■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    平昌五輪あと1年、五輪会場で記念式典華やかに

     来年の平昌五輪の開幕まであと1年となった9日、日本海に面した江陵の五輪アイスホッケー会場で記念式典が行われた。

     朴槿恵大統領の代行を務める黄教安首相が出席し、「五輪成功のために力を尽くしてきた」とスピーチ。平昌大会後に五輪を控える日本や中国の名を挙げ、「協力を拡大していく」と述べた。

    0
    続き

    きょうから「第9回恵比寿映像祭」が開幕

     展示や上映などを通して映像分野の創造活動の活性化を目指すイベント「第9回恵比寿映像祭」が10日から、東京都目黒区の東京都写真美術館などで始まる。

     同美術館リニューアルオープン後初の開催となる今回、「マルチプルな未来」を総合テーマに、映像の複製技術による多様な展開について考察する。

    0
    続き

    ただ今、フンボルトペンギンの愛称を募集中

     神奈川県藤沢市にある新江ノ島水族館(堀由紀子館長)では、2月14日(火)から3月14日(火)まで、昨年6月に誕生したフンボルトペンギンの愛称を募集している。

    0
    続き

    観光展で日本PR、杉原千畝氏ゆかりの自治体参加

     イスラエルの商都テルアビブで7日、国際旅行博が2日間の日程で始まり、日本の自治体などが出展した。日本ブース開幕式では、冨田浩司・駐イスラエル日本大使が「5年前は日本へのイスラエル人観光客は7000人だったが、今やその4倍となった。さらなる増加を期待している」とあいさつした。

    0
    続き

    少数民族サーミ人知って、映画上映と現状報告

     スウェーデンやノルウェー、フィンランドのほかロシアの極北の地で暮らす少数民族サーミ人の暮らしを知ってもらおうと、東京都港区のスウェーデン大使館で6日夜、映画などを上映する催しが開かれた。現地入りしてサーミの研究を行ってきた愛知工業大の長谷川紀子非常勤講師が「近代化でサーミの生活は大きく変わってしまい文化は失われつつある。(北欧でも)学校教育で教えていかないと、どこで教えていくのかという状況だ」と現状を報告した。

    0
    続き

    レスリングの吉田沙保里、「美」も追究する

     レスリングの五輪4大会連続メダリスト、吉田沙保里(至学館大職)が8日、東京都内のイベントに出席した。昨年のリオデジャネイロ五輪後は、選手兼任で全日本女子の代表コーチに就任。「今まで通り、練習しながら後輩を教えている感じ」と現況を語った。

    0
    続き

    東京都大田区の新田神社起点に甲冑姿で武者行列

     甲冑(かっちゅう)をまとった約80人がこのほど、南北朝時代の武将・新田義興を祭る新田神社(東京都大田区)を起点に、義興公ゆかりの神社や商店街などを練り歩いた。

     街を活性化し、同公を広く知ってもらおうと「大田手作り甲冑製作研究保存会」が企画し、今年 で2回目。

     参加した北嶋守さん(71)は「流鏑馬(やぶさめ)を趣味でやっているので、次は馬とパレードに参加したい」と話した。

    0
    続き

    インドの集団結婚式、141組のカップルが参加

     インド西部のアーメダバード郊外で5日、伝統衣装を身にまとったカップルが集団結婚式に臨んだ。

     寄付金で催された式には141組が参加した。(AFP=時事)

    0
    続き

    高山右近を「福者」に、ローマ法王庁が大阪で式典

     江戸幕府に国外追放され、フィリピンのマニラで病死したキリシタン大名、高山右近(1552~1615年)をローマカトリック教会が「福者」に加える列福式が7日、ローマ法王庁の主催で大阪市の大阪城ホールで開かれた。福者は聖人の前段階とされ、信者の崇敬の対象となる。

    1
    続き

    将棋の三浦弘行九段「思い切りぶつかりたい」

     対局中の将棋ソフト使用疑惑が晴れ、13日の竜王戦予選で公式戦に復帰する三浦弘行九段(42)が7日、報道各社の取材に応じ、対局相手が羽生善治3冠(46)王位、王座、棋聖となったことについて、「胸を借りるつもりで思い切りぶつかりたい」と意欲を語った。

    0
    続き

    安倍首相昭恵夫人、韓国は「とても大切な国」

     7日付の韓国紙・東亜日報によると、安倍晋三首相の昭恵夫人は同紙のインタビューで、韓国について「何があっても日本にとり、とても大切な国であることに変わりはない」と述べ、日韓関係の重要性を強調した。

