■連載一覧
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    卒業記念品に「オリジナルMy椀」

     高級漆器・輪島塗で知られる石川県輪島市では、市内の小学6年生全員に卒業記念として「オリジナルMy椀」を贈っている。朱塗りの輪島塗の椀(わん)に、子供たちが沈金の技法で思い思いの図柄を彫り、輪島沈金業組合の職人たちが金粉で加飾した。「世界でたった一つ」のお椀が新しい門出を祝っている。(日下一彦)

    0
    続き

    「認定こども園」1000件超も 二重行政や保育士不足課題

     新年度を控え、「待機児童」についての対策が政府や自治体の重要課題として浮上してきている。政府は新たに「子ども・子育て支援新制度」を早ければ平成27年度からスタートさせ、待機児童解消などを進める。その柱の一つが「認定こども園」の普及だ。

    0
    続き

    7年で小中教員35000人増/民間教員採用で質の確保を

     団塊の世代の大量退職で、教員の新規採用が年々増えている。平成25年度の小中高等の教員採用数は31107人。採用数が最も少なかった12年度の約3倍になっている。

     そのため採用試験の競争率は低下傾向にあり、以前より教員になりやすい状況が続いている。ちなみに25年の小中高の平均競争率は5.8倍。ただ地域によって開きが大きく、小学校教員では競争率2倍という低い地域もある。

    0
    続き

    タブレット活用し「反転授業」

     諸外国や日本の高等教育機関でICT(情報通信技術)を活用した取り組みの一つとして「反転授業」が試みられている。日本の小学校教育では難しいとされてきたが、宮城県富谷町立東向陽台小学校(相澤惠子校長、児童数1016人)が平成24年から日本で初めて実施。成果を上げている。(市原幸彦)

    0
    続き

    教委改革、首長権限強化する抜本改革を

     教育委員会制度の見直し案作りが大詰めを迎えている。自民党が教育委員長と教育長を統合して新「教育長」を置くなど首長の関与を拡大する見直し案をまとめた。公明党と協議を進め、近く与党案を作成する。教育再生に向けて安易に妥協せず、抜本改革案を作成すべきだ。

     事務局に教組の影響も

    0
    続き

    沖縄の地域性・優位性を生かして「英語立県」を

     国際性と多様な能力を育む教育システムの構築が求められている現在、沖縄県では地域振興に貢献できる人材の育成や世界との交流ネットワークの構築、国際感覚を有した人材育成の形成が喫緊の課題となっている。こうした中、沖縄の地域性・優位性を生かした英語教育について考えるシンポジウムがこのほど那覇市で開かれ、国際言語としての英語を身に付けることの重要性が強調された。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    ネット利用、「平日1日2時間以上」の子供4割

     内閣府が今月発表した青少年のインターネット利用調査(昨年11~12月実施)によると、携帯電話やスマートフォン(スマホ)による子供たちのネット利用が長時間化し、平日でも「1日2時間以上」が4割いることが分かった。この2年間で15ポイント以上増えた。平均時間も約107分で、前年度より10分以上伸びている。ネットのために睡眠時間や勉強時間を犠牲にする子供も少なくない。

    0
    続き

    秋田市で「木育キャラバン」、木と生きることを学ぶ

     東京・四谷に「ふれて遊べる体験型ミュージアム」東京おもちゃ美術館がある。同館では2013年から全国各地で「木育(もくいく)キャラバン」を開催している。秋田市で2日間にわたって開かれたキャラバンを訪ねた。(伊藤志郎)

    0
    続き

    止まらぬ子供の視力低下、スマホやネットの影響大

     スマートフォンやインターネットの影響により、子供の視力の低下が進んでいる。

     平成25年度学校保健統計調査によると、裸眼視力1.0未満の児童生徒の割合は、小学生では30.52%。中学生52.79%、高校生は65.84%。高校生ではこれまでで最も割合が高い。

    0
    続き

    放課後の教育支援体制、コーディネーターの育成急務

     小中学校の児童・生徒に対する放課後の教育支援などを推進する北海道教育委員会はこのほど、平成25年度の成果を発表する「北海道教育支援活動推進フォーラム」を札幌市内で開催した。教育での学校、地域、家庭の連携の必要性が叫ばれる中、モデル的な支援活動が報告された。(札幌支局・湯朝 肇)

    0
    続き

    高校入学から大学卒業までの教育費1055万円

     国の教育ローンを利用した世帯への教育費調査(平成25年度)によると、高校入学から大学卒業までにかかる費用は子供1人当たり1055万8000円で、前年より24万1000円増えた。日本政策金融公庫がまとめた(昨年2~3月に教育ローンを利用した世帯に調査)。

    0
    続き

    名前の1文字を半紙に表現 金沢市で8日から展示会

     子供たちが自分の名前の中から大好きな一文字を選び、半紙に墨や絵の具で著した「名前一文字展」が8日から、金沢市の「金沢ふるさと偉人館」で開かれる。一つの文字を通して、家族のつながりを深めるきっかけになれば、と企画されたもので、毎年、大きな反響を呼んでいる。(日下一彦)

