■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    帰国15年の蓮池薫さん「北朝鮮、行き詰まる」

     北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(60)は8日までに、帰国から今月で15年になるのを前に、時事通信のインタビューに応じた。挑発を繰り返す北朝鮮について「いずれ行き詰まる」と指摘。拉致問題の解決に向け、「首相の訪朝をもう一度行うべきだ」と訴えた。

    0
    続き

    「シャンシャン」、パンダの名前おひろめ会

     ジャイアントパンダの赤ちゃんの名前が「シャンシャン(香香)」に決定したのに伴い、名前候補選考委員や命名者らを招いた名前おひろめ会が8日、東京・台東区の恩賜上野動物園内で行われた。シャンシャンは全国から5161件の応募があり、その中から選ばれた代表3人の命名者に記念品が贈呈された。

    0
    続き

    ピコ太郎さん、ウガンダの観光大使に就任

     ヒット曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」で知られる歌手ピコ太郎さんが6日、ウガンダの首都カンパラ郊外で、ムセベニ大統領から日本でウガンダの観光PRを行う観光大使に任命された。

    0
    続き

    体長7メートル、住民が一丸でニシキヘビ退治

     インドネシア・スマトラ島中部リアウ州の村でこのほど、住民が一丸となり、7㍍もの巨大ニシキヘビを仕留めた。

     これより前にヘビは住民の男性を襲っており、退治を決めた住民たちによって映画のような戦闘シーンが展開された。(EPA=時事)

    1
    続き

    「マンホールカード」配布、累計100万枚を突破

     マンホールのふたに描かれた地域独自の図柄を楽しめる「マンホールカード」の累計発行枚数が、昨年4月の配布開始から100万枚を突破した。国土交通省や日本下水道協会などでつくる「下水道広報プラットホーム」(GKP)が7日までに発表したもので、同省は「下水業界の刊行物で100万枚も出ているものはこれまでにない」と驚きを隠さない。

    1
    続き

    NASA、35億年前ごろ月に大気が存在した?

     月が約45億年前に誕生した後、40億~30億年前には大気が存在したとみられると、米航空宇宙局(NASA)などの研究者らが7日までに発表した。当時は火山活動が活発で、ガスが放出されていた。

     月は重力が小さいためガスは宇宙に拡散するが、ガスの放出量の方が多ければ大気として存在する。火山活動は約35億年前がピークで、大気が最も厚かったという。

    0
    続き

    「パパの柿の木」が日本自費出版文化賞に入賞

     1985年の日航ジャンボ機墜落事故で夫を亡くした遺族が作った絵本「パパの柿の木」が、日本自費出版文化賞に入賞した。7日に東京都内で行われた表彰式で、作者の谷口真知子さん(69)大阪府箕面市は「大事な人を亡くすつらさは、誰もがいつかは経験する。この絵本が命の大切さと、当たり前の日々のありがたさを考えるきっかけになればうれしい」と話した。

    1
    続き

    特別展「日本とデンマーク」、歴史的資料を展示

     デンマークとの外交関係樹立150周年を記念する特別展「日本とデンマーク―文書でたどる交流の歴史―」(主催・国立公文書館など)が7日、東京・北の丸公園の同館で始まった。デンマークとの交流の起点となった1867年の修好通商航海条約の原本など約80点の歴史的資料が展示される。

    1
    続き

    直径7メートルの迫力、買い物中もお月様を観賞

     中秋の4日、香港の商店街では、英国のアーティストにより制作された、本物さながらの月の作品を展示。

     訪れた人々は直径7メートルの月の迫力と美しさに圧倒された。(EPA=時事)

    0
    続き

    イシグロ氏、良識ある価値観に寄与したい

     ノーベル文学賞受賞が決まった日系英国人作家カズオ・イシグロ氏は5日、ノーベル賞の公式広報部門「ノーベル・メディア」のインタビューで「(受賞は)適切なタイミングだと思う。西欧世界の価値観について、われわれが(今を除いて)これほど不確かだと感じたことはないと思う」と述べ、「人々が安心感を得られない」世相が自らの作品の評価につながったのではないかとの考えを示唆した。

    1
    続き

    日本の意地、21歳の白井健三がメダルを死守

     21歳の白井が、体操ニッポンの意地を見せた。エースの内村が負傷棄権した中で、初挑戦の個人総合で日本男子のメダルを死守。「国内に一番いい見本があった。その選手を追った結果」。次代のオールラウンダーとして、東京五輪へ力強い一歩を踏み出した。

    2
    続き

    時代背景などから絵画を読み解く「怖い絵展」

     「恐怖」という感情に焦点を当て、作品の時代背景などから絵画を読み解く「怖い絵展」が7日から上野の森美術館(東京都台東区)で始まるのを前に6日、同館でプレス内覧会が行われた。

    1
    続き

    アラン・ドロンやJ=P・ベルモンドが新境地開く

     生誕100年を記念して「ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美」が東京・京橋にある東京国立近代美術館フィルムセンターで開催されている(12月10日まで)。

