■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    上野動物園の赤ちゃんパンダ、乳を吸う

     上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの赤ちゃんについて、福田豊園長(57)が13日、報道陣の取材に応じ、「数分間、乳首に吸い付く様子が4、5回確認された」と説明した。同日公開された写真には、母親のシンシン(11歳)が赤ちゃんの体をなめる様子も。生後1週間程度は不安定な状態のため、同園は24時間態勢で職員が見守りを続ける。

    0
    続き

    ジャパンブルー、「国内初のデニム学生服」誕生

     「桃太郎ジーンズ」などを展開するデニムメーカーのジャパンブルー(岡山県倉敷市)と私立校の関西高校(岡山市)は13日、デニム製の濃紺の学生服を発表した。関西高校が来年度から制服として導入する。岡山県は国内有数のデニムと学生服の産地。ブレザーの生地に、ジャパンブルーが学生服向けに開発した耐久性があり、色落ちしにくいデニムを採用した。

    0
    続き

    NYメトロポリタン美術館で日本の竹工芸展

     米ニューヨークのメトロポリタン美術館で、13日から日本の竹工芸を紹介する特別展「日本の竹アート アビー・コレクション」が始まる。同美術館が竹工芸の特別展を行うのは初めて。美術館の隣に住むアビー夫妻が寄贈した約70点などが展示される。

    2
    続き

    屋根のふき替えにチタン瓦5万7000枚を使用

     東京・浅草の観光名所、浅草寺(東京都台東区)は13日、チタン製の瓦を使用した五重塔を報道陣に公開した。屋根のふき替えに伴い、従来のアルミ製から変更。アルミに比べさびにくく、長い目で見て補修費用が安く済むという。

     浅草寺の守山雄順執事長は、数十年以上もメンテナンス不要とされるチタン瓦について、「値段は高かったが、その価値はある」と述べた。

    1
    続き

    上野動物園でパンダの赤ちゃんが誕生

     上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの雌「シンシン」(11歳)が12日正午前、赤ちゃん1頭を出産した。シンシンの出産は2012年7月以来、約5年ぶり。前回の赤ちゃんは生後6日で死んでおり、同園は母子の体調を慎重に観察する。

     同園によると、赤ちゃんの性別は不明だが、体重150グラム程度とみられる。母子ともに健康で、赤ちゃんは誕生直後から「ギャーギャー」と元気に鳴いたという。

    1
    続き

    アストロズの青木宣親外野手が日米通算2000安打

     アストロズの本拠地の観衆は総立ちになり、エンゼルスの選手も拍手を送った。青木が六回に左前打を放つと、大型スクリーンに日米通算2000安打達成を祝うメッセージが浮かび上がった。

     「一瞬プレーが中断したのでびっくりした。すごくうれしかった」。帽子を脱ぎ、照れくさそうな笑顔。開閉式の屋根が閉められていたため、歓声が反響して降り注ぐ。それを全身で受け止めるように両手を上げた。

    1
    続き

    ホンダ、中国・湖北省武漢市の自動車工場を公開

     ホンダは12日、中国・湖北省武漢市の自動車工場を公開した。同社は武漢市にこれとは別の新工場を建設中で、中国の自動車工場は計7カ所に増える。世界最大の自動車市場、中国は2016年の新車販売台数が2800万台を超え、トヨタ自動車も生産能力を拡大している。エコカー政策もにらみ、現地生産の拡大が日系メーカー共通の課題となっている。

    0
    続き

    「いい顔してる植物」展、独自の美しさを提案

     「いい顔してる植物」をコンセプトに、独自の美しさを提案する広島県の植物屋「叢-Qusamura」(広島市西区)の展覧会が、東京・池袋のパルコミュージアムで開かれている。

     会場にはサボテンや多肉植物を中心に、国内外から集めた約300点200種のユニークな植物が並ぶ。突然変異によって独特の色や形を持つ一点ものの個体も多い。展示植物の一部は購入できる。

    0
    続き

    波打つ明かりが「世界海の日」を祝う

     スペイン・マドリードの国会正面が8日、色とりどりの幻想的な照明に照らされた。

     国連が定める「世界海の日」を祝うもので、世界各地でこの日、海上の安全や海洋の環境保全をテーマにさまざまな取り組みが実施された。(EPA=時事)

    0
    続き

    米新興サイト「アクシオス」がスクープを連打

     1月に開業した米インターネットメディア「アクシオス(Axios)」がトランプ政権に関するスクープを連打している。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱も「トランプ大統領が決断した」と発表前に報じ、国内外の報道機関を出し抜いた。

    3
    続き

    カタールが「兵糧攻め」に、市民は動揺

     サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)などアラブ諸国が断交したカタールでは、輸出入の大半を依存するペルシャ湾岸諸国との貿易が停滞する恐れから、市民が日用品を買いだめする動きが出ている。唯一陸路がつながるサウジは、国境検問所を封鎖。カタールは豊富な天然ガス収入を背景に世界屈指の富裕国となったが、思わぬ「兵糧攻め」に揺れている。

