■連載一覧
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    東京都知事選は熱気のうちに終わった。…

     東京都知事選は熱気のうちに終わった。日本全国どころか、海外でも報道された。それでも、東京が日本の一「地方」であることに変わりはない。関東7都県の「序列」というのがある。娯楽番組で取り上げられることがあるが、公的なものではなく、関東地方の住民が漠然と意識している程度のものだ。

     順位をめぐっては「千葉対埼玉の3位争い」が熱い。3位というからには1位と2位がなければならないが、東京(1位)、神奈川(2位)は動かない。

    0
    続き

    軍人の禁煙

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     開封5日で200万人の観客を引き入れた映画『仁川上陸作戦』。ダグラス・マッカーサーに扮(ふん)したリーアム・ニーソンは空母の甲板でコーンパイプをくわえて砲弾が降り注ぐ夜空を見つめる。煙草の煙は成功確率5000分の1の作戦の開始を命じるマッカーサーの悲壮感を包み隠さず見せてくれる。効果満点だった。

    0
    続き

    大学の夏休みは8月に入ってから始まるところ…

     大学の夏休みは8月に入ってから始まるところが多い。そして長い。2カ月以上になるところもある。教授ら研究者にとっては学生の指導のほかに、まとまった研究時間が必要なためでもある。

     気流子も学生時代、体育会系の部活でキャンパスに行くと、ゼミの教授と顔を合わせることが多かった。夏休みが終わって授業が始まると、教授がどのような研究をしていたのか聞かせてくれた。

    2
    続き

    脆弱で危ういヒラリー陣営

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     「生涯で出会った最高の変革者だ」-ビル・クリントン氏は民主党全国大会でこう語り、自身の妻を支持した。バーニー・サンダース氏は政治改革を訴えて出馬し、ドナルド・トランプ氏は当選すれば、ワシントンで「テーブルをひっくり返す」(ニュート・ギングリッチ氏)と言われたことを考えれば、「変革者」と言われてもそれほどインパクトはない。

    1
    続き

    パソナが仕掛ける障害者の才能発掘

     羽田空港は第2旅客ターミナル5階―。エレベータを降りると一面は広い屋上で、その中央に「展望デッキ通路 星屑のステージ」があり、見晴しのいい展望デッキ通路になっている。

     7月1日から14日にかけての2週間―。デッキ通路を使い、絵画の展覧会が行われていた。人材派遣会社「パソナグループ」の系列会社「パソナハートフル」が主催するもので、初日は朝早くから多くの見学客が足を運んでいた。

    0
    続き

    ウィーンの「ウナギの話」

     先月30日が「丑の日」と呼ばれ、日本人がウナギを食べる日といわれているという。「……という」と自信のない書き方をしたのは当方はウナギを知らないばかりか、丑の日と呼ばれる日があることも知らなかったからだ。ウナギとは全く縁のない人生を過ごしてきたから仕方がない。

     それでは、なぜ「ウナギの話」を書くのかと聞かれれば、知人の外交官がウナギが大好きで一緒に食事する時、彼はウナギを注文し、当方は別の料理を食べながら、ウナギを食べる知人の姿を見る機会があったからだ。

    1
    続き

    「ふりけん」は人生の壁、けん玉で未来を切り開く!

     けん玉には3万以上の技があると言われ、さらに、世界けん玉大会や、インターネット上で、今まで見たことがない新技の数々が紹介され続けている。

     今年も小学生の全国大会である第28回全日本少年少女けん玉道選手権大会が8月21日に東京の池袋サンシャイン噴水広場で開催される。新しい技に挑戦する小学生が登場することだろう。

    4
    続き

    東京湾はかつて海洋生物の生産性が高いことでは世界でも有数の海域だった…

     東京湾はかつて海洋生物の生産性が高いことでは世界でも有数の海域だった。その中でも最も生産性が高く、多種多様な魚貝が棲息(せいそく)していたのは品川沖と羽田沖だった。

     双方とも、今はもう海ではなく町や空港になってしまったが、東京湾の懐は深く、広い。それらの漁場は帰ってこないかもしれないが、第2の羽田になるような条件を持った所は少なくない。

    1
    続き

    フランスで募る移民への嫌悪

    地球だより

     フランスは昨年来、死者を出すテロ事件が頻発し、市民生活にも不安が広がっている。同時にテロの標的や方法の多様化に対して、テロ対策を行っている当局が適切な措置を取っていないとの批判の声も高まっている。

    0
    続き

    選挙をやめ、クジ引きで決めれば?

