■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    福井県高浜町の高浜原発4号機(関西電力…

     福井県高浜町の高浜原発4号機(関西電力、出力87万㌔㍗)が約1年3カ月ぶりに再稼働し、その翌日「臨界」に達した。全国で運転中の原発は3カ所4基になった。

     原子力規制委員会の新規制基準に合格していた同3、4号機は、本来であれば昨春から運転を続けているはずだった。しかし滋賀県の住民ら29人から出された2基の運転差し止めの仮処分申請を大津地裁が認めたため、稼働中の原発が止められるという異常事態となっていた。

    0
    続き

    「新緑の香に新緑の風を待つ」(稲畑汀子)…

     「新緑の香に新緑の風を待つ」(稲畑汀子)。みずみずしい緑が、山や河原、公園などの木々にあふれている。木々の放つ香りが風に運ばれてきて鼻をくすぐる。

     森林浴まではいかないが、気分がリフレッシュさせられる。気温もかなり上昇し、全国各地で真夏日となっている。このまま夏に突入してしまいそうだが、まだ梅雨が控えている。

    0
    続き

    東京都の築地市場から豊洲市場への移転問題で…

     東京都の築地市場から豊洲市場への移転問題で、都の専門家会議が、追加対策を行えば有害物質を抑えることができるとの見解案を示した。対策の工事費は最大80億円。専門家から移転のお墨付きである。

     今回の地下水調査で検出したベンゼンは、環境基準の最大100倍だった。それでも地下空間の底面をコンクリートや特殊なシートで覆ったり、換気装置を新たに整備したりすれば大丈夫という。

    1
    続き

    ノンフィクションの世界にも、この分野特有の…

     ノンフィクションの世界にも、この分野特有の厳しさがある。5年前に行われた有名なノンフィクション賞の選考会で、そのことが改めて浮き彫りとなった。

     ある候補作の登場人物の男性がヒンディー語で話す。ヒンディー語はインドの公用語だ。おそらく通訳を使ったのだろうが、候補作には、誰がどういう言語でこの男性と話をしたのか、誰が通訳をしたかしなかったかも含めて何も書かれていない。

    2
    続き

    14世紀から15世紀にかけてのフランスや…

     14世紀から15世紀にかけてのフランスやネーデルランド地方の生活様式、精神様式について描いた名著がある。オランダの歴史学者ホイジンガの著した『中世の秋』だ。わが国でもよく読まれてきた。

     この著作をスペインの哲学者オルテガが絶賛した。「十五世紀に関しては今まで書かれたものの中で最上のもの」(『ガリレオをめぐって』)と。人々は中世的世界、超自然的な神の世界を信じていた。

    2
    続き

    爆買いなどの「モノ消費」から体験型の「コト消費」…

     爆買いなどの「モノ消費」から体験型の「コト消費」へ――。好調な外国人の訪日(インバウンド)を伸ばすカギと言われる。総合商社の双日は「釣り」を通じて東北地方の豊かな自然を体験してもらうツアーを6月から始める。

     釣りを目的に来日する外国人は皆無ではないだろうが、釣る対象によって釣り方は異なる。観光に来たついでにというわけにはいかない。道具、餌から、時期ごとに適当な釣り場などについての案内役が必要だ。

    0
    続き

    今春の全国交通安全運動の期間中(先月6日…

     今春の全国交通安全運動の期間中(先月6日~15日)の交通事故による死者数は74人だった。110人だった昨年同期と比べて36人(32・7%)の減少で、昭和29(1954)年の運動開始から、春秋を通じて最少の記録である。

     交通死者が1000人を超えたのも運動最終日の翌16日(1003人)で、1000人台になった日も、統計が残る昭和45年以降で最も遅く、年間3905人と67年ぶりに4000人を下回った昨年より、さらに9日遅い。

    1
    続き

    かつてのお国自慢には、地方に立地する大学や…

     かつてのお国自慢には、地方に立地する大学や学部についてのものがあった。特に教育学部や工学部のうちに、伝統と権威のあるものが少なくなく、全国的に知られていた。それが過疎化の影響で今日、学部自体がなくなったところさえある。

     地方大学や学部の行方が憂慮される。大筋で了承された政府有識者会議の「地方創生に資する大学改革に向けた中間報告」では「学術研究面でも、実践教育面でも、中途半端な大学が多いのではないか」と分析している。

