■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 沖縄 rss

    在沖米軍2000人を朝鮮半島に展開 ニコルソン四軍調整官

    在沖米軍ニコルソン四軍調整官語る

     朝鮮半島の緊張が高まる中、日米同盟の強固な関係構築が不可欠だ。在沖縄米軍はアジア太平洋地域の安全と安心の担保に尽力する一方で、航空機の騒音対策など地元住民への負担軽減に努めている。在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官(中将)は16日の記者会見でその両面を強調した。(那覇支局・豊田 剛)

    5
    続き

    「津波サミット」で高校生が討議

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     11月7日と8日、沖縄県宜野湾市で「世界津波の日」高校生島サミット開催され、26カ国の高校生約250人が参加した。

    2
    続き

    国連演説で翁長知事を提訴 沖縄県民有志5人

     翁長雄志沖縄県知事が平成27年9月21日にスイス・ジュネーブの国連人権理事会で、県知事の立場を利用して演説を行ったことは不当だとして、県民有志でつくる「沖縄県政の刷新を求める県民の会」(仮称)のメンバー5人が21日、公費から支出された約160万円の県への返還を求めて翁長氏を那覇地裁に提訴した。

    4
    続き

    県民投票煽る翁長県政の末路

    OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎

     先般の総選挙で沖縄県(4小選挙区)は、翁長(おなが)雄志知事派が3勝、自民党は1勝という結果になり翁長知事や革新は、「オール沖縄の県民の声はいまだ健全だ」とコメントしている。だが、その実態はさにあらず。翁長陣営がオール沖縄の原点であり象徴であると懸命の応援をした4区の仲里利信氏が、自民の西銘(にしめ)恒三郎氏に敗れたのだ。

    4
    続き

    名大附属高、平和を学ぶ「研究旅行」30年

     沖縄戦を体験した証言者が少なくなっている中で、沖縄屈指の名ガイドと言われ、40年以上、「平和」や「信頼」の大切さを語り続けているのが新島メリーさん(70)だ。同じく30年前から沖縄を訪れ、「研究旅行」を続けてきた愛知県の名古屋大学教育学部附属高(以後、名大附属高)のグループに対して、このほど新島さんは主義思想を超え平和をつくり出す人格を備えることの重要性を語っていた。(那覇支局・豊田 剛)

     11月7日午後、沖縄県平和祈念公園を訪れた名大附属高2年生の修学旅行グループが、園内に設置された学徒合同慰霊碑の前で女性ガイドの話に耳を傾けていた。

    3
    続き

    前途多難な農連再開発

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     農連市場などが入る施設が10月17日、那覇市樋川に完成した。農連市場は、1953年の開設以来、生鮮野菜類を中心にした「食の台所」として繁栄したが、建物の老朽化や防災設備が十分でないことや商売が時代のニーズに合わないことを理由に再開発されることになった。

    2
    続き

    沖縄戦の歴史認識を取り戻す

    沖縄県民の思い込みからの解放が沖縄問題解決の糸口

     沖縄を取り巻く問題が山積みである。沖縄は基地問題をはじめ貧困、高離婚率、高失業率、最低賃金、低学力について、いずれも長年全国ワーストワンを記録している。筆者はこれら沖縄の諸問題は、沖縄県民の思い込みが本質的な原因であると考える。教育やメディアによって沖縄県民は繰り返しステレオタイプの刷り込みを受け続けている。特に小学校から始まる平和教育での「沖縄戦の歴史認識」が刷り込みのスタートラインである。  沖縄県では毎年6月23日前後になると平和教育という名の偏向教育が県内小中高校でおこなわれる。この日は沖縄戦の組織的戦闘が終了した日。県内は「慰霊の日」として小中高校や役所は休みになる。沖縄メディアもこの日を前後に「沖縄戦での住民の被害や悲劇」という情緒的な情報を繰り返し流し続ける。加害者はなぜか日本兵である。沖縄県民は平和教育により、例えば以下の内容を繰り返し教えられ思い込まされている。

    16
    続き

    オスプレイはアジア太平洋の平和の礎 普天間航空基地司令官に聞く

    普天間航空基地司令官 マーク・カーペス大佐に聞く

     ドナルド・トランプ米大統領が5日、横田基地で在日米軍らを前に演説し、東アジアの安全保障における日米同盟の重要性を強調した。その一方で、沖縄では垂直離着陸機オスプレイや大型ヘリコプターの事故が相次ぎ、革新勢力が海兵隊撤退やオスプレイ配備撤回を求めている。普天間航空基地(宜野湾市)のマーク・カーペス大佐に、在沖海兵隊駐在の必要性、オスプレイ配備の意義などについて聞いた。(聞き手・豊田 剛)

