■連載一覧
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    下村文科相、考え議論する道徳教科に

     「日本創生シンポジウム」で基調講演する下村博文・文部科学大臣=16日、都内で[/caption] 道徳教育の充実や倫理経営、公益資本主義の実施を目指して討議する「日本創生シンポジウム」(主催・東京都倫理法人会、後援・(一社)倫理研究所、公益資本主義推進協議会)が16日、都内で開かれ、下村博文・文部科学大臣が基調講演した。

    0
    続き

    250年の伝統息づく曳山子供歌舞伎

     石川県小松市で、日本三大子供歌舞伎の一つに数えられる曳山(ひきやま)子供歌舞伎が8日から10日までの3日間、華やかに上演された。演じたのは小学3年生から6年生の女子児童ばかり。2カ月前から厳しい稽古(けいこ)を重ね、歌舞伎独特のせりふ回しや所作を見事にこなすと、集まった観衆から惜しみない拍手が送られた。(日下一彦)

    0
    続き

    自己肯定感につながる早寝と朝の食卓での会話

     日本の子供は諸外国と比べて自己肯定感が低いと言われている。文部科学省が4月に発表した「睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査結果」(小5~高3の児童生徒2万3千人回答)は、自己肯定感の低さと生活習慣との関連を探っていて興味深い。

    0
    続き

    勉強嫌いを勉強好きに 「勉強の技術」で学習困難克服

     「発達障害」とされる子供が増える中、学習に困難を抱える子供の指導に情熱を燃やす塾講師がいる。個別指導塾「スタディフォライフ」(東京都練馬区)代表の福嶋和幸さん(27)だ。高校時代には、自らも学習に困難を抱えていた。それを克服した経験を生かし、コミュニケーションを大切にした丁寧な指導に「作文が書けるようになった」「連立方程式が解けるようになった」など、喜びの声が寄せられている。(森田清策)

    0
    続き

    高3の英語力「中卒程度」 「書く」では3割が0点

     文部科学省が発表した高校3年生の英語力調査によると、英語が苦手な生徒が多く、平均では英検3~5級(中学卒業程度)の英語力にとどまっていた。調査は昨年7~9月、全国約480校の生徒約7万人を対象に、「読む・聞く・書く・話す」の4技能について行われた。

    0
    続き

    夢と目的をはっきり持つことが大切

     宜野湾ロータリークラブは4月3日、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会CEOとして東京五輪誘致を導いたミズノ株式会社の水野正人会長を招き、沖縄の中高生のアスリートらを対象に講演会とパネルディスカッションを行った。水野会長や教育指導者らは、五輪という大きな舞台に向かって日々努力することやチームワーク、夢を持つことの大切さを伝えた。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    大学生活の重点とスマホ平均利用時間

     第50回学生生活実態調査(昨秋、全国30大学学部生約9200人対象)によると、大学生の1日のスマートフォン(スマホ)利用時間は平均163.6分に上る。

     1日3時間もスマホに費やす一方、授業時間以外の予習・復習・論文などに費やす勉強時間は1日56.7分。大学以外の平均勉強時間24.8分を合わせても1時間半にもならない。

    0
    続き

    復興を担う若い人材を育成 新設の福島県立「ふたば未来学園高」開校

     東京電力福島第1原発事故で住民の6割以上が避難したままの福島県広野町で今月8日、中高一貫校の県立「ふたば未来学園高校」(丹野純一校長)が開校した。双葉郡(8町村)の高校では、今年度唯一の生徒募集だ。県内で初めて文部科学省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受け、独自の教育プログラムを繰り広げる。(市原幸彦)

    0
    続き

    低い高等教育の公支出 OECD加盟国で最下位

     統一地方選挙で、多くの政党が教育分野の公約として掲げるのが「教育の予算増」。OECD(経済協力開発機構)加盟国の中で、日本の公財政教育支出(国や地方自治体等の支出)の対GDP比率が低いことは、かねてから問題とされてきた。各党の政権公約もこれを意識したものだ。

    0
    続き

    スマホ依存、無意識のコピペに警鐘

     大学の卒業と入学のシーズンがほぼ終了した。今年は信州大学の入学式で「スマホ依存症」からの脱却を迫った山沢清人学長のあいさつと、東京大学教養学部の卒業式(学位記伝達式)で「無意識のコピー&ペースト」に警鐘を鳴らした石井洋二郎学部長(当時)の式辞が話題を呼んだ。いずれもネットを通して未検証で刺激的な情報が氾濫する中、いかにして独創性を発揮するかという問いへの実践的な処方箋だ。学術論文の不正が相次ぐ大学・研究界だけでなく、数々の誤報・虚報で多くの禍根を残してきたマスコミにとっても他人事ではないようだ。(武田滋樹)

    0
    続き

    増加する児童ポルノ被害未就学児にも拡大傾向

     今月、元中学校長が児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された。フィリピンで20年以上にわたる買春行為撮影写真は14万枚以上、被害女性の1割は18歳未満の少女という。

    0
    続き

    国旗国歌の尊重は当然だ

     入学式や卒業式で国旗を掲揚しない国立大学が少なからずあり、国歌斉唱に至ってはほとんど行われていない。放置しておいていいのか――。そんな疑問が国会質問で提起された。