     東京都知事選が終わった。大方の予想通り、小池百合子氏が新知事に選出された。都民の期待に応え、新生東京の実現のために頑張って頂きたい。都知事選が終わったばかりで少々恐縮だが、「選挙は民主的ではない」という命題を掲げ、民主主義の「選挙制」の問題点とその代案として一種の「クジ引き制」の導入を考えてみたい。

     ベルギーの著作家、歴史家のダビット・ファン・レイボロック(David Van Reybrouck)氏(44)は独週刊誌シュピーゲル最新号とのインタビューの中で、民主主義国の「選挙制」の代わりに「クジ引き制」(独語 Losverfahren、英語 Sortition)の実施を提案している。その背景には、民主主義国で実施されている選挙が結果として民主的でないことが多く、国民の意見が正しく反映されていない、という認識があるからだ。同氏の場合、ベルギーで選挙後、541日間、新政権が誕生できなかった2010~11年の国家危機が大きな影響を与えたのかもしれない。

    1
    続き

    終わってみれば、後出しジャンケン有利説を覆して…

     終わってみれば、後出しジャンケン有利説を覆して先行逃げ切り圧勝で初の女性都知事の誕生。自公与党も民共など4野党連合も、政党支援なしで孤軍奮闘した小池百合子さんに負けたのである。

     昨日の新聞から。「極めつきは党都連所属議員が非推薦候補を応援すれば処分するとの都連会長名の文書」「都連幹部は『敵に“塩”を送り逆効果だった』と漏らす」(産経)。

    1
    続き

    さようならウルフ、信じられない突然の訃報

     7月31日、精かんな顔つきと筋肉質の肉体から「ウルフ」との愛称で親しまれていた元横綱千代の富士の九重親方が午後5時11分、すい臓がんのためお亡くなりになりました。九重親方は昨年5月末に還暦土俵入りを行った後、すい臓がんが見つかりました。すい臓がんは早期発見が難しいとされていますが、早期に見つかり手術を行いました。その後職務に復帰し、7月には名古屋場所前から現地に行き、部屋の稽古では連日、力士らに声をかけていた九重親方。周囲は急激に痩せた姿を目の当たりにして、驚いたそうです。九重親方はこのときすでに固形物を受けつけず、ミキサーでつくったフルーツジュース程度しか口にできていませんでした。  名古屋場所に入ってから4日目、突然容態が急変。重い足取りで室内に入り、椅子に座ると机に突っ伏してマスク越しに苦しげな声を上げました。  「きついなあ…。きついよ」  人前で弱音を吐かない九重親方が我慢できないほどの苦しさだったのでしょう。  そして31日、都内の病院に愛弟子の佐ノ山親方(元大関・千代大海)が駆けつけたときにはもう意識がありませんでした。午後5時11分、妻・久美子さん、次女でモデルの秋元梢さんが見守る中、苦しむことなく静かに息を引き取ったということでした。秋元梢さんは自身のツイッターで訃報を報告、謝辞を記しました。  「今日、7月31日17時11分に、父が膵癌で亡くなりました。最期は苦しむことなく、家族全員に看取られて、息を引き取りました。今まで父を応援してくれた皆さまに感謝申し上げます」  享年61歳、早すぎる旅立ちでした。現役時代には昭和から平成にかけて、小柄ながらも抜群の実力で国民的人気を誇った九重親方。現役から引退まで、どのような相撲人生だったのか、九重親方を偲ぶ思いでひも解いてみたいと思います。

