■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 沖縄 rss

    沖縄でも早くも「カールロス」

     25日、明治製菓を代表するスナック菓子「カール」が、8月生産分を最後に北海道から中部で販売を終えるという衝撃的ニュースが流れた。子供のころから食べて親しんできただけに残念な気持ちがする。

    4
    続き

    待機児童数が人口比で全国一の沖縄県、変化に対応できぬ県政

     保育園に通いたくても通えない沖縄県内の待機児童の数は、2253人。人口比では全国一多く、全国平均の約7倍になる。沖縄県議会文教厚生委員会は18日、専門家を招致して認可外保育園の処遇改善について話し合った。保育関係者は、県のリーダーシップと職員の意識改革を強く求めた。(那覇支局・豊田 剛)

    5
    続き

    山城被告の国連演説は可能か

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     反基地活動家の山城博治被告が6月下旬、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で「不当弾圧」を訴える。沖縄県内の“人権研究者”でつくる沖縄国際人権法研究会(共同代表=島袋純、星野英一両琉球大教授)が記者会見で明らかにした。

    6
    続き

    問題解決に大人の関与が不可欠、沖縄・那覇でいじめシンポジウム

     沖縄の小中学校で重度のいじめ事件が起きている中、民間非営利団体(NPO)「いじめから子供を守ろう!ネットワーク沖縄」(富川昇代表)は3日、那覇市でシンポジウムを開き、いかにしていじめを早期発見し対処するかについて議論した。学校だけに頼らず、親が関与して早期発見、早期対応することの重要性を確認した。(那覇支局・豊田 剛)

    2
    続き

    沖縄県祖国復帰45周年記念 靖国集会/記念パレード

     5月20日、都内・靖国会館で「沖縄県祖国復帰45周年記念靖国集会(主催日本沖縄政策研究フォーラム 仲村覚理事長)が行われた。集会終了後、参加者が靖国神社第一鳥居をスタートし、淡路町までパレードを行った。参加者は日の丸の旗を振り、「沖縄県祖国復帰45周年、おめでとうございます!」「5月15日は沖縄県祖国復帰記念日として、お祝いしましょう!」などのシュプレヒコールをしながら行進した。 (デジタルメディア局 長坂秀雄)

    >>【詳細記事】「沖縄はもともと日本である」復帰45周年集会

    4
    続き

    「沖縄はもともと日本である」復帰45周年集会

     5月20日、都内・靖国会館で「沖縄県祖国復帰45周年記念靖国集会」(主催・日本沖縄政策研究フォーラム=仲村覚理事長)が行われた。冒頭、沖縄県の兼次映利加さん(玉城流七扇嘉雅の会)による琉球舞踏、八重山古典民謡保存会の慶田盛宏研究所(沖縄県指定無形文化財保持者)による「かぎやで唄」琉球民謡「谷茶前」が奉納され、華やかに始まった。

     主催者挨拶では、元都議会議員で同フォーラム理事の吉田康一郎氏が登壇。「5月15日、沖縄が日本に復帰した日を国民全体で祝う日としていきましょう」と述べた。続いて来賓の藤原信勝・新しい歴史教科書を作る会副会長、山田宏参議院議員が登壇し、藤岡氏は祝辞で、「学習指導要領で沖縄は『日本である』と書かれていない」指摘し、まずはこの点の改善を訴えた。山田氏は、政府の公式見解として、いつから沖縄県が日本に帰属しているかが分かっていないことを指摘し、現在外務省に指示して明治時代からの文書を再調査した結果、、最近になって(沖縄県は)古来から日本であると証明する文書が出てきたことを明らかにした。

    4
    続き

    大多数が本土復帰「良かった」 沖縄市で45年祝賀大会

     沖縄県は15日、本土に復帰して45年の節目を迎えた。復帰当時、「本土並み発展」を目指した沖縄県は、目覚ましい経済成長を遂げた。復帰を祝賀する式典が14日、沖縄市で開かれ、多くの県民が復帰の喜びを再確認した。(那覇支局・豊田 剛)

    5
    続き

    撤去要請された自衛隊DVD

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     今月初め頃、沖縄県宮古島のコンビニで店頭に置かれていた自衛隊紹介DVDが反戦活動家の抗議によって部分的に撤去された。

    8
    続き

    沖縄復帰45年、増している戦略的重要性

     きょうで沖縄県の本土復帰から45年になる。第2次世界大戦で激しい地上戦が展開され、日米合わせて20万人の犠牲者を出した沖縄は、戦後27年間の米国統治を経て日本に返還された。

     沖縄の苦難に思いをはせるとともに、中国や北朝鮮の脅威増大で沖縄の戦略的重要性が増していることにも目を向ける必要がある。

     辺野古埋め立て始まる

    5
    続き

    加速する沖縄と台湾の経済・観光・文化交流

    台北駐日経済文化代表処那覇分処 蘇啓誠処長に聞く

     東アジアの安全保障環境が厳しさを増している一方で、沖縄と台湾の友好関係は地域の安定に寄与するだけでなく、経済発展にもつながる。今月20日に台湾の蔡英文総統が就任1周年を迎えるのを機に、沖縄と台湾の経済・観光・文化交流、現在の両岸(中台)関係などについて台北駐日経済文化代表処那覇分処の蘇啓誠処長に聞いた。(聞き手・豊田 剛)

    1
    続き

    「星砂物語」映画化で戦争問う

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     4月下旬に開催された第9回沖縄国際映画祭で、作家・劇作家・演出家のロジャー・パルバース氏が自身の小説を映画化した「STAR SAND―星砂物語」が上映された。パルバース氏は日本で多くの戦争映画製作に携わってきたが、自身でメガホンを握ったのは今回が初めて。