    4
    続き

    「改憲し尖閣守れ」と百田氏

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     「沖縄の2紙(琉球新報と沖縄タイムス)をつぶさないといけない」の発言で知られるベストセラー作家の百田尚樹氏(61)が10月27日、沖縄県名護市で講演した。

     人懐っこく歯に衣着せぬ話しぶりで終始、会場を盛り上げた百田氏だが、日本を取り巻く安全保障環境に話が及ぶと、会場の雰囲気に緊張感が漂った。

    6
    続き

    自衛隊に水陸機動隊は必要

    元在沖米海兵隊政務外交部次長 エルドリッヂ氏

     在沖縄海兵隊の元政務外報部次長、ロバート・エルドリッヂ氏はこのほど、陸上自衛隊が沖縄県金武(きん)町の米海兵隊基地キャンプ・ハンセンに海兵隊に相当する水陸機動隊を配置する計画があることについて、「当然のこと」として歓迎した。本紙の取材で語ったもの。

    5
    続き

    小選挙区で保革が接戦 衆院選、沖縄を読み解く

    《 沖 縄 時 評 》

     先の衆議院選挙で「国難突破」を掲げた安倍晋三首相が信任された。自民・公明の与党は3分の2を超える議席を獲得して圧勝。改憲積極派の日本維新の会と希望の党を加えると、8割を超えた。

    2
    続き

    衆院選2017~沖縄はどこへ向かうのか~

     まさに「国難突破解散」というに相応しい衆院選だった。投開票日当日は台風の影響もあり、全国各地が大荒れの天候となった。「国難突破」を彷彿とさせた。筆者は、風雨のなか、近くの投票所へ向かい、一人の日本国民として選挙権を行使した。結果は自公連立与党の圧勝に終わり、希望の党や日本維新の会などの保守系野党を含めて衆院の8割が「改憲勢力」という結果だった。

     さて、筆者は東京都に住民票を移しているので、故郷沖縄ではなく東京で投票した。しかし、故郷沖縄の選挙結果が気がかりであった。衆院選期間中に、米軍ヘリの不時着事故が発生したこともあり、「保守系不利」の情勢が伝わっていたからだ。結果、沖縄4区(糸満市、宮古市、石垣市など)を除く小選挙区すべてで野党共闘勢力(オール沖縄勢力)の勝利に終わった。幸いにして4区は保守系の自民党候補が当選したが、依然として沖縄では革新系が強いことを思い知らされる結果になってしまった。これは受け止めるべき事実である。

    13
    続き

    阿部記者、全国的有名記者に?【産経】百田尚樹氏「沖縄2紙は中国の脅威伝えない」…講演後、沖縄タイムス記者から

     「琉球新報。沖縄タイムスを正す会」(我那覇真子代表)主催の「百田尚樹講演会・宜野湾」は、残念ながら台風のため28日は順延となった。

     だが、前日行われた名護市での講演会は、思わぬ副産物を提供してくれた。

    6
    続き

    「沖縄にインターネットはないのか」百田が再び炎上発言?

     「沖縄の2紙(琉球新報と沖縄タイムス)を潰さないといけない」と発言して、その2紙から叩かれたベストセラー作家の百田尚樹氏(61)が27日夜、再び“因縁の地”沖縄に乗り込み講演を行った。台風による荒天にもかかわらず名護市の会場には約600人が詰めかけ、百田氏は歯に衣着せぬ発言で参加者を沸かせた。

    29
    続き

    あなたはそれでも沖縄2紙を読み続けますか?

     沖縄タイムス、琉球新報の編集局長が平成29年8月20日の日本共産党の機関紙である「しんぶん赤旗」日曜版に揃って登場した。そして、普天間基地の辺野古移設反対で共産党と「不屈の結束」の共闘を宣言。社会の公器であり、本来は不偏不党であるべきメディアのしかるべき地位にいる人が、特定政党の機関紙に登場することは異例中の異例である。  かつて作家の百田尚樹氏に「沖縄の新聞はつぶさなあかん」と言及され、その偏向ぶりは「どこかの党の機関紙」と揶揄されて来た沖縄2紙が、いよいよその偏向ぶりを自ら暴露したのだ。むしろ、不偏不党で公正中立を装って偏向報道をされるより、彼らの立場が明確になり、分かりやすくていいのかもしれない。  ただ、もし、あなたが共産党支持者でないならば、沖縄2紙の購読はやめた方がいいだろう。人は一方的な情報のみを受け取っていると、その情報を正しいと思うようになり、その情報に基づいた発想しか受け付けなくなったりする。

    ■あなたは共産主義者なのか?

