■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    「帰る気になかなかならず山車に従き」。高浜…

     「帰る気になかなかならず山車に従き」。高浜虚子の孫で「ホトトギス」名誉主宰の稲畑汀子さんが昭和51年、能登半島の七尾市を訪れた時の句である。市内の小丸山公園に句碑が立っている。

     「山車」は普通「だし」と呼ぶが、この句の場合は「やま」だろう。七尾市には5月に「青柏祭」という祭りがあり、「でかやま」の愛称で親しまれる巨大な曳山3基が市中を巡行する。稲畑さんは、その山車に付き従って見物するのが面白く帰る気にならなかったのだ。

    0
    続き

    去年芥川賞を受賞した又吉直樹氏は、受賞者…

     去年芥川賞を受賞した又吉直樹氏は、受賞者として極めて特異だ。受賞者は、その後作家として小説を発表するのが通例だが、又吉氏にその動きはない。ポイントは「芸人」だ。又吉氏は、芥川賞を取っても芸人を辞めない。芸人が小説を書いて芥川賞を受賞した。それだけだ。

     賞を与える側は、受賞後いい作品を発表してほしいと願っているはずだが、彼はそんな期待には応えない。「芥川賞を取った芸人」というポジションであり続けている。

    2
    続き

    台湾での日本語は、日本統治時代末期には…

     台湾での日本語は、日本統治時代末期には義務教育とされて、初等教育の就学率は70%を超えた。だが、第2次大戦後、国民党政権下では公の場での日本語が禁止され、暗黒時代が十数年続いた。

     私立学校に日本語学科ができるのは1963年。87年に戒厳令が解除され、88年李登輝総統が就任すると外国語教育が推進され、翌年、国立大学に日本語学科が設置される。以後、日本語学科開設は全土に及んでいく。

    1
    続き

    「冤罪(えんざい)の防止のため、取り調べの可視化を」と…

     「冤罪(えんざい)の防止のため、取り調べの可視化を」と日本弁護士連合会が訴え、2006年から運用が始まった「取り調べ録音・録画」。今年5月に成立した改正刑訴法では、裁判員裁判と検察独自捜査事件で取り調べ全過程の録音・録画が義務付けられた。

     定着したかに見える「可視化」だが、この録音・録画した映像の取り扱いに関し、不都合な問題が生じている。このほど、裁判員裁判を担当する全国の裁判官40人が意見交換した。

    0
    続き

    横綱鶴竜が1年納めの九州場所を7場所ぶり…

     横綱鶴竜が1年納めの九州場所を7場所ぶり幕内優勝(14勝1敗)で締めた。一昨年春場所の初優勝で横綱に昇進。推挙した当時の横綱審議委員長の内山斉氏は「(16歳で日本に来て)10年間で一気呵成に横綱になった。この後は、ゆっくりと長く綱を張る横綱に」と期待を込めた(『日本再興への道筋』小社刊)。

     だが、この2年間は肩や腰のけがで不調続き。白鵬、日馬富士が賜杯を抱くのを横目に「これで同じ横綱なのか」と自問もし苦しみもがいた。

    0
    続き

    豊臣秀吉が16世紀末に築いた初期の伏見城の…

     豊臣秀吉が16世紀末に築いた初期の伏見城の石垣が京都市伏見区で見つかったと民間の発掘調査団体「関西文化財調査会」が発表した。城内を区画する堀の一部だった可能性が高い。

     伏見城は3度築城されており、今回の発見は最初の城とみられる。秀吉の隠居所として築かれたが、慶長元(1596)年の大地震で倒壊した。残存する部分は南北に14・5㍍、最も高い部分で2・8㍍で、6~7段の石が積まれている。

    0
    続き

    「大空の片隅にある冬日かな」(高浜虚子)…

     「大空の片隅にある冬日かな」(高浜虚子)。間もなく、一年の最後の月である12月を迎える。冬の日差しが辺りを静かに照らし、空気が澄み、空もどこか凍ったように見える。

     同じ青空でも、季節ごとにそれぞれ色合いが違うと感じる。秋に比べて冬の空は白く静寂に満ちた印象を受ける。春夏秋冬と季節が変わり、人も年齢を重ねていく。

    0
    続き

    ミス・ワールドのカナダ代表に選ばれた中国系の…

     ミス・ワールドのカナダ代表に選ばれた中国系のアナスタシア・リンさんが昨年、中国・海南島で開催された世界大会に、中国政府の入国拒否で出場できなかったことは記憶に新しい。リンさんへの小紙ワシントン特派員によるインタビューがサンデー世界日報に載っている。

