■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    安倍首相「全国津々浦々に花を咲かせよう」

     安倍晋三首相は6日、首相官邸で、太宰府天満宮(福岡県太宰府市)の「梅の使節」のみこさんらの表敬を受けた。

     「景気回復の実感を全国津々浦々に届けたい」が最近の口癖の首相は、紅梅と白梅の鉢植えを贈られると「全国津々浦々に花を咲かせよう」と顔をほころばせた。

    0
    続き

    15歳の平野歩夢、「いい結果を持って帰る」

     スノーボード・ハーフパイプ(HP)の日本代表が6日、公式記者会見に臨み、初出場でメダルを狙う15歳、平野歩夢(バートン)は「最高のパフォーマンスをして、いい結果を持って帰りたい」と抱負を語った。

    0
    続き

    「関係悪化の今こそ両国の文化交流の場を」

     日本文化に関する情報を提供する隔月誌「BOON」(RHK出版)がこのほど、韓国で発刊された。日韓関係が冷え込む中でのスタートだが、呉錫哲編集長は「文化を楽しむ大衆層の意識がしっかりしていれば、政治的問題に簡単には揺さぶられない」と話している。

    0
    続き

    「忠犬ハチ公」が等身大のチョコに

     バレンタインデーを控えた東京・渋谷に6日、チョコレートでできた等身大の忠犬ハチ公像がお目見えした。14日まで渋谷の商業ビルなどで展示される。

     東急グループと明治によるバレンタインイベントの一環。東急ホテルズ(東京)のパティシエが、60キロのチョコレートを使って作った。表面にはカカオバターを塗り、氷水で磨いて銅像のようなつやを出した。近づくとチョコの香りがする。

    0
    続き

    セダン・SUVが多様化、市場の変化に対応

     インドの首都ニューデリー近郊で5日、国際モーターショー「オートエキスポ2014」が開幕した。同国乗用車市場で45%のシェアを誇る最大手スズキは、新興国向けセダンのコンセプトモデルと新型スポーツ用多目的車(SUV)を報道陣に公開した。小型車中心から多様な車種に変化しつつあるインド自動車市場に対応し、各メーカーから新型SUVなど計70モデルが出展された。

    0
    続き

    IT駆使のコンビニが大阪・守口市に誕生

     最新のITや省エネ技術を採り入れたコンビニエンスストアが6日、大阪府守口市のパナソニック本社前にオープンした。パナソニックとローソンによる実験店舗。コスト面が今後の課題だが、ローソンは全国に順次拡大したい考えだ。

    0
    続き

    「作品や思い、大切に伝えていく」

     「アンパンマン」で知られ、昨年10月13日に94歳で亡くなった漫画家・絵本作家のやなせたかしさんをしのぶ会が6日、東京都内で開かれた。明るくという生前の希望から、名称は誕生日に合わせて「ありがとう! やなせたかし先生95歳おめでとう!」の会。祭壇には自身のシルエットをちりばめたジャケット姿の遺影が飾られ、絵と多くのぬいぐるみも。最後のあいさつに、近隣の園児や親子らが列を作った。

    0
    続き

    冬の祭典「さっぽろ雪まつり」、札幌市で開幕

     北海道の冬の祭典「第65回さっぽろ雪まつり」が5日、札幌市で開幕した。市中心部の大通公園などに大雪像や氷像など計198基が勢ぞろいし、観光客らを楽しませている。期間は11日まで。

     ソチ五輪開幕に合わせて、メーンの大通会場にはウインタースポーツの選手をかたどった大雪像が登場。選手が競技する姿の雪像が躍動感を演出する。大雪像は、インドの歴史的建造物「イティマド・ウッダウラー」など計5基が並んだ。

    0
    続き

    ソチ五輪、今夕から競技がスタート

     ロシアで初めて開催されるソチ冬季五輪は6日、翌日の開会式に先駆けて競技がスタートする。フィギュアスケート団体、フリースタイルスキーの女子モーグル予選、スノーボードの新種目スロープスタイル予選で、熱戦の火ぶたが切って落とされる。

    0
    続き

    「東京国際ギフトショー」が東京・有明で開幕

     パーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「東京インターナショナル・ギフト・ショー春2014」が5日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕した。77回目となる今回は、「創造と発見、世界に広げよう新しいギフトの輪」をテーマに、2314社(うち海外は20カ国・地域から202社)が出展。「グルメ・ダイニングスタイルショー春2014」も同時開催され、こちらには国内外から216社が出展した。

    0
    続き

    「イヌナキン」がプロレスデビュー

     大阪府泉佐野市は、市のイメージキャラクター「イヌナキン」をプロレスデビューさせる方針を固め、プロレスラーで大阪府和泉市議のスペル・デルフィン氏と協議を始めた。早ければ3月にもイベントを開催する考えだ。

     イヌナキンは、市内の伝説をモチーフにした筋骨隆々のキャラクター。公募デザインを基に漫画家のゆでたまご氏の協力で昨年2月に誕生した。

    0
    続き

    ほほ寄せぬくぬく、アムールトラ

     厳冬のロシア・サンクトペテルブルクの動物園で、ほほを寄せ合い温まるアムールトラ=2日(AFP=時事)

