■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    7年ぶり、伝統行事「十日市祭」を地元で開催

     東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が一部解除された福島県浪江町で、伝統行事の「十日市祭」が7年ぶりに地元開催された。

     原発事故後、昨年まで町役場が仮移転した同県二本松市で開催されていたが、「避難先からも住民が集まってほしい」(主催者)と、地元開催を実現した。

    0
    続き

    三角関係の恋に仕掛けられた陰謀が錯綜する

     モーツァルトがプラハに滞在したのは1787年のことで、オペラ「フィガロの結婚」を指揮して大成功を収め、さらに劇場の依頼で新作オペラ「ドン・ジョヴァンニ」を作曲する。

     この映画はそれらの史実を踏まえ、上記二つのオペラの物語の一部をとり混ぜて作り上げた作品で、モーツァルトをめぐる三角関係の恋と、彼を社会的に貶(おとし)めようとする陰謀が錯綜(さくそう)するドラマである。

    0
    続き

    眞子殿下やシャンシャンが「変わり羽子板」に

     2017年に明るい話題を提供した人物やニュースを題材にした、年末恒例の「変わり羽子板」が6日、東京都台東区の老舗人形店「久月」本社で披露された。今年の顔に選ばれたのは御婚約内定を発表された秋篠宮家の長女・眞子殿下と小室圭さんや史上最年少プロ棋士としてデビュー後に29連勝を達成した藤井聡太四段など10人。人物以外では上野動物園で約5年ぶりに生まれた赤ちゃんパンダ「シャンシャン」もお目見えした。

    0
    続き

    快挙から一夜明け、新聞を見て「良かった」

     通算7度目の竜王を獲得し、史上初の永世7冠の資格を得た将棋の羽生善治2冠竜王、棋聖(47)は6日午前、鹿児島県指宿市で取材に応じ、「夢なんじゃないかと思ったが、新聞の記事が目の前にあって、『本当だ、良かった』という思いがあります」と、快挙から一夜明けた喜びを語った。

    0
    続き

    検索大賞にお笑い芸人のブルゾンちえみさん

     ヤフーは6日、同社の検索サービスで前年に比べ今年最も検索数が伸びた人物らを表彰する「Yahoo!検索大賞2017」に、お笑い芸人のブルゾンちえみさんを選んだと発表した。印象的なメークで「キャリアウーマン」のネタを披露し、注目を集めた。

    0
    続き

    表面に歴代優勝者の顔、これが門外不出の輝き

     5月に世界三大自動車レースの第101回インディアナポリス500マイルで日本人として初優勝を遂げた佐藤琢磨が6日、優勝トロフィーとともに三重県名張市を訪れた。銀製で高さ約165センチ、重さは約50キロ。表面には歴代優勝者の顔の彫刻が貼り付けられている。

    0
    続き

    「平和のダイヤ」、709カラットの巨大な原石

     米ニューヨークで4日、展示された709カラットの巨大ダイヤモンド原石。西アフリカのシエラレオネ政府が競売に掛け、650万ドル(約7億3000万円)で売却された。

     「平和のダイヤ」と名付けられ、売り上げのうち380万ドルが学校や病院がない地域の住民のために活用されるという。

    0
    続き

    小田急電鉄、新型ロマンスカー「70000形」披露

     小田急電鉄は5日、ロマンスカーの新型車両「70000形(愛称GSE)」を報道機関に披露した。新型車両は9代目で、10年ぶりの導入。窓を大きくして眺望性を向上させ、振動を低減させるなどした。来年3月に営業運転を始める。

     70000形はオレンジ色を基調とした車体で、7両編成。先頭と最後尾に設けた展望席で大型の1枚ガラスを使うなどし、眺望を大幅に向上させたほか、荷棚をなくし開放的な空間をつくった。

    1
    続き

    羽生善治棋聖、史上初の永世7冠を達成

     史上初の永世7冠を達成した羽生善治棋聖は5日、鹿児島県指宿市で会見し、「一つの大きな記録を達成できたという意味で、非常にうれしい」と喜びを語った。

     「最後のチャンスかもしれない」と思ったという7年ぶりの竜王戦。「挑戦者らしく積極的に前に進む姿勢で臨むのが、悔いが残らないと考えていた。細かいミスはあったが、現状の自分の力を出し切れた。自分なりに思い切った手を指せた」と振り返った。

    0
    続き

    JDI関連会社が低コスト有機ELを初出荷

     ジャパンディスプレイ(JDI)の関連会社、JOLED(東京)は5日、最大3割程度安く生産できる新技術を使った有機EL(エレクトロルミネッセンス)パネルを初出荷したと発表した。有機ELパネル市場は、韓国勢がリードする状況が続いてきたが、高精細で低コストの製品出荷にこぎ着けたことで、同社は巻き返しを図る。

    0
    続き

    伝説的女優グレタ・ガルボの手紙、競売へ

     米ハリウッドで活躍した伝説的女優グレタ・ガルボが書いた手紙が12日にロンドンで、サザビーズの競売に掛けられる。落札額は2万7000ドル(約300万円)程度と予想される。

     競売に掛けられるのは36通の手紙と、ガルボのプライベートの様子を撮った111枚の写真。手紙は主に1930年代から40年代初めにかけて友人らに宛てたものとみられる。

