■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    母子家庭の7割に養育費未払い、行政だけの対応に限界

     昨年12月、政府は子供の貧困対策「すべての子どもの安心と希望の実現プロジェクト」を閣議決定した。これを受け、全国自治体は子育て困難家庭の支援に力を入れている。経済的理由等で子育ての困難を抱えるひとり親家庭をどう支援するか。川崎市の取り組みをリポートする。(横田 翠)

    1
    続き

    子供の外遊びの重要性は? 運動能力を高め社会性養う

    ◆ きょういく Q&A ◆

     Q 遊びが果たす役割は?

     A 遊びは、子供に楽しさを与えるだけでなく、運動能力を高め、社会性や創造力を養う機会になります。また、自らの限界に挑戦することにもつながるので、危険や事故を回避する能力など、安全に対する身体能力を高めることに役立ちます。

     Q 最近は遊んでいる子供の姿を見ることが少ないですね。

    2
    続き

    大学評価基準の変質が注目されるサンデー毎日「近大志願者数日本一」

     日本の大学の多くは、その深刻度において濃淡はあるが、いずれも少子化の影響で受験者の数が減っていて現状維持に苦心している。そんな中、近畿大学(本部・大阪府東大阪市)は、3年連続で志願者数日本一を達成の見通しだという。

    3
    続き

    効果でない小学校英語 国語力と教師の質高めよ

     今日、世界は地球的規模で物事が運ばれている。その中で活躍するであろう若者への英語教育が必要なのは当然であるが、このような課題に現在英語教育が果たして応えられているかといえば「スキル」「コミュニケーション」「言語力」という本来の機能を果たしているようには思えない。

     中学・高校・大学という長期間の学習にもかかわらず、英語を本当に理解できず、思うように話すことも聞くこともできないのはなぜか。中学から高校に掛けての英語教育に問題があるのではなかろうか。生きた英語でなく死語的な役に立たない英語、そして受験のための英語と、英語を好きにさせることより、嫌いな生徒を量産しているように思われる。その証として多くの者が英語コンプレックスを持っていることである。

    5
    続き

    高嶋ちさ子のゲーム機“バキ”は是か非か

     先日、バイオリニストの高嶋ちさ子さんが子どもの躾のためにゲーム機をバキバキに真っ二つに折ったことが話題となり、ツイッターなどが炎上し、ワイドショーでも取り上げられるほどの大事に発展しました。

     事の発端は、高嶋さん自身が書いた新聞のコラムがツイッターにアップされたこと。そのコラムの中で、ゲーム機破壊に至った経緯が書かれていました。

    9
    続き

    子供の悩み受け止める態勢つくる 北海道人格教育協議会

     いじめが陰湿化する傾向にあり、文部科学省は「いじめ」の定義の変更やスクール・カウンセラー配置の充実化などの、政策を打ち出している。そんな中、いじめ問題の解決法について民間の教育団体がこのほど、札幌市内でフォーラムを開催し、その背景と対応などについて論議した。(札幌支局・湯朝 肇)

    1
    続き

    子供の睡眠障害の改善は? 生活リズムの確立が大切

     Q 朝起きられない子供が増えているようですね。

     A 日本人の就寝時刻は遅くなり、睡眠時間が減少する一方です。深夜営業の店も多く、大人の生活が変わると子供の生活もそれに引きずられてしまいます。その結果、睡眠不足になり、朝起きられない子供が増えているのです。

     Q 原因は?

