■連載一覧
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 検証・金正恩統治5年
  • トランプ・ショック 再考・日本の国防
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016/12/27
  • 2016/12/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    糸魚川大火1ヵ月、復興へ活気「あんこう祭り」

     新潟県糸魚川市の中心街で起きた大規模火災は22日、発生から1カ月を迎えた。現場近くのJR糸魚川駅前で、街を活気づけようと「あんこう祭り」(同市観光協会など主催)が開かれ、約5500人が訪れた。市役所では、被災者生活再建支援金の申請受け付けも始まった。

    0
    続き

    寒さをこらえて「スッキリしました」

     東京・神田明神で21日、新春の風物詩「寒中禊(みそぎ)がまん会」が行われた。19歳から64歳までの男女47人が、大きな氷柱の入ったみそぎ場で身を清めた。

     男性はふんどし姿、女性は白装束をまとい、冷水を頭から浴びるたび、気合のこもった声を上げた。新成人の佐生華奈子さんは「最初は不安だったけど、スッキリしました」と笑顔を見せた。

    0
    続き

    「福は内!」シロイルカのパララちゃんが豆まき

     シロイルカのパララちゃんによる豆まきがこのほど、横浜・八景島シーパラダイスで報道陣に公開された。

     トレーナーが「福は内!」の掛け声を発すると、升をくわえたパララちゃんが客席に向かって勢いよく豆をまいて福を贈る。

     今年もたくさんのお客さんを前に芸を披露する。21日からスタートした一般公開は2月5日まで。

    0
    続き

    凍えそうな伝統行事、キリスト教の「公現祭」

     中央アジア・キルギスの首都ビシケクから約15キロ離れた村で19日、キリスト教の「公現祭」を祝う行事として、氷結した湖で沐浴(もくよく)する人々が見られた。

     兵士に両腕をつかまれ、水中から飛び出た少年からは悲鳴が聞こえそうだ。(AFP=時事)

    0
    続き

    厳冬の小駄良川でこいのぼりの「寒ざらし」

     1年の中で寒さが一番厳しくなる頃とされる「大寒」の20日、岐阜県郡上市の小駄良川で、郡上本染で染められたこいのぼりののりを落とす「寒ざらし」が行われた。

     地元の染め物職人ら10人が小雪が舞う中、冷たい川の中に入って作業開始。色が染められていない白色部分に付いているのりをブラシやお玉を使って器用に取り除いた。

    0
    続き

    部屋の中で気軽に、水耕栽培キットにブームの兆し

     部屋の中で気軽に、野菜やハーブを育てられる水耕栽培キットがブームだ。種を植えて水と肥料を与えれば、発光ダイオード(LED)の光などをコンピューターで制御して生育に最適な環境を保つのが特長。スマートフォンを使って遠隔地から生育状況などを管理するタイプも登場し、人気を集めている。

    0
    続き

    水色ドレス姿のメラニア夫人、就任パレードに参加

     トランプ米新大統領の20日の就任式で、メラニア夫人(46)は米国のデザイナー、ラルフ・ローレン氏の水色のドレスに身を包んだ。

     ファースト・レディーのファッションは注目度が高く、品のある姿に「ジョン・F・ケネディー大統領のジャクリーン夫人のスタイルをほうふつとさせる」との声もあった。(ワシントン時事)

    0
    続き

    「生駒市民吹奏楽団」結成、お披露目演奏会を予定

     全国大会で小中学校の吹奏楽部が優秀な成績を収めるなど、音楽に親しむ市民の多い奈良県生駒市で、「生駒市民吹奏楽団」が結成された。6月に市内のホールでお披露目演奏会を予定している。

     社会人や学生を中心に土日の夜に練習する「生駒ウインドオーケストラ」、主に子育て世代が平日午前中に集まる「いこまファミリア吹奏楽団」、「いこままブラス♪」の3チーム編成。

    0
    続き

    ジャイアントパンダ「バス」に誕生日ケーキ

     18日、中国福建省の福州で、飼育員から贈られた誕生日ケーキを見詰めるジャイアントパンダ「バス」。

     飼育されているパンダの中では世界最年長となる37歳を迎えた。(AFP=時事)

    0
    続き

    電通女性社員過労自殺、再発防止で遺族と合意

     大手広告代理店電通の新入社員だった高橋まつりさん当時(24)が過労自殺した問題で、電通と高橋さんの遺族が20日、再発防止などに関する合意書を交わした。電通側が全面的な責任を負うことを前提に慰謝料などの解決金を支払い、再発防止策の実施状況を定期的に報告するなどとした。石井直社長は東京都内で行われた合意書調印の際、改めて遺族に謝罪した。

    0
    続き

    「壁」出現で暴力激化、子供も9割が虐待経験

     中東のパレスチナで子供の教育、保健衛生などの支援を行う国連児童基金(ユニセフ)パレスチナ事務所の功刀純子特別代表(50)が東京都内で時事通信のインタビューに応じ、着任前に自身が暮らしていた1970年代よりも暴力が激化していると語った。その原因として、イスラエルが建設した分離壁など、人々を隔てる「壁」の出現が影響しているとの見方を明らかにした。

