■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    風や星と一緒に空を飛ぶ

    “I might have been born in a hovel, but I am determined to travel with the wind and the stars.” –Jacqueline Cochran – 1906-1980, Aviator「私はみすぼらしい掘っ立て小屋でうまれたかもしれない。でも、私は風や星と一緒に空を飛ぶことを心に決めていた」 –ジャクリーン・コクラン、女性パイロット (訳 舟田譲二)

    ジャクリーン・コクランは通称「ジャッキー」と呼ばれていました。 貧しい家庭環境のものとで生まれ、育ち、父親は水車大工で、町から町へと移りながら暮らしていました。 ジャッキーが13~14歳の頃両親は離婚し、母親は再婚にも失敗しましたがジャッキーは再婚した父親の姓を受け継ぎました。

    3
    続き

    ここまで知れば大丈夫 インフルとパンデミック

    有隣病院院長・工藤宏一郎氏

     このほど、東京都中央区の一橋講堂で開かれた都民講座で「ここまで知れば大丈夫 インフルエンザとパンデミック」と題して有隣病院院長の工藤宏一郎氏は臨床医の立場からインフルエンザの基礎知識について講演した。

     インフルエンザ・パンデミックとは、過去十数年、経験したことがない変異した型のインフルエンザウイルスが世界的に感染者・患者数を増やし、大流行を起こすこと。

    0
    続き

    体罰や暴言が子供の脳に大きい悪影響

     しつけや教育の一環で行う体罰は一時的効果はあっても、子供の脳に悪影響が大きい。体罰のない社会を目指して、体罰等を用いない子育てを推進する、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレンの取り組みを紹介する。(横田 翠)

    4
    続き

    「母親であることを喜べるように」

     トランプ米大統領に先立って来日した長女のイバンカ大統領補佐官が、都内で開催された国際女性会議で基調講演を行った(本紙今月4日付)。会議は政府の女性活躍推進政策の一環として開催されたものだが、イバンカさんは女性の起業や経済分野への積極参加を訴える一方、「(子を持つ母親として)私も仕事と家庭のバランスを取ろうと、もがいている」「そろそろ社会は、女性が昇進の遅れを心配せず、母親であることを喜べるような、新しい革新的な方法を見つける時だ」と強調していて、印象的だった。

     イバンカさんの言葉で思い出したのが、アメリカで数年前、20代から30代の高学歴の女性たちの間に「主婦回帰」が広がったという話だ(『ハウスワイフ2・0』文藝春秋刊)。

    2
    続き

    アルベルト・アインシュタイン / 本当の教育とは

    “Education is what remains after one has forgotten what one has learned in school.” –Albert Einstein「本当の教育とは、学校で学んだことを忘れてしまった後に残るものだ」 –アルベルト・アインシュタイン (訳 舟田譲二)

     教育に関してアインシュタインはたくさんの名言を残しています。 これもそのうちのひとつで、とても有名なものです。

    3
    続き

    中国の鳥インフルエンザに警戒が必要

    東京都医学総合研究所・芝崎太氏

     「どこまで知ってる? インフルエンザ」と題した都民講座が、このほど、東京都中央区の一橋講堂で開かれた。公益財団法人の東京都医学総合研究所 分子医療プロジェクトリーダー医師・医学博士 芝崎太氏がウイルスの変異の仕組みなどインフルエンザの基礎知識について講演した。

    0
    続き

    北海道14管内の児童・生徒が地域の素晴らしさを発信

     人口減少、過疎化という地方の課題に対して教育面から取り組む北海道教育委員会は、3年間の限定事業として小中高一貫の「ふるさとキャリア教育」を進めてきた。小学校の児童、中学校・高等学校の生徒が地域の自然や産業について体験活動を通して学び、その一方で保育園や老人ホームなどの施設を訪問し、実際に触れ合う中で命や家庭の大切さを知るプロジェクトに取り組んだ。その3年間の集大成ともいうべき「北海道キャリア教育サミット」がこのほど、札幌市内で開かれた。(札幌・湯朝 肇)

    0
    続き

    国政課題も考える教育を

     序盤の数日を除いて雨天が続いた衆院選は最後に台風が列島を直撃するおまけまで付いて終了した。その中で唯一、晴れ間が見られた18日午前、埼玉県の本川越駅前で安倍晋三首相が応援演説を行ったが、聴衆の中に制服を着た高校生の姿がたくさん見られた。

