■連載一覧
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 沖縄 rss

    沖縄県の県花「デイゴ」が開花

     沖縄県の県花であるデイゴが那覇市の与儀公園で鮮やかな赤い花を開かせている。

     デイゴは4月から5月にかけて咲く赤い花。沖縄気象台によると、開花したのは11日で、平年より10日遅いという。

    0
    続き

    米空軍嘉手納基地が養護施設の児童104人を招待

     米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町)は3月28日、沖縄県内の児童養護施設の子供たち100人以上を招待し、基地見学や工作活動などを通じて米国人ボランティアと交流した。嘉手納基地は地域コミュニティーとの交流を重視しており、今回もその一環だ。こうした草の根運動の積み重ねが日米同盟の強化につながるものとして高く評価されている。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    夏に期待膨らむ高校野球

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     春の選抜高校野球大会(センバツ)では、沖縄県から沖縄尚学高校と美里工業高校が出場し、十分に存在感を示した 。

    0
    続き

    仲井真弘多知事の埋立申請承認を支持

     春分の日の21日、那覇市の県民広場で「仲井真弘多(ひろかず)知事を支える県庁前集会」(主催・同実行委員会)が開催された。知事が、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の危険性除去のために米軍キャンプ・シュワブのある名護市辺野古沖の公有水面埋立申請を承認したことを評価、支持するもの。これまで、辺野古移設に反対する集会は多く開催されてきたが、辺野古移設を支持する集会は珍しい。一方、在沖米軍撤去と本土・沖縄分断を狙う「琉球独立」を要求する「パレード」が同日、那覇市内で開かれた。(那覇支局・竹林春夫、豊田 剛)

    0
    続き

    中高生と共有した感動体験

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     16日、現代版組踊「肝高(きむたか)の阿麻和利(あまわり)」(主催・あまわり浪漫の会)を観賞した。出演者は地元うるま市の中高生。

     「組踊」とは、音楽・舞踊・台詞で構成される琉球古典劇。能や歌舞伎の影響も受け、約300年の歴史を持つ。全編が沖縄方言であるため、字幕なしで理解するのは困難だ。

    0
    続き

    「三三会」が初の訪沖、台湾企業との交流・協力を提案

     台湾の大手企業グループを中心とする民間国際交流団体の「中華民国三三企業交流会」(略称・三三会、会長・江丙坤中国信託商業銀行最高顧問)の沖縄視察団約30人が8日、4日間の日程で沖縄を訪れた。三三会は毎年のように日本を訪れているが、沖縄訪問は初めて。沖縄への投資に熱心な三三会の企業に対して、県と経済界がどう対応するかが課題となる。(那覇支局・竹林春夫)

    0
    続き

    米海兵隊員が相次ぐ人命救助

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄に駐留する米海兵隊員は2月の間に2件、人命救助の活躍をした。

     1件目は2月23日午後6時すぎ。沖縄に着任したばかりのランディー・ウェス1等軍曹が、金武町のキャンプ・ハンセンからうるま市のキャンプ・コートニーに向かう国道で、直進していたバイクが右折しようとした車に衝突したのを目撃。ただちに車から降りて応急処置をした。

    0
    続き

    照屋守之自民党県連幹事長、沖縄県議会で異例の地元紙に疑問

     沖縄県議会2月定例会では、21日から4日間、仲井真弘多(ひろかず)知事に対する、日米両政府が普天間飛行場の移設先として合意している名護市辺野古の公有水面埋立申請を承認したことについての理由や経緯を究明する調査特別委員会(百条委員会)が開かれた。3月6日の一般質問では、知事批判一辺倒の記事や沖縄戦当時の慶良間諸島での集団自決軍命説の記事など地元マスコミの一方的な報道姿勢に疑問が呈された。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    「龍柱」建設に那覇市民が危機感

