■連載一覧
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    福島第1原発3号機の核燃料を納めていた…

     福島第1原発3号機の核燃料を納めていた圧力容器の下部に、溶融物が垂れて固まったような物体のあることが水中ロボットによって確認された。東京電力は、炉心溶融(メルトダウン)で溶け落ちた核燃料(デブリ)が含まれている可能性が高いとみている。

     デブリだと確定すれば、その取り出し方法の検討に着手できる。事故の事後処理について世界が注目する中、今後も技術を駆使し、少しでも早く廃炉を実現してほしい。

    0
    続き

    「これが偏向報道の実態である」(16日付)…

     「これが偏向報道の実態である」(16日付)、「これぞまさに『フェイク(偽装)ニュース』だ」(20日付)。学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる10日の衆参両院の閉会中審査を報じた朝日や毎日などの記事に対する小紙「メディアウォッチ」の評価である。

     NHKの全7時間にも及ぶ生中継で、朝日などが何を報じ何を報じなかったのかは一目瞭然。なのに、そんなヒマな人はそうはいるまいと高をくくったのか、これを強行した。

    7
    続き

    20年以上も前になるが、体育館や図書館など…

     20年以上も前になるが、体育館や図書館などの公共施設いわゆる箱物が全国各地にどんどん建っていた頃。その印象について、ある地方の老婦人に話すと「私は図書館より、近くに八百屋さんが1軒できる方がよいですよ」と返されたのを憶(おぼ)えている。

     今から思えば、既にその頃から買い物に不便を感じる人がいたのであろう。しかしその声は、まとまった形で行政の側にはなかなか届かなかった。

    2
    続き

    「日の出より蝉鳴くまでの読書かな」(広瀬…

     「日の出より蝉鳴くまでの読書かな」(広瀬美津穂)。暑い日が続くにもかかわらず、なかなかセミの声を耳にしないと思っていたら、ようやく先日の朝方聞こえてきた。それも、ミンミンゼミだったので驚いた。

     その年初めて聞くセミの声を俳句では「初蝉(はつぜみ)」というが、だいたいはアブラゼミやニイニイゼミ。ミンミンゼミはその後、夏の真っ盛りに聞こえてくるのが普通だ。

    0
    続き

    ミステリーの女王、アガサ・クリスティーは…

     ミステリーの女王、アガサ・クリスティーは、第2次大戦中も長編小説を年2回のペースで書き続けた。クリスティー自身の作家としての信条と力量があったことが第一だが、読者の側の需要も大きかった。

     大戦中、ロンドンはドイツ軍の空襲を受け、上空では激しい空中戦が繰り返された。市民は地下鉄を利用した防空壕などに避難したが、そこには図書館があった。東秀紀氏の新著『アガサ・クリスティーの大英帝国』(筑摩選書)によると、クリスティーの小説は、そこで貸し出された本の中でもトップクラスだった。

    2
    続き

    項羽を倒して漢帝国の創始者となった劉邦は…

     項羽を倒して漢帝国の創始者となった劉邦は、ある日家臣らに対して「自分はなぜ天下を得たか?」と問い掛けた。家臣らはそれぞれ回答したが劉邦は満足せず、自身で答えた。

     「自分は作戦の才については張良に及ばない。国家の運営に関しては蕭何(しょうか)に及ばない。100万の軍を動かすことにおいては、韓信に及ばない」とした上で、この3人の傑物を使いこなしたことが天下を得た理由だと述べた(『史記』高祖本紀)。

    1
    続き

    「滝へゆく細き山みち山道の折れ曲る処百合の…

     「滝へゆく細き山みち山道の折れ曲る処百合のはなさく」(木下利玄)。作者が滝へ行く山道で見つけたユリは、ヤマユリかササユリだったのだろう。自生のままで気品があって美しい夏の花だ。

     万葉集でもユリを詠んだ歌は10首に上る。「道の辺(へ)の草深百合の花笑(ゑ)みに笑まししからに妻と云ふべしや」と歌われたように、花が咲くのを「花笑み」と例え、さらに女性の笑うのを「花笑み」とも表現した。

    0
    続き

    100歳を超えても現役の医師を続け、長寿日本…

     100歳を超えても現役の医師を続け、長寿日本を象徴した日野原重明さんが亡くなった。105歳、延命措置は本人が望まなかった。日野原さんが日本そして世界の人々に残したものは数多いが、何よりその生きざまが感動と勇気を与えてくれた。

