■連載一覧
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    杉原千畝から“命のバトン”を繋いだ人々

     NPO法人中東平和フォーラム主催のツアーで、2015年10月、筆者はイスラエルのエルサレム近郊にある“ヤドバシェム”(ホロコースト記念館)を訪れた。20世紀のヨーロッパで起こったユダヤ人の凄惨な歴史の一幕であるホロコーストを記録し、その犠牲者を追悼・記憶し、未来への教訓とするために設立された国立施設である。

     このツアーのガイドをした「イスラエル国家認定観光ガイド」の佐々木宏二氏の説明の中から、ユダヤ人へ「命のビザ」を発給し「東洋のシンドラー」と呼ばれ映画にもなった杉原千畝氏と彼に繋がる人たちに焦点をあてて紹介したいと思う。

    17
    続き

    「ラムジーの伝説」がEUを殺した!

     ラムジー選手のゴール伝説については先回のコラムで幕を閉じる考えだったが、欧州のネット世界で「ラムジーが欧州連合(EU)を殺した」という短信が流れているのだ。ラムジー選手のゴール伝説を紹介した立場上、「その後」の予想外の展開についてやはり報告すべきだと考えた次第だ(「お願い、どうかゴールしないで!」2016年6月13日、「『ラムジー伝説』と鳩山氏の急死」2016年6月24日参考)。

     サッカー欧州選手権(ユーロ2016)に初参加したウェールズは20日、対ロシアで3-0で勝利し、ベスト16入りを決めたが、ウェールズのMFアーロン・ラムジー選手(25)がその試合で不幸にも先制ゴールをしたのだ。なぜ悲しいかと言えば、同選手は若い時からその才能を高く評価されて、英プレミアリーグのアーセナルFCとして活躍しているが、同選手がゴールすれば、その翌日、著名な人物が必ず死亡するという伝説があるからだ。

    0
    続き

    「子供のウソ」には独特のものがある。柳田国男…

     「子供のウソ」には独特のものがある。柳田国男は数え9歳時のウソで大変な思いをしたと告白している。「ウソと子供」(『柳田國男文芸論集』講談社文芸文庫収録)という54歳時の講演でのことだ。

     舞台は兵庫県。近所の豊かな子供の家には、土産を持った訪問客がよく訪ねてくる。貧しかった柳田の家には、人はほとんど来ない。肩身が狭いと思ったのか、ウソ話をでっち上げた。

    0
    続き

    北朝鮮海軍の機関銃

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     19世紀初めまでは、よく訓練された小銃の射手でも1分間に3、4発程度しか射撃できなかった。歩兵部隊の火力を強化するには戦場に動員する兵士の数を増やすしかなかった。各国の軍指導部は大量の火力を機械的に提供する武器をつくれば戦争の主導権を握ることができると考えた。こうして引き金を引くと弾丸が連続して発射される機関銃が発明されたのだ。

    0
    続き

    誰が英国のEU離脱を決めたのか

     ロンドン発の記事をフォローしていると、英国民は欧州連合(EU)から離脱を望んでいなかったような印象を受ける。23日に実施された国民投票の結果は約51・9%の国民が離脱を願っていた。残留派との差は僅差だが、多数決原則に基づく民主主義国家では十分な差だ。繰り返すが、英国民はEU離脱を決定したのだ。実際、残留を主張してきたキャメロン首相は24日、敗北を認め、引責辞任を早々と表明している。

     にもかかわらず、というべきか、残留派は執拗に国民投票のやり直しを要求し、請願書を送り続けている。あたかも23日の国民投票の決定は国民ではなく、欧州に彷徨う亡霊が国民の意思に反して離脱の道を強いたと主張しているようにだ。そうではないはずだ。それでは離脱派の情報操作や偽情報が多くの国民をミスリードした結果だろうか。情報操作や偽情報は選挙戦で常に見られる現象であり、特筆に値しない。残留派にも、一定の情報操作はあったはずだ。

    4
    続き

    「皮をはいで、ピンク色の肉がむき出しに…

     「皮をはいで、ピンク色の肉がむき出しになったサーモンに、夢中になってかぶりつくクマの姿を見ていると、自分もクマになって食べてみたいと、いつも思う」。

     動物写真家の前川貴行さんが写真集『クマたちの世界』(青●社)〈●=くさかんむりに青〉の中で書いた言葉。暗い洞窟の入り口でサーモンをくわえたブラックベアーの顔をとらえた作品は代表作の一つ。「バリッ、バリッ」と骨の砕ける音が聞こえてきたという。