    3
    続き

    地域で子育て応援

     毎年1月末、全国自治体の家庭教育支援の事例報告会「全国家庭教育支援研究協議会」が開かれる。今年は地域総がかりで子育ち・子育てを応援する東京・青梅市のNPO法人「青梅こども未来」など、ボランティアの力を活用した取り組みが印象的だった。

     担当者の共通の課題は、本当に支援を必要とする人をどうつなげるかということ。例えばシングルマザーは仕事に忙しく生活に余裕がない上に、支援制度があっても情報が届きにくい。

    2
    続き

    大学と企業による地域貢献、琉球大学主催で講演会

     琉球大学は18日、那覇市で「地域に対して企業・大学に何ができるか」と題する講演会を開き、同大学と産業界を代表して3人が提言した。産業クラスターの創出を通じた地域経済の活性化が期待される中、同大学の役割に期待が集まった。(那覇支局・豊田 剛)

    1
    続き

    「中1ギャップ」の防止策は? 子供支える保護者の役割大切

    ◆ きょういく Q&A ◆

     Q 「中1ギャップ」とは、どういうこと?

     A 小学生が中学に進学した時、新しい環境になじめないことから、不登校やいじめが急増するなど、さまざまな問題が出てくる現象のことです。

     Q 原因は何ですか。

     A 中学生になると、勉強の面では科目数が増え、教科ごとに別々の先生から授業を受けるようになります。授業の進め方やノートのとり方も違うため、戸惑うこともあるでしょう。

    1
    続き

    「十年一日」の東電

     先日、正月を迎えたと思っていたらもう2月末だ。「1月往(い)んで、2月は逃げて、3月去る」。子供の頃、年初の慌ただしさ、時の流れの速さを表すこんな言葉を祖父から学んだ。

     当時、韻を踏むという言葉は知らなかったが、「いちがつ」が「いぬ」、「にがつ」が「にげる」、「さんがつ」が「さる」と同じ音を使ってうまいことをいうものだと思った。「往ぬ」という言葉は、故郷の四国では「おっさんはもう往んだわ」とか「はよう往なんと会えんわ」などと、「行ってしまう・帰る」という意味で普通に使われていた。

    0
    続き

    ストに苦しんだ教師 日教組の8割動員指令

     私の母校・藤女子大学の講堂で「教師の道・師範塾」を開いている人物がいる。

     元北海道教育長・吉田洋一氏がその人で、まだ教育長の現役時代に、新渡戸稲造の研究家でもある友人N氏の紹介で、初めて教育長室に同氏を訪ねた。

    6
    続き

    保育士の魅力発信しよう、渋谷で「おしごと応援フェスタ」

     保育士の離職率の高さや待機児童など、保育の現場で「保育士不足」が深刻化する中、東京都は今月14日、東京・渋谷のヒカリエホールで、保育の仕事の魅力を発信するイベント「保育のお仕事応援フェスタ2016」を開催した。保育所などでの就労希望者に、事業者との就職相談会のほか、「イクメン芸能人」として知られるつるの剛士さんや、Twitterフォロワー35万人の保育士として話題の「てぃ先生」らがトークショーやパネルディスカッションを行い、子供の成長における保育士の役割の重要性、夫婦円満の大切さを訴えた。(社会部・宗村興一)

    5
    続き

    幼児への読み聞かせ効果は? 想像力育て読書の興味高める

    ◆ きょういく Q&A ◆

     Q 読み聞かせって、どういうこと?

     A 主に乳幼児期から小学生の子供に対して、話し手が絵本などを見せながら音読することです。子供は、絵本などのおはなしを聞くことが大好きですし、耳からどんどん新しいことばを吸収していきます。

     Q その効果は。

    2
    続き

    男の育児休暇

     育児休暇取得を訴えた国会議員の女性問題がニュースになっている。政治家が育休を取ることの是非はともかく、子を大切にするイクメンどころか正反対だったのだから、非難は免れない。もちろん今回の件と育児休暇の問題は直接には関係ないが。

     筆者に子供が生まれた当時、男性の育休などほとんど考えられなかった。わが家では「3歳までは家庭で育てる」を夫婦の合言葉に、保育園には預けず、妻が専業主婦となって子育ての大部分を担った。筆者も可能な限り子供と関わったつもりだが、振り返ると妻の支えにはなれなかったと反省するしかない。それでも子育てで人生観が大きく変わったのは確かだ。