    ●九重(千代の山)の巧みな勧誘文句から始まった相撲人生  元横綱千代の富士、本名秋元貢さんは1955年6月1日に北海道松前郡福島町で誕生しました。漁師を営む親の手伝いを子供の頃からしていたため、自然に足腰が鍛えられ、中学生では運動神経抜群でした。特に陸上競技では走り高跳び・三段跳びの地方大会で優勝し、「オリンピック選手もいける」と言われるほどでしたが、相撲は大嫌いだったそうです。  しかし、中学1年生のときに受けた盲腸炎の手術が、大嫌いな相撲の世界に足を踏み入れるきっかけとなったのでした。秋元少年の腹の筋肉が厚かったため医師は手こずり、予定を大幅に上回る長時間の手術になり、終了直前に麻酔が切れてしまいました。それでも必死に耐え続ける秋元少年を見た病院長が、「体格も良く、根性もある秋元少年は力士に向いている」と考え、千代の山の入門の世話をしたことがある若狭龍太郎さんに連絡をしました。その連絡を受けた九重(千代の山)は、秋元少年に直々に会い、勧誘をしました。しかし、秋元少年自身はあまり気が乗らず、両親も入門に大反対したため、断わることに。それでも諦めない九重は秋元少年に対して、好奇心をくすぐる言葉を投げかけたのでした。  「とりあえず東京に行こう。入門するなら飛行機に乗っけてあげるよ。中学の間だけでも相撲をやってみて、後のことを考えたらどうだ?」  秋元少年は嫌いな相撲をやることよりも、どうしても飛行機に乗りたいという好奇心が勝り、家族の反対を押し切って九重部屋に入門を決めたのでした。

    3
    続き

    変わりゆく技術 ~VHSビデオレコーダー生産中止にあたって~

    記録に留めるということの難しさ

     国内主要メーカーによるVHSビデオレコーダーの生産が終了するというニュースが先だって流れました。そのニュースを聞いて、映像や音声の記録を残していくことの難しさについて改めて思い起こさせられました。情報を記録するという行為は、人類の歴史を語る上で欠かせないものであることは間違いありません。文字の記録や絵の記録は、石板や壁画から、紙とインク、印刷といった技術進歩の流れの中で変化してきました。では、音や映像を記録する方法の始まりはいつ頃なのでしょうか。

    3
    続き

    テロリストと精神疾患の関連性

     2000年から15年にかけて発生した単独テロ事件で犯人たちの約35%は「何らかの精神疾患を抱えていた」という調査結果が明らかになった。読売新聞電子版(31日)が欧州警察機構(ユーロポール)の報告書内容として報じた。

     非常に正鵠を射た指摘だろう。テロリストとその精神疾患との関連について、7月に発生したドイツの事件を通じて考えてみたい。

    2
    続き

    防衛大での学生生活

     7月23日、横浜駅近くのホテルで、防衛大学校で卒業研究(卒業実験)を担当してくれた指導教授の退職をお祝いする謝恩会に出席した。

     私の卒業研究のテーマは「過渡接合容量によるSi‐MOSの界面評価」という実験だった。実験の内容を説明すると、それだけで文字数を超えてしまうので、ここでは省略する。

    1
    続き

    シンガポールで新クリーン戦略

    地球だより

     シンガポールでは今年から、公立学校で放課後、生徒に掃除をさせることが義務化された。全国の公立小中高校では、一斉に子供たち自ら、モップや箒(ほうき)を手に自分たちの教室や廊下、カフェテリアなどの共有スペースの清掃を始めている。これまで清掃は専門の清掃員が担当してきた同国では、画期的なことだ。

    0
    続き

    お盆の心象風景

     自宅から駅に向かう途中に地域のコミュニティーセンターがある。朝6時半、その広場で、子供たちがラジオ体操を始めていた。昔も今も変わらぬ夏休みの光景に、心が和み、自分の子供時代に思いを馳(は)せた。

     夏休みと言えば、多くの人は、開放感を思い浮かべるはず。登校せず、自由に遊べるのだから当然である。しかし、私の場合、ちょっと違っていた。もちろん開放感はあったが、それは表面的なもので、心の奥底には、はかなさや切なさにも似たセンチな情感がいつも潜んでいたのを思い出すのである。

