■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    「国際ヨガの日」、関西の愛好家ら1300人がヨガ

     大鳥居をバックに、みんなでヨガのポーズ。京都・平安神宮で18日、約1300人が集まってヨガを体験する催しが行われた。

     国連が定めた21日の「国際ヨガの日」を前に、関西のヨガ愛好家らでつくる実行委員会と在大阪・神戸インド総領事館が協力して企画。参加者たちは腕を頭上にぴんと伸ばしたり、目を閉じて深い呼吸を繰り返したりするなどヨガの魅力を味わった。

    0
    続き

    精神統一は大変そう、子ヤギと一緒にヨガ

     子ヤギが歩き回る農場の敷地内で、ヨガを行う女性。

     精神統一はなかなか大変そうだが、米国では「ゴート(ヤギ)ヨガ」と呼ばれる体験コースが人気を集めている=4日、米カリフォルニア州(AFP=時事)

    0
    続き

    ノーベル賞の大隅良典さん「酵母、酒造りに重要」

     外国人へ日本酒の魅力をアピールするためのセミナーが16日夜、東京都内で開かれ、昨年ノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典・東京工業大栄誉教授が特別講演した。

     「酵母は日本酒などの醸造に重要だが、同時に基礎的な生物学研究にも重要」と切り出した大隅さんは、各国の大使館関係者ら約180人を前に、オートファジー研究について約15分間、英語で説明した。

    0
    続き

    フレデリック皇太子から「みんな元気頂いた」

     デンマークのフレデリック皇太子は東日本大震災の3カ月後、大きな被害を受けた宮城県東松島市の小学校や保育所を慰問し、子供たちを励ましたことがある。同国を公式訪問中の皇太子殿下は16日、首都コペンハーゲンで両国の外交関係樹立150周年記念行事に臨み、フレデリック皇太子が子供たちからもらったというかぶとを見学された。

    0
    続き

    リョウスケと春香、再会でよみがえる初恋

     韓流ブームの火付け役となった「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が、北海道の爽やかな自然を背景に撮った純愛ラブストーリー。松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクトによる初めての劇場用映画だ。

     同監督自身が舞台を選び、脚本を書き、映像美を作り上げ、隅々まで独自の美意識が行き渡っている。

    0
    続き

    難民への理解訴え、日本で暮らす難民がスピーチ

     20日の「世界難民の日」を前に、国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)などは世界の難民危機と日本の支援の在り方について考える特別シンポジウムを17日、東京都中野区のWVJ事務所で開いた。

    1
    続き

    巨大な竜の模様が現れる、田んぼでアート

     中国遼寧省瀋陽の田んぼに14日、巨大な竜の模様が浮かび上がった。

     さまざまな色の稲を用いて模様にしたもので、観光産業の促進と地元農家の増収を目的にしている。(AFP=時事)

    0
    続き

    東京藝術大学、未来に向けたチャレンジを

     今年の10月4日で、東京藝術大学は創立130周年を迎える。明治20年の創立以来、わが国の芸術文化の継承と発展に寄与し、国際舞台で活躍する多数の芸術家、教育者を輩出。130周年の今年は「チャレンジする東京藝大~感動を呼ぶ芸術~」をコンセプトに「東京藝大のチカラ」「アーツのチカラ」を発信していくという。その記者発表会が6月6日、同大学で開かれた。

    0
    続き

    三菱電機、「みちびき」3号機を報道陣に公開

     内閣府の衛星「みちびき」3号機が神奈川県鎌倉市の三菱電機鎌倉製作所で完成し、報道陣に15日公開された。この衛星は日本版GPS(全地球測位システム)と呼ばれる準天頂衛星システムの一つで、米国のGPS衛星群の信号を補完して地上の場所を精密に測定できるようになる。鹿児島県・種子島宇宙センターから8月11日にH2Aロケットで打ち上げられる予定。

    0
    続き

    「気抜けない」オフ、長友佑都がサッカー教室

     サッカー日本代表のDF長友佑都(インテル・ミラノ)が16日、東京都内で行われたイベントに出席し、小学生を対象としたサッカー教室などで汗を流した。「子供たちがすごく元気で、エネルギーをもらって楽しかった」と笑顔を見せた。

     24日には妻で女優の平愛梨さんとの挙式を控えており、「すてきな日になればいいな」。

    0
    続き

    「台湾エクセレンス」が丸の内KITTEで開幕

     台湾ブランドの新製品を日本人に体感してもらう展示イベント「台湾エクセレンス」が16日、東京・丸の内のKITTEで開幕した。東京でのイベントは昨年10月に続き2回目。台湾の経済部国際貿易局が主催し、海外貿易の促進を支援する中華民国対外貿易発展協会(TAITRA)が企画した。