     1970年の「よど号」ハイジャック事件に遭遇し人質となった時は死を覚悟した。解放され、自分の命は与えられた命、と人生観が大きく変わったという。

    3
    続き

    わが国で雨量が多いのは梅雨と台風の時期で…

     わが国で雨量が多いのは梅雨と台風の時期で、豪雨災害もその期間に集中している。都市では1時間の雨量が50㍉になれば浸水被害が起きる可能性が高いが、最近は全国でそれを超える大雨が頻発した。

     九州北部豪雨で甚大な被害が出た福岡県朝倉市では最大1時間雨量が129・5㍉もあった。2012年7月の同地域の豪雨災害では、同県八女市で91・5㍉を記録したが、それをはるかに上回った。

    1
    続き

    「日傘さす音のパチンと空へ逃ぐ」(高浜年尾)…

     「日傘さす音のパチンと空へ逃ぐ」(高浜年尾)。蒸し暑い日が続き、外を歩いていると日差しで肌が痛いほど。日傘を差す女性の姿も見掛けるようになった。

     気流子の子供時代は、夏といえば夏休みが待ち遠しかった。休みに入ると、カブトムシやクワガタムシなどの昆虫採集にいそしんだ。

    1
    続き

    米国のオレゴン州で、同性婚カップルの…

     米国のオレゴン州で、同性婚カップルのウエディングケーキ作りを、宗教的信条から断ったケーキ職人が、13万5000㌦(約1500万円)の罰金を科せられたのは、2015年のこと。こんな理不尽なことが米国でまかり通っているのかと驚いた。

     同性婚が認められて以降、米国では、こういう事例が相次いでいるという。性的少数者(LGBT)の権利を主張する人々や団体は、反差別と寛容の精神を大義名分に掲げる。しかしそれが、彼らとは相いれない価値観や宗教観を持つ人々への逆差別、信教の自由への侵害となることを、米国での事例は示している。

    1
    続き

    最近、「プロスポーツ選手の人生設計」と…

     最近、「プロスポーツ選手の人生設計」というテーマが話題に上るようになった。昔は「プレーが全て。引退後のことを考えるのはとんでもない」との通念があった。

     しかし、スポーツ選手の現役期間は、作家、画家、音楽家、芸能人といった人々と比べて短い。肉体を使うという特有の条件があるからだ。引退後は指導者になる道はあるが、ポストは限られる。

    0
    続き

    東京・上野の不忍池でハスの開花が始まって…

     東京・上野の不忍池でハスの開花が始まっている。早朝の風が爽やかな時間に花が開くのである。池はおびただしい数の大きな葉で覆われて、その間に薄紅色のつぼみや花が点在している。

     江戸時代中期にはここで観蓮会が開かれ、儒学者の山本北山らが詩に詠んだという。それを昭和になって引き継いだのが、この池を掘って300年前のハスの種を採取したという植物学者の大賀一郎だ。

    1
    続き

    吉田清治氏(故人)といえば、戦時中に韓国の…

     吉田清治氏(故人)といえば、戦時中に韓国の済州島で女性を慰安婦にするため暴力で無理やり連れ出したという偽の証言を国内外に広め、1983年に韓国内に「謝罪碑」まで建てた人物。

     その謝罪碑を無断で書き換えたとして、先月韓国の警察に一時拘束され、出国禁止になっている元自衛官の奥茂治氏(69)が、世界日報のインタビューに応じた(10日付)。

    4
    続き

    <ダァダアーン! というバースト音が耳を…

     <ダァダアーン! というバースト音が耳を劈(つんざ)いた。ハンドルを握っていた娘が悲鳴を上げ、私は、「なんだ、これは」と叫びながらも同時に散弾のようにつぶてがわが車に襲いきた。>

     大事なく幸いであったが、作家の佐伯泰英さんが、小田原厚木道路の上り車線で遭遇した一瞬の「事故」について記している(「佐伯通信」第38号=新潮文庫『新・古着屋総兵衛<にらみ>』付)。ガードレール支柱にぶつかった下り車線の車のタイヤが宙を飛び、佐伯さんの車の前部を大きく破損しながら擦れ違った。

    0
    続き

    AI(人工知能)が時の言葉となって、それ…

     AI(人工知能)が時の言葉となって、それ相当の時間が経(た)った。現在、AIが広く利用されている分野の一つに囲碁や将棋の世界がある。この間、名だたる棋士らはAIに負けたが屈せず、特に若手は研究熱心だ。

