間30日午後0時58分、ロシアのソユーズ宇宙船で、中央アジア・カザフスタン中部の草原地帯に帰還した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、大西さんは健康状態に問題はなく、「地球は空気がおいしい。4カ月間充実した時間を過ごすことができた。成果を早く皆さんに伝えたい」と話した。

    0
    続き

    1枚の絵はがきで、一期一会の出会いを現代に

     宛名を空欄にして絵はがきを出すと、知らない人から絵はがきが届く。明治時代に流行したという「絵はがき交換会」が京都で行われている。手紙を書くことが少なくなった現代で、1枚のはがきを通じた一期一会の出会いが静かな人気を集めている。

    1
    続き

    6万本のバラの花びらで、巨大な花絵が登場

     東京・晴海で29日、色とりどりの花びらで歩道に絵を描くイベント「フラワーカーペット晴海2016」が行われた。

     約6万本のバラの花びらを使い、伝統をテーマに赤富士や歌舞伎役者をモチーフにした作品が登場。

     午後5時からはライトアップされ、運河沿いの遊歩道に巨大な花のじゅうたんが幻想的に浮かび上がった。同イベントは11月1日まで。

    0
    続き

    歴代徳川将軍ゆかりの「御成道」のPRサンバ

     埼玉県川口市は、歴代徳川将軍による日光参拝の往復に使われた歴史街道「御成道」(おなりみち)をPRする「元気川口・御成道サンバ」を制作し「日光御成道まつり・秋絵巻」で披露した。

     明るいリズムで、奥ノ木信夫市長が作詞を監修。市民の歌と踊りとして定着を図る。

    1
    続き

    メキシコ市でトランプ氏の風刺像が披露

     27日、メキシコ市で披露された、ハゲタカの胴体に米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の頭を載せた彫刻。

     トランプ氏が壁の建設を主張する米・メキシコ国境の都市メヒカリに置かれる予定だ。(AFP=時事)

    0
    続き

    日本ハムが一気呵成、10年ぶり3度目の日本一

     日本ハムは頂点にたどり着いた一戦でも、代名詞といえる終盤の粘りを発揮した。一気呵成(かせい)に一挙6点を勝ち越した八回に今季の強さが集約されていた。

     五回以降は無安打に抑えられ、八回も2死走者なし。ここから西川が右前打で出塁し、中島と岡が単打で続いた。足が自慢の3人が必死でつないで満塁の好機を築いた。動揺がありありと見えるジャクソンを攻略するのは、もうたやすいことだった。

    0
    続き

    「国父」故プミポン国王に別れ、一般弔問開始

     13日に死去したタイのプミポン国王の遺体が安置されている首都バンコクの王宮で29日、一般市民が国王のひつぎの前で弔意を表す弔問の受け付けが始まり、「国父」の死を悼む人々が長蛇の列をつくった。

     これまで一般市民の弔問は、王宮内に設置された国王の肖像前での拝礼や記帳に限られていた。国王を弔う15日間の仏教儀式が28日で終了したのを機に、ひつぎの前での一般向けの弔問が29日から認められた。

    0
    続き

    まるで「お化け」、ハロウィーンにクラゲが変身

     今月末のハロウィーンに合わせ、東京都墨田区の「すみだ水族館」では、クラゲをお化けに見立てた特別展示が開かれている。不気味に飾った水槽を、透き通ったクラゲが漂う様子が本物のお化けに見えると人気で、担当者は「かわいいだけでないクラゲのミステリアスな魅力にも気付いて」と話している。31日まで。

    0
    続き

    世界のウチナーンチュ、沖縄・那覇市に集結

     海外に移住した沖縄県出身者やその子孫が一堂に会する「第6回世界のウチナーンチュ大会」が26日、那覇市で開幕した。国内外の約6000人が音楽に合わせ、「ただいま」「めんそーれ(ようこそ)」と声を掛け合いながら、そろいの衣装で同市の観光地「国際通り」を練り歩いた。

