■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    フィギュアスケートの浅田真央が引退を表明

     フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリストで、世界選手権を3度制した浅田真央(26)中京大が10日、自身のブログで現役引退を表明した。「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」と記した。

    2
    続き

    ボートから楽しむ満開のソメイヨシノ

     桜の名所として知られる千鳥ケ淵(東京都千代田区)周辺は、ソメイヨシノなどの桜を見ようと多くの人でにぎわっている。

     より近くから眺めようと、水面には見物客が乗り込んだ色とりどりの貸しボートが浮かんだ。

    0
    続き

    「子どもたちに夢を」、山口吉彦さん基金設立

     山形県に住む文化人類学者が40年以上前から収集してきた貴重な南米アマゾン関連の資料約2万点が、散逸の危機にさらされている。展示を続けてきた公営施設が3年前に閉館。保管期限が迫る中、「子どもたちに夢を与えたい」との思いから、再展示に向けた基金が立ち上げられた。

    0
    続き

    JAXA、火星の衛星探査でCNESと協力

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日、火星の衛星から世界初のサンプル回収を目指す探査計画MMXについて、フランス国立宇宙研究センター(CNES)と協力協定を締結した。仏側から観測装置の提供を受けるほか、衛星周回軌道の共同検討などを行う。

    0
    続き

    気分はガリバー、スイス全土の名所を再現

     5日、スイス南部メリーデのテーマパーク「スイスミニアチュール」で、縮尺模型を仕上げる女性。

     完成したのは、国際映画祭で有名な南部ロカルノの市街地。このテーマパークは、スイス全土の名所を再現している。(EPA=時事)

    0
    続き

    缶やマネキンの頭など、深海底にまでごみ汚染

     ジュースの缶やスニーカー、マネキンの頭まで-。海洋研究開発機構は3日、有人潜水調査船「しんかい6500」などで撮影した深海底の動画や画像の中から、ごみの写っているものを分類、整理した「深海デブリデータベース」をインターネットで公開した。

    1
    続き

    カタクチイワシ繁殖展示、飼育・研究を解説

     神奈川県藤沢市にある新江ノ島水族館(堀由紀子館長)で、世界初の生きた「シラス」の常設展示を始めたのは、開業10周年目を迎えた2014年4月。これまでの研究成果を踏まえて、先月15日、展示を拡大リニューアルし、館内の相模湾ゾーンに「シラスサイエンス」をオープンした。

    0
    続き

    両夫人「ファーストレディー外交」で友好演出

     トランプ米大統領のメラニア夫人は7日、習近平・中国国家主席の彭麗媛夫人と共に滞在先のフロリダ州にある芸術専門の公立学校を訪問し、生徒らに歓待された。両夫人は通訳を介して仲良く言葉を交わし「ファーストレディー外交」で友好を演出した。

     元モデルのメラニア夫人はこの日、藍色のパンツスーツに白のスカーフ。一方、「国民的歌手」として人気の彭麗媛夫人は、中国風のゆったりした白い服装で行事に臨んだ。

    0
    続き

    東京都最高峰の雲取山を「きのこの山」に?

     東京都は4日、都庁で自然公園事業の充実のため株式会社明治との間で協定を結んだ。今後、都と明治は都民への自然公園PRやイベント開催の支援などに取り組む。

    0
    続き

    アジアゾウ「イズミ」死ぬ、62歳

     群馬県桐生市は5日、市立桐生が岡動物園で飼育していた雌のアジアゾウ「イズミ」が死んだと発表した。推定62歳で、国内の雌のアジアゾウで最高齢だった。同園は死因を調べている。

     同園によると、イズミは1957年にタイから贈られ、64年4月に来園。多くの観光客に親しまれた。今月3日までは元気だったが、4日朝、倒れているのを飼育職員が発見。同日午後4時すぎに息を引き取った。

    0
    続き

    サンウルブズ、ベテランが加わり初勝利

     逆転につながるトライは、ベテランの一声から生まれた。「端っこにいろ」。後半28分すぎ。矢富と交代し、ベンチに戻ろうとしたSH田中がWTB中鶴に声を掛けた。

    0
    続き

    「高千穂あまてらす鉄道」が大自然一望で人気

     熊本、大分両県との県境に接する宮崎県高千穂町で、廃線跡を走る観光車両が人気を集めている。廃止された旧高千穂鉄道の線路を使い、大自然を一望できるのが特徴だ。1年前の熊本地震の影響で昨年度の乗客数は減ったが、客足は戻っており、町は「震災復興のけん引車に」と期待する。