    0
    続き

    デザインから演出まで、服装学部の学生が企画

     文化学園大学服装学部の4年生が企画する第32回ファッションショーが9日から、東京都渋谷区の同大学遠藤記念館大ホールで開かれている。

     ファッション界の即戦力となる人材を育成する六つのコースの学生たちが合同で行うショーは、毎年多くの人が来場する人気イベント。今年のテーマは「Re」で、RemakeやReviewなど八つの動詞から学生たちがもう一度見つめ直すべきことを表現した。

    5
    続き

    人間国宝の伊藤赤水さんの個展が開かれる

     人間国宝伊藤赤水さんの個展が東京・日本橋三越本店本館6階美術特選画廊で6月13日(火)まで開かれている。

     伊藤さんは、美しい景色と豊かな自然に囲まれて独自の文化を育んできた佐渡島で制作している。使用している土は佐渡金山の鉱脈近くから産出される「無名異」と呼ばれる赤土で、高温焼成で高質化させる無名異焼。

    0
    続き

    敵か味方か、コヨーテは移民が頼る密輸業者

     7日、メキシコ郊外にたたずむコヨーテの像。

     メキシコから米国を目指す不法移民の手引きをする密輸業者も「コヨーテ」と呼ばれ、移民に頼られる一方、強盗や人身売買など犯罪の温床にもなっている。(EPA=時事)

    0
    続き

    藤井聡太四段が公式戦25連勝で歴代単独2位

     中学3年の最年少将棋棋士、藤井聡太四段(14)が10日、東京都内で開幕した第3期叡王戦段位別予選2回戦で都成竜馬四段(27)に勝ち、プロデビュー後の公式戦連勝記録を25に伸ばした。将棋界の連勝記録としては歴代単独2位で、神谷広志八段(56)が持つトップ記録の28連勝まで3勝に迫った。

     藤井四段の次の対局は15日の順位戦。さらに勝ち進めば21日の王将戦予選が28連勝を懸けた対局となる。

    1
    続き

    殉職した警部補・中村恒雄さんの慰霊碑ひっそり

     過激派「中核派」が1971年に起こした渋谷暴動の現場となった東京都渋谷区神山町。高級住宅街に近い商店街の一角に、新潟県警から応援で派遣され殉職した中村恒雄警部補当時(21)の慰霊碑がひっそりと立っている。46年ぶりの容疑者逮捕を受け、花束や飲み物を供える人が絶えず、「46年間お待たせしました どうかやすらかに」のメッセージも添えられていた。

    2
    続き

    六魂祭の後継行事「東北絆まつり」が開幕

     東日本大震災からの復興と犠牲者の鎮魂を願い、東北6県の夏祭りが一堂に会する「東北絆まつり」が10日、仙台市で開幕した。2011年から6県を一巡した「東北六魂祭」の後継行事で、今後も各県の持ち回りで毎年行う予定。11日まで開催される。

    0
    続き

    宮里藍「最終日は笑顔で18番を終えたい」

     宮里藍の表情は穏やかだった。「気力を使ったのは(何とか予選を通過した)きのうの3分の1くらい」と笑う。ただ、アンダーパーで回ったとはいえ、「できればもう少しスコアを伸ばしたかった」と物足りなさも口にした。

    0
    続き

    横綱稀勢の里「完全復活目指して頑張る」

     大相撲の横綱稀勢の里が10日、出身地の茨城県牛久市で開かれた郷土後援会による毎年恒例の激励会に出席し、名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)に向け、「完全復活を目指して頑張る」と力強く宣言した。春場所で負った左の上腕、胸のけがの影響で夏場所は途中休場した。

    0
    続き

    いつも貧しい人々と共に、現法王フランシスコの半生を描く

     ベルゴリオ枢機卿は、約600年ぶりに生前退位した先代ベネディクト16世の後を継ぎ、2013年3月13日に、初の南半球出身でイエズス会出身のローマ法王(教皇)になった。この映画は現法王フランシスコ(本名ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ)の半生を忠実に描いた実話だ。

     コンクラーベ(法王選挙)のために訪れたバチカンで、ベルゴリオ枢機卿(ロドリゴ・デ・ラ・セルナ)は自身の半生を振り返る。

    1
    続き

    浪江町の山田美雪さん「もうお疲れを癒やして」

     「お気持ち」に道が付いた。天皇陛下の御退位を可能にする特例法が9日、参院本会議で可決、成立した。新元号の制定や、新たなお住まいの準備など、約200年ぶりの御退位に向けた動きが本格化する。「ゆっくり、長生きを」「形になって良かった」。陛下の御意の解釈で異論もあるが、大地震に見舞われた東日本や熊本など、陛下が心を配られてきた地では、陛下のお体や年齢を気遣い、安堵(あんど)する息が漏れた。

    0
    続き

    南スーダン北東部の異常な日常を知って

     世界各地で医療・人道援助活動を行っている国境なき医師団(MSF)が9日、東京・新宿区の事務局で活動中の南スーダン北東部の現状について報告会を行った。

    0
    続き

    稀勢の里、しこ名を「横綱力士碑」に刻名

     1月の大相撲初場所後に72人目の横綱となった稀勢の里(30)本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋のしこ名を「横綱力士碑」に加える刻名奉告祭が9日午前、東京都江東区の富岡八幡宮で行われた。同神社は江戸勧進相撲発祥の地として知られ、歴代横綱のしこ名が石碑に刻まれている。

    0
    続き