■連載一覧
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    韓国次期大統領は「共産主義者」?

     お世話になった人が明日の公判で有罪になるかもしれない--。先日、知人の韓国人が神妙な面持ちでこう話してきた。聞けばその人は保守系の集まりで、来年末の韓国大統領選で野党系有力候補に挙げられている文在寅(ムンジェイン)氏を「共産主義者」と呼び、先方から名誉毀損(きそん)で訴えられた張本人。知人の予感は的中し、翌日の判決で慰謝料3000万ウォン(約280万円)の支払いを命じられた。

    0
    続き

    記者会見から分かる大隅夫妻の“良い加減”な夫婦関係

     今年のノーベル医学生理学賞の受賞が決まった東京工業大学栄誉教授の大隅良典さん。細胞が不要になったたんぱく質などを分解する「オートファジー」と呼ばれる仕組みを解明した功績が評価されました。

     酵母の細胞を使って「オートファジー」の仕組みの解明に取り組んでいた大隅さんは平成5年にこの仕組みを制御している遺伝子を世界で初めて発見。それからも同様の遺伝子を次々と発見し、それぞれが果たしている機能を分析するなど、「オートファジー」の仕組みの全体像を解き明かしていきました。長年の研究が世界に認められ、今回の受賞にいたり、多少戸惑いながらも受賞の喜びと感謝の思いを3日の記者会見で語っていました。翌日には妻の萬里子さんと夫婦で記者会見に臨み、記者からの質問に笑顔で答えていたほのぼのする大隅夫妻の姿が印象的でした。

    4
    続き

    秋に賑わう!ハンガリーの3つのイベント

     秋口の9月から10月に掛けて、ハンガリーは3つのイベントで賑わいます。

    「デザイン・ウィーク」 Budapest Design Week 23 September-3 October, multiple locations

    0
    続き

    黙っているのが最大の協力です、と言われているのだろうか

    黙って降ろしてくれればいいんです、余計なことはしないで結構、と言われていることを共産党の方々はご存知だろうか。まあ、面と向かってそういう言い方はしないだろうが、共産党や社民党の推薦は要りません、と民進党が言っているのだとしたら、民進党の幹部の皆さんは、共産党に向かって、黙っているのが皆さんの最大の協力です、と言っているようなものだ。

    共産党の推薦があると票がどれだけ増え、共産党の推薦がないとどれだけ票が減るのかを知りたいところであるが、共産党の推薦があろうがなかろうが、共産党の支持者の方々は共産党の候補者がいなければ反自民、非自民の候補者に投票するに違いないと思うから、どうも民進党の現執行部のやり方でいいように思えてくる。

    1
    続き

    同性愛の元修道女同士が結婚した

     ローマ法王フランシスコはグルジアとアゼルバイジャンの訪問(9月30~10月2日)からローマに帰国途上の機内で慣例の記者会見を開いた。南米出身のフランシスコ法王はジェンダー問題について興味深い話を披露する。

     「10歳の男の子を持つ父親から相談を受けたことがある。彼は息子に『将来、何になりたいか』と聞いたところ、男の子は『女の子になりたい』と答えたという。ショックを受けた彼は『学校でジェンダー教育が行われていることを知った』という。ジェンダー理論が学校で積極的に展開されているわけだ」と語った。

    2
    続き

    「駆け付け警護」各紙の社説

     9月中旬から、11月中旬以降に南スーダンに派遣される陸上自衛隊第9師団第5普通科連隊(青森市)の隊員を中心に「駆け付け警護」の訓練が始まっている。

     そこで、私の家の近くの図書館で、新聞各紙が自衛隊の「駆け付け警護」問題について、社説(8月25日~26日)でどのように論じているかを調べてみた。

    4
    続き

    思わぬ宗教冒涜行為

    地球だより

     ミャンマーの裁判所はこのほど、仏教の説法がうるさく眠りを妨げるとして拡声器の電源を切ったオランダ人男性旅行者(30)に対し、「宗教への冒涜(ぼうとく)行為」との理由で、重労働を伴う懲役3月の判決を言い渡した

     オランダ人男性は先月下旬、北部マンダレーで深夜、滞在先のホテル近くで催された仏教儀式の大音量に眠りを妨げられ立腹、その勢いで拡声器のプラグを引き抜き逮捕され、裁判を受けていた。

