■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    「流燈や一つにはかに遡る」(飯田蛇笏)…

     「流燈や一つにはかに遡る」(飯田蛇笏)。「流燈」とは「灯篭(とうろう)流し」のこと。毎年、お盆の時期に行われる年中行事である。

     蒸し暑い残暑のさなか、幻想的なその光景を見ると、少しばかり涼しい気分に浸ることができる。稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』には「灯籠に火をつけて川や海へ流すのをいうのである。真菰で舟形に作ったものや板の上に絵灯籠を据えつけたものが多い。白紙を貼ったのみの角形の灯籠が灯って水に浮かぶさまは、ことに哀れに美しい」とある。

    0
    続き

    東京国立博物館(東博)所蔵の長谷川等伯筆…

     東京国立博物館(東博)所蔵の長谷川等伯筆「松林図屏風」は、かつてNHKが行った国宝の人気投票で1位となった国民的人気絵画である。2013年の東博による「東博で見たい国宝投票」でも1位となった。

     しかし劣化防止のため、一般公開はガラスケースに入れて年2週間程度に限られる。そんな松林図ファンの飢餓感を解消しようと、東博では、夏休み企画「びょうぶとあそぶ」で、キヤノンが制作した高度な複製品を展示している。

    1
    続き

    「自分は苦労したことがないから」という…

     「自分は苦労したことがないから」という理由で、夏休みに北海道の酪農家へ働きに行った女子学生がいた。1970年ごろ、高度成長期のことだ。聞いてビックリしたのを覚えている。

     苦労など、なるべくであれば避けたいはずなのに、「自分にはそれがないから敢(あ)えて体験する」という発想が、それまでの常識とは異質のものに見えたのだ。

    1
    続き

    終戦記念日は、平和への誓いを新たにする…

     終戦記念日は、平和への誓いを新たにする重要な日である。先の戦争の犠牲者は約310万人に上る。東京の日本武道館で開かれた全国戦没者追悼式には、天皇、皇后両陛下をお迎えし、遺族ら約6000人が集った。

     今年で72回目で、天皇陛下のお言葉を聞くたびに、大戦の歴史的大事件が遠ざかるよりも、むしろ近くなっていくような奇妙な印象を受ける。新たな出来事が報じられ、記憶が更新されるからでもあろう。

    3
    続き

    今年は全国的に曇りや雨の日が多く、夏らしくない…

     今年は全国的に曇りや雨の日が多く、夏らしくない夏である。東京では8月に入って15日間、雨の降らない日はなく、40年ぶりという。熱中症の危険を伴うようでは嫌だが、やはり夏は適度に暑い方がいい。

     季節のサイクルを体が覚えているからだろう。それはこの列島に住み着いたわれわれの先祖たちも経験してきたものだ。この経験は、さまざまな行事や生活の知恵としてわれわれに伝えられてきた。

    2
    続き

    終戦記念日の15日は立秋(7日)と暑さが…

     終戦記念日の15日は立秋(7日)と暑さが止(や)むという処暑(23日)の中間にも当たる。これにお盆が加わって、国のために命を捧(ささ)げた人や先祖を供養する中で平和と命の尊さ、死と人のルーツについて自(おの)ずと思いが深まる時である。

     現世と来世が結ばれ、夏と秋が綱引きをする8月。古来の祖霊崇拝と仏教行事とが習合したお盆行事は、一般に13日夕に苧殻(おがら)や松明(たいまつ)を燃やす「迎え火」であの世から祖霊を迎えることから始まる。

    0
    続き

    夏の休暇に、近畿以西の最高峰・石鎚山…

     夏の休暇に、近畿以西の最高峰・石鎚山(標高1982メートル)の麓にある愛媛県西条市を訪ねた。石鎚山系に端を発した加茂川が流れ、水都と呼ばれる町だ。

     その加茂川沿いに鎮座する楢本神社には、大東亜戦争末期、神風特攻第1号敷島隊隊長として23歳で散華した関行男海軍中佐の慰霊碑が立っている。西条市は彼の生まれ故郷だ。昭和50年3月、元航空幕僚長・源田実参院議員(当時)によって除幕された。

    1
    続き

    「きらめきて銀河に流れある如し」(高浜年尾)…

     「きらめきて銀河に流れある如し」(高浜年尾)。銀河という言葉には、宇宙の無限の広がりが感じられる。それは気流子が幼少時代に、蛍狩りなどで夜空を見上げた時、あまりに圧倒的な天の川の姿を見たからである。

