■連載一覧
  • トランプ政権始動
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 2017激動の世界を読む
  • 検証・金正恩統治5年
  • トランプ・ショック 再考・日本の国防
  • 2017/1/22
  • 2017/1/09
  • 2017/1/04
  • 2016/12/27
  • 2016/12/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    第29回三島由紀夫賞(新潮文芸振興会主催)は…

     第29回三島由紀夫賞(新潮文芸振興会主催)は、蓮實重彦氏(80歳。文芸批評家、フランス文学者、映画評論家、元東大総長)の『伯爵夫人』に決まった。都内で開かれた受賞記者会見での蓮實氏の発言が話題になっている。

     「受賞についての心境は?」というおなじみの質問に対しては「心境という言葉は自分の中に存在しない」との回答。心境は自分の言葉ではない。自分の中に存在しないものについては語らない、という答えだ。

    1
    続き

    人はなぜ弁解をするのか

    ~弁解の後孫①~

     私たちの生活を支配する最も大きな力は「習慣性」という力ではないかと、かねてから考えています。日常生活のかなりの部分は習慣的なルーティンで成り立っていると言ってもいいでしょう。習慣性の特長は、いちいち考えなくても体が動くこと。ところがそのことのゆえに、うっかりするとその習慣性に縛られるのです。毎朝の歯磨きや午後の紅茶などなら特に問題にはなりませんが、私がこれから考えてみたいのは「思考の習慣性」です。  衣食住の習慣は国によって地域によって違うのに、不思議なことに、「思考の習慣性」はどこに生まれ育った人にも共通したものがあります。そのもっとも深いものの一つが「弁解(あるいは弁明)の習慣性」ではないかと思うのです。

    5
    続き

    福島県の郡山市がオランダのブルメン市と…

     福島県の郡山市がオランダのブルメン市と姉妹都市提携をしたのは1988年6月だった。ガールスカウトによって市庁舎前庭に植えられた記念樹のシラカシは今、大きく育ち、大きな影をつくっている。

     郡山市と同県猪苗代町の“未来を拓いた「一本の水路」”は先月、日本遺産に認定された。これは猪苗代湖から水を引く「安積開拓・安積疏水開削事業」のエピソードや文化財を紹介したもの。

    0
    続き

    防災と自治体のIT利用 住民チェックが必要

    便利さとITに関する必要な支援を考える

     東日本大震災に続き、熊本地震までが発生し、被災された皆さんにはお見舞い申し上げます。近年、災害があったときに、IT関連の活用の話題が良く聞かれるようになってきました。Twitter、Line、などのSNSによって、所在や安否を確認したり、救援や救助を的確に行うための支援情報として活用されたりして、効果をあげているようです。

    1
    続き

    伊勢志摩サミットの最重要命題と北方領土・対露経済協力

     今週の伊勢志摩サミットで最も重要なのは、「力による現状変更は絶対容認しない」と、最大限強力に再宣言することだろう。

     昨年も、ロシアのクリミア編入を非難し経済制裁継続を決め、中国を名指しはせずに、海の大規模埋め立てなどに反対した。だが中ロの振る舞いは変わらない。中国は昨年、南シナ海の埋め立て面積を6倍以上に拡大したという。

    0
    続き

    元文科相の中山成彬氏「新聞はウソも」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     「琉球新、報沖縄タイムスを正す県民・国民の会」(我那覇真子代表)は21日、同会顧問で元文科相の中山成彬(なりあき)氏を招き、講演会を行った。

     中山氏は「日教組を解体しなければならない」「日教組はがん」などと発言したことが問題視され、辞任に追い込まれた。

    2
    続き

    核拡散防止条約(NPT)の締約国は191カ国…

     核拡散防止条約(NPT)の締約国は191カ国・地域(2015年2月現在)。この条約に基づき、核物質を平和目的だけに利用していることを確認する取り組みは「保障措置」と呼ばれ、国際原子力機関(IAEA)がその役を担っている。

     わが国はその活動に積極的に協力し、しかもこの十数年間で、保障措置に携わる人材を、海外33カ国200人以上も育成してきた。彼らの多くは、核物質や原子力施設の防護、核物質輸送時のセキュリティーなど検認活動に従事し、核模擬施設での訓練などを行っている。

