■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    USJ、「ミニオン」をテーマに新エリア

     ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は19日、映画「怪盗グルー」シリーズなどに登場する人気キャラクター「ミニオン」をテーマにした新エリア「ミニオン・パーク」を報道陣らに公開した。USJとして、人気の「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」以来、約2年9カ月ぶりの新たな娯楽エリア。21日に一般公開する。

    1
    続き

    チャプリン662人が大集合、生誕128年を祝う

     喜劇王チャールズ・チャプリンの生誕128年に当たる16日、スイス西部コルシエシュールブベーにあるチャプリンの博物館で、ちょびひげに山高帽、ステッキ姿のチャプリンに扮(ふん)した662人が集まった。

     欧州全域からさまざまな年齢のファンが集合。チャプリンの格好をした人の集まりとしては、過去最大という。

    0
    続き

    幼くても貫禄十分、8ヵ月の女児チャハトちゃん

     17日、インド北部アムリツァルで、両親と一緒に写真撮影に応じる生後8カ月の女児チャハトちゃん。

     既に体重は17㌔を超えるとされ、幼くても貫禄は十分だ。(AFP=時事)

    0
    続き

    関東甲信で気温が上昇

     関東甲信では18日、前線が通過した後に晴れて気温が上昇した。気象庁によると、群馬県高崎市では30・6度を観測し、30度以上の真夏日となった。甲府市の最高気温は29・5度、東京都心は25・7度で、25度以上の夏日だった。

    1
    続き

    開設101年、日本統治時代の駅舎を再建

     台湾の台北市で日本統治時代の1916(大正5)年に日本人の設計で建てられ、約30年前に解体・撤去された「新北投駅」の駅舎が、当時の駅近くに再建された。独特の和洋折衷様式が目を引き、一般公開から1カ月もたたないうちに、早くも人気スポットになっている。

    0
    続き

    第37回猿橋賞に千葉大准教授の石原安野さん

     「女性科学者に明るい未来をの会」は18日、第37回猿橋賞を千葉大准教授石原安野さん(42)に授与すると発表した。南極点付近の米国基地に建設した巨大観測装置「アイスキューブ」で、宇宙から飛来した超高エネルギーの素粒子ニュートリノを2012年に世界で初めて検出し、「ニュートリノ天文学において顕著な業績を上げた」と評価された。

    0
    続き

    金井宣茂さん、たんぱく質結晶成長の実験訓練

     今年11月ごろから国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する宇宙飛行士の金井宣茂さん(40)が18日、宇宙で行うたんぱく質の結晶成長実験の訓練を公開した。医師出身の金井さんは「自分の売りは宇宙実験。通り一遍の訓練を受けた飛行士より、いい実験結果を出せると思う」と自信を口にした。

    0
    続き

    宜野湾海浜公園に改造車・バイクが一堂に

     「日本で一番早い夏の大花火」として知られる琉球海炎祭のサイドイベントとして、モーターショーが8日、宜野湾海浜公園で開かれた。

     魅力あふれる改造車・バイクが数多く展示され、来場者は珍しそうに見入っていた。

    0
    続き

    ブリューゲル「バベルの塔」、24年ぶり日本公開

     ピーテル・ブリューゲル1世の最高傑作「バベルの塔」(オランダ・ボイマンス美術館所蔵)が18日から、東京都美術館(東京・上野)で公開される。17日には、ブリューゲル「バベルの塔」展の報道陣向けの内覧会が行われた。

    1
    続き

    世界最高齢、117歳のエマ・モラノさんが死去

     イタリアからの報道によると、世界最高齢とされる北部ベルバニアの女性、エマ・モラノさんが15日、死去した。117歳だった。モラノさんは1899年11月29日生まれで、1800年代に生まれた最後の一人とされていた。

    0
    続き

    盗難被害乗り越え、歌人若山牧水の石像で再建へ

     群馬県中之条町にあった歌人若山牧水(1885~1928年)の銅像が昨夏に盗まれた事件を受け、地元保存会は石像として再建することを決めた。寄付を募り、10月の「牧水まつり」までの完成を目指す。

    0
    続き

    「戦う集団」強化へ、代表に萩野や池江ら18人

     リオデジャネイロ五輪後、最初の世界大会となる世界選手権。日本代表の平井伯昌監督はメダル獲得数の目標をリオ五輪の7(金2、銀2、銅3)を上回る「金メダル3個、メダル2桁」と掲げ、「戦う集団として強化していく」と決意を口にした。

    1
    続き

    ハイヒールで美しく「国際園芸博覧会」始まる

     ドイツの首都ベルリンで13日、国際園芸博覧会が始まり、花々が植えられたハイヒール型のプランターなど、趣向を凝らした展示物が登場した。

     現代の庭園をテーマとした博覧会の会場は広さ100㌶以上。

     主催者は10月までの開催期間中に200万人の人出を見込んでいる。(EPA=時事)