    0
    続き

    ソチ五輪いよいよスタート、7日に開会式

     ロシアで初めて開催される冬季五輪のソチ大会は開会式前日の6日、3競技が行われ、冬の祭典がスタートする。

     まずは、新たに採用されたフィギュアスケート団体で、男子とペアのショートプログラム(SP)が行われる。日本は19歳の羽生結弦(ANA)を起用する予定で、ペアには高橋成美、木原龍一組(木下ク)が出場する。開会式翌日の8日の女子SPには浅田真央(中京大)が臨む予定。

    0
    続き

    立春に雪、関東は路面凍結に注意

     立春の4日、関東地方では午後に寒気を伴う気圧の谷が通過し、雪が降った。気象庁は5日にかけて冬型の気圧配置が強まるため、関東北部山沿いや長野県北部、東北の日本海側、北陸では大雪に警戒するよう呼び掛けている。東北の日本海側や北陸では吹雪になる所がある見込み。交通の乱れや路面の凍結に注意が必要という。

    0
    続き

    海保発表、西之島が東京ドーム13個分の広さに

     海上保安庁は4日、小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)付近の噴火活動により、約0・4平方キロの陸地が形成されたと発表した。これにより、島の面積は約0・6平方キロと、東京ドームの13倍の広さになった。

     噴火は昨年11月、西之島沖合で確認された。当初は陸地部分が新島として拡大したが、年末に西之島と一体化していた。新たな陸地は3日時点で東西約850メートル、南北約700メートルに及ぶという。

    0
    続き

    元五輪代表の佐藤敦之氏・美保さんが京セラへ

     京セラ(本社・京都市)は4日、女子陸上部の活動拠点を4月に京都府から鹿児島国分工場へ移転し、新監督に2008年北京五輪男子マラソン代表で昨年12月に現役を引退した佐藤敦之氏(35)、コーチに佐藤氏の妻で04年アテネ五輪女子800メートル代表の美保さん(35)=旧姓杉森=が就任すると発表した。ともに4月1日付。佐藤氏は所属する中国電力を3月末に退職する。

    0
    続き

    大相撲の前頭遠藤、ネットで確定申告を体験

     2013年分所得税の確定申告の受け付けが17日から始まるのを前に、大相撲の前頭遠藤=石川県出身=が4日、埼玉県川口市の関東信越国税局川口税務署で、インターネットでの申告書作成を体験した。

    0
    続き

    「福は内、福は内」、成田山新勝寺で豆まき

     節分の3日、千葉県成田市の成田山新勝寺で恒例の「節分会」があった。

     大相撲初場所で優勝した横綱白鵬や敢闘賞受賞の前頭遠藤、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の出演者や、東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市の戸羽太市長らが参加し、五穀豊穣(ほうじょう)や震災からの復興を祈って豆をまいた。

    0
    続き

    W杯ジャンプ女子、高梨沙羅が逆転優勝

     2戦連続の逆転勝利で五輪前最後のW杯を終えた高梨。「いいジャンプで締めくくれて良かった。最後に優勝したことは、すごく自信になる」と晴れやかな表情を見せた。

    0
    続き

    「本草漢学塾」跡の土蔵に重文級資料が数万点

     平安から明治時代の古文書や書画、動植物の博物標本など数万点に及ぶ貴重な資料が、京都市内の土蔵で見つかった。調査した松田清京都外国語大教授(日本洋学史)が3日発表した。1877(明治10)年の西南戦争で明治政府のナンバー2だった岩倉具視が使った暗号表や、菅原道真の直筆とみられる写経など重要文化財級の資料が多数含まれているという。

    0
    続き

    ボスザル「ベンツ」とファン800人がお別れ会

     野生ニホンザルの餌付けで知られる大分市の高崎山自然動物園でこのほど、ボスザル「ベンツ」のお別れ会が開かれ、ファン約800人が駆け付けた。ベンツの貢献をたたえ、同園で初めて「名誉ボス」の称号が与えられた。

     ベンツは推定35歳。人間なら100歳を超え、高崎山で唯一、二つの群れのボスを経験。昨年9月に失踪騒ぎを起こしたが、ボスとして復権を果たし「伝説のボスザル」として話題になった。

    0
    続き

    102歳の衰えぬ挑戦魂、自己最高速度を上回る

     1月31日、パリ郊外のモンティニールブルトンヌーで、自転車1時間走に挑んだ102歳のフランス人男性ロベール・マルシャン氏。

     2年前に記録した自己最高速度を上回るスピードを記録、挑戦者魂は衰えを知らない。(AFP=時事)

    0
    続き

    ローザンヌ国際バレエ、二山治雄さんが優勝

     若手バレエダンサーの登竜門として知られる「ローザンヌ国際バレエコンクール」第42回大会の最終審査が1日、スイス・ローザンヌで行われ、長野県松本市出身の二山治雄さん(17)=松本第一高2年=が優勝した。2012年に同コンクールで優勝した菅井円加さんに続く快挙となった。

    0
    続き