    0
    続き

    世界中のキルトが大集合、フェスティバル開催中

     世界中のキルトが集合する「第16回東京国際キルトフェスティバル」が、東京ドーム(東京都文京区)で開催中だ。国内外の約1800点のキルト作品が来場者の目を引いている。

    0
    続き

    日本ハムの大谷翔平投手、WBCに向け順調

     ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本ハムの大谷翔平投手、西武の秋山翔吾外野手が20日、東京都内のホテルで行われたトークショーで世界一への意気込みを語った。

     大谷は「憧れていた大会で、こういうところでやってみたかった。とにかく勝ちたい」と力強く宣言。秋山も「最後まで勝って終わりたい」と優勝を目標に掲げた。

    0
    続き

    節分を前に「オニさんダイバー」が登場

     節分を前に大阪市港区の水族館「海遊館」で20日、オニの衣装を身に着けた「オニさんダイバー」が登場した。

     同館の人気者ジンベエザメ(上)と遊泳しながら毎日3回、水槽内の清掃を行うほか、作業の合間に記念撮影にも応じてくれる。

     訪れた観光客らは手を振ったり、じゃんけんをしたりして一足早い節分を楽しんでいた。2月5日まで。

    0
    続き

    芥川賞に山下澄人さんの「しんせかい」

     第156回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞は山下澄人さん(50)の「しんせかい」(「新潮」2016年7月号)、直木賞は恩田陸さん(52)の「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)に決まった。

    0
    続き

    日本スポーツ賞で伊調馨「すごくうれしい」

     日本スポーツ賞(読売新聞社制定)の表彰式が19日、東京都内で開かれ、2年連続でグランプリ(大賞)に選ばれたレスリング女子の伊調馨(ALSOK)は「すごくうれしい。五輪で優勝できて、また大賞に戻ってこられた」と喜びを語った。

    0
    続き

    千葉県内の17町村を東京23区が応援

     東京23区長で構成する特別区長会は19日、全国各地域との絆を深める「特別区全国連携プロジェクト」に賛同した、千葉県内の17町村と連携協定を締結した。17町村は同県の農業生産力を生かし、生鮮食品などによる商店街の活性化や災害対策などの連携を予定している。

    0
    続き

    ホンダ「シビック」、6年ぶりに国内で復活

     ホンダは13日、千葉市の幕張メッセで開幕した改造車の展示会「東京オートサロン」で、主力乗用車「シビック」を今夏、国内に再投入すると発表した。欧米では主力車のシビックだが、日本では2011年3月の販売終了から約6年ぶりの復活となる。日本向けの新型の試作車3モデルを初披露した。

    0
    続き

    東京国立近代美術館所蔵の「お宝」、一足先に披露

     2020年に金沢市へ移転する東京国立近代美術館工芸館(東京都千代田区)が所蔵する「お宝」の一部が、石川県立美術館(金沢市)で一足先にお披露目されている。

     県立美術館で開かれている工芸館の所蔵品展示会は、人間国宝や文化勲章の受章者らの作品を中心に紹介。蒔絵(まきえ)を施したきらびやかな手箱や染め織物、陶磁器、現代オブジェなど46点を鑑賞できる。2月12日まで。

    0
    続き

    米海兵隊音楽隊、「歴史の目撃者の誇り」

     米連邦議会議事堂前で20日に行われるトランプ次期大統領の就任式で、音楽の演奏を担当する海兵隊音楽隊のリハーサルが17日、報道陣に公開された。

     海兵隊音楽隊は1798年に設立され、プロの音楽組織としては米国で最も長い歴史を持つ。トーマス・ジェファーソン第3代大統領が就任した1801年以来、就任式の音楽演奏を毎回担当しており、今回が55回目となる。

    1
    続き

    超新星爆発でできた宇宙の鉄は金属粒子でない?

     巨星が寿命を迎えて超新星爆発を起こした際に放出された鉄は、宇宙空間で金属微粒子として存在するとこれまで考えられていたが、他の元素との化合物として存在するか、他の粒子に不純物として取り込まれている可能性があることが分かった。

    0
    続き

    警視庁、女優の桜庭ななみさんをポスターに起用

     警視庁は18日、テロ防止への協力を呼び掛けるポスターに女優の桜庭ななみさん(24)を起用した。東京五輪・パラリンピックが3年後に迫る中、世界各地で無差別殺傷事件が相次いでおり、テロ防止に広報面でも力を入れる。

    0
    続き

    冬季アジア大会まで1ヵ月、課題は低い認知度

     札幌市と帯広市で開催される第8回冬季アジア大会の開会式まで、19日で残り1カ月となる。同日で選手登録が締め切られる。日本選手団にはフィギュアスケートで昨年末の全日本選手権を制した宇野昌磨(中京大)と宮原知子(関大)、スピードスケート女子の小平奈緒(相沢病院)らトップ選手が名を連ね、大会を彩る存在となりそうだ。

    0
    続き