     インタビューは1月19日、首相官邸で行われた。同紙は、昭恵さんが韓流ファンであることを紹介。昭恵さんから「洗練された日本女性の親切さと素朴さを感じた」と伝えた。

    1
    続き

    氷上の村「しかりべつ湖コタン」がオープン

     北海道鹿追町の氷結した湖上に「アイスバー」や露天風呂、ロッジなどが造られる「しかりべつ湖コタン」がオープンした。

     然別湖は道内で最も高い標高にある湖で、厳冬期には、湖上が厚い氷で覆われる。コタンはアイヌ語で「村」の意味。建造物は湖の氷と雪でできている。主催は実行委員会と同町。

    0
    続き

    「沖縄カスタムカーショー」、沖縄初開催

     特別仕様の自動車が一堂に会する「沖縄カスタムカーショー2017」が1月28、29の両日、豊見城市の美らSUNビーチで開かれ、1万人を超える来場者でにぎわった。

     沖縄初開催となるカスタムカーショーには99社から142台の車が展示され、個性的な車の数々に来場者らは目を輝かせていた。

    0
    続き

    北海道の雪の祭典「さっぽろ雪まつり」が開幕

     毎年200万人以上が国内外から訪れる北海道の雪の祭典「第68回さっぽろ雪まつり」が6日、開幕した。大通公園など市中心部の3会場に、雪像や氷像など計200基が展示されている。期間は12日まで。

    0
    続き

    英女王が即位65年「サファイア・ジュビリー」

     英国のエリザベス女王(90)は6日、1952年の即位から65年を迎えた。「サファイア・ジュビリー」と称される即位65年に達した英君主は女王が初めて。「新たに刻まれた歴史」(英メディア)を記念し同日昼、ロンドンのバッキンガム宮殿近くなどで祝砲が鳴らされる。

    0
    続き

    札幌市内で聖火リレー、浅田舞さんらが走る

     19日に開幕する冬季アジア大会の聖火リレーが6日、札幌市内で行われ、「さっぽろ雪まつり」が行われている大通公園周辺など6区間で54人のランナーがトーチをつないだ。

    0
    続き

    レゴランド、ブロックの「鍵」で完成を祝う

     名古屋市港区に今春誕生する屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」で、施設の完成を祝う式典が2日開かれ、建設責任者から運営会社レゴランドジャパンのトーベン・イェンセン社長にレゴブロックで作った「鍵」が引き渡された。今後、4月1日のオープンに向け最終準備が進む。

    0
    続き

    ヨガ「サン・サルテーション」でリフレッシュ

     3日、インド南部バンガロールの州議会庁舎前で、大勢の人々がヨガのポーズを披露した。「サン・サルテーション(太陽礼拝)」と呼ばれるもので、ヨガの基本体操だ。

     数百人が参加した今回の体操には、健康増進や幸福、調和への願いが込められているという。(EPA=時事)

    0
    続き

    34歳の中本健太郎、別大マラソンで見事に復活

     実力がありながら、過去に一度も勝てなかったマラソン。中本は「優勝がこんなに気持ちがいいものなのかと初めて知った」と実感を込める。いつもの淡々とした口調だが、高ぶった感情が表情に表れた。

     26キロすぎでペースメーカーが外れ、2時間7分48秒の記録を持つデベレが先頭に立ったが、無理には追わない。「一時的なペースアップだと思った」と振り返ったように、冷静に勝機を探った。

    0
    続き

    加藤徹さん、北方領土でファッションショー

     北方四島での共同経済活動などで合意した昨年12月の日露首脳会談後、初めてとなる「北方領土の日」を7日に迎える。国後島民2世のファッションデザイナーで、同島と択捉島でショーを開催した加藤徹さん(67)東京都世田谷区は「交流から始めよう」と呼び掛けている。

    1
    続き

    ローザンヌ国際バレエで日本人2人が入賞

     若手ダンサーの登竜門として知られる「ローザンヌ国際バレエコンクール」第45回大会の最終選考が4日、行われ、ドイツのマンハイムバレエアカデミーに留学中の中尾太亮さん(17)松山市出身が3位に入賞した。さいたま市でバレエを学ぶ山元耕陽さん(15)も4位に入り、奨学金の対象となる8人のうち日本人が2人を占めた。

    0
    続き

    野老朝雄氏デザインで徳島県特産の藍をPR

     徳島県特産の藍をPRするため、2020年東京五輪・パラリンピック公式エンブレムをデザインした野老朝雄氏が、ロゴマークと文様を制作した。

     古典的な波の図柄を基に、鳴門の渦潮や祖谷地方の雲の流れを組み合わせたデザインで、「組藍海波紋(くみあいがいはもん)」と名付けた。

    1
    続き

    水牛のお色直し、旧正月明けの祭り「テト」

     全身を緑や青の絵の具で塗られ、ほお紅を差される水牛。

     「テト」と呼ばれる旧正月明けのベトナム北部ハナム省では2日、農耕に欠かせない水牛に彩色を施す祭りが開かれ、全国から集まったアーティストが大勢の観客を前に腕前を披露した。(EPA=時事)

    0
    続き