    8
    続き

    衆院選沖縄4区 翁長知事派の仲里氏落選

     衆院選が22日、投開票され、沖縄選挙区では米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設阻止を掲げる革新系「オール沖縄」の前職3人が当選したが、無所属前職が議席を失い、翁長雄志知事にとって痛手となった。(那覇支局・豊田 剛)

     23日午前1時半、4区は自民前職の西銘恒三郎氏(63)=公明推薦=の5期目の当選が確定、無所属前職の仲里利信氏(80)から「選挙区奪還」を果たした。

    7
    続き

    辺野古移設は住民の負担軽減

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     名護市の宮城安秀市議がこのほど、宜野湾市内で講演し、地元メディアで報道されない辺野古区民の声を代弁した。辺野古は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の代替施設の移設先であるキャンプ・シュワブを抱える行政区だ。

    3
    続き

    【沖縄4区】師弟対決でリベンジなるか

     沖縄本島南部と八重山諸島の沖縄4区は自民党が接戦区と認識する選挙区のひとつ。石垣島と宮古島には陸上自衛隊の配備計画があり、選挙結果が配備の行方に大きく影響するとみられる。

     ここでは、前職で無所属の仲里利信氏(80)と自民公認の前職、西銘恒三郎氏(63)による事実上の一騎打ちが繰り広げられている。

    5
    続き

    米軍ヘリ事故、東村民がデマ報道と風評被害に警鐘

     米軍の大型輸送ヘリコプターCH53Eが11日夕、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古から北東に約40㌔離れた東村高江の民間牧草地に緊急着陸し炎上した。沖縄県議会は16日、事故に抗議し、高江周辺にあるヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)6カ所の使用禁止を求める決議を全会一致で可決した。ただ与党が求めた「海兵隊撤退」などの過激な文言は野党自民党の反対で挿入されなかった。(那覇支局・豊田 剛)

    4
    続き

    沖尚野球部と東浜投手

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県高校野球の秋季大会は8日、沖縄尚学が決勝戦で興南を4対1で下して10年ぶり7回目の優勝を果たした。

     共に全国優勝の経験がある沖尚と興南の公式戦での直接対決は何年ぶりだったろうか。わくわくする気持ちで観戦した。全国経験の豊富なチーム同士の引き締まった試合運びで、最後まで予断を許さない展開だった。

    3
    続き

    沖縄独立運動の影に琉球王国復活をもくろむ?!あの勢力

     沖縄県には大陸からの帰化人の末裔がたくさん住んでいる。一説には約2万人いるとされている。「久米三十六姓」である。

     久米三十六姓のことを知らない人のために説明をすると、明の時代、支那大陸南部の福州(現在の中国福建省)から琉球王国へ洪武帝の命により下賜されたとされる閔人の末裔のことである。彼らは那覇市の久米村周辺に居住地を構えたので久米三十六姓とか久米村人(クニンダチュ)と呼ばれている。

    13
    続き

    米軍ヘリ事故、原因究明と再発防止の徹底を

     沖縄県の米軍北部訓練場(東村、国頭村)近くの牧草地で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが緊急着陸し、炎上、大破した。乗員を含めけが人はなかったものの、近くには集落や小学校もあり、住民が巻き込まれる可能性もあった。

     事故を受け、在沖米軍はCH53Eの運用を停止した。日米安保体制に対する信頼を揺るがしかねない事態であり、米軍には原因究明と再発防止の徹底を求めたい。

    1
    続き

    「沖縄県民が自ら米軍に基地を提供した」

     沖縄県の翁長雄志知事は就任以来、「沖縄県民は自ら(米軍に)基地を提供したことは一度もない」と県内外に発信している。だが、これは歴代3知事の発言と全く食い違っているだけでなく、事実に反しているとして、野党自民党側が沖縄県議会9月定例会で翁長知事を追及した。これに対し知事は「改めて検証する」と先送りを表明して事実上、逃げを打った形だ。(那覇支局・豊田 剛)

     質問者の照屋守之県議(自民)は2日の一般質問で、過去の県議会での知事の答弁をもとに県民が自ら基地を提供した実例を挙げ、翁長氏の主張が「誤りだ」と追及した。

    4
    続き