    2
    続き

    大統領選の鍵握るサンダース氏支持者

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】今回の選挙は皮肉なことが多い。米国は、リンドン・ジョンソン以来最もリベラルな政権の8年目に入っている。予備選挙では、全米が不安と怒りに満ちていることが明らかになった。国内には停滞感が漂い、海外では失敗している。米国人の3分の2は、米国は誤った道を進んでいると思っている。ほぼ2期にわたるオバマ大統領のリベラリズムは失敗し、国家をむしばんできたが、共和、民主両党は大きく左に振れてしまっている。

    0
    続き

    消去法で“極右”大統領を回避したオーストリア

     オーストリアで22日、大統領選挙の決選投票(有権者数約638万人)が実施され、野党第2党の「緑の党」前党首のアレキサンダー・バン・デ・ベレン氏(72)が23日の郵送投票分の集計後、極右政党「自由党」が擁立したノルベルト・ホーファー氏(45)を逆転し、得票率50・35%を獲得し、当選した。新大統領の就任式は7月8日、任期は6年間。

    1
    続き

    フランス社会を危うくする破壊分子の正体

    地球だより

     フランスでは3月以降、政府が打ち出す労働法改正案に対する抗議行動が激化している。18日には、デモに紛れた暴徒集団が警官の乗車した警察車両を襲撃し、火炎瓶を投げ入れ、車から脱出した警官にさらに鉄棒で襲いかかる映像が世界に配信された。

    1
    続き

    系外惑星の大量発見と“第二の地球”

     NASAのケプラー宇宙望遠鏡が1284個という大量の系外惑星を発見した。この数は99%以上の確率で惑星であるもので、それに加えて1327個の惑星かもしれないグループが控えている。いずれにせよ、これは今日までで最大の発見数である。系外惑星というのは、我々の太陽系以外に存在する惑星のことで、一昔前には全く観測できなかったものである。それが発見されるようになったのは、主に「トランジット法」という、惑星がその中心星の前を通過する際に光を遮るので、その星が一時的に暗くなる現象を精密に観測・解析するようになったからである。最近起こった水星が太陽の前を通過する現象と似たものである。

    4
    続き

    「頭を挙げて見ると、玉川上水は深くゆるゆると…

     「頭を挙げて見ると、玉川上水は深くゆるゆると流れて、両岸の桜は、もう葉桜になっていて真青に茂り合い青い枝葉が両側から覆いかぶさり、青葉のトンネルのようである。――」(太宰治「乞食学生」)。

     草木が成長し生い茂るという二十四節気「小満」の先週20日に、久しぶりに遠出して「風の散歩道」を歩いた。JR中央線の吉祥寺駅から吉祥寺通りを10分ほど井の頭公園沿いに歩くと玉川上水との交差点に、長さと幅ともに約16メートルの萬助橋がある。

    1
    続き

    自ら考える防災教育

     私は防災教育に取り組む財団に関わっている。自分の身は自分で守ることを学ぶことが、将来、自分の国は自分で守るという当たり前のことを理解する縁(よすが)になればと願っている。同財団は今年4月に名称を防災教育推進協会に変更し、理事長も山岡耕春名古屋大学大学院環境学研究科附属地震火山研究センター長・教授に交代した。

     現在、防災教育は学校現場では、総合学習の時間や課外学習の中で行われているだけで「教科」とはなっていない。防災についての専門の先生もほとんどいない。

    0
    続き

    フィリピンでは子供が騒がしいのは当然ですが

    地球だより

     フィリピンを訪れてまず感じるのは、日本と比べ物にならない騒々しさだろう。出生率が高いだけに、特に子供の声はどこに行っても聞こえてくる。

    2
    続き

    企業内保育所制度が始まった

     政府が待機児童解消の目玉とする企業内保育所制度が始まった。政府が示した制度の詳細をみると、認可並みの補助金を出すのに加え、認可よりも保育士や定員の基準を緩和させ、設置の手続きも簡素化される。女性を雇用したい企業側の関心は高いという。

     預ける親は、昼休みに子供の様子を見ることができるので安心というメリットがあるが、子連れでの電車通勤はかなり負担がある。先日もラッシュ時の車内で一斉に携帯の地震警報音が鳴り響いた。その日は10分ほどで安全確認が終わったが、万が一のことを想定すると子連れ通勤には不安が多い。