     「止むに止まれぬ大和魂!!」と封書の裏面に書かれた書簡が先日、届いた。昨年末に那覇市で設立された市民の会「沖縄県を中国の侵略から守る会」会長の今年八十数歳になる金城テル女史からのものだった。

     封書の中には、「国民の血税が中国シンボルの建設費に!?」の見出しの付いた、那覇市の海の玄関口にあたるクルーズ船バースに近い若狭緑地に建設予定の高さ15㍍、幅3㍍の巨大な「龍柱」に、県民として危機感を覚えるという内容のチラシとその説明文の2枚が入っていた。

    0
    続き

    保守で前進か、革新に戻るか 石垣市長選、来月2日投開票

     任期満了に伴い3月2日に投開票される石垣市長選は23日告示され、2期目を目指す現職の中山義隆氏(46)=無所属、自民・公明推薦=と返り咲きを狙う前職の大浜長照氏(66)=無所属=が立候補を届け出た。2012年9月の尖閣諸島国有化後、初めてとなる同市長選。中山氏は尖閣諸島を含む南西諸島防衛に意欲を示しているが、大浜氏は「防衛強化で緊張が高まる」と話し合いによる解決を公約に掲げている。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    龍柱、至聖廟建設計画進める那覇市

     昨年末、仲井真弘多(ひろかず)知事が名護市公有水面埋立申請を承認した。これにいち早く遺憾の意を表明したのは翁長(おなが)雄志那覇市長であり、抗議決議を採択したのは那覇市議会だ。政府や県との対立姿勢を強める那覇市では、市の玄関口に当たる若狭地区に今年6月にも中国的なデザインの「龍柱」が建立される。さらには、すぐそばの松山公園には孔子廟(びょう)や明倫堂などから成る至聖廟を核とした中国との交流施設の整備が進められており、地域住民は「中華街ができるのでは」と警戒感を強めている。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    尖閣所在の地で再び保革一騎打ち 石垣市長選、来月2日投開票

     中国が領海・領空侵犯を繰り返す尖閣諸島が所在する石垣市の市長選が3月2日投開票される。石垣島は南西諸島防衛の要であり、国益にも直結する大事な選挙だ。現職の中山義隆氏(46)=自民推薦=と前職の大浜長照氏(66)=無所属=がこれまでに出馬表明しており、前回2010年の市長選と同じ顔合わせによる一騎打ちとなる公算が大きい。保守系の中山市長が国、県とのパイプで改革を進めていくのか、それとも長年の革新市政に後戻りするのか。(那覇支局・竹林春夫、豊田 剛)

    0
    続き

    拡張続ける那覇空港

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     日本航空(JAL)が東京・羽田と那覇を結ぶ路線が5日、就航60周年を迎えた。

     JALの5番目の路線として羽田-那覇便が就航したのが1954年2月5日。当初は週2便だったが、現在は一日12往復。東京―千歳路線と並ぶ「ドル箱路線」になるまで成長した。

    0
    続き

    インフルエンザに注意

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄本島中部のある小学校はこのほど、集団感染性胃腸炎で学級閉鎖になった。原因はまだ特定されていない。浜松市と広島市でノロウイルス集団感染が報告されたばかり。油断は禁物だ。

    0
    続き

    沖縄でシンポ、自然災害対処で米軍と地域社会の連携が重要

     多くの離島を抱える沖縄で大規模な地震と津波が発生したらどうなるのか。東日本大震災の教訓として、大規模災害の対処は多国間協力と事前の準備の必要性が指摘されている。こうした中、公開シンポジウム「日米同盟マネージメント―在日米軍との自然災害対処協力」(主催:特定非営利活動法人沖縄平和協力センター=OPAC)がこのほど、那覇市で開催され、米国と日本の研究者らが災害に備えての日米の協力体制強化や備蓄基地整備などについて議論した。島嶼(とうしょ)国家である日本にとって、国民の生命と安全を確保するためには政府、各自治体はそれぞれの災害対策と同時に、即応能力の高い米軍との協力関係が不可欠だ。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    稲嶺進氏再選で問われる政府・自民党の手腕