    2
    続き

    琉球新報の「出自」 米軍が創刊した宣撫新聞

    《 沖 縄 時 評 》

     那覇市の与儀公園に隣接する沖縄県立図書館は、「知識の泉」だけでなく、散策のついでに新聞を読みに来る人もいて「憩いの場」の趣がある。

     数年前、筆者は蔵書を見て回っていて辻村明、大田昌秀共著の『沖縄の言論 新聞と放送』と題する書籍に出合った。発行元は「南方同胞援護会」。本土復帰前の1966年3月の発刊で、沖縄の新聞史を詳述しており、興味深いものがあった。

    0
    続き

    映画、お笑い、音楽が一堂に、第9回沖縄国際映画祭

     「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」が20日か23日までの4日間、沖縄県全域で開かれた。今年は本島のほか、石垣島、宮古島、伊平屋島も会場となり、約33万人の観客を集めた。

     同映画祭は、映画だけでなく、お笑い、音楽、ファッションなど各種エンターテインメントを盛り込み、笑いと平和「Laugh&Peace(ラフ&ピース)」をコンセプトに2009年から開催されている。

    3
    続き

    南西諸島での防衛力空白を早期解消へ

     日本最西端の与那国島に陸上自衛隊西部方面隊(熊本、小川清史総監)直轄の与那国駐屯地(沖縄県与那国町)が開設1周年を迎え、23日には記念式典が開催された。地元の人々の暮らしに安心・安全な生活を保障するだけでなく、経済効果をもたらしている、と評価する声が聞かれた。(那覇支局・豊田 剛)

    3
    続き

    米軍はモズクの「よき理解者」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県は毎年4月の第3日曜日を「モズクの日」に定めている。2002年、県議会で承認されて、はや15年がたつ。制定目的は次の通りだ。

     「モズクのほとんどは沖縄県で生産されており、沖縄県水産業の基幹産物となっている。生産から流通に携わる関係者が、年に一度、モズク産業振興の一環として消費者に旬のモズクに触れ(見る、食べる)てもらい、モズクを広く県内外にPRする」

    3
    続き

    辺野古埋め立てを着実に進めよ

     政府は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とする同県名護市辺野古で、きょうにも埋め立て区域を囲む護岸工事を開始する。

     埋め立て本体工事は1996年の日米両政府による普天間返還合意以来初めてとなる。長い時間がかかったが、着実に工事を進める必要がある。

     阻止を目指す翁長氏

    6
    続き

    「オール沖縄」を拒否―うるま市民

     任期満了に伴う沖縄県うるま市長選は、無所属現職の島袋俊夫氏(64)=自民、公明推薦=が3万1369票を獲得し、前県議で翁長雄志知事を支持する「オール沖縄」の山内末子氏(59)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=に5753票差をつけて3期目の当選を果たした。

    9
    続き

    沖縄うるま市長選、翁長氏支援の新人破る

     任期満了に伴う沖縄県うるま市長選が23日、投開票され、現職の島袋俊夫氏(64)=自民、公明推薦=が、翁長雄志知事の支援を受けた無所属新人で元県議の山内末子氏(59)=民進、共産、自由、社民推薦=を破り、3選を果たした。投票率は60・70%。

    6
    続き

    沖縄うるま市長選 革新陣営、偽情報で現職を批判

     23日に投開票される沖縄県うるま市長選で、革新系の新人候補の陣営が、現職候補に対する根拠のない偽情報を流して、選挙戦を戦ってきたことがこのほど分かった。

    10
    続き

    沖縄うるま市長選、大接戦で最終盤に

     最後の「三日攻防」に突入した沖縄県うるま市長選は、新人で前県議の山内末子氏(59)=無所属、社民、共産、社大、自由、民進推薦=が、現職の島袋俊夫氏(64)=無所属、自民、公明推薦=を急追し、大接戦を繰り広げている。島袋陣営は21日、“切り札”の小泉進次郎農林部会長(自民)を投入して必勝を期す。自民党本部は同市長選を「絶対に落とすことができない主要な選挙」と位置付けており、小泉氏の演説をきっかけに風向きを大きく変えたい考え。

    8
    続き

    経済成長の継続か、福祉の重視か うるま市長選 23日投開票

     沖縄本島中東部のうるま市の市長選が23日に投開票される。現職の島袋(しまぶく)俊夫氏(64)=自民、公明推薦=に元県議で新人の山内末子氏(59)=民進、社民、社大、共産、自由推薦=が挑む。2014年11月の知事選で翁長(おなが)雄志氏が当選して以来、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設をめぐって対立している政府・与党と県との「代理戦争」の様相を呈している。(那覇支局・豊田 剛)

    2
    続き

    地元紙が無視する翁長知事批判本

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄の書店では現在、かつてないほど米軍基地絡みの政治関連書籍が売れている。県内最大手ジュンク堂那覇店の10日付の週間ランキングで、ベスト10のうち、実に半数の5冊が入った。そのうち4冊は翁長雄志知事に批判的なものだ。

    8
    続き

    翁長県政との相違決定的に 自民県連、辺野古移設推進を明文化

     自民党沖縄県連は4月8日、党大会を開催し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(名護市辺野古)への移設について、「推進」を明文化した。これは「あらゆる選択肢を排除しない」というこれまでのあいまいな姿勢から大きく舵(かじ)を切ったものだ。一方、翁長雄志知事は「あらゆる手段を使って移設に反対する」見解を表明。3月25日には知事就任後、初めてシュワブのゲート前の反基地集会に参加し、マイクを握った。自民党県連と県との見解の相違は決定的となった。(那覇支局・豊田 剛)

    1
    続き