     メルヴィルは男たちの絆と裏切りをドラマに描き、日本を含む現代アジアに強い影響を与えたフランスの映画監督。暗黒映画とは犯罪映画だけを意味するのではなく、黒が作品の基調となっているからだ。

    1
    続き

    「猫の鳴き声は?」の質問に「ニャー」と答える

     米IT大手のグーグルが開発した人工知能(AI)搭載の対話できるスピーカー型端末「グーグルホーム」が6日、国内で発売された。

     人が呼び掛けると、リクエストした音楽を流すだけでなく、インターネットで検索して天気予報を教えたり、連動する照明器具などの家電を操作したりする。

    1
    続き

    ノーベル文学賞は日系英国人カズオ・イシグロ氏

     スウェーデン・アカデミーは5日、2017年のノーベル文学賞を日本生まれの英国人作家で「日の名残(なご)り」などのベストセラーで知られるカズオ・イシグロ氏(62)に授与すると発表した。授賞理由は「壮大な感情の力を持つ作品で、世界と結び付いているという幻想的感覚の下の深淵(しんえん)を暴いた」。村上春樹氏は受賞を逃した。

    0
    続き

    ロヒンギャ支援医師「夫殺され、避難先で出産」

     ミャンマーで迫害を受け、バングラデシュに逃れたイスラム系少数民族ロヒンギャの医療支援に当たる「国境なき医師団日本」の加藤寛幸会長(51)が4日、時事通信の電話取材に応じ、「夫を殺され、バングラデシュ国境まで来て出産した女性や、目の前で子供を殺されたと訴えている人がいる」とロヒンギャの苦境を語った。

    0
    続き

    別れの列延々と、タイのプミポン前国王の弔問

     昨年10月13日に88歳で死去したタイのプミポン前国王のひつぎの前で、国民が哀悼の意をささげる一般弔問が5日、最終日を迎えた。ひつぎが安置されているバンコクの王宮前では未明から多くの人が延々と続く長い列を作り、別れを惜しんだ。

    0
    続き

    ローソン、ご当地野菜スイーツを全国で販売

     ローソンは、石川県産のサツマイモ「五郎島金時」を使ったロールケーキを全国約1万3000店舗で販売している。県産食材を使った食品販売企画の一環で、価格は210円(税込み)。来年1月ごろまで9種類のスイーツを販売する予定。

     ローソンによると、昨年販売した五郎島金時のモンブランなどが好評だったため、今回の企画が実現した。石川県は生産、加工から流通までの経路がしっかりしている点も評価されたという。

    0
    続き

    桐生祥秀と土屋太鳳が登場、9秒98更新に意欲

     陸上男子100メートルで9月、日本人で初めて10秒の壁を破る9秒98を記録した桐生祥秀(東洋大)が5日、東京都渋谷区で行われたアシックスジャパン旗艦店のオープニングセレモニーに参加した。

     金色で「9・98」とデザインされたTシャツで登場し、「条件が良ければ日本記録がすぐ抜かれてしまう。僕も9秒98を破ってTシャツが新しくなればいい」と話した。

    0
    続き

    名門ベルリン国立歌劇場が7年ぶりに再開

     ドイツの名門オペラハウスの一つであるベルリン国立歌劇場が3日、長期の改修工事を経て7年ぶりに再開した。歌劇場は大通り「ウンター・デン・リンデン」に面しており、観光名所としても再び注目を集めそうだ。

    0
    続き

    ノーベル化学賞に欧米3氏、生体観察の電子顕微鏡

     スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2017年のノーベル化学賞を、生体内の分子を極低温にして高解像度で観察する「クライオ電子顕微鏡」を開発した欧米の3氏に授与すると発表した。

     受賞するのはスイス・ローザンヌ大のジャック・デュボシェ名誉教授(75)、米コロンビア大のヨアヒム・フランク教授(77)、英MRC分子生物学研究所プログラムリーダーのリチャード・ヘンダーソン博士(72)。

    0
    続き

    気迫・攻撃・防御、白鵬と稀勢の里による三段構え

     大相撲の魅力を発信し東京五輪・パラリンピックへの機運を高める目的で日本相撲協会が企画した国際交流イベント「大相撲beyond2020場所」が4日、東京・両国国技館に近隣の幼稚園児、外国人、障害者ら約4000人を招いて行われた。昨年に続いての開催。

    1
    続き

    富山県警のキャラクター「立山くん」がパンに

     富山県警のマスコットキャラクター「立山くん」の絵柄入りのパンが発売された。食パン、メロンパン、あんパンの3種類。委託を受けた県内のパン屋が製造し、県警本部10階の売店などで販売している。

     食パンに立山くんの絵柄の焼き印をした「許サンドパン」(税込み120円)は、犯罪を許さないとの意味を込めたという。メロンパン(同170円)とあんパン(同150円)は売店で注文を受けて販売している。

    0
    続き