    1
    続き

    共産党の連合政府構想、世界の例から考える

     40年前の7月2日、ベトナム社会主義共和国が成立した。ベトナム戦争が、北ベトナム主導の共産側の完全勝利で終わってから、わずか1年2カ月後。戦争終結まで、共産側は「南ベトナムでは、民族解放戦線の政府『臨時革命政府』(PRG)を中心に、第三勢力など広範な勢力による『民族・民主革命』を進める。社会主義革命は急がない」と明言していたが、武力勝利したとなると、大急ぎで北による南併合、社会主義革命へと突進した。民族・民主…などは反古(ほご)にされた。

    2
    続き

    英国よ、迅速にEUから離脱を!

     英国が欧州連合(EU)からの離脱か残留かを問う国民投票を実施した結果、離脱派が勝利した。その結果を受け、オーストリアの極右政党自由党のノルベルト・ホーファー副党首は25日、同国メディアとのインタビューで、「EUが1年以内に改革を実施しない限り、わが国はEUに留まるかどうかを問う国民投票を実施すべきだ」と答えた。

    2
    続き

    日米同盟と「慰霊の日」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄戦の組織的な戦闘が終結したとされる1945年6月23日から、71年目を迎えた今年の「慰霊の日」。糸満市の沖縄県平和祈念公園では、県主催の沖縄全戦没者追悼式が催された。

     米国籍の元軍人による残虐な女性殺人遺棄事件が発生して間もない中の開催となり、翁長雄志知事は平和宣言の中で、海兵隊の削減を含む米軍基地の整理縮小を強く求めた。

    1
    続き

    太平洋と大西洋を結ぶ海上交通の要衝、パナマ…

     太平洋と大西洋を結ぶ海上交通の要衝、パナマ運河の拡張工事が完了し、盛大に開通式が行われた。運河を航行できる船舶の幅は32㍍から49㍍に拡大。より大型の船舶の航行が可能になった。

     世界4位の利用国である日本にとっては、エネルギー輸送コストの削減が期待される。北米から同運河を経由しての液化天然ガス(LNG)の輸送期間は、喜望峰やスエズ運河を回るより約20日短縮される。

    0
    続き

    記憶のクリーニング

     先回の記事で、一見非常に奇妙な問題解決手法「ホ・オポノポノ」について触れました。私はなにもその宣伝マンではないのですが、この奇妙なものの見方が、実は意外に奇妙ではなく、むしろかなり正常なものであり、私たちが遭遇する種々の問題を解決するのに極めて有効ではないかということを示してみたいために、一つの実例を紹介しようと思います。

     この手法の普及者として最も有名なのが、ハワイ出身のイハレアカラ・ヒューレン博士です。ヒューレン博士がシメオナ女史からホ・オポノポノの手法を伝授された後、ハワイのある収容施設に請われて、約5年間、奉職したことがあります。そこの主たる収容者は、殺人や強姦などの重罪を犯した精神障害者です。

    5
    続き

    クリントン氏の陳腐な公約

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     

    「アメリカは未来に向かって常に進み続けると信じる」-ヒラリー・クリントン、6月21日

    2
    続き

    国民の1割が不在の中でアイスランド大統領選

     アイスランドで25日、大統領選の投票が行われ、新人で国立アイスランド大のグズニ・ヨハンネソン教授(48)が当選した。

     このニュースを読んだ時、「アイスランドの国民の1割は現在、フランスで開催中のサッカー欧州選手権(ユーロ2016)を観戦するためフランス国内を移動中」と述べていたユーロ2016中継のアナウンサーの言葉を思い出した。

    0
    続き

    批判し合うだけじゃない、Twitterの使い方

     不特定多数の人たちに個人的な情報を流して公開することができるTwitter。正直私は、個人的なことを何も知らない人に公開することがあるんだろうかと疑問に思い、Twitterを使うことを避けていました。ネットにアップされているツイートを見ても、日常生活で何を食べた、どこに行った、芸能人が何をした、あるいはネットニュースに対する賛成、反対意見や、物事に対する批判が書かれてあるだけで、何の発展性もないものだと決めつけていました。

     ですが、ツイッターニュースを検索した際、Twitter上で話題になっているツイートを見ることができました。『ツイッターで話題「家族会議」 議題は…「ばあば いつかのための話」』このような見出しが気になり、読んだところ、今まで自分が考えていたTwitterの使い方とは全然違う使い方をされていて、初めてTwitterの意味を見出すことができました。