     単純に考えると現在、高校3年生の半分は有権者だから、国政選挙の現場で普段は直接目にすることもできない首相の演説を聞いて、何が国政の争点になっているかを知ることも重要な学びの一つだろう。少なくとも、主権者教育と称して選挙制度を学んだり、模擬投票の授業を行うよりは、体感的に政治を知ることができるだろう。

    0
    続き

    2兆円規模の経済対策 出産・子育て対策を怠るべきではない

     安倍首相が、特別国会の衆参両院本会議で第98代首相に選出された後、組閣を行い、全ての閣僚を再任した。

     引き続き首相は経済最優先で政権運営を行う考えを示した上で、「生産性革命と人づくり革命を車の両輪として、少子高齢化という最大の壁に立ち向かう」と強調し、12月上旬に教育無償化などを柱とした2兆円規模の政策を取りまとめる考えを示した。

    19
    続き

    【音声読み上げ】福井中2自殺、生徒追い詰めた責任は重い

     福井県池田町立池田中学校2年の男子生徒が今年3月、校舎3階の窓から飛び降りて自殺した。同町教育委員会が設置した調査委員会は報告書で、自殺の原因を課題提出の遅れなどで、担任と副担任から立て続けに強い叱責を受け、精神的なストレスが大きく高まったためと結論付けた。生徒に適切な対応をせず、自殺に追い込んだ教員や学校の責任は極めて重い。… (10月30日 きょうの主張 音声で読み上げ)

    1
    続き

    宮本武蔵大好きアルゼンチン少女が武蔵にご対面

    「世界!ニッポン行きたい人応援団」(テレビ東京)

     私たちは、どこかの国で待っているであろうニッポンのことが大好きな外国人の方の熱い思いをご紹介したいと世界の国々で大捜索!その中からニッポンで夢を叶えたい方のお手伝いするため、ニッポンにご招待致します。

    6
    続き

    「養育格差」改善のカギは家庭の安定

     人格教育の実践を志す教師や教育関係者が集い、第28回人格教育フォーラム(主催・一般社団法人・平和政策研究所「圓一」編集委員会)が東京都千代田区の弘済会館でこのほど開かれた。今回の講演は精神科医、臨床心理士として活動、青山渋谷メディカルクリニックの鍋田恭孝名誉院長が「『養育格差社会』をどう克服するか―家庭と行政、地域社会の役割―」と題して講演した。

    1
    続き

    毎年恒例、小松市内の中学校が「勧進帳」を上演

     「歌舞伎のまち」で知られる石川県小松市では、市内の中学校が毎年秋、持ち回りで歌舞伎「勧進帳」を上演している。今年の当番校は安宅中学校で、義経や弁慶などの役者はもちろん、長唄や三味線などの地方(じかた)、さらに着付けからメーク、そして広報活動まで3年生が中心となって準備している。上演は来月5日の同校創立40周年の記念式典と翌日の「中学校古典教室」の2回。毎年、生徒が一丸となって取り組む舞台は大きな感動を呼んでいる。(日下一彦)

    0
    続き

    子供発達の視点で虐待予防を

     先日、児童保護・養育者支援に関するシンポジウムがあり、米英仏と韓国の児童虐待の実情と法制度について知る機会があった。

     近年、韓国では衝撃的な児童虐待死亡事件が続いている。警察による通報件数は5年間で2倍。離婚率も急上昇しており、家庭の危機は深刻だ。

    1
    続き

    福井中2自殺、生徒追い詰めた責任は重い

     福井県池田町立池田中学校2年の男子生徒が今年3月、校舎3階の窓から飛び降りて自殺した。同町教育委員会が設置した調査委員会は報告書で、自殺の原因を課題提出の遅れなどで担任と副担任から立て続けに強い叱責を受け、精神的なストレスが大きく高まったためと結論付けた。

     生徒に適切な対応をせず、自殺に追い込んだ教員や学校の責任は極めて重い。

     叱責で過呼吸の症状も

    2
    続き

    AI(人工知能)は人か神か!?

