■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    法王、ホームレス紙と単独会見

     南米出身のローマ法王フランシスコに誰が知恵を授けるのだろうか。刑務所を訪問したり、囚人の足を洗うなどの斬新なアイデアでメディア関係者を喜ばせてきたが、80歳の大台に入ったばかりのフランシスコ法王は先月、ホームレスが発行する新聞との単独会見に応じたというニュースがバチカン放送(2月28日)に大きく報じられたのだ。

    4
    続き

    トランプ氏ならできる金正恩体制の排除

    日本も傍観者でいられない  森友学園に対する不透明な国有地の払い下げ、豊洲市場の移転問題などが連日、大きく報道され、反響を呼んでいます。それはそれで必要なことです。でもどうなんでしょうか。日本という国家そのものが大きく揺さぶられかねない重大危機がすぐ側に存在しています。そうした危機への対策、備えをもっと考えておくべきですね。

     重大危機というのは、北朝鮮の金正恩体制の存在そのものです。剛腕か乱暴か、トランプ米大統領の行動力に、この時ばかりは期待するしかないように思います。反トランプが国民の半数以上、閣僚級の辞任、議会との関係悪化など、政治的な窮地の中で、支持を一気に挽回できるチャンスでもあります。無茶するな、大混乱に陥るぞと、解決を引き延ばしてきたため、危機を大きくしてきたのです。またその道を歩むのでしょうか。

    5
    続き

    度重なる国連安保理決議にもかかわらず、…

     度重なる国連安保理決議にもかかわらず、またも北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射して挑発行為を繰り返した。このうち3発は秋田県の西300㌔ほどの日本の経済的主権が及ぶ排他的経済水域に落下した。

     これだからこそ、日本は政府が不測の事態に備えるのは当たり前で、そうしなければ不作為の責任を問われる。韓国が米国の最新鋭地上配備型迎撃システム(高高度防衛ミサイル=THAAD)の配備を進めるのも、国を守る上で必要な対応だ。

    1
    続き

    惑星科学における“天地統一”が急がれる韓国

     先月2月の始めに1週間だけ韓国に出張をした。ソウル大学(SNU)の天文学科の石黒正晃氏のところで基本的にお世話になったが、大田にある韓国天文研究院(KASI)と、仁川にある韓国極地研究所(KOPRI)にも行くことができた。その名からもわかるが、KASIは日本の国立天文台(NAOJ)と宇宙科学研究所(ISAS)が一体化したようなものであり、KOPRIはまさしく立川にある国立極地研究所(NIPR)に相当する。

    4
    続き

    森友学園を倒閣に利用する野党とメディアこそが問題だ

     市場価格を大幅に下回る土地取引をきっかけに、新聞やテレビは「森友学園」問題を連日報道しているが、いつものことながら地上波TVの報道姿勢はひどいものだ。彼らの印象操作に惑わされないために、本件を巡る問題を整理しておきたい。

    1 教育勅語問題  まず、私立学校において教育勅語を暗唱させるという教育方針については、まったく問題ない。この点は、いくら何度強調してもし過ぎることはないのだが、その前提を説明せずにコメンテーターに一方的にそれを批判させる番組は、放送法4条が要求する「意見が対している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。」という要請を無視するものであり、それを無視して国民に「教育勅語=悪」の印象操作を図る番組があれば、森友学園問題以上のこちらの方を見過ごすべきではない。

    20
    続き

    シンガポールの屋台がミシュラン入り

     昨年、ミシュランガイドのシンガポール版が初めて発行された。

     シンガポール版で異色なのは、2軒のフードコート屋台が一つ星を獲得したことだ。

     さっそく掲載された屋台は開店時間の午前10時前から長蛇の列だ。

     とはいうものの、もともとこの店は星を獲得する前から、行列のできる店だった。

    1
    続き

    患者中心の医療

     会社近くに最近開業した歯科クリニックに通院し、詰め物が外れた奥歯の治療を続けている。歯医者に診てもらうのは、30年ぶり。歯の手入れの重要性が叫ばれる昨今だから、「定期的に歯の手入れをしなさい」と説教されるのかと身構えて治療室に入ったが、予想に反し、そこのクリニックの歯科医もスタッフも親切で、感じがいい。

     治療を始める前は、医者の方から「よろしくお願いします」と、あいさつしてくる。丁寧な対応に気分を良くしたので、この際、その医者に治すべきところは全部治してもらうことにした。

    0
    続き

    トランプ米大統領が就任早々、オバマ前政権が…

     トランプ米大統領が就任早々、オバマ前政権が策定した地球温暖化対策の計画の撤廃を宣言した。米国のような大量消費社会では従来、自然環境をめぐっては開拓が優先されてきた。環境保護や省エネの観念は根付きにくいのであろうか。