    0
    続き

    過剰な薬依存

     厚生労働省が今月末、2014年度の国民医療費が8年連続で過去最高を更新し、40兆円を突破したと発表した。近年、とくに増えているのが「調剤」だ。このニュースを聞いて、子供の頃のことを思い出した。

     小学生の夏休みに、友人と川に魚取りに行った時のこと。水中めがねを付けた友人が魚を刺すヤスを手に、さっそうと川に飛び込んだ。しかし、すぐに河原に引き返してきた。

    0
    続き

    熊本県の阿蘇山中岳(1506㍍)の第1火口で…

     熊本県の阿蘇山中岳(1506㍍)の第1火口で爆発的噴火が発生したのは、8日午前2時前のこと。地元住民はさぞ驚き、不安な一夜を過ごしたことだろう。

     広範囲に噴石が飛散した様子も、火口付近に設置されたカメラで確認された。同火口で大きな空気の振動を伴う爆発的噴火が起きたのは1980年1月26日以来、36年ぶりだった。

    0
    続き

    独化学者の急死と北朝鮮の化学兵器

     今年1月、友人の独の化学者ヤン・ガヨフスキー(Jan Gajowski博士)=写真が急死した。ヤンはシングルだったから、彼の訃報は彼が長い間、勤務していた国連工業開発機関(UNIDO)の訃報欄で知った。ヤンの名前を見つけた時、信じられなかった。彼は健康であり、UNIDOを退職してからコンサルタントなどをし、時間があれば国連記者室を訪ねてきて、当方とよく話した。ヤンには聞き手が必要だった。彼が話す化学の世界には正直言ってついていくのが大変だったが、彼はこちらが理解しているかなど余り関心がなく、話し続けることが多かった。そのヤンが亡くなったのだ。当方が「ドクター・ヤン」というと、「ドクターなどつけないで、ヤンといってくれ」というのが彼の口癖だった、その彼が突然、いなくなったのだ。

    0
    続き

    「秋風や人翁さび媼さび」(佐藤漾人)。…

     「秋風や人翁さび媼さび」(佐藤漾人)。台風の影響か、このところ天候が目まぐるしい。ようやく秋晴れになったかと思えば、昨日の午前中は雨だった。

     困るのは服装だ。天気予報では気温とともに何を着ればいいかをあらかじめ知らせてくれるので助かるが、見逃した時は自分の感覚で判断するしかない。朝は肌寒くて厚着で行くと、昼はかなり暑くなって汗が出ることもある。

    0
    続き

    「わさび寿司」と「キム・チョン」で想うこと

     大阪のバスで韓国人客に侮辱する名前を入れて乗車券を渡していたことが問題になっているが、予想通り、これはある種の過剰反応であることが明らかになりつつある。

     報道によると、バス会社の職員は「聞こえたとおりに入力しただけ」で、侮辱する意図はなかったと語っている。乗車券に入力した文字は「キム・チョン」だった。「“チョン”は日本では朝鮮人を侮辱する言葉だ」と、韓国メディアは激高している。

    5
    続き

    その理由に笑いがこらえ切れない!

    日本人がイグ・ノーベル賞受賞

    イグ・ノーベル賞ってご存知ですか? 「世の中を笑わせ、しかるのちに考えさせた研究や業績」に贈られる、その道では権威のある賞です。

    イグ・ノーベル賞のウィキペディアページ

    名前がノーベル賞に似ているからって、勘違いしてはいけません。イグ・ノーベル賞は面白半分で楽しまなければいけないのです。もちろん、ノーベル賞のパロディですが、真面目に考えてはいけません。

    4
    続き

    何はともあれ、結果を出すことですね

     行政の長たるもの、問題を指摘するだけでなく結果を出すことが重要だ、今の段階ではまだ小池さんによくやった、とか、よくやっているなどとエールを送るわけにはいかない、というもっともなご意見が寄せられた。

     それはそのとおりで、これは問題だ、何とかしなければならない、などと騒ぎ立てるだけで何の解決策も何の結論も出せないようだったら、単なるお騒がせ屋さんで終わってしまうぞ、という警告には真摯に耳を傾ける必要がある。