     まさしく俳句にある通り、星が川のように流れていると感じた。天の川は七夕に結び付いて、情緒的でロマンチックな印象を受けるが、実際に目撃すると、そんな気持ちは吹き飛んでしまう。ただただ、自然の姿に畏怖(いふ)を覚えるしかない。それは感動とも違う。

    1
    続き

    「グアムに対して何かすれば、誰も見たことのないような…

     「グアムに対して何かすれば、誰も見たことのないような事態が北朝鮮で起きることになる」。核・ミサイルをめぐり米朝の応酬がエスカレートしている。トランプ米大統領の言葉を「ディール」に至るための威嚇とみる向きもあるが、危機が一段と深まっているのは事実である。

     北朝鮮のミサイル発射を受け、全国の自治体では政府などが主催する住民の避難訓練が相次いで実施されている。これに対し、静岡県下田市の共産党市議が抗議したという。国民の生活や安全を売り物にする党の市議がである。

    1
    続き

    「家畜のブタが逃げて野生化したのがイノシシ」…

     「家畜のブタが逃げて野生化したのがイノシシ」とテレビで若者が語るのを見たことがある。本気か冗談かは忘れたが、「イノシシを飼いならしたのがブタ」という事実がある以上、両者の関係は深く、若者の珍説は全くのデタラメとも言い切れない。

     先月、オオカミが家畜化されてイヌになったのは4万年前との報道に接した。化石のDNAを解析して得られた結論だ。ブタ、ネコなどが飼いならされたのが1万年前ごろだというから、イヌの歴史は相当古い。最古の家畜と言えそうだ。

    3
    続き

    上野の東京国立博物館で「タイ~仏の国の…

     上野の東京国立博物館で「タイ~仏の国の輝き~」が開かれている。日本とタイの間で正式な国交が結ばれたのは1887年のことで、今年は修好130周年。これを記念する特別展だ。

     タイ国内の17の国立博物館、国立図書館から厳選された116点の貴重な作品が展示されている。門外不出の名宝もあり、一巡して、タイの美術史は仏教文化によって形成されてきたことが分かる。

    1
    続き

    トヨタ自動車とマツダが、電気自動車(EV)…

     トヨタ自動車とマツダが、電気自動車(EV)技術や先進的な安全技術などの共同開発のため、資本・業務提携すると発表した。

     EVは当初、日本勢が先導してきたが、米国や中国など海外勢が導入を促進しており、その技術競争は激化の一途をたどっている。記者会見で、両社長が今後の事業計画を淡々と語っているようだったが、言葉の端々に焦りも見えた。

    0
    続き

    8月初の祝日として11日が「山の日」となった…

     8月初の祝日として11日が「山の日」となったのは昨年からである。海のない栃木県出身の作曲家船村徹氏(故人)が地元紙に「(祝日に)海があんのに山がねえー」と寄稿し、山の日を提唱したことをきっかけに、山岳界や超党派の議員連盟などが働き掛けてきた。

     平成26年の祝日法改正で「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」山の日が加わった。山が対象の祝日は世界で初めてだとか。それだけに「山の日を2級の祝日にしたくない」という発言がある議連の記録からは、実現を目指した熱意も伝わってくる。

    0
    続き

    中国インターネットサービス大手・騰訊…

     中国インターネットサービス大手・騰訊(テンセント)の人工知能(AI)対話プログラムがチャットで異例の共産党批判を展開し、ひと悶着起きた。

     チャットでは「共産党万歳」との書き込みに「腐敗して無能な政治に万歳ができるのか」。さらに「あなたにとって(習近平国家主席の唱える)中国の夢は何か」との問い掛けに「米国への移住」、共産党は「嫌い」との発言もあった。

    1
    続き

    「療養のスケッチブック秋となる」(鈴木のぼる)…

     「療養のスケッチブック秋となる」(鈴木のぼる)。厳しい暑さが続いている。こうした中でも、にわか雨が降ると少しは過ごしやすくなる。

     俳句の歳時記では、8月は「秋」に分類されている。具体的には8月7日の立秋から秋が始まる。が、実際には暑さのピークの時期と言っていい。季節感とはそぐわない感じがするのも無理はない。