    0
    続き

    郡山城天守台に展望施設が4年がかりで完成

     奈良県大和郡山市にある郡山城の天守台に、展望施設が完成した。上田清市長、荒井正吾県知事らが出席して完成式典が開かれた後、一般公開している。

     市は、城の石垣の一部で崩落の危険性があったことから、4年がかりで積み直し、新たな観光スポットとして展望施設を整備した。

    0
    続き

    みんなで幸せに、戦火を逃れて合同結婚式

     7日、イラク北部のクルド人自治区の中心都市アルビルで合同結婚式が行われた。

     挙式したのは過激派組織「イスラム国」(IS)の牙城、北部モスルから戦火を逃れたカップルたち。赤新月社が資金を提供した。(AFP=時事)

    0
    続き

    金井宣茂さん、「今からミッションが楽しみ」

     今年11月から国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する予定の宇宙飛行士金井宣茂さん(40)が訓練中の米国から一時帰国し、インタビューに応じた。あと半年余りに迫った初飛行に向け、金井さんは「訓練は宇宙飛行士として自分自身の能力を高めるチャンス。地上の管制チームの準備状況の良さも改めて感じ、今からミッションが楽しみだ」と語った。

    0
    続き

    炭火焼肉店「うしざか」が西麻布にオープン

     落ち着いた「和」の空間で、ゆったりと本格焼き肉を楽しむ――。そんな新しいコンセプトの炭火焼肉店「うしざか」が先月末、東京・西麻布にオープンした。

    2
    続き

    女優の京唄子さんが死去、89歳

     夫婦漫才コンビ「唄子・啓助」で親しまれた女優の京唄子(きょう・うたこ、本名鵜島ウタ子うじま・うたこ)さんが6日、死去した。89歳だった。京都市出身。

     終戦直後に舞台女優となり、1956年、故鳳啓助さんとコンビを組んで漫才を始め、人気を集めた。テレビ番組「唄子・啓助のおもろい夫婦」の司会を長く務め、歯切れの良い言葉で人気を博した。人形喜劇の「京唄子劇団」を率いて舞台でも活動した。

    0
    続き

    半導体大手のルネサス、自動運転車を試作

     半導体大手のルネサスエレクトロニクスは6日、自社の半導体を搭載して試作した自動運転車を、東京都内で報道陣に公開した。故障やサイバー攻撃があっても安全な走行を確保できるのが特長だ。同社は、自動運転車の実用化に向けて独自技術を磨き、完成車メーカーなどへの提案力を強化する。

     ルネサスは、自動走行に用いる主要な半導体を全て自社で開発。ソフトウエア会社の協力も得て、試作車に仕立てた。

    0
    続き

    国立公文書館、憲法制定70周年を記念し特別展

     日本国憲法施行70周年を記念し、国立公文書館(東京都千代田区)は7日、同館で8日から開催する日本国憲法誕生への歩みをたどる特別展「誕生 日本国憲法」の報道陣向け内覧会を行った。

     通常閲覧できない日本国憲法原本のほか、憲法草案に関する想定問答のメモなど61点を公開。来場者がポツダム宣言受諾から新憲法誕生に至る一連の流れを把握できるようにしている。

    0
    続き

    帰還の小高小学校で入学式、近隣の3校を集約

     東京電力福島第1原発事故による避難指示が昨年7月に解除された福島県南相馬市小高区で、移転先から6年ぶりに戻った小学校が6日、入学式を行った。市立小高小の校舎に近隣の3校を集約する形で再開し、児童数は4校で62人と、東日本大震災前の2010年に比べ9割以上減少した。

    0
    続き

    日本城郭協会、「続日本100名城」を発表

     歴史の研究者や愛好家らでつくる日本城郭協会は6日、「続日本100名城」を発表した。徳川家康が過ごした浜松城(浜松市)や、和田竜さんの小説で映画化された「のぼうの城」の舞台にもなった忍城(埼玉県)などが選ばれた。

    1
    続き

    SC軽井沢ク、貫き磨いた「攻めのカーリング」

     SC軽井沢クが日本男子カーリング界に新たな歴史を刻んだ。開催国として出場した1998年長野大会以来、20年ぶりの出場となる五輪切符。「五輪の前哨戦として頑張りたい」。両角友が意気込んでいた通り、世界選手権で着実に白星を重ねた。初めて自力で出場権をつかみ、平昌五輪の晴れ舞台に立つ。

    0
    続き

    ヨルダンで母子手帳アプリ、日本支援で開始

     世界で普及が進む日本発祥の母子手帳がこのほど、多くのパレスチナ難民を受け入れているヨルダンで国際協力機構(JICA)と国連機関の協力により電子化され、スマートフォンのアプリとなった。紛争などで移動を強いられ、紙の手帳を紛失しても、避難・移住先で受診が継続できるようになる。

    0
    続き