     リンさんが入国を拒否されたのは、中国政府の人権侵害を批判し、気功集団「法輪功」への弾圧を描いた映画などに出演してきたから。リンさんに注目が集まるや、中国当局は中国に残る父親を脅迫して彼女の口を封じようとした。親族を“人質”にしたのだ。

    2
    続き

    近代以前、戦場で使われる武器は刀と鉄砲が…

     近代以前、戦場で使われる武器は刀と鉄砲が主だった。ところが、刀には武士の強い関心が集まったが、鉄砲はなぜか軽視されることが多かった。

     2人の社会学者(橋爪大三郎、大澤真幸の両氏)による日本史についての対談本『げんきな日本論』(講談社現代新書)では、刀と鉄砲の扱われ方の違いに関して考察している。

    0
    続き

    かつて北海道にある大雪山の麓のひなびた…

     かつて北海道にある大雪山の麓のひなびた温泉宿で、シカ肉料理を食べたことがあった。野菜と一緒に焼いて、味噌(みそ)で味付けしてあり、珍しかったが、それほど美味(おい)しいとも思わなかった。

     そんな話を福島市に在住する友人に打ち明けたら、「シカ肉はカツレツにすると美味しく食べられるんだ」と教えてくれた。福島県ではイノシシ被害も増えているというので、狩猟について聞いてみた。

    0
    続き

    自民党の小泉進次郎農林部会長が都内で講演し…

     自民党の小泉進次郎農林部会長が都内で講演し、「真に農業者のための組織として何ができるのかを自ら考えていただきたい」と、全国農業協同組合連合会(JA全農)に自己改革を迫った。

     「(全農の目的は)農家にモノを売ることではなくて、農家の経営を向上させること」というわけだ。これに対し全農関係者から、農協つぶしだ、という声もあるが、小泉氏の意見は至って常識的なものだ。

    1
    続き

    東京・武蔵野近くの公園にある10本ほどの…

     東京・武蔵野近くの公園にある10本ほどのイチョウのうち2~3本がまばゆい黄金色に輝き始めた。ほかはまだ青々としている木から黄緑のまだら模様までいろいろだ。日当たりがよく光合成が盛んだったイチョウの葉は黄葉が早い。

     だが、日光を十分に浴びていなかったり、剪定(せんてい)されたりした木は生きることに懸命で、緑が続き黄葉が遅れるという。同じ所の木でもそれぞれに時間差はあるが、すぐに黄葉真っ盛りだ。

    0
    続き

    信州大教授が3月、子宮頸がんワクチンにより…

     信州大教授が3月、子宮頸(けい)がんワクチンにより脳障害が起きる可能性があることを公表したが、マウスを使った実験結果に対して月刊誌「Wedge」が「捏造だ」と報じた件。その後、同大に外部調査委員会が設置され調査していた。

     同委は「実験成果は必ずしもイコール科学的解明ではない」としながら「不正行為は認められなかった」との調査結果を発表した。当事者の池田修一教授(脳神経内科)も代理人を通じ「捏造も不正もなかったことを実証してもらい安堵した」とコメントを出した。

    2
    続き

    「大空の深きに落葉舞ひ上る」(高浜虚子)…

     「大空の深きに落葉舞ひ上る」(高浜虚子)。落ち葉が増える季節になった。空気が乾いている時は、踏むとかさかさと音を立てる。

     この音が寂しいような、楽しいような不思議な気分にさせてくれる。それにしても、同じ落ち葉でも紅葉はどうして美しいのだろう。折り紙のように見えることもある。

    0
    続き

    安倍晋三首相がトランプ次期米大統領と会談…

     安倍晋三首相がトランプ次期米大統領と会談した。まずは良いスタートが切れたのではないか。何より大統領選後、トランプ氏が初めて会談する外国首脳となったことが大きい。

     スポーツの試合でも戦争でも、速攻がいいのか、相手の出方を見るべきか、あるいは持久戦がいいのかは、その時々に判断するしかない。今回は安倍首相の速攻が功を奏した。

    1
    続き

    「見しことのなき狼を恐れけり」(作者不詳)…

     「見しことのなき狼を恐れけり」(作者不詳)。「見たことはないが、山へ入ると狼に出会うのではないか、という恐怖に襲われる」という意味だ。これは俳句なのだろうか?と思いながら歳時記を見ると、狼は冬の季語だった。立派な俳句作品だったのだ。