     1970年代のオイルショックの際にも、米国は輸出向けの石油を国内に回して自国の産業を保護するなどし、省エネ対策に見るべきものはなかった。国内に石油資源を抱えていることも大量消費の一因と言えよう。

    0
    続き

    「ヒトラーはわが国の英雄にあらず」

     オーストリアのトーマス・ドロツダ文化相(ThomasDrozda)が先日、「ウィーンの英雄広場を共和国広場とか何か新しい名称に改名すべきではないか」と提案したことを受け、オーストリアで政党やメディアの間で「英雄広場」の改名論争が展開されてきた。

    1
    続き

    「いちまいの切符からとは春めく語」(後藤…

     「いちまいの切符からとは春めく語」(後藤比奈夫)。実際にはまだ寒い日が続くが、梅の花や菜の花を見掛けると春めいてきたと感じる。春は卒業式や入学式・入社式などのシーズンで、出会いと別れの季節でもある。

     この時期に感傷的になりやすいのは、そのせいもあるだろう。草木が芽吹き、春の花が咲く光景の中、長年交流してきた友人や同級生と別々の道を歩み始め、新しい出会いを迎える。

    0
    続き

    日本人こそ知っておくべき熱帯林消失の現状と意味

     「熱帯雨林とはそもそもどこにあるのか」

     日本では知らない人が多い。  熱帯雨林は南回帰線と北回帰線の間(緯度22.5°北赤道の22.5°南の間)にある熱帯地域にある。(下図1出典NASA)

    6
    続き

    北朝鮮の“モーニング・コール”

     当方は最近、朝3時45分ごろに起床し、夜は9時前には床に就くという日課で過ごしている。日曜日だけは、朝6時頃までベットにいるつもりだが、習慣で3時頃には目を覚ますことが多い。

     ところで、1990年代初め、当方の自宅の電話が朝7時になると、必ずベルが鳴る時期があった。最初は「誰だろう、こんな朝早く」と思いながら受話器を取り、「ハロー」というと、電話先の相手から何の返事もなく、しばらくして切れる。

    1
    続き

    梅の花の盛りを過ぎないうちにと、東京・文京区…

     梅の花の盛りを過ぎないうちにと、東京・文京区の湯島天満宮(湯島天神)を訪ねた。地下鉄の湯島駅から2~3分、落ち着いた佇まいの通りを行けば、男坂、女坂の下に出る。表通りとは違って、既に新派の名作「婦系図」の世界である。

     石段に沿って、白梅が今が見頃と清楚(せいそ)な花を咲かせていた。石段を登り切ると境内だが、坂下の静けさから一転して縁日のような賑(にぎ)わいである。境内の梅園には紅白、さまざまな種類の梅が咲き誇り、カメラやスマホで写真を撮る人、緋毛氈が掛けられた床几(しょうぎ)に腰掛け眺める人。外国人観光客の姿もちらほら見える。

    0
    続き

    「大統領の日」は何の日?

     米国で毎年2月の第3月曜日は「ワシントンの誕生日」の祝日。初代大統領ジョージ・ワシントンの功績を称(たた)える日だ。今年はキンダーガーテン(日本の幼稚園の年長に相当)に通う娘を連れ、ワシントンが長年過ごしたバージニア州の邸宅マウントバーノンで記念イベントなどを見てきた。

    1
    続き

    北朝鮮は“フェイク”と人質で溢れている

     マレーシアのクアラルンプール国際空港内で発生した「金正男氏暗殺事件」(2月13日)で北朝鮮が劇薬の神経剤「VX」を使用したことが判明したが、北側が「正男氏暗殺事件」を否定し、VXの使用についてもジュネーブでの軍縮会議で先月28日、在ジュネーブ北朝鮮政府代表部のチュ・ヨンチョル参事官は、「わが国には化学兵器はない」と述べ、予想されたことだが、国際社会に向かって堂々とフェイク情報(嘘)を発している。

     暗殺事件で実行犯が逮捕され、重要容疑者が拘束され、事件に関与した関係者の名前と写真が明らかなうえ、神経剤の痕跡も検証されたにもかかわらず、北側は「知らない」と言い張る。北が事実にまったく関心がなく、もっぱら自国の主張を繰り返し、フェイク情報を繰り返している国であることを実証している。その意味で、北はフェイクの確信犯といえる。