     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古沿岸部(名護市)移設の是非を争点とした名護市長選が19日投開票され、移設反対派の現職の稲嶺進氏(68)=無所属、共産、生活、社民、沖縄社会大衆(社大)推薦=が、移設推進を訴えた前自民党県議の末松文信氏(65)=同、自民推薦=に4155票の差をつけて再選された。稲嶺氏は日米両政府が進める辺野古移設に強く反対しているが、仲井真弘多知事が昨年末、辺野古沿岸部の埋立申請を承認しており、政府の移設方針が覆されることはない。ただ、稲嶺氏が移設に関わる市長権限があるものは全て反対する方針で、政府・自民党の対応が注目される。(那覇支局=竹林春夫、豊田 剛)

    0
    続き

    解決遠い八重山教科書問題

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県八重山地区の石垣市、与那国町と竹富町が異なる中学公民の教科書を採択している問題は、2年を経た現在も解決の糸口が見えない。

     県教育委員会は15日の定例会で、文部科学省へ質問状を送ることを決めた。

    0
    続き

    辺野古移設、普天間の危険性除去が原点 宮崎政久・衆院議員に聞く

     宜野湾市にある米軍普天間飛行場移設問題が昨年末、大きく進展した。沖縄県選出国会議員と自民党県連が従来の「県外移設」の主張から「辺野古移設も含め、いかなる選択肢も排除すべきでない」と辺野古移設容認に方針を変えた。昨年3月から懸案だった政府の辺野古沿岸部公有水面埋立申請に対して仲井真弘多知事が先月27日に承認、辺野古移設に向けた作業が動きだした。県選出衆院議員の宮崎政久氏にこうした動きの背景などを聞いた。(那覇支局=竹林春夫・豊田 剛)

    0
    続き

    翁長・那覇市長が新年会で烽火

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     仕事始めの6日を皮切りに数多くの開催された新年会は基地問題をはじめとする沖縄県の行方を占う絶好の機会となった。

    0
    続き

    普天間のオスプレイがフル稼働、フィリピン災害救助で在沖米海兵隊が大活躍

     11月8日にフィリピンのレイテ島を襲った超大型台風で甚大な被害が出た際、日本の自衛隊をはじめ、各国は国際的な救援部隊を送り込んだ。その中で最も迅速かつ効率的に貢献したのは在沖米海兵隊で、約2000人の隊員が救援活動「ダマヤン作戦」に参加した。中でも、普天間飛行場(宜野湾市)に配備されている垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの活躍が際立った。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    宜野湾市議会が「県内」容認

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先について、沖縄県出身の自民党所属国会議員5人が11月、「県外」から「県内」(名護市辺野古)容認で一致した。これに続き、「県外」を主張していた自民党沖縄県連も「県内容認」へ回帰した。

    0
    続き

    子連れで行く居酒屋

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     12月に入り、忘年会シーズンを迎えた。この時期、大人だけでなく子供までも忙しくなる。沖縄県教育庁が今年公表した県内の小学5年生と中学2年生およびその保護者を対象にした生活実態調査によると、親と一緒に居酒屋で食事をするという回答が小学生で7・7%、中学生で6・4%だった。

    0
    続き

    孔子廟・龍柱建設で中華街化も

     那覇市の公園内に今年6月、儒教の創始者である孔子を祀(まつ)っている霊廟(びょう)「孔子廟」が新たに設置された。久米三十六姓の子孫でつくる一般社団法人久米崇聖(そうせい)会(神村光二理事長、会員約200人)に市が所有者である土地を無償で提供していることに対して、市民団体が異議を唱えている。また、孔子廟の近くには中国支配をほうふつさせる龍柱の建設が予定されており、久米地区が中華街になるとの懸念が生じている。

    (那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き