    0
    続き

    三菱自動車に続いて、スズキに燃費データ不正が…

     三菱自動車に続いて、スズキに燃費データ不正が発覚した。不正のあったデータは、空気抵抗とタイヤの転がり抵抗で構成される「走行抵抗」の値だ。

     スズキによると、国の規定通りの方法で一応、実測したことはした。しかし安定したデータが取れなかったため、室内で空気抵抗と転がり抵抗をそれぞれ測定し、机上で足していたという。

    0
    続き

    北、党大会公報を外国代表部に郵送

     36年ぶりに開催された第7回北朝鮮労働党大会は「核保有国」を改めて強調する一方、国民経済の発展を掲げた「核開発」と「経済発展」の「並進政策」を世界に向かって宣言し、党大会最終日に金正恩第1書記を党最高位として新たに設置された党委員長に奉って幕を閉じたばかりだ。

    1
    続き

    「不二ひとつうづみ残してわかばかな」(蕪村)…

     「不二ひとつうづみ残してわかばかな」(蕪村)。テレビドラマなどでは、人気を得た配役の役者が視聴者の嘆願によって、退場する予定が変わってしまう例がある。前回のNHK連続テレビ小説「あさが来た」では、主人公あさの姉や五代友厚らがそうだ。

     これは日本だけではなく、韓国などでもあるらしい。もともと物語なのだから、史実と違っても目くじらを立てることもないと言われればそうなのだが、ただドラマの影響は大きいということには注意すべきだろう。

    0
    続き

    オーストリア国営放送が大統領選で情報操作

     ここまでやるのか……。これが当方の最初の呟きだった。オーストリア国営放送(ORF)が19日夜のプレミアタイムに100分余りの大統領候補者2人の討論番組を放映したが、その中で司会者(Ingrid Thurnher 女史)が極右政党「自由党」候補者の信頼性にダメージを与える狙いから間違った情報に基づき、「あなたの話は作り話」と批判した。しかし、その直後、国営放送が政治的意図から情報操作していたことが明らかになると、国民に大きな衝撃が起きている。国営放送のスキャンダル事件を報告する。

    1
    続き

    東京・上野の国立西洋美術館で開催中の…

     東京・上野の国立西洋美術館で開催中の「カラヴァッジョ展」を観てきた。前売り券を買っていながら、なかなか行く機会がなかった。背中を押したのは、最終日が迫っていることとともに、国立西洋美術館が「ル・コルビュジエの建築作品」の一つとして、ユネスコ世界文化遺産への登録がほぼ確実となったことがある。

     上野公園は平日にもかかわらず、ずいぶんな人出だった。東京都美術館で開かれている「若冲展」を待つ人の列があり、待ち時間は2~3時間という。凄い人気だ。

    0
    続き

    お年寄りと子供に優しい国ロシア

    地球だより

     ロシアに住んでいて、すごくいいと思うことの一つは、お年寄りや、小さな子供連れに、人々がとても親切なことだ。

     お年寄りが電車やバスに乗車してくると、若者が必ずといっていいほど席を譲る。ごくたまに席を譲らない若者もいるのだが、そういうときは乗り合わせたロシアのおばちゃんが黙っていない。

    2
    続き

    ヒトラーは本当に再現するか

     アドルフ・ヒトラーの著書「わが闘争」(Mein Kampf)は解禁され、再出版されている。ところで、欧州全土を荒廃化させ、ユダヤ民族を虐殺したヒトラーが21世紀の今日、再び現れるだろうか。ここでは1945年に愛人エヴァ・ブラウンとともに自殺したヒトラーの“再臨”を問うているのではない。あくまでもヒトラーのような政治信念を標榜する独裁者が出現し、欧州を再び大混乱に陥れるかだ。

    0
    続き

    亡くなった演出家の蜷川幸雄氏は「他者との…

     亡くなった演出家の蜷川幸雄氏は「他者とのコミュニケーションが生涯のテーマだった」と語っていた。人と交わることが苦手で、苦労もしたようだ。

     俳優を志したが、女優太地喜和子の助言で辞めた。演劇には関わっていたいので、劇作家という選択もある中、演出家になった。

    0
    続き