    0
    続き

    アグネス・チャン、シリア難民支援を訴える

     今月3日から12日まで、シリア難民を受け入れているヨルダン、レバノン、トルコの3カ国を訪れた歌手・タレントで国連児童基金(ユニセフ)の東アジア太平洋地域親善大使のアグネス・チャンさん(61)が17日、都内のユニセフハウスで報告会を行った。会場を訪れた約100人の参加者は、アグネスさんの話に耳を傾けた。

    3
    続き

    西山ゆかり2年ぶり2勝目、祖母の命日に捧ぐ

     17番を終えてトップの上田とは2打差。西山は「桃子ちゃんの優勝かな」と諦めかけたという。だが、すぐに思い直した。「勝負の世界なので、最後まで何が起こるか分からない。気持ちは切らさないように」

    4
    続き

    銀座最大の商業施設「ギンザシックス」公開

     J・フロントリテイリング、森ビル(東京)、住友商事などはこのほど、東京の松坂屋銀座店跡地(銀座6丁目)に建設した複合施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」を報道陣に公開した。

     開業は20日。高級ブランド店や飲食店など241店舗が入る銀座地区最大の商業施設として、東京の新たな人気スポットになりそうだ。

    1
    続き

    大京が戸別用の宅配ボックスを都内で順次設置

     大京はこのほど、マンションの戸別用の宅配ボックスを開発したと発表した。同社の新築物件から原則設置する。共用のボックスが満杯で受け取れないとの住民の不満を解消する。社会的課題となっている宅配便の再配達の削減にも寄与しそうだ。

    0
    続き

    驚きの声、魚の食事を間近でウォッチング

     19日は419(しいく)の数字にちなんだ「飼育の日」。葛西臨海水族園(東京・江戸川区)は16日、飼育の日を前に魚のエサやりガイドなどの催しを行った(写真)。

     同水族園の「東京の海」エリアでは、飼育員がキビナゴや桜えび、ゴカイなどエサの解説をしながら魚たちの食事の様子を見せた。小魚だけでなく茹でた小松菜なども用いて、魚の健康状態を気遣ったうえでエサを与えるという。

    0
    続き

    つかの間の笑顔、今が旧正月「ソンクラン」

     13日、治安問題を抱えるタイ南部ナラティワット県で、軍兵士の顔に白い粉を塗る子供。

     タイは今、旧正月「ソンクラン」(水掛け祭り)の最中で、つかの間の笑顔が漏れる。(AFP=時事)

    0
    続き

    南阿蘇鉄道で復興を願うラッピングトレイン

     熊本地震の本震から1年となるのを前に、南阿蘇鉄道高森駅(熊本県高森町)で15日、漫画家らの応援イラストが描かれたラッピングトレインの出発式が行われた。被災地の復興を後押ししようと漫画家や原作者ら117人が協力。

     同県のマスコットキャラクター「くまモン」の合図で列車が動きだすと、集まった子どもたちや鉄道ファンは、しきりに手を振って見送った。高森-中松駅間で、8月31日まで運行予定。

    1
    続き

    政権運営なぞらえ「風雪に 耐えて5年の 八重桜」

     安倍晋三首相主催の「桜を見る会」が15日、東京都内の新宿御苑で開かれた。首相はあいさつで、復帰から5年目に入った政権運営になぞらえ「風雪に 耐えて5年の 八重桜」と自作の句を披露。学校法人「森友学園」への国有地売却問題で昭恵夫人と共に野党の追及のやり玉に挙がっていることを念頭に、「特に今年の前半は本当に風雪に耐えている」と語った。

    0
    続き

    シニアで倉智さん、ジュニアで三宅さんが1位

     ニューヨークで開かれていた若手バレエダンサーを育てる国際コンクール「ユース・アメリカ・グランプリ」の最終審査結果が14日発表され、シニア(15~19歳)男子部門でニューヨーク留学中の倉智太朗さん(18)福岡県飯塚市出身、ジュニア(12~14歳)男子部門で香川県丸亀市の中学2年三宅啄未さん(13)がそれぞれ1位になった。

    1
    続き

    5カ月ぶり「立山黒部アルペンルート」全線開通

     北アルプスを富山から長野に貫く「立山黒部アルペンルート」が15日、冬季閉鎖から約5カ月ぶりに全線開通した。標高2450メートルにある観光拠点の「室堂」付近には巨大な雪壁「雪の大谷」が出現。吹雪のため一帯に立ち入れなかったが、バスからの雄大な眺めに観光客から歓声が上がった。

    0
    続き