     「名前一文字展」は平成16年に始まり、今回で9回を数える。今では同館の恒例行事として定着し、人気も高い。

    0
    続き

    玩具と空想力

     一歳半を過ぎた孫娘が愛想よくニコニコしながら近づいてきて、私の膝の上にちゃっかりと座った。しばらく近くの電気スタンドのスイッチを押して遊んでから、私の目を見てニコっとしたかと思うと、さっと私のスマートフォーンを取ってスイッチを入れた。

     素早くロック解除のため画面をスライドさせてパスコードの数字を軽快にタップ(軽くたたく)する。何回やってもエラーが続くので、仕方なくホーム画面を出してあげると、右手の人差し指で上手にタップしたり、フリック(画面に触れた指先を素早く払う)したりする。その仕草がかわいらしくてしばらく見ていたが、どんどん意識が画面にのめりこんでいくではないか。これはよくないと思って他のおもちゃを見せて何とかスマホを取り上げた。

    0
    続き

    日本の女性研究者14.0%モデルや環境が整わず

     30歳の女性研究リーダーによる常識破りの万能細胞開発の成功は、“理系女(リケジョ)”に希望を与えた。

     短大を含めると女子の大学進学率は5割を超え、男子とほぼ同じ。大学の成績上位者は女子が占めるほど。研究の分野でも女性の活躍が期待されるが、成績・能力も高い割には、大学院に進み、研究者になる人はまだ少ない。

    0
    続き

    日本史必修化、「日本」を世界へ発信するため

     高校での日本史を必修科目とする方向で検討が始められた。そもそも、自国の歴史である日本史が選択科目であること自体、異常である。

     文部科学省は今年夏ごろ中央教育審議会に諮問し、早ければ2020年度の実施を目指すとしているが、できるだけ早く実現してほしい。

     真の国際人育成に必要

    0
    続き

    省令改正受け都内公立学校で「土曜授業」増加

     文部科学省は昨年11月、土曜授業について自治体の判断で実施できるよう学校教育法施行規則(省令)を改正した。「子供たちに土曜日における充実した学習機会を提供する方策の一つ」として位置付けるという。

    0
    続き

    子宮頸がんワクチン問題 副反応検討部会に抗議相次ぐ

     接種後、様々(さまざま)な症状に苦しむ女性が相次ぐ子宮頸がんワクチンの問題で、厚生労働省ワクチン検討部会が20日に下した結論は、実態を度外視する一方的なものとなった。このため、「多様な症状に苦しむ被害者の病態と被害実態を正しく把握し検討したものとは到底受け止められません」(全国子宮頸癌ワクチン被害者連絡会、以後「連絡会」)など批判の声が上がっている。(山本 彰)

    1
    続き

    部活での自信が学習面にプラス 沖縄尚学高校 比嘉公也監督

     昨年11月に神宮球場で開催された「第44回明治神宮野球大会」で、九州地区代表の沖縄尚学学園高校が北信越地区代表の日本文理高校を、8点差をひっくり返す9対8の逆転劇で優勝した。沖縄県勢が同大会で優勝したのは初めて。選手と監督の両方でセンバツ優勝を経験したこともある比嘉公也監督に、高校教師として勉強と部活動の両立について聞いた。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    公私の学習費は最大3倍差奨学金の充実は待ったなし

     文部科学省の学習費調査によると、幼稚園(3歳)から高校卒業まですべて私立に通った場合、平成24年度の子供1人当たりの学習費総額(学校教育費、給食費、学校外活動費)は約1677万円。一方、すべて公立に通った場合は約500万円。私立と公立では教育費の差は大きい。

    0
    続き

    道徳の教科化、根底にある宗教への理解を

     小中学校での道徳の教科化を検討してきた有識者会議の鳥居泰彦座長(元慶応義塾長)は昨年12月下旬、道徳を「特別の教科」とした上で、検定教科書の使用を求める報告書を下村博文文部科学相に提出した。

    教科書誕生は大きな一歩

    0
    続き

    内村鑑三の人と思想を学ぶ

     国内的に経済分野では景気は上向きつつあるものの、いじめや不登校など教育分野では依然として問題が山積する現代の日本社会。さらに近年では中国や韓国との間に軋轢(あつれき)が生まれ、北東アジアは緊迫の度合いが深まっている。そうした中で北海道平和大使協議会(会長、谷口博北大名誉教授)は、このほど「内村鑑三研究会」を発足させた。明治、大正、昭和を生きた宗教者であり思想家・哲学者でもある内村の人と思想を研究することで未来への日本の指針を探っていく。(湯朝 肇)

    0
    続き

    食物アレルギーの子供が45万人、教育現場の課題に

     食物アレルギーの子供が増えており、教育現場の大きな課題になっている。

    0
    続き

    戦略なき英語教科化

     2020年東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、教育制度の改革の動きが加速している。

     国際的な人材育成という観点から、文科省は入試制度に外部試験を活用することで、英語力の強化を打ち出した。TOEIC780点以上、英検準1級以上なら、センター試験英語は満点扱いとする特例案まで浮上している。

    0
    続き