     狼(ニホンオオカミ)は明治38年、奈良県で死んだものが最後とされる。以後100年以上たつが、発見例はない。狼の絶滅については、明治43年に刊行された柳田国男著『遠野物語』(41話)に記述がある。

    0
    続き

    今年は近くのスーパーで見掛けることがなかった…

     今年は近くのスーパーで見掛けることがなかったと思っていたら、街の八百屋さんに置いてあった。食用菊である。青森県産の黄色い「阿房宮」も、山形県産の紫色の「もってのほか」もあった。

     さっと茹(ゆ)でで、酢醤油(すじょうゆ)で食べると、しゃきしゃきしていて、香りがあって、とても美味(おい)しい。昭和30年代には、青森県から福島県あたりまで、蒸して乾燥させた菊のりを背負って行商に来る人たちもいた。

    0
    続き

    わが国の自然科学系の賞で最も伝統がある…

     わが国の自然科学系の賞で最も伝統がある仁科記念賞に今年度、高柳匡・京都大基礎物理学研究所教授(41)が選ばれた。

     複数の粒子がセットで状態の重なりをつくる「量子もつれ」という現象の研究が対象だ。同賞の受賞者は今回を含め183人で、このうち梶田隆章東京大宇宙線研究所長(57)ら6人は後にノーベル物理学賞を受賞している。

    1
    続き

    空気の澄んだ冴え冴えとした夜に、イルミネー…

     空気の澄んだ冴え冴えとした夜に、イルミネーションがひときわ美しく輝いて映り、心を明るく温かく弾ませてくれる季節である。都庁をはじめ日本や世界各地のモニュメントが青色にライトアップされたが、残念ながら昨夜は雨か曇天であった。

     糖尿病啓発のための「世界糖尿病デー」の行事で、今年は「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択されて10周年の節目を迎えた。ブルーは国連の色で、海と空の青色で世界はつながり、シンボルマークの輪が団結を表すという。

    0
    続き

    「むさし野の冬めき来る木立かな」(高木晴子)…

     「むさし野の冬めき来る木立かな」(高木晴子)。武蔵野というと、国木田独歩の「武蔵野」が思い出される。独歩は明治29年秋の初めから翌年春の初めまで東京・渋谷村に住み、武蔵野を散策して秋の深まる自然の美しさを描写した。

     11月4日の日記には「天高く気澄む、夕暮に独り風吹く野に立てば、天外の富士近く、国境をめぐる連山地平線上に黒し。星光一点、暮色ようやく到り、林影ようやく遠し」とある。当時はよく富士山が見えたようだ。

    0
    続き

    米大統領選で共和党のトランプ氏が当選した…

     米大統領選で共和党のトランプ氏が当選した衝撃は、さまざまな国、人々、分野に及んでいる。とりわけ各種世論調査をもとに民主党のクリントン氏優勢と予想していた米メディアの敗北感は大きく、世論調査の盲点も指摘されている。

     投票直前に実施された九つの世論調査のうち、八つの調査がクリントン氏の1~6ポイントリードを伝えていた。確かに一般投票総数はクリントン氏がわずかに上回り、州ごとの勝敗を総合する米大統領選の特殊なシステムも予想の外れの一因だろう。固定電話の所有者を主な対象とするという調査方法の限界も指摘されている。

    3
    続き

    作家の野上彌生子は昭和5年ごろの日記に…

     作家の野上彌生子は昭和5年ごろの日記に「千人の凡庸な読者よりも一人のエリットに読まれることをのぞむ」と記したという。岩橋邦枝著『評伝 野上彌生子』(新潮社)にそう書かれている。

     「エリット」とはエリートのことで、21世紀に生きる人々はイヤミな言葉と受け止める場合が多い。が、作家の立場からすれば、自分の表現したかったことをしっかり理解してくれる読者を望むのは自然な話だ。

    0
    続き

    米大統領選についてニューヨーク・タイムズ紙…

     米大統領選についてニューヨーク・タイムズ紙はクリントン氏が勝つ可能性を84%とし、ウェブサイト「ファイブサーティーエイト」もクリントン氏勝利の確率を70・3%と分析。

     一方、ワシントン・タイムズ紙はベテラン世論調査員ジョン・ゾグビー氏の予測「子供と黒人が投票に行かなければ、ドナルド・トランプ氏が勝利する」を紹介(小紙11月8日付)。違いはどこから来ていたのか。

    2
    続き