    1
    続き

    「葉桜のひと木淋しや堂の前」(太祇)。早朝の…

     「葉桜のひと木淋しや堂の前」(太祇)。早朝の街には、ゴミを漁(あさ)るカラスや公園でさざ波のように飛び回るハトがいる。ベンチには高齢者が座り、ぼんやりとしている。

     少し前までは、サクラの花見でにぎわっていた公園の道も、木の葉を揺らしながら風が吹き抜けていくだけ。頭上には、そのサクラの葉が繁り、放恣(ほうし)な姿で日影を作っている。持ってきた本を手にファストフード店に入ると、既に高齢者や通勤前の人々がコーヒーを飲みながら新聞や本に目を落としている。

    0
    続き

    政府内で降ってわいたようなクールビズ・設定…

     政府内で降ってわいたようなクールビズ・設定温度論争が起きている。

     首相官邸での副大臣会議で、盛山正仁法務副大臣が「科学的知見をもって28度に決めたのではなく、何となく目安でスタートした」と語り、出席者からは「28度は不快な温度」との意見が出た。これを受け、関芳弘環境副大臣が「検討を加えたい」と応じた。

    2
    続き

    オトシブミの季節。風物詩というほどポピュラー…

     オトシブミの季節。風物詩というほどポピュラーではないが、自然の多い土地では毎年必ずやって来る。道端にポトリと置かれたような姿は、興味のある人間にとってはちょっとした驚きだ。「落し文ひらきて罪をひとつ負ふ」(大橋敦子)は、オトシブミとの少しばかり悲しい出会いを詠んだ句だ。

     「落し文」には「道に置かれている手紙」の意味もあるが、ここでは虫のオトシブミだ。オトシブミは、クワガタムシやコガネムシと同じ仲間の甲虫を指す場合と、このオトシブミが生まれてくる子供のために作った「食料+住居」をいう場合がある。初夏の季語でもある。

    1
    続き

    今年は慶応3(1867)年の「大政奉還」から…

     今年は慶応3(1867)年の「大政奉還」から150年の節目。武家政権が終わって新しい国造りへの転換となった事件だった。京都市では年間を通して「大政奉還150周年プロジェクト」を実施。

     京都市内はじめ全国各地の博物館で企画展やシンポジウムが開かれ、幕末維新で活躍した人々のゆかりの20都市と相互交流を図る。このテーマに関する都市間連携事業としては過去最大の規模。

    1
    続き

    「また期待に応えられるように、横綱という…

     「また期待に応えられるように、横綱という名を汚さぬようにやっていきたい」。3月の大相撲春場所終盤に左肩を負傷しながら連覇を果たした横綱稀勢の里が、14日初日の夏場所出場への“決意表明”をした。

     東京・グランドプリンスホテル新高輪の大宴会場「飛天」で開催された「横綱昇進披露宴」に駆け付けた約1500人を前に語った。決意を裏付けるように、慶事の当日朝に九重部屋に出稽古を敢行したのが、いかにもこの横綱らしい。

    2
    続き

    「夏めくや塗替へて居る山の駅」(森夢筆)…

     「夏めくや塗替へて居る山の駅」(森夢筆)。ゴールデンウイークもきょうで終わり。明日からは仕事が待っている。せっかくの休みで羽を伸ばしたはいいが、今はその余波で疲労が残っている人も多いだろう。不思議なもので、終わってみると楽しい余韻に浸るよりも何か物足りない思いのすることの方が多い。

     5月は、ツツジやサツキが目を楽しませてくれる。どこか華やいだ気分になるのも、初夏が青春時代のように活力と希望に満ちた季節だからだろう。だが、花の蜜を求めてチョウチョやハチが飛び回る光景は、都会ではあまり見掛けない。

    0
    続き

    銭湯の壁面に描かれた富士山や海辺の松原…

     銭湯の壁面に描かれた富士山や海辺の松原などは、ペンキ絵と呼ばれ、芸術性の低い絵の代名詞のように言われてきた。しかし外国人などには、魅力的に映るようだ。

     日本銭湯文化協会公認の「銭湯大使」ステファニー・コロインさんが小紙の持論時論(5日付)で、銭湯の魅力の一つとして、宮造りで建てられた建物やペンキ絵などの「アート」を挙げている。コロインさんによると、ペンキ絵師は今では3人しかいない。

    2
    続き

    東日本大震災について「東北で良かった」と…

     東日本大震災について「東北で良かった」と発言した今村雅弘前復興相。被災者の神経を逆なでする言葉であり、野党はもちろん、政府・与党からも非難の声が上がった。復興相を辞任したのは当然だ。