    0
    続き

    リオ五輪とパラリンピックのメダリスト87人のパレードに…

     久しぶりに気持ちの良い秋晴れとなった昨日の東京・銀座。リオデジャネイロ五輪とパラリンピックのメダリスト87人のパレードに、祝福の80万人が詰め掛け、リオの感動・熱狂が再現された。

     少しでも近くで選手たちを見ようと、早朝から場所を確保するために来た人も少なくなかった。その気持ちはよく分かる。憧れの選手を実際に見て、直接おめでとうが言えるまたとない機会である。

    1
    続き

    ロバート・キムの手紙

     連邦捜査官たちが自宅を急襲し、その手には冷たい手錠がかけられた。米海軍の情報分析官として働いていた彼はその日、全てのものを失った。北朝鮮の潜水艦が江陵沖に侵入した事件などに関する情報を韓国に提供したという罪状だった。他の友邦諸国に提供された情報だったが、彼にはスパイという汚名が着せられた。在米韓国人、ロバート・キムの話しだ。

    0
    続き

    モスクワで特殊部隊に取り囲まれる!

     皆さんはある日突然、犯罪者のように扱われたことはあるだろうか。

     先日、モスクワの空の玄関・シェレメチェボ国際空港の鉄道駅近くで、筆者はそのような体験をした。ガムを買おうと思い立ったのだが、キオスク店内の通路は非常に狭いためスーツケースを持ち込むのを躊躇(ちゅうちょ)し、入り口に置いたままにしてしまったのだ。

    1
    続き

    北朝鮮外交官が突然英語を忘れた!

     駐ロンドンの北朝鮮テ・ヨンホ公使夫妻とその家族が今夏、韓国に脱北したというニュースは大きな衝撃を投じた。テ・ヨンホ公使は脱北者としては過去最高地位の外交官だ。平壌も衝撃を受けたことは間違いないだろう。

    2
    続き

    国連事務総長にグテーレス氏 機能不全の国連を立て直すカギは安保理の自覚

     国連は次期国連総長を選任する会合を開き、アントニオ・グテーレス氏を正式に選出した。グテーレス氏はポルトガルの政治家で社会党出身、同国の首相を務め、国連難民高等弁務官を務めた人物である。

    3
    続き

    これは、民進党への一方的な協力で、本当の選挙協力とは違いますね、というところか

     本当の選挙協力だったら民進党は共産党に呑み込まれてしまって、困ったことになるぞ、と思っていたが、野田氏は結局共産党との本格的な選挙協力には消極だということが分かってきて、少しだけ安心している。

     民進党としては共産党に候補者の取り下げをお願いしただけで、選対に共産党の方々を入れることなどはまったく考えていないということだろう。

    2
    続き

    去年の事だったが、大手スーパーの持ち帰り…

     去年の事だったが、大手スーパーの持ち帰り寿司を買って食べようとしたところ、ワサビが入っていなかった。驚いたが、ミスでも何でもなく、ある時期から「さび抜き」で販売しているとのことだった。「子供にも食べてもらおう」との発想だろうか。

     そこへ持ってきて、今回のワサビ騒動だ。大阪の寿司店で、特に外国人に対してワサビを多量に使った寿司を出した、という話。寿司店の言い分は、こうした寿司を希望する外国人客が多いので、とのことだ。

    0
    続き

    ブダペストの交通事情

    行く先くる先すぐ止まる

     今回は、ブダペストの交通事情を話そう。

     ブダペストは交通の便がよく、公共バス、エレクトリックバス(トロリーバス)、トラム(路面電車)、フェリー、地下鉄などがある。ほとんどTimelyに来るため、そんなにバス停や駅で待たなくてすむほどだ。また公共の乗り物は日本の電車みたいにドアが複数あるため、日本のバス停でよく見る一列乗車のような光景は全くない。

    1
    続き

    日本は「金正恩政権崩壊」に備えよ

     毎年10月に入ると、ノーベル賞受賞者の発表が行われる。通称「ノーベル賞週間」だ。同じように、旧ソ連・東欧諸国の共産政権時代に取材してきた当方は10月の声を聞くと、冷戦時代の1980年後半の緊迫感と懐かしさが自然と湧き上がってくる。当方にとって、10月は「冷戦時代の回想」の時となる。お付き合いをお願いする。

    3
    続き