    「世界を、ここから動かそう」をテーマに昨27日(金)~11月5日(日)まで、第45回東京モーターショー2017が東京ビッグサイトで開催されています。 ここ数年でめまぐるしい進歩を遂げ、現在も日々進化中で、私たちの日常生活の中にもどんどん入ってきたAIを利用した各社の技術が今年の目玉になっています。

    今回の東京モーターショーのステートメントには次のようにあります。 「クルマの進化は、これからどこへ向かうのだろう。その答えは、きっとひとつではない。もしかしたらそう遠くない未来、クルマという概念は今とはまるでちがうものになるかもしれない。けれど、思い出そう。クルマの本質とは何かを。それは人を動かすものだ。ココロを動かすものだ。私たちの可能性をひろげ、自由にするものだ」

    4
    続き

    大学での授業を学生が評価する制度は今では…

     大学での授業を学生が評価する制度は今では普通に行われているが、20年近く前、制度が始まった当初は、教員側には不満も多かったようだ。ある一流国立大学の老教授が「私の講義を学生に評価させるとは不遜極まりない」と大声を上げたというエピソードが最近の新聞に紹介されていた。

     いかに一流大学であっても、一介の学生がベテラン教授の学問的業績について十分な判断を下せるとは思えない。

    2
    続き

    【音声読み上げ】LGBT法制化、家族崩壊に拍車を掛ける

     ほとんど話題にならなかったが、先の衆院選で見過ごせない動きがあった。多くの政党が、いわゆるLGBT(性的少数者)支援を公約に掲げたことだ。… (10月25日 きょうの主張 音声で読み上げ)

    ———————————->> 本記事音声(iPhone用アプリで再生) >>【詳細記事】LGBT法制化、家族崩壊に拍車を掛ける

    2
    続き

    教師による児童いじめ 政治化した教育界の異常

     月刊誌「ビューポイント」8月号に、いじめ・自殺撲滅運動に関わる記事が載っていた。NPO法人「再チャレンジ東京」理事長・平林朋紀氏をインタビューした記事で、平林氏は、バブル経済崩壊当時に自殺する経営者が相次いだことから、経営者を自殺から救済するNPOを設立した。自殺防止のセミナー開催が主な活動だったが、徐々に子供たちの“いじめ自殺”も話題になっていったようだ。

     バブル崩壊後の長期不況の時代、自殺者は年間3万人を超えていたが、私もJR新宿駅で50代とみられる男性が鞄(かばん)を振り上げて電車に飛び込む背広姿を目撃した。JRの電車は止まったままになり、諦めて地下鉄に乗り換えようと地下に降りてホームに出たが、なんとそこでも若い男性の自殺があったという。

    3
    続き

    器の大きい人 小さい人

     「器の大きいリーダー」「あの人は器が大きい」「器が小さい」などとよく言います。  「器」とは文字どおり「容器」「入れ物」のことです。

     そこから発展して、人の才能や器量、度量、心の大きさなどを指して言うようになりました。社会ではもちろん器の大きい人が求められます。器の大きい人は、能力があり、いい仕事ができ、人間関係も上手く、出世するし、また社会にも役立ちますし、会社や国のリーダーにもなります。

    3
    続き

    世界に通じるエンターテインメントの人材育成を目指す

     吉本興業は2018年4月に沖縄県那覇市にエンターテインメント総合専門学校「沖縄ラフ&ピース専門学校」(2学科4コース)を開校する。吉本興業として初めての認可校となり、沖縄から世界へ通じるエンターテインメントおよびクリエーターの人材育成を目指す。(那覇支局・豊田 剛)

    1
    続き

    「チーム学校」を育てたい

     8月末、中央教育審議会の「学校における働き方改革特別部会」で緊急提言が発表された。情報通信やタイムカードを導入して客観的に勤務時間を把握する必要があるということのようだ。来年度予算で、国・地方の教育委員会の施策として「教員の働き方改革」を盛り込みたい意向のようだ。

     現在の教員は一昔前と比べ、非常に忙しくなって、自宅に帰ってからもテストの採点、次の日の授業の準備などのため、食事や寝る時間を削って時間を捻出している。モンスターペアレントへの対応、クラブ活動の顧問、給食費の徴収・督促、不登校生徒、問題行動を起こす生徒への対応、通学路や学校での安全確保など限りがない。

    1
    続き

    基礎力・教養力としての国語力の充実を訴える東洋経済の特集

     近年、日本語の乱れや国語力の低下を指摘する声がある。札幌のある塾の講師がつぶやいた。「数学の問題を解くにしても、問題の漢字が読めない。文章題では文章を数式に直す読解力がない。数学以前に国語力の問題だ」と半ば突き放すように言い放った。その塾に通う中学生の保護者がこう質問する。「先生、国語のテストで点数を上げるにはどうしたらいいのですか」と。確かに、国語はある意味で基礎の中の基礎なのだが、学力を上げるとなると意外に難しい。

    2
    続き