    0
    続き

    蔵書を整理していて山本七平著『「空気」の…

     蔵書を整理していて山本七平著『「空気」の研究』(1997年、文藝春秋刊)が出てきたので、数十年ぶりに再読した。森友・加計学園の問題で、野党、リベラル・メディアによる安倍内閣批判がつくり出した「空気」について考えるヒントがあるのではないかと思ったからだ。

     日本の重要な方向は、理性的な議論ではなく、その時の「空気」が決定するという現象にいち早く注目した山本氏。それは今も変わらないと感じさせられた。

    2
    続き

    「渥美清は下品で卑しい」と小林信彦著…

     「渥美清は下品で卑しい」と小林信彦著『おかしな男 渥美清』(2000年4月新潮社刊、その後ちくま文庫)には書かれている。それは彼の経歴から来るらしい。

     1996年のきょう、渥美が亡くなった。それから21年。死の直後、テレビの追悼番組では司会者が「渥美さんは人柄が寅さんと同じ」と発言した。

    2
    続き

    「しばしば禅の接心に参加して帰宅すると…

     「しばしば禅の接心に参加して帰宅すると、聖書が面白いほどよく分かるようになり、今まで難解で手に負えなかった聖句が、目から鱗が落ちたようにハッキリと理解できるようになりました」。

     先日亡くなった神学者で、上智大学名誉教授だった門脇佳吉さんにインタビューしたことがあった。門脇さんが『公案と聖書の身読』という著作を出して間もない1977年9月のこと。

    1
    続き

    南米原産で強い毒を持つヒアリが、兵庫県を…

     南米原産で強い毒を持つヒアリが、兵庫県をはじめとする7都府県で相次いで見つかった。中国やオーストラリアなどからのコンテナ船に忍び込んできたようだ。国土交通省は、巣作りを防ぐための緊急工事を68港で実施する。

     刺されると重症の場合は死に至ることもあり、「殺人アリ」の異名を持つこのアリ、日本在来種と違って見るからに獰猛(どうもう)な感じがする。水際作戦で繁殖は何としても阻止してほしいものだ。

    0
    続き

    正岡子規の夏を詠む句に<炎天の色やあく迄…

     正岡子規の夏を詠む句に<炎天の色やあく迄深緑>がある。8月の別名の葉月は、木々や植物が満ち育ち、葉を落とす月、葉落ち月が略されたのが謂(い)われともいう。木々に茂る葉の深緑が美しく、猛暑の夏も木陰だけはしのげる空間をつくってくれてホッとする。

     今夏で8年連続となる猛暑は直近の猛暑元年となる平成22(2010)年からだが、記録的猛暑で思い出すのは平成16年。あの年は夜の最低気温が30度以下にならない「超熱帯夜」なる新語まで登場した。

    0
    続き

    「資源がそれほど減ったという認識はない…

     「資源がそれほど減ったという認識はない。縛りは受けたくないし、必要もない」――。8カ国・地域が参加して今月半ばに開かれた「北太平洋漁業委員会」で中国代表。

     2016年のサンマの漁獲量が約6万㌧と、12年の30倍に急拡大した中国の乱獲は目に余る。今回、日本が提案した国・地域別の漁獲枠導入に、中国は真っ向から反対、協議は決裂した。

    1
    続き

    「梅漬の紅は日本の色なりし」(粟津松彩子)…

     「梅漬の紅は日本の色なりし」(粟津松彩子)。「~王子」や「~男子」という言葉の一つに「弁当男子」がある。

     これは自分で弁当を作って会社に持っていく男性のこと。話題になりだしたのは2008年末ごろかららしい。趣味で料理をする男性が増えてきたという社会状況の変化が背景にあるだろう。

    0
    続き

    カンボジアのアンコール遺跡は、独自の…

     カンボジアのアンコール遺跡は、独自のヒンズー教・仏教文化を築いたクメール王朝の遺跡群である。2004年に世界文化遺産に登録され、世界から多くの人が訪れるが、その前史として1992年に「世界危機遺産」に登録されていた。

     カンボジア内戦時、遺跡は共産主義勢力クメール・ルージュ(ポル・ポト派)によって激しく破壊された。多くの奉納仏の首がはねられ、砕かれ、敷石にされた。宗教を阿片と見なす彼らは、その文化的価値を認めなかった。

    0
    続き