■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 芸能 rss

    m.c.A・T/ 音楽に限らず、何かを新しく生み出すことが好きなんです

    日本中を熱狂したデビュー曲『Bomb A Head!』から20年。数々のヒット曲をリリースし、音楽プロデューサーとしての顔をもち、今も活躍するm.c.A・Tさん。ポップスとしてのヒップホップにおいて、日本におけるパイオニアと称され、手掛けた楽曲は500曲。m.c.A・Tでのトータルセールスは600万枚を超える。移り変わりの激しい音楽業界のことや、世界に通用するアーティストを生み出すことなど、お話を伺った。 (聞き手・高橋克明)

    7
    続き

    橋本環奈さん、人生初のイルミネーション点灯式に感激-東京ドームシティ

     女優の橋本環奈さん(18)が11月9日、東京ドームシティのウィンターイルミネーション点灯式に出席した。イルミネーションの点灯役を務めるのは人生初だといい、「ボタンを押して点灯したのは初めて。すごいきれいだと思いました」と声を弾ませた。

     クリスマスの予定を聞かれた橋本さんは「仕事です」と笑顔で返答。今までのクリスマスの思い出については、「サンタさんは毎年来ていました。でも、だいたいあるじゃないですか、サンタさんはいないと気付く時が」と口を滑らせ、進行役のアナウンサーから、「気付くとか言っちゃだめですよ。小さいお子さんも来ているんだから」と突っ込まれると、観客から笑いが起きた。

    5
    続き

    9.11「遺族と真摯に向き合った作品」映画監督マルティン・ギギさん

     2001年世界を震撼させた9・11同時多発テロ。  ニューヨークの世界貿易センタービルやワシントンの国防省ビルに、ハイジャックされた航空機が激突したニュース映像は、世界の人々に大きな衝撃を与えた。

    0
    続き

    映画「ナインイレブン 運命を分けた日」

     あの日、様々な人々が新しい朝を迎え、いつもと変わらない日常が始まろうとしていた。  2001年9月11日。ニューヨーク。ワールドトレードセンターには実業家のジェフリー(チャーリー・シーン)と離婚調停中の妻イヴ(ジーナ・ガーション)がそれぞれの弁護士と会話をしていた。これまで、家族に対して見向きもしなかったジェフリーは、反省しやり直そうとしていた。だが、そんなジェフリーに対してイヴは冷たい態度をとる。話し合いも取り合えずひと段落し、2人はエレベーターに乗り込む。

     そこには、バイクメッセンジャーのマイケル(ウッド・ハリス)、恋人に別れを告げに来たティナ(オルガ・フォンダ)、ビルの保全技術者エディ(ルイス・ガスマン)がいた。様々な事情を抱える人々が集まったエレベーター。突如、ビルに飛行機が激突し、北棟の38階辺りで閉じ込められてしまう。外部との通信手段はオペレーターのメッツィー(ウーピー・ゴールドバーグ)だけ。極限の恐怖と戦いながら5人が下した決断とは。

    1
    続き

    米倉涼子、ブロードウェイに5年ぶりのカムバック!

    ミュージカル『シカゴ』、ロキシー役で  2012年7月、「シカゴ」のロキシー役でブロードウェイデビューを飾り、日本人女優としては54年ぶりとなるブロードウェイでの主演という快挙を成し遂げた女優の米倉涼子。ニューヨークでの出演公演(全6回)と直後に行われた東京凱旋(がいせん)公演(全23回)のチケットは完売し、連日立見客が出るにぎわいとなった。

     それ以降、ブロードウェイの「シカゴ」プロデューサーからは「いつでも米倉に戻ってきてほしい」とラブコールが送られていた。昨年の11月にロングラン20周年を迎えた『シカゴ』。新鮮さと米倉の持つスター・クオリティーをブロードウェイから世界に発信したいという希望から、正式に出演オファーがあった。これに快諾し、今回のブロードウェイへのカムバック公演が決定。ブロードウェイ公演後、8月には日本で20周年記念ジャパン・ツアー公演(chicagothemusical.jp)に出演する。

    3
    続き

    空手界のきゃりーぱみゅぱみゅこと植草さんら浴衣姿披露

     五輪のメダリストらによる浴衣のファッションショーが27日、東京都千代田区の神田明神で行われた。  ショーには空手界のきゃりーぱみゅぱみゅこと植草歩さん、リオ五輪柔道金メダリストの田知本遥さん、リオ五輪競泳銅メダリストの星奈津美さん、ロンドン五輪競泳銅メダリストの寺川綾さん、フィギュアスケートの村上佳菜子さん、パラトライアストンの秦由加子さんら女性6人が普段とはひと味違う和の装いで登場。  目前に控える七夕の願いごとをしたためた短冊を笹の葉に結んだ。

    3
    続き

    GENERATIONS、NYライブ大盛況

    15曲を熱唱、日本人以外のファンも多数  7人組ダンス&ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBEは5月28日、「GENERATIONS from EXILE TRIBE WORLD TOUR 2017 -SPEEDSTER-」のニューヨーク公演をアービング・プラザで開催した。

     会場には、日本、中国など各国から総勢350人以上のファンが詰め掛けた。GENERATIONSのメンバーそれぞれがファンに英語であいさつ。アンコールを含め、15曲を披露。特に「Love You More」と「SORA」は曲名がアナウンスされただけで、歓声が上がり、日本語と英語で歌われた「Love You More」はしっとりと会場を魅了した。

    2
    続き

    「YOUは何しに?」「仕事だよ(笑)」ネイマールが来日イベント登場

     サッカーのブラジル代表FWでスペイン・バルセロナのFWネイマール選手(25)が5月30日、来日して成田空港に姿を見せた。ファンからの黄色い声援を受けながらサインに応えたネイマール選手。翌日はトークショーと子供たちのサッカー教室のイベントに登場した。自身のサッカーへの思いを語り、子供たちとサッカーをするネイマール選手にファンは歓喜した。

    4
    続き

    宝塚歌劇とクルーズがコラボ

    北翔海莉さんや妃海風さんら出演

     日本最大のクルーズ客船「飛鳥II」と、宝塚歌劇のステージが初めてコラボしたクルーズ「TAKARAZUKA ON ASUKA II」が14日、神奈川県横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナルから出港した。

    4
    続き

    「笑顔で新たな出発したい」浅田真央が引退会見

     フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリストで、世界選手権を3度制した浅田真央選手(26)=中京大=が12日、東京都内で引退会見を開き、「選手生活ではたくさんの山があった。乗り越えられたのは、支えてくださった方々とファンの方々の応援のおかげです」と述べ、現役引退を改めて表明した。

     会見場には海外メディアを含め400人以上の報道陣が詰めかけ、世界レベルの人気を物語っていた。

    7
    続き