    0
    続き

    「10分散髪」が米進出、ニューヨークに1号店

     「10分1000円」をうたい文句に急成長したヘアカット専門店「QBハウス」の米1号店が15日、ニューヨーク中心部にオープンした。料金はチップ抜きで20ドル(約2200円)と日本の倍以上だが、現地では低価格帯に入る。忙しいビジネスマンらの需要を取り込み、5年後の全米30店体制を目指す。

    0
    続き

    TDLとTDSで恒例の七夕パレード開始

     東京ディズニーランド(千葉県浦安市)と東京ディズニーシー(同)で15日、七夕をテーマにした初夏の恒例イベント「ディズニー七夕デイズ」が始まった。

     ミッキーマウスが彦星、ミニーマウスが織り姫の衣装をまとい登場するパレードが目玉。ランド、シーとも広場に大きなささ飾りが置かれ、ミッキー型の短冊に願いを書くことができる。イベントは7月7日まで。

    0
    続き

    シンシンママの胸に小さな子、パンダは順調

     上野動物園(東京都台東区)は15日、ジャイアントパンダの赤ちゃんと母親シンシン(11歳)の近くで撮影した写真を公開した。シンシンが右前脚で小さな赤ちゃんを胸の上でしっかり抱えており、同園は「子供の扱いは5年前の初産の時より上手」と話している。

    0
    続き

    日米交流団体がケネディ前駐日米大使を表彰

     日米交流団体ジャパン・ソサエティー(本部ニューヨーク)は14日、日米間の相互理解の向上に寄与したとして、ケネディ前駐日米大使にジャパン・ソサエティー賞を授与した。キッコーマンの茂木友三郎名誉会長も同時に受賞した。

    0
    続き

    最後の「足跡」が広島市中区の広島本通商店街に

     プロ野球広島や米大リーグで通算203勝を挙げ、昨季限りで引退した黒田博樹さんの功績をたたえる石碑が広島市中区の広島本通商店街に設置され、15日に除幕式が行われた。

     石碑には黒田さんが本拠地マツダスタジアム(同市南区)で最後に登板した昨年10月のクライマックスシリーズ・ファイナルステージで踏みしめ、スパイクの跡が残る投手板が埋め込まれた。

    0
    続き

    りんとした美貌、女優・野際陽子さんが死去

     りんとした美貌でテレビドラマを中心に活躍した女優の野際陽子(のぎわ・ようこ)さんが13日午前8時5分、肺腺がんのため東京都内の病院で死去した。81歳だった。富山県出身。葬儀は密葬で済ませた。

    0
    続き

    ユネスコ「祖母・傾・大崩」「みなかみ」を登録

     国連教育科学文化機関(ユネスコ)は14日、パリで開いた会合で、自然保護と活用の両立を図るエコパーク(生物圏保存地域)に「祖母・傾・大崩」(大分、宮崎)と「みなかみ」(群馬、新潟)を登録することを決めた。日本ユネスコ国内委員会が明らかにした。国内のエコパークは計9カ所になる。

    1
    続き

    東京都が豊洲市場で見学会を都民向けに初開催

     東京都の築地市場(中央区)からの移転を延期した豊洲市場(江東区)で14日、都民向けの見学会が初めて行われた。市場の現状を見てもらうのが目的で、60人程度を公募したところ1500人の希望者が殺到。参加枠を100人に拡大した。

     見学会は午前と午後に分けて2時間ずつ実施。都職員が青果棟や水産仲卸売場棟、水産卸売場棟などを案内した。

    0
    続き

    東海地区の8国立大が大規模災害対応協定を結ぶ

     東海地方にある名古屋大など8国立大は14日、南海トラフ地震などの大規模災害に対応する協定を東京都内で結んだ。災害時に情報を交換し、復旧作業や教育研究の継続に必要な人的・物的支援を行うほか、平時から被害を軽減するための研修や訓練を共同で行う。

    0
    続き

    赤ちゃんパンダの体長14・3センチ、体重147グラム

     上野動物園(東京都台東区)は14日、ジャイアントパンダの赤ちゃんを初めて身体検査した。体長14・3センチ、体重147グラムと、通常の新生児サイズであることが判明。性別は判断できなかったという。健康状態は良好で、授乳が行われていることも確認した。

    0
    続き

    ミツオビアルマジロの赤ちゃんがボールに変身

     ポーランド西部ウロツワフの動物園で12日、生後1カ月のミツオビアルマジロの赤ちゃんが姿を見せた。

     アルマジロの中でも、危険を察知するとボールのように丸くなるのは同種を含めて2種のみ。

     ブラジルに生息し、2014年のサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会のマスコットになった。(EPA=時事)

    0
    続き

    ウォリアーズ王座奪還、流れ引き戻したデュラント

     後がないキャバリアーズが必死で追いすがる。しかし、点差が詰まるたびに、デュラントがウォリアーズに流れを引き戻した。要所で高確率のシュートを決めてオークランドのファンから大歓声を浴び、「僕たちがチャンピオン。地元のコートでやり遂げた」と喜びを爆発させた。

    1
    続き