■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    2700人が出席、着ぐるみ大集合

     17日、ドイツのベルリンで開催中の「欧州着ぐるみ大会」で行われたパレードに参加した愛好家たち。

     大会は世界で最も歴史のある着ぐるみ大会で、約2700人が出席する。(AFP=時事)

    0
    続き

    タイ・バンコクに復興のメロディーが響く

     福島県の中高生らでつくる福島青年管弦楽団が18日夜、タイ・バンコクのサイアム・ピックガネーシャ・シアターでコンサートを開いた。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興を目指す被災地の思いを乗せたメロディーが会場内に響いた。

    0
    続き

    新潟・海洋高生がマレーシアでサケの魚醤を販売

     新潟県立海洋高校の生徒2人が19日、クアラルンプールの伊勢丹で、部活動で製造したサケの魚醤「最後の一滴」を販売した。マレーシア政府機関から4月にハラル(イスラム教で合法の意味)認証を取得したことを機に、豚などを禁忌とするイスラム諸国でも問題がない魚醤の魅力をアピールした。

     店頭に立ったのは共に1年生の金山芽生さん(15)と田村渓さん(15)。

    0
    続き

    「パキスタンのマザー・テレサ」の国葬営む

     パキスタンでハンセン病患者の治療に身をささげ、「パキスタンのマザー・テレサ」と呼ばれたドイツ人修道女、ルート・プファウさんの国葬が19日、パキスタン南部カラチで営まれ、フセイン大統領も出席した。プファウさんはパキスタンで150カ所以上の医療施設を整備するなど尽力し、10日に87歳で亡くなった。

    0
    続き

    全国初、燃料電池バスのバスツアーを行う

     クリーンエネルギーとして注目される水素のPRのため、燃料電池バスを使った親子バスツアーが19日、東京都とJTBの共同企画で行われた。燃料電池バスのバスツアーは全国初で、子供13人、大人7人の計20人が参加した。

    0
    続き

    中世にタイムスリップ

     16日、オーストラリアのシドニーで、中世の騎士のよろいを着用して戦いのポーズを取る「選手」。

     シドニー近郊では23、24の両日、中世をテーマにしたイベントが開催される。

    0
    続き

    母校愛をノートで結び30年、寄せ書き3100校分

     「サラリーマンの街」として知られる東京・新橋に、全国各地の3100校を超える高校名が書かれたファイルが所狭しと並ぶ居酒屋がある。九州の郷土料理を出す「有薫酒蔵」。ファイルには来店した同窓生が思い思いに寄せ書きしたノートが収められ、1987年に1冊目が作られて以降、増え続けている。

    0
    続き

    国内最年少、生後13日の女児の心臓手術が成功

     兵庫県立尼崎総合医療センター(兵庫県尼崎市)の藤原慶一副院長らが18日、記者会見し、先天性の重い心臓病がある生後13日の女児の手術に成功したと発表した。同センターによると、右肺動脈に異常がある珍しい心臓病で、国内最年少の成功例という。経過は順調で19日に退院する予定。

    0
    続き

    「走るATM」、移動ATM車の導入が広がる

     地方銀行や信用金庫といった地域金融機関で、現金自動預払機(ATM)を搭載し、店舗の空白地域などを巡回する移動ATM車の導入が広がっている。今秋には、トラックを改造した従来の車両に比べ、小回りが利いてコストも抑えたワゴン車タイプが登場。車の運転が困難な高齢者ら交通弱者の増加が、地方での「走るATM」の普及を促している。

    0
    続き

    「駐車場の利用」を蝶野正洋さんが呼び掛け

     道路が日々の生活に身近な施設であることを実感してもらうためのイベント「夢のみち2017」(主催・東京都道路整備保全公社)が18日、東京・JR新宿駅西口広場で開かれた。

    0
    続き

    郵便局に「JOCオリンピック支援自販機」

     日本オリンピック委員会(JOC)は18日、売り上げの一部を選手強化費などに充てる日本コカ・コーラの「JOCオリンピック支援自販機」を、全国60カ所の郵便局に設置すると発表した。リオデジャネイロ五輪メダリスト58人の出身地や練習拠点など、ゆかりのある場所を選んだ。

     支援自販機は昨年1月から設置が始まり、既に約800台が置かれているが、今回は金、銀、銅のメダル色をした特別のデザインで登場する。

    0
    続き

    長崎・対馬にカワウソ、国内で38年ぶり確認

     琉球大学は17日、長崎県対馬で今年2月6日にカワウソの動画を撮影したと発表した。環境省が7月に実施した調査でふんなどを採取し、分析した結果、カワウソのDNAが検出された。カワウソの生息が国内で確認されたのは38年ぶりで、種の特定を進める。