     今村氏は、福島第1原発事故で故郷に戻れない自主避難者に関し、「自己責任」としたことでも批判を浴びた。ただ、この時は「自己責任」という言葉が今村氏の口から出たわけではない。記者会見でのフリージャーナリストの挑発とも取れる質問に、不用意な対応をしてしまった。

    0
    続き

    昨年亡くなった登山家・田部井淳子さんが…

     昨年亡くなった登山家・田部井淳子さんが福島県奥会津の山々に親しむようになったのは、エベレスト登頂後のことで、会津駒ケ岳に登ったのが1987年。地元の山好きたちに誘われたからだ。

     深い山々の連なりや池塘(ちとう)に感動し、同じ福島県出身なのに知らずにいたことが悔やまれたという。さらに感動したのは昭和村の民家で食べた打ち立てのそばで、マイタケがお椀(わん)からはみ出していた。

    0
    続き

    ブラジルのサンパウロに「ジャパン・ハウス」…

     ブラジルのサンパウロに「ジャパン・ハウス」が開館した。日本の魅力を総合的に発信する拠点となる。

     海外での日本文化紹介施設としては、ブラジルを含む各国に外務省所管の国際交流基金が運営する日本文化センターがある。ジャパン・ハウスも政府が予算を拠出するが、「極力、運営方針には口を挟まない」(外務省)という。

    0
    続き

    昨日の新聞1面を飾る写真は、降り注ぐような…

     昨日の新聞1面を飾る写真は、降り注ぐような薄紫色の大藤の花見に繰り出す人々(小紙)や初夏の陽気の浜辺で潮干狩りを楽しむ家族連れなど。いつものゴールデンウイークの平和な風景だが、今年は可能性が僅かとはいえ、心の片隅にある一抹の引っ掛かりを持って出掛けた人もおられよう。

     連休初日の先月29日朝の北朝鮮による弾道ミサイルの発射強行を受け、東京メトロや北陸新幹線が安全確認のため一時運転を見合わせた。安倍晋三首相が外遊中だった政府も、国家安全保障会議(NSC)4大臣会合を開き、警戒監視などで素早い危機対応を行ったのは評価していい。

    1
    続き

    中学教諭の約6割が週60時間以上勤務、20時間…

     中学教諭の約6割が週60時間以上勤務、20時間以上残業しており、厚生労働省が過労死の労災認定の目安としている月80時間超の残業に相当――このほど文部科学省の調査で明らかになった。

     調査によれば、小中学校の授業時間が増加したほか、中学では土日の「部活動・クラブ活動」が2006年度の前回調査時の1時間6分から2時間10分とほぼ倍増した。

    2
    続き

    「牟婁の温泉に獨りのこりて春惜む」(福本…

     「牟婁(むろ)の温泉に獨りのこりて春惜む」(福本鯨洋)。少しずつ暖かくなり、汗ばむほどの陽気の日もある。あすからは5月。ゴールデンウイークの最中、草木の若葉が緑の色を濃くし、そこを通り抜ける風にも、さわやかな木々の命の香りを感じる。

     この時期は過ごしやすい季節でもある。気流子は1年の中でもこの初夏と秋を好ましく感じることが多い。真夏のような暑さも湿度もないので、快適だからである。

    0
    続き

    寿司ネタとして人気の高いマグロ。中でも…

     寿司(すし)ネタとして人気の高いマグロ。中でもクロマグロ(ホンマグロ)は抜群の人気を誇る。しかしその資源量はどんどん減っており、海域ごとに国際的漁獲規制が行われている。

     太平洋のクロマグロについても、漁獲量の上限が国ごとに設定されている。そのうちの30㌔未満の小型魚は、今期の日本の漁獲量が6月の終了を前に既に上限を突破してしまったという。早くたくさん獲(と)れて良かった、ということにはならないのだ。

    2
    続き

    「作家の大江健三郎氏の自宅には核シェルター…

     「作家の大江健三郎氏の自宅には核シェルターがある」との噂(うわさ)が流れたことがあった。真偽は今もって不明だが、それなりにリアリティーがあった。冷戦当時の話だ。

     大江氏は反米主義者だ。だから、核シェルターを取り付けたのも核を保有する米国への反発の故だと言われた。一方、本気で核を恐れていたという批評もあった。こうしたわけで、噂話も「ありそうなこと」と受け止められた。

    1
    続き