    3
    続き

    学校教育で冷遇される惑星科学

     私は隕石と小惑星の分光学という、惑星科学という小さな分野でも、さらに特殊な専門を30年以上続けているせいで、学校教育や一般の人々とは関連は薄かった。しかし、はやぶさミッションが有名になったおかげで、近年では学校や一般の講演会で話す機会も増えた。

    4
    続き

    豊見城市で小4男児いじめ自殺、教委と学校が事実隠蔽か

     昨年10月12日夜、学校でいじめを受けていた豊見城市の小学4年の男児が自宅で首をつって自殺を図り、病院に搬送されたが、19日に死亡した。豊見城市教委と校長が記者会見を開いたのは事件から約3カ月後の1月10日のこと。さらに同28日には遺族の両親が記者会見を開き、男児が受けていたいじめの全容を語った。学校が過失を隠蔽するため、市教委と共同でいじめと自殺の因果関係を否定しようとしていることが明らかになった。(那覇支局・豊田 剛)

    2
    続き

    世界を汚染する薬物乱用

    フランスの専門家ロベール・ガリベールさんに聞く

     元プロ野球選手の清原和博容疑者の薬物事件が社会に波紋を広げている。有名人だけに青少年に与える影響も大きく、防止教育の重要性が改めて浮上する。このほど講演のために来日した「薬物のない世界のための財団」フランス支部代表のロベール・ガリベールさんに、効果的な防止教育のあり方などについて聞いた。(聞き手=森田清策)

    0
    続き

    自転車事故を減らすには? 「車両」と認識しルール順守を

    ◆ きょういく Q&A ◆

     Q 自転車の事故は増えているのですか。

     A 平成26年に起きた自転車の交通事故は約11万件で、交通事故全体の2割を占めます。都内では35%前後で推移し、全国平均より高くなっています。

     Q 自転車はどこを走ればいいのですか。

    0
    続き

    介護を誰が担う

     高齢者への虐待相談が増えている。先週、厚生労働省が公表した調査では、家庭で介護者による高齢者虐待の相談件数は2万6千件。虐待の半数近くは虐待を行った介護者と被虐待高齢者が同居する2人暮らしで、虐待者の4割が被虐待高齢者の息子という。

     親がわが子を虐待し、子が老親を虐待する。虐待という意味では事情は似ている。狭い密室空間で一人で問題を抱え、心身ともに追い詰められ虐待に至る。児童虐待では6割以上が親が加害者となり、高齢者では息子が虐待者となる。周囲に相談できる家族・親族や親しい人がいない。経済的余裕がないという点も共通している。

    0
    続き

    NPOが担う「社会教育」というミッション

     「汝の国の青年を示せ。然らば汝の国の将来を卜せん」  アジア人初のノーベル賞受賞者、詩聖タゴールの言葉である。子供たちを無視し、若者たちの存在を抜きに国家の未来を論ずることはできない。間違いなく、彼らは未来の社会の担い手である。今日の社会の担い手もまた、かつての子供たちである。社会の未来のありようを予測し得る最も確かな根拠は、今を生きる若者や子供たちの姿なのである。

     では、未来を映し出す鏡とも言える今どきの日本の子供たちの実情とはいかなるものか。社会の健全度を診断する指標としてよく使われるのが犯罪率と自殺率である。ここでは自殺率に着目して日本社会の健康状態を診てみよう。

    8
    続き

    震災後の東北は学習フィールド

     「課題先進地」と言われる東日本大震災後の東北を貴重な学習のフィールドと位置づけ、私立大学が集結し、互いの専門性を生かしながら研修を行う東北再生「私大ネット36(さんりく)」(事務校=大正大学)が、宮城県南三陸町を舞台に活動を進めている。(市原幸彦)

    0
    続き

    「組み体操」事故の要因は? 「感動」求め年々高くなる傾向

    ◆ きょういく Q&A ◆

     Q 東京都教育委員会が、「組み体操」の安全対策検討委員会を設置すると発表しましたが、どうしてですか。

    0
    続き