     前人未到の29連勝を達成した将棋の藤井聡太四段(14)もAIとの対局で鍛えられた一人。AIの現時点での優位を認め、その棋譜を研究することで最善手を追求する。つまり人工知能を超える知能を獲得しようと努めている。

    2
    続き

    「山裾を白雲わたる青田かな」(高浜虚子)…

     「山裾を白雲わたる青田かな」(高浜虚子)。郊外へ向かう電車から窓の外を眺めていると、都会の無機質な風景の中に木々の姿や季節の花が咲いているのを見掛ける。春は桜、そして今ごろは家と家との間の所々にある青田である。青田はふるさとの田園風景を思い出させて心が癒やされる。

     梅雨の時期は気分が沈みがち。だが、青田はそんな気分を少しばかり払拭(ふっしょく)してくれる。その意味でも、自然のもたらす効果を実感する。私たちが身の回りに植物を植えて楽しむのも、もともと人間は自然とともに生活していたからだろう。

    1
    続き

    日本と欧州連合の経済連携協定が大枠で合意した。…

     日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が大枠で合意した。世界の貿易額の約4割を占める巨大な自由貿易圏が誕生することになる。米国の環太平洋連携協定(TPP)離脱で、萎み出した自由貿易推進の機運をもう一度呼び戻そうとの思いが、日EU双方にあるようだ。

     最大の懸案はEU産チーズだったが、低関税輸入枠を決め16年目にはこれを撤廃する。チーズとくればワインだが、現在1リットル当たり125円かかっている関税は協定発効と同時に撤廃される。

    1
    続き

    沖縄の西表島へ行った。急な予定だったが…

     沖縄の西表島へ行った。急な予定だったが、なかなか訪れる機会もないだろうと思って、予備知識も何もないまま羽田を出発した。那覇で乗り換えて石垣島へ。そこから小型の高速船で50分で西表島に到着した。沖縄本島の南西470㌔、台湾の東200㌔の位置にあり、島の北方150㌔には尖閣諸島がある。

     島の大部分がジャングルと言われる通り、濃厚な緑が広がっている。有名なイリオモテヤマネコはわずかに100匹程度、森の中で生息している。地元の人もめったに目撃することはない。

    1
    続き

    人、モノ、お金、情報が、国境を越えて行き交う…

     人、モノ、お金、情報が、国境を越えて行き交うようになったグローバル化の時代。賛否両論、議論がなされているが、それが引き起こした社会変動は家庭の中にも及んでいる。

     公開中のドイツ=オーストリア映画「ありがとう、トニ・エルドマン」は、欧州でのグローバル化を背景にした、ドイツ人監督マーレン・アデさんの作品。40以上の賞に輝き、シネマ各誌が2016年映画のベスト1に選んだ。

    1
    続き

    歌舞伎の市川海老蔵さんの長男、勸玄君が…

     歌舞伎の市川海老蔵さんの長男、勸玄君が、東京・歌舞伎座での公演「駄右衛門花御所異聞」で、宙乗りを初披露した。4歳での宙乗りは歌舞伎史上、最年少という。海老蔵さんに抱かれ空中飛行した勸玄君、観客に手を振る余裕も見せた。

     母親のキャスター、小林麻央さんが亡くなってまだ間もない。その悲しみを乗り越えて成功させてほしい、と見守ったファンも大喜びだ。可愛らしく、そして堂々とした舞台だった。

    0
    続き

    私事で恐縮だが、梅雨の晴れ間を狙って京都…

     私事で恐縮だが、梅雨の晴れ間を狙って京都見物をしてきた。しかし、この時期でも修学旅行の生徒や海外からの観光客で名所は混雑していた。2日間で、二条城、金閣寺、八坂神社、下鴨神社などを巡ってきた。

     大政奉還150年の今年、二条城では正門「東大手門」の修復が完成し公開されていた。また、将軍と大名や公家衆との公式の対面所であり、大政奉還が表明された二の丸御殿の大広間の観覧に多くの人が集まっていた。

    0
    続き

    「石槌は四国の屋根よ山開」(山田眉山)…

     「石槌は四国の屋根よ山開」(山田眉山)。7月に入ると蒸し暑さが耐え難くなり、夜も眠れなくなるので、エアコンが手放せない。一方、レジャーで海や山に出掛ける人が増える季節でもある。この時期に行われるのが、山開きや海開きのイベント。

     稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』では、季語の「山開」について「夏は、信仰のため、スポーツのための登山が多い。梅雨が明けて炎天が続くようになると、山が落ち着いて危険が少なくなり、誰にでも登りやすくなるからである」とある。

    0
    続き