     ほとんどが斉唱せず

    0
    続き

    科書検定、教師は教育正常化に努めよ

     来年4月から中学校で使われる教科書の検定結果が発表された。文部科学省は今回から新しい検定基準を用い、領土問題について日本政府の考え方が書かれるようになった。慰安婦や戦後補償など政府見解がある事柄については明確に、また見解が分かれる事柄はバランスよく伝えるように求めた。

     いずれも当然の措置である。これでやっと「日本の教科書」らしくなったことを歓迎する。

     政府見解踏まえた記述

    0
    続き

    中学教科書 社会科全てに「竹島・尖閣」

     文部科学省は6日、2016年度から中学生が使用する教科書の検定結果を公表した。歴史や領土問題について政府の統一見解を反映させるよう求めた新たな検定基準が初適用された。竹島と尖閣諸島については学習指導要領の解説書に盛り込まれたため、初めて社会科の全ての教科書に関連する記述が載った。

     「脱ゆとり」と呼ばれる新学習指導要領になって2度目の検定で、ページ数は全教科でさらに増え、平成に入って最多。東日本大震災や東京電力福島第1原発事故について詳述したほか、20年の東京五輪・パラリンピックやインターネット交流サイト(SNS)を取り上げた教科書も多かった。

    0
    続き

    日韓の理解・融和を願い、札幌市で講演会

     戦後、最も関係が冷え込んでいる日本と韓国。互いに新政権になっても未だに首脳会談が開かれず、異常な事態が続いている。関係改善には何よりも対話が必要だが、そのためには草の根レベルでも両国の文化や歴史を知ることが不可欠。そうした中で、2年前に設立した金玉均研究会(会長、卞東運氏)は定期的に専門家を招いて講演会やセミナーを開催している。(札幌支局・湯朝 肇)

    0
    続き

    増え続ける少年少女の「振り込め詐欺」加担

     このところ、振り込め詐欺で検挙される少年の増加が問題になっている。警察庁が2月に公表した「少年非行情勢」によると、昨年1年間に振り込め詐欺で検挙された少年は311人(前年比18.7%増)に上っている。この2年で2倍、統計を取り始めた平成21年(33人)のほぼ10倍だ。他の少年犯罪の数値が横ばいか減少傾向を示す中、振り込め詐欺犯の増加ぶりが目立つ。

    0
    続き

    スマホの代わりに文庫本を

    評論家 太田 正利

     「デカンショ、デカンショで半年暮らしゃ…」とは旧制高校でよく唄われていたもの(因(ちな)みに、これは、デカルト、カント、ショーペンハウワー)だが、今や「スマホ、スマホで毎日暮らす…」になっているようだ。

    0
    続き

    日系米国人、未来に向けて歩み続けよう

     第2次大戦中の強制収容など、日系米国人の過去の経験を伝えるため、日系市民が首都ワシントンの連邦議事堂周辺を行進する毎年恒例のイベントが28日、開かれた。今年は大戦終結70年の節目に当たり、日系2世兵士で構成された「第442連隊戦闘団」の一員だったテリー・シマさんが、未来に向けて歩み続けようと訴えた。

    0
    続き

    卒業生の力作が来館者魅了 人間国宝の技の伝承者を研修所で養成

     金沢市の中心部しいのき迎賓館で、石川県立輪島漆芸技術研修所(輪島市)の卒業生による作品展が開かれている。同研修所は重要無形文化財保持者(人間国宝)の技術の伝承者を養成する施設で、会場の1階ギャラリーBには、高度な漆芸の技を継承しようという研修生の力作が並び、来館者の心を引きつけている。(日下一彦)

    0
    続き

    沖縄の平和教育の是正を

     NPO法人沖縄の教育を考える会(﨑山用豊会長)は8日、沖縄県南風原町で石垣市在住でモンゴル国際経済経営大学客員教授の徳松信男氏を招いて講演会を行った。「沖縄県における教育の問題と郷土の真の平和と発展を考える」をテーマに講演した徳松氏は、沖縄では基地問題に隠れて教育問題、戦後イデオロギー、尖閣諸島をはじめとする領土問題があまり論じられていないと指摘。石垣島から中立な教育を行う必要性を訴えた。以下は講演の要旨。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    ネット利用の長時間化ルール作りで親子にズレ

     スマートフォンの普及などで子供のインターネット利用時間が長時間化している。内閣府の調査によると、スマホや携帯電話などでネット接続する小中高生の1日(平日)当たりの利用時間は平均142.6分。5割は2時間以上利用するという。

    0
    続き

    地域復興の担い手を育成 東北大のカタールサイエンスキャンパス

     東北大学工学部(仙台市)では、カタール国が東日本大震災復興支援のために設立した「カタールフレンド基金」(QFF)を活用して、地域の子供たちが最先端のものづくりや科学を学べる「カタールサイエンスキャンパス」を昨年7月から開始した。これまで目標を超える1万人以上の参加者があり、長期的かつ持続的な知的モチベーションを獲得する場として期待されている。(市原幸彦)

    0
    続き