■連載一覧
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 検証・金正恩統治5年
  • トランプ・ショック 再考・日本の国防
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016/12/27
  • 2016/12/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    「家族の愛やこの国の美しさに焦点を当てた」

     米人気女優アンジェリーナ・ジョリーさん(41)は18日、1970年代後半のカンボジアのポル・ポト政権下で起きた大量虐殺を題材に、監督を務めた新作映画「ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー(最初に父が殺された)」の完成を受け、カンボジア北西部シエムレアプで記者会見した。AFP通信によると、ジョリーさんは「戦争だけでなく家族の愛やこの国の美しさに焦点を当てたかった」と語った。

    0
    続き

    赤色矮星に7惑星、40光年先にミニチュア太陽系?

     みずがめ座の方向に約40光年離れた赤色矮星(わいせい)には、地球ほどの大きさの惑星が少なくとも7個ある可能性が高いと、ベルギー・リエージュ大などの国際研究チームが22日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。太陽系のミニチュアのような構成で、生命に必要な水が液体で存在する岩石質の惑星が含まれている可能性があるという。

    0
    続き

    忍者姿の看板猫、伊賀市の「むらい萬香園」で

     日本人は日付の語呂から“記念日”を付けるのが大好き。2月22日は「ニャンニャンニャン」で猫の日といわれ、ここ数年大きなブームとなっている。その一方で、「忍者の日」ともいわれている。

     その両方を掛け合わせたのがこの猫だ。三重県伊賀市にある茶販売店「むらい萬香園」では、忍者の衣装を着た“看板猫”が話題に。名前は茶々、客が来ると、愛想を振りまき出迎えてくれる。

    0
    続き

    気持ちよさそう、アルプスで打ちっ放し

     18日、スイス南部ロイカーバートで、凍結した湖面で同国の伝統競技「ホルヌッセン」に興じる男性。

     ホルヌスと呼ばれる球を遠くに飛ばして競う野球とゴルフを合わせたようなスポーツで、雄大な景色に向かって体を動かし気持ちよさそうだ。(EPA=時事)

    0
    続き

    女子追い抜き団体で日本金、エース抜きで圧勝

     団体追い抜きの日本は個人種目2冠の高木美帆をメンバーから外し、姉の菜那と佐藤、押切の新しいトリオで臨んだ。普段一緒に練習しているメンバーとあって、先頭を滑る選手の交代はスムーズ。2位の韓国に6秒59の大差をつけ圧勝した。佐藤は「きれいにラップをキープできて良かった」と会心の笑み。

    1
    続き

    クレーブン会長「パラリンピックから共生社会へ」

     日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)は21日、東京・赤坂の同財団ビルで記者会見し、国際パラリンピック委員会(IPC)公認教材「I’mPOSSIBLE」の国際版と日本版を開発したと発表した。

    0
    続き

    観衆も熱い視線、巨人がWBC韓国代表と対戦

     沖縄でキャンプ中のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の韓国代表が19日、那覇市のセルラースタジアムで巨人と練習試合を行った。

     WBC日本代表の坂本勇人内野手、小林誠司捕手も出場し、日韓戦さながらの熱い試合が繰り広げられ、満場の観客が熱い視線を送った。結果は巨人が4対0で勝利。

    1
    続き

    ダルビッシュの精度上々、投球術にも手応え

     レンジャーズのダルビッシュは打撃練習に初登板し、延べ6人に32球を投げて安打性の当たりはなし。伸びのある直球、切れのあるカーブ、フォークを披露した。

     間隔を空けた2巡目には、習得を目指しているフォークの出来栄えを試した。「低めのいい所から落ちていたので自信になった」。内野ゴロに仕留め、空振りも奪うなど精度は上々だ。

    0
    続き

    パンダ公開きょうから中止、シンシンに発情兆候

     上野動物園(東京都台東区)は21日、飼育するジャイアントパンダの雌「シンシン」(11歳)に発情の兆候が見られたと発表した。雄「リーリー」(11歳)との交配に向け、22日から当面の間、2頭の一般公開を中止する。

    0
    続き

    スピードスケートの小平奈緒、高木美帆が金

     札幌冬季アジア大会は20日、北海道帯広市でスピードスケートが始まり、女子1000メートルで小平奈緒(相沢病院)、3000メートルで高木美帆(日体大)が金メダルを獲得した。

     小平は今季ワールドカップ(W杯)の500メートルで6勝し、世界距離別選手権でも優勝した日本女子のエース。帯広市の隣の幕別町出身の高木美も今季のW杯で個人種目初優勝を果たすなど好調で、ともにアジア王者となって実力を示した。

    1
    続き

    ステチェンスカさん「プロになれてうれしい」

     将棋の女流3級でポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカさん(25)が20日、東京の将棋会館で行われた第44期女流名人戦の予選準決勝で勝ち、外国人初の女流プロ棋士(女流2級)に昇格した。