    0
    続き

    「癒し」テーマにiPS研究支援のアート展

     芸術を専攻する学生や教師らが集まり、「癒し」をテーマにした絵やバッグなどを展示する「若手アーティストの卵たち展」(代表・富岡三智子)が17日まで、東京・銀座のギャラリー・アートグラフで開かれた。作品の販売も行われ、売上金約9万円はiPS細胞研究のための研究費などに寄付される。

    2
    続き

    交流が生んだアート展「TURNフェス3」

     アーティストが障害者支援施設などと交流を重ねて生まれた作品を公開する「TURNフェス3」(主催=公益財団法人「アーツカウンシル東京」など)が18日、東京・上野の東京都美術館で始まる。これに先立ち17日、報道陣向けツアーが行われた。

    0
    続き

    狙撃手「シューバ」の標的となった2人の米兵

     イラク戦争の時に、米軍兵士を次々狙撃して注目を集め、欧米諸国を震撼(しんかん)させた狙撃手がいた。「シューバ」という名前で、イラクでは英雄として崇(あが)められたが、1人なのか、複数なのかも分からず、その後の行方も不明だ。この映画はシューバが最後に狙ったとされる米兵との攻防戦を基にして描かれた。

     登場するのは2人の米兵で、シューバは声だけ。姿を現さない。

    1
    続き

    鳥取の星空をPRする写真家ウィル・チョーさん

     7日から9月末まで香港で開催されている「SONY香港・鳥取県写真展」で鳥取県各地の風景や星空を撮影し、香港で馴染みの薄い鳥取県の魅力をPRする「鳥取星空王子」として活躍している。

     本人は香港で「銀河小王子」とも呼ばれ、人の上にある夜空の幻想的な風景がインスタグラムなどで紹介され、内外で高い評価を得ている。

    0
    続き

    南阿蘇鉄道、観光シーズン「雄大な風景見に来て」

     昨年4月の熊本地震で被災したローカル線「南阿蘇鉄道」が、集客に汗を流している。1年4カ月が過ぎたが全線運行再開はできておらず、乗客は激減。緑が覆う雄大な風景が阿蘇に広がる観光シーズンに、同社関係者は「夏は阿蘇が美しく映える季節。ぜひ訪れて」と呼び掛けている。

    0
    続き

    ガザの生ごみを燃料に、ビジネスコンテスト開催

     イスラエルによる境界封鎖で「天井のない監獄」と呼ばれるパレスチナ自治区ガザで12~14日、高い失業率に苦しむ若者の起業を支援し経済的自立を促すため、日本人の若者らが主催するビジネスコンテストが行われた。ガザで処理が問題となっている生ごみからバイオガスと液体肥料を生成する装置を開発したチームが優勝し、賞金50万円が贈られることになった。

    1
    続き

    毎月11日だけ開店する「きっかけ食堂」

     京都市上京区に、毎月11日だけ開く食堂がある。2011年3月11日に起こった東日本大震災の「月命日」に東北について語り合う場をつくろうと、3年前、立命館大の学生が「きっかけ食堂」を開店。現在は5人の大学生が「2代目」となり、東北の地酒や食材を使った料理を通じて、京都と被災地をつないでいる。

    0
    続き

    羽生結弦、子供たちに「たくさん転んでもOK」

     フィギュアスケート男子の世界選手権覇者、羽生結弦(ANA)が16日、横浜市内のイベントに参加してスケート教室で約70人の子供たちを指導し、「たくさん転んでもOK。失敗しないように工夫して頑張ってください」と激励した。

    1
    続き

    1分間に15個、身も心も燃えるような辛さ

     中国の湖南省寧郷で12日、「唐辛子早食い選手権」が行われた。参加者は「唐辛子風呂」に入浴しながら食べる量を競い、身も心も燃えるように熱くなる。

     優勝者は1分間に15個の唐辛子を平らげた。湖南省は激辛料理でも有名だ。(AFP=時事)

    0
    続き

    シャペコエンセが身上の粘り発揮、再建へ一歩

     深い悲しみに暮れてから9カ月。一からの立て直しを迫られたシャペコエンセは、終盤に浦和にPKを決められて屈したが、身上の粘り強さは最後まで発揮した。

    0
    続き

    江戸の知恵「打ち水」で涼しくおもてなし

     暑い夏に涼を得るための江戸の知恵「打ち水」が東京のおもてなしとして定着することを目指し、東京・丸の内の東京国際フォーラムで15日、「打ち水日和」が行われた。

    0
    続き