    0
    続き

    作家の日野啓三氏(2002年没)が「これから…

     作家の日野啓三氏(2002年没)が「これからは、世の中の多くのものが断片化するだろう」と語ったことがあった。当時は何のことか分からなかったが、今でははっきりと理解できる。

     文脈を離れ、断片的な情報が一人歩きすることが多くなった。政治家の発言などでも、一部の表現だけが情報として流れ、批判されることが多い。それが日野氏の言う「断片化」だ。

    0
    続き

    歴史を知らないと意図的な捏造に騙される

     村上春樹氏の新刊本にいわゆる南京事件のことを書いたことが出てくるそうです。私はこの村上春樹氏の小説は全く興味がなく、読んだこともありませんが、下記に引用する部分には全く同意できません。

     そしてこの村上春樹氏が海外でも人気があるらしく、これが英語で出版されてこの事実誤認のことが独り歩きしてほしくありません。

     >>>引用開始

    村上春樹著「騎士団長殺し」より一部抜粋

    9
    続き

    森友学園問題と金正男氏の暗殺事件のこと

     目下の政治ブログの関心事は、森友学園問題であり、あるいは金正男氏の暗殺事件であろうかと思います。 なぜねずブロが、政治ブログにありながら、このことを問題にしないのか、というお問合わせがありましたので、回答です。

     森友学園問題については、すでに安倍総理ご夫妻の側に何の落ち度もないことがはっきりとわかっており、国会における民進党の追求も、あまりに見当違いであることから、むしろ周囲の嘲笑を買っているという情況にあります。 そればかりか、むしろ、かつて朝日新聞社が当時の総理に掛け合って築地の社屋の土地を考えられないような低い額で国から購入していた事実や、朝鮮学校等が、県などに掛け合って、信じられないような不法な土地の占拠と格安の土地購入を行っていた事実などが露呈され、まさに、ブーメラン民進党の名をあらためて世に知らしめる結果となっています。

    4
    続き

    卒業式アローン

     昔の大学の卒業式は、卒業生の家族と近い親戚が皆集まる大きな行事だった。花束と写真のアルバムを贈った後、一緒に写真を撮って祝う場所だった。皆に学士帽とガウンを着せて恩徳を称えることも忘れなかった。卒業式が終わると近くの食堂に押しかけて笑い、騒いだ。大学の卒業生たちの前に職場が待ち受けていた良き時代の話だ。

    1
    続き

    殺人犯が大使館に隠れている

     マレーシア警察当局は先月22日、クアラルンプール国際空港で発生した「金正男暗殺事件」で駐マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官が関与していたとして、北朝鮮大使館に事情聴取を要求したが、北側からは返答が得られなかった。

     マレーシア警察当局の捜査によって、正男氏暗殺に北が関与していたことが判明するとともに、事件に関与した北朝鮮関係者の名前と写真が公表された。犯行には劇薬の神経剤「VX」が使用されたことも明らかになったばかりだ。

    2
    続き

    世界的チェロ奏者ヨーヨー・マさんが“シルク…

     世界的チェロ奏者ヨーヨー・マさんが“シルクロード・アンサンブル”を結成したのは、2000年に米マサチューセッツ州の町で異なる歴史と文化を持つ国々の音楽家を集め、ワークショップを開いたことが契機だ。

     「音楽は普遍的な言語である」とハーバード大でL・バーンスタインから学んだが、知らない者同士が集まって何が起きるのか、死ぬほど不安だったという。10日間のコラボの後、16曲の新曲を披露して観客は沸いた。

    3
    続き

    「VX」がソウル上空を覆う時

     韓国民をパニックに貶めようといった魂胆は当方にはない。しかし、朴槿恵大統領の弾劾問題、次期大統領選などの政治イベント、少女像の設置問題で喧騒な日々を送っている韓国民を見ていると、異母兄・金正男氏の暗殺に北朝鮮が神経剤「VX」を使用したという事実が正しく伝わっていないのではないか、といった懸念を抱くのだ。本来ならば、国を挙げてその対策に乗り出す一方、北に対して国民は政府と結束してシリアスな警告を発すべき時だが、反日キャンペーンならば燃え上がる国内の世論は北の毒薬暗殺事件に対しては驚くほど冷静だ。

     マレーシアの国際空港での「金正男暗殺事件」(2月13日)の犯行に劇薬といわれる神経剤「VX」が使用されたことが判明した。化学兵器が民間人の殺害に使用されたというわけで国際社会を驚かせた。韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は27日、VXの使用を「化学兵器禁止条約に反しており、その他の国際関連規範に対する露骨な違反だ」と非難している(韓国・聯合ニュース日本語版)。

    5
    続き

    安定性を欠くトランプ外交

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    0
    続き