    1
    続き

    中国・遼寧省の瀋陽でもハロウィーン商戦

     31日の「ハロウィーン」に向け、中国でもお祭り気分が盛り上がっている。

     東北部・遼寧省の省都・瀋陽のショッピングモール前では24日、カボチャのちょうちんで照らし出されたアーチが買い物客らの目を楽しませていた。(AFP=時事)

    0
    続き

    大隅良典さん、草間彌生さんら6人に文化勲章を

     政府は28日、2016年度の文化勲章をノーベル医学生理学賞受賞が決まった東京工業大栄誉教授の大隅良典氏(71)、画家・彫刻家の草間彌生氏本名草間弥生(87)、作家の平岩弓枝氏(84)、作曲家の船村徹氏本名福田博郎(84)ら6人に贈ることを決めた。文化功労者には俳優・歌手の杉良太郎氏本名山田勝啓(72)、元体操選手の小野喬氏(85)、作家の津村節子氏本名吉村節子(88)ら15人を選んだ。

    0
    続き

    三笠宮殿下薨去を悼み、ゆかりの人ら次々と記帳

     三笠宮親王殿下の薨去から一夜明けた28日午前、赤坂御用地(東京都港区)にある三笠宮邸で一般記帳の受け付けが始まり、ゆかりのある人々らが次々と訪れて三笠宮殿下の薨去を悼んだ。

    0
    続き

    ハロウィーン目前、警視庁が渋谷駅前を警戒

     ハロウィーンを目前に控えた週末の28日夜、東京・渋谷では雨の中、仮装した若者らの姿が見られた。警視庁は31日までの4日間、機動隊員ら数百人を動員して渋谷駅前を警戒。混雑した場合は車両の通行を規制して「歩行者天国」とする。

    0
    続き

    米アップル、新製品「マックブックプロ」を発売

     米アップルは27日、ノート型パソコン「MacBook Pro(マックブックプロ)」の新製品を発売した。

     従来のファンクションキーに代わり、キーボードの上部に高精細のカラータッチパネルを搭載。指先で触れるだけでさまざまな機能を呼び出すことができる。決済サービス「アップルペイ」などに対応する指紋認証機能も組み込んだ。

    0
    続き

    ピコ太郎「ミラクル起こった!」

     自作曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が動画サイトでヒット中の歌手、ピコ太郎さんが28日、日本外国特派員協会(東京都千代田区)で記者会見し、米国や欧州の一部でソニー系の音楽レーベルなどと新たに契約を結んだと発表した。同日から「PPAP」のロングバージョンを海外で先行配信するという。

    0
    続き

    映画「誰のせいでもない」

     巨匠ヴィム・ヴェンダースが挑んだのは、一つの事故をきっかけに、運命が少しずつ変わってゆく男と3人の女たちの物語である。雪の日にある事故を起こしてしまった主人公トーマス。誰もが彼のせいではないと分かっていても、取り返しのつかない事態に罪悪感を覚え、苦悩する。恋人サラとの関係もうまくいかなくなり、作家である彼は書くことに専念するようになった。

    0
    続き

    映画「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」

     多くの映画賞に輝いたドキュメンタリー映画『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』が11月26日(土)YEBISU GARDEN CINEMAその他で順次全国で公開される。

     ニコラスは“英国のシンドラー”と呼ばれた人物。第2次大戦開戦前夜、ナチス・ドイツが台頭し、迫害を受けたユダヤ人難民が各地に発生。彼は公的支援なしにその子供たちを安全な国に疎開させる活動を展開した。

    0
    続き

    「クールジャパン」の魅力を世界に向けて発信

     三越伊勢丹ホールディングス(HD)は27日、マレーシアの首都クアラルンプールに「クールジャパン」をテーマとした初の大型店舗をオープンした。マレーシアなどと同じイスラム圏の中東を含めた世界の消費者をターゲットに、日本の優れたものづくりや文化、サービスを発信する。

    0
    続き