    3
    続き

    フランスに移住したイギリス人の怒りと不安

    地球だより

     フランスには、約40万人の英国人が住んでいる。それも仏国立経済統計研究所(INSEE)の統計によると2009年から、何と50%も増えている。理由は経済的理由もあるが、フランスの恵まれた気候や自然を求めての移住者も多い。

    1
    続き

    <母の分も一つくぐる茅の輪かな> 小林一茶…

     <母の分も一つくぐる茅の輪かな> 小林一茶。時の流れは速いもので、今年もはや明後日に1年の折り返しに当たる6月晦日(みそか)の節目を迎える。この日は12月末日の大晦日と並ぶ大はらいの日である。

     各地の神社で行われる夏越祓(なごしのはらえ)、6月の大祓えなどと呼ばれる神事で、今年後半に向け心機一転を期す方もおられよう。祓えとは、知らないうちに心身についた諸々の穢(けが)れや罪科(つみとが)、災厄を取り除くという神道に伝わる伝統行事。

    0
    続き

    ブラジルよ、お前もか!

     ブラジルが財政危機による経費節約のため34の国際機関から脱退を考えているという記事をロイター通信が流していた。潜在的脱退候補リストの中にはウィーンに本部を置く国連工業開発機関(UNIDO)の名前が入っていたという。

    0
    続き

    スー・チー氏とバンコクの夜景

    地球だより

     ミャンマーの ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相はこのほど、3日間の日程で隣国タイを訪問した。スー・チー氏の外遊は3月末の新政権発足以降、5月のラオス訪問に続いて2回目。

     スー・チー氏とすれば、近隣外交に力を入れ、東南アジア諸国連合(ASEAN)の一員として関係強化を図りたい意向だ。

    1
    続き

    初めての家庭訪問

     先日、息子が通う中学校の家庭訪問があった。息子は1年生だが、小中学校を通じて家庭訪問は初めての体験。ママ友と情報交換しながら、数日前から部屋の掃除をして準備した。

     当日は、我が家の訪問が最後だったこともあってか、担任と20分程度懇談。家庭での息子の様子や、親が取り組んでいることを伝えることができたと、妻も喜んでいた。

    0
    続き

    人と人、人と地域を結ぶ「物流」の世界は…

     人と人、人と地域を結ぶ「物流」の世界は日進月歩、そのネットワークの広がり、緊密化には驚かされる。国産食材のアジアへの移送にも、どんどんきめ細かいサービスが取り入れられるようになった。

     その一つだが、東北地方や北海道の「朝市」などで、訪日外国人客が購入した生鮮品を自宅に直送するというシステムが生まれた。日本航空と日本郵便が連携する国際小口保冷配送サービス「クールEMS」を使うのがそれ。

    0
    続き

    理念経営を目指すなら、クレドを体現できる仕組みを!

     「クレドを普段の生活でも生かしていきたい」  「みんなの“あの時”の思いを聞いて、同時に思い出したり、他の視点から当時を見ることができた」  「私が好きだと思うSETの文化はクレドを根底においた行動指針を一人ひとりがもってこそ形作られると感じました」  先日行った、私が理事長を務めるNPO法人SETの総会時に、メンバー一人ひとりから発言された言葉です。

    4
    続き

    「葉の紺に染りて薄し茄子の花」(高浜虚子)…

     「葉の紺に染りて薄し茄子の花」(高浜虚子)。梅雨の時期はアジサイのほかにも花が咲く。とはいっても、食用にする野菜の花である。

     俳句の歳時記をひもとくと「人参の花」「茄子の花」「馬鈴薯(じゃがいも)の花」などの項目がある。それなりに可憐(かれん)で美しい。

    0
    続き

    地球の未来はあなたの行動で決まる

    ■状況は「待ったなしの状況」なのに  産業革命以後の急速な地球環境の劣化を懸念して、1988年に国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)により設立された「IPCC」は人類の行動を起源とする「気候変化、影響、適応及び緩和方策」について、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行うことを目的として設立されている。

     以来、5~6年ごとに各国政府を通じて推薦された科学者が参加し、気候変動に関する科学研究から得られた最新の知見を評価し、評価報告書(assessment report)にまとめて公表します。第5次報告は日本からも10人の科学者が参加して2014年11月に行われている。

    2
    続き