    0
    続き

    子宮頸がんワクチンを接種し全身の痛みなどを訴える患者…

     子宮頸がんワクチンを接種し全身の痛みなどを訴える患者の、全国同ワクチン被害者連絡会への問い合わせは、既に3000件を超えたという。先日、国と製薬会社2社に損害賠償を求める訴訟が全国で起こされた。

     原告は15歳から22歳の女性63人。東京では車椅子の女性たちが記者会見し「(前面に出ない)多くの被害者たちの無念を解消したい」と述べたが、ずいぶん痛々しい。

    4
    続き

    地域活性化で外部の若者にしかできないこと

     「あなたたちがきて家庭が明るくなったわ!」  「俺らのほうが教えられることが多いよ!」  私たちが連れてくる外部の若者と触れ合う機会の多い、地元の方は上記のようなことをおっしゃってくれます。そして私たちは「外部の若者」こそ、地域課題解決に重要な役割を果たすと考えます。

    地域がもつ、「町の未来の為」にと行動する人が増えない構造

    2
    続き

    “英語読み”でなく正しい天体名を使おう

     アメリカ人と話をした人ならば必ず気づくことであるが、地名や人名の英語の発音は日本の学校教育で教わったものとかなり異なる。例えばイエス・キリストは英語ではJesus Christ(ジーザス・クライスト)であり、エルサレムは英語ではJerusalem(ジェル―サレム)である。だから、アメリカに来て日本語式に発音しても、まず誰も分かってくれないので、英語式の発音に直そうと努力するうちに、国際的に英語の発音が正しいのだと錯覚してしまい、日本に帰ってもそれを使う日本人もいる。

     しかし英語が正しい発音であると誰が決めたのであろうか。私は学校で、日本の社会科の教科書の表記は現地語の発音に忠実にカタカナで表記していると習った。だから、それが正しければ、日本語のように、エルサレムにイエス・キリストが来られた、という言い方が正しいのであり、英語の発音ではイスラエルではかえって通じにくいのではないかと思われる。

    8
    続き

    イチローは海外日本人の誇りだ!

     イチロー選手の大リーグ通算3000本安打達成はもはや時間の問題となった。達成したら、日米メディアでイチローの偉業に対する称賛の声が溢れるだろう。大偉業まであと2本となった28日、当方はイチロー選手の偉業に対し、当方なりの記事を書きだした。記録達成の日は、当方もイチロー関連の記事を読むのに忙しく、自身の小さな感慨などを書く時間はないと思ったからだ。

     イチローの過去の記録を見れば、イチローが如何に偉大な選手であるかは一目瞭然だろう。日本での9年間、大リーグの15年間の歩みは一つ一つが記録であり、ドラマだ。

    2
    続き

    「おくられつおくりつ果は木曽の秋」(芭蕉)…

     「おくられつおくりつ果は木曽の秋」(芭蕉)。明日から8月。関東地方でも梅雨が明け、本格的な夏を迎えるが、歳時記では8月は「秋」になっている。正確には「立秋」(7日)以降。

     稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』によれば「三暑が過ぎると秋が来る。残暑の中にも秋風の感じられるころからやがて天高く、月よし、秋草よし、虫よし、そして晩秋の紅葉に至るまで、秋は清朗な一面ものさびしい季節である」。街に出ればセミの合唱が聞かれるのがウソのような記事だが、それも旧暦と新暦の違いがあるからだろう。

    0
    続き

    メルケル独首相の「弁明」

     メルケル独首相はやはり凄い。40を超える質問を滞ることなく、ある時はクールに、ある時は簡明に答え、時にはしんみりとした思いを込めて説明していた。年1回開催される慣例のベルリン駐在記者たちの会見では、メルケル首相のクールさだけが目立った。記者たちが準備不足だったからではない。やはり答える側が1枚も2枚も上だったからだ。

     ドイツのバイエルン州で、今月18日ビュルツブルクで、そして22日にはミュンヘンで、24日にはアンスバッハで立て続けにテロ襲撃、銃乱射事件、自爆テロ事件が発生し、ドイツ国民は不安に陥っている(「ドイツで何が起きているのか?」7月26日参考)。

    0
    続き