     ステチェンスカさんは「最後に詰みがあるかどうかを考えていたら頭の中が真っ白になりました。苦しい時もありました。プロになれてうれしい」とコメントした。

    0
    続き

    4年ぶりによみがえった国宝知恩院の鬼瓦

     大修理が行われている国宝知恩院(京都市東山区)の本堂・御影堂で20日、修復のため外されていた鬼瓦が4年ぶりに屋根に取り付けられた。

     設置されたのは大棟の東側の鬼瓦で、高さ約2メートル、幅3メートルと18面ある鬼瓦の中で最大。

     全部で九つの部材でできており、1639年から使われてきたが、劣化のため六つ新調したという。大修理は2019年まで続く予定。

    0
    続き

    レゴブロックの「ひな人形7段飾り」が登場

     東京・お台場のレゴランド・ディスカバリー・センター東京に20日、登場したレゴブロックの「ひな人形7段飾り」。

     日本に2人しかいないプロのレゴ職人「マスター・ビルダー」が約4000個のブロックで制作した。

     両親と訪れた女の子(4)は「カクカクしていて面白い」と笑顔で眺めていた。展示は3月5日まで。

    1
    続き

    冬でもオープン、野外で笑顔のプール遊び

     ドイツ南西部カールスルーエで17日、野外に設置されたプールで遊ぶ人々。

     ドイツのプールとしては珍しく、冬でもオープン。まだ水は冷たそうだが、利用者の表情は笑顔だ。(AFP=時事)

    0
    続き

    「札幌冬季アジア大会」開幕、札幌ドームで開会式

     アジアの冬季スポーツの祭典、第8回札幌冬季アジア大会の開会式が19日、皇太子殿下をお迎えして札幌市の札幌ドームで行われた。日本開催は2003年の第5回青森大会以来で、札幌では1986、90年の第1、2回大会に続き3度目となる。

     開会式のテーマは「ようこそ、つながる冬へ」。アイヌ民族の舞踊やソーラン節など北海道の伝統文化が、迫力ある演出で披露された。

    0
    続き

    スノボ女子大回転で家根谷依里が金メダル

     スピードに乗った2回目。途中のターンでバランスを崩しかけたが、何とか立て直してゴールした。振り向いてタイムを確認し、両拳を突き上げる。日本勢初の金メダルを獲得した家根谷は「とにかくほっとしている」。重圧から解放された笑みを浮かべた。

    0
    続き

    錦織圭選手のサーブ体感 、NTTがVRで再現

     NTTはこのほど、プロテニスプレーヤーの錦織圭選手のサーブを体感できる仮想現実(VR)技術を発表した。専用ゴーグルを装着し、VR映像を見ながら、センサー付きのラケットを振る。ボールを捉え、サーブを打ち返せたかどうかを4段階で判定してくれる。

     3台のカメラで撮影した映像を合成し、ボールの軌道を立体的に再現。ボールを捉えるとラケットや腰に着けたベルトが振動し、サーブを打ち返す感覚が得られるという。

    0
    続き

    サーフィン世界大会へ、日向市が受け入れ準備

     宮崎県日向市の「お倉ケ浜海岸」で、9月23日から10月1日にかけ、国際サーフィン連盟主催の世界ジュニア選手権が開かれることが決まり、市などが受け入れ準備を進めている。

     サーフィンは2020年東京五輪の追加競技となっているだけに、十屋幸平市長は「五輪に向け、大きな弾みにしたい」と笑顔。選手ら約600人と見込まれる参加者には「宮崎の海、食などを堪能してほしい」と意気込む。

    0
    続き

    世界的に有名な祭典リオのカーニバルの準備着々

     16日、ブラジルのリオデジャネイロで、イグアナをかたどったフロート(山車)の塗装を行う人たち。

     世界的に有名な祭典リオのカーニバルを今月下旬に控え、準備に余念がない。(AFP=時事)

    0
    続き

    稀勢の里の横綱昇進を祝い市民やファンが5万人

     大相撲初場所で初優勝し、横綱に昇進した稀勢の里関(30)の祝賀パレードが18日、出身地の茨城県牛久市で開催された。オープンカーに乗ってJR牛久駅から市役所までの約830メートルをパレード。集まった市民やファンら約5万人の声援に、新横綱は笑顔で手を振って応えた。

    1
    続き

    世界へ躍り出た三原舞依、200点超え逆転V

     まさしく、シンデレラストーリー。1年後に平昌五輪の舞台になるリンクで三原が輝いた。ジャンプは全て、完璧。一流の証しとなる合計200点超えで表彰台の真ん中に立った。病から復帰したシニア1年目。「夢みたい」とはにかんだ。  冒頭でルッツ-トーループの連続3回転を難なく着氷し、3回転フリップ、ダブルアクセル(2回転半)も決めて落ち着いた。演目は「シンデレラ」。ステップでは舞踏会で踊るようにかれんに舞った。「三原舞依ってこんな選手だよ、みたいな感じで」の思いを込めて、その名を確かに刻んだ。

    0
    続き

    「Yokosukaガールズ」を期間限定で結成

     神奈川県横須賀市は、市を代表するファッションアイテム「スカジャン」をテーマにしたイベントが市内で開催されるのに合わせ、女性職員3人をメンバーとするユニット「Yokosukaガールズ」を期間限定で結成した。

     スカジャンを着た3人が歌や踊りを交え、地元商店街などの魅力を伝えるプロモーションビデオを制作。市の観光情報サイトで公開し、イベントのPRに一役買っている。

    0
    続き