    0
    続き

    東京スカイツリーで雪払いのデモンストレーション

     本格的な冬の到来を前に、東京スカイツリー(東京都墨田区)で5日、雪払いのデモンストレーションが報道陣に公開された。

     高さ約375メートルの展望台屋上で、作業員が特殊ブラシなどを使って鉄骨や柱、金網の隙間にたまった雪を取り除く作業を実演。雪や氷が外側に落下しないよう、外周にはパラペットと呼ばれる壁が設けられている。

    0
    続き

    人生いろいろ、王族に嫁いだ米女性5人

     米女優メーガン・マークルさん(36)とヘンリー英王子(33)の婚約が11月27日に発表された。二人の前途には、いかなる幸福と困難が待ち受けるのか。AFP通信によると、世界の王族男性のハートを射止めた米国人女性は過去、少なくとも5人いる。それぞれの人生を振り返った。

    0
    続き

    ロシアのプーチン大統領、往年の名選手らと交流

     ロシアのプーチン大統領は1日、モスクワで行われたサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の1次リーグ組み合わせ抽選会に出席し、ゲスト参加した往年の名選手らと交流を楽しんだ。

     プーチン氏は「ロシアのさまざまな世代のファンがあなた方を知っている。あなた方はお手本だ」と称賛。元選手らとシャンパンで乾杯した。

    0
    続き

    亀に乗る「ウラシマタナイス」、新種の甲殻類

     アカウミガメの甲羅に生息する新種の甲殻類が鹿児島県で発見され、浦島太郎にちなんで「ウラシマタナイス」と命名された。北海道大の角井敬知講師や大学院生の田辺優航さんらの研究チームが見つけ、国際動物学誌ズータクサ電子版に論文が掲載された。

     ウラシマタナイスは体長数ミリで、大きなはさみを持つ。詳しい生態は不明だが、脚から糸を出してカメの甲羅の上に管状の巣を作り、生活しているとみられる。

    0
    続き

    赤レンガ倉庫でドイツ風のクリスマスマーケット

     ドイツの伝統的なクリスマスマーケットを模した催しが神奈川県横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫で開かれている。2010年から始まったもので、昨年は80万人以上が来場した。

     約12㍍の巨大ツリーをはじめとするイルミネーションで飾られた会場には、ドイツ料理の屋台などが並ぶ。特大ソーセージや20種類以上のワインのほか、ブーツ型のマグカップやドイツ製のクリスマスカードといったクリスマスグッズも販売されている。

    0
    続き

    「サンタラン」で、気分はもうクリスマス

     スイスのベルンで1日、サンタクロースの格好をして街中を走り回る「サンタラン」が開催され、多くの若者らが参加した。

     師走の街を巡りながら早くもクリスマス気分を満喫した。

    0
    続き

    宮里優V、初の賞金王、地道な努力実を結ぶ

     最後のパットを決めた瞬間、宮里優に万感の思いがこみ上げた。「賞金王は心技体が試される。何ともいえない憧れだった」。尾崎将司ら歴代王者の名を出し、その列に加わった感激の瞬間をしみじみと振り返った。

    2
    続き

    日本女子、伸びしろ残し世界新で優勝

     11月10日につくったばかりの世界記録を早々と塗り替えた日本チームに、満足している様子はなかった。

     高地で気圧が低く、好記録が出やすいカルガリーの高速リンク。2分53秒88という数字にも高木美は「低地のリンクで(2分)55秒台を出していることを踏まえると、もうちょっといきたかったっていうのがある」と悔しさをにじませた。

    1
    続き

    金井宣茂飛行士「同僚や訓練士に敬意を示す」

     17日にロシア宇宙船ソユーズに搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する宇宙飛行士の金井宣茂さん(40)が11月30日、モスクワ郊外で記者会見し「任務を果たすために一層頑張る」と抱負を述べた。

    1
    続き

    「世界一」のツリー点灯、願い事で輝き増す

     神戸港のメリケンパーク(神戸市)で2日、高さ約30メートルの「世界一のクリスマスツリー」の点灯式が開かれた。LED(発光ダイオード)投光器で赤や青など色とりどりにライトアップされたツリーには、来場者らの願い事が書かれた反射材約1200枚が飾られ、輝きを増した。訪れた人はツリーの彩りを、神戸港の夜景と一緒に楽しんだ。

    1
    続き

    「敬天愛人の旗を挙げて自らを切磋琢磨する」

     明治維新の立役者の1人、西郷隆盛の生誕190年祭(主催・西郷隆盛に学ぶ「敬天愛人フォーラム21」=内弘志代表世話役)が3日、親族や関係団体、鹿児島県人らが集まり、東京・上野公園の西郷隆盛銅像前で行われた。

     式典は、国歌斉唱、「西郷隆盛敬天愛人の会」の日笠山正治顧問によるおはらいに続き、内代表が祭文を奏上した。

    3
    続き

    川崎がJ1初制覇、創設21年目で悲願のタイトル

     川崎は、栄冠に必要な勝利をしっかりと収めた。ルヴァン杯やACLは衝撃的な形で敗退しただけに、鬼木監督は「今年一番苦しい思いをしたチーム。最後に何かプレゼントが転がってくればと思っていた」。鹿島の引き分けで初優勝が決まったと分かると、選手はピッチの至る所で歓喜の輪をつくり、